2006年10月28日

イ国に帰るぞ

そうこうしているうちに時間一杯となりました。
イ国に帰らなければなりません。
夢の時間は終わってしまいました。

帰りはエアフランス。夜便なので午後4時まで自宅でゆっくり。

さて、成田に着いて、エアフラのカウンターに行きまして。
で、ふとカウンターに置いてある紙に目が行った。

「アメリカ及びイスラエルに向かう搭乗客は、液体・ジェル・クリームなど、100ml以上持ち込むことは出来ません」

はぁ?????

私:「これ、どういうことですか? 行きには何も言われてませんが」
GH:「ロンドンでの騒ぎの後からこういうことになりました」
私:「私はイ国在住ですけれど、こんな話、聞いたことがありません」
GH:「でも規則です。液体物などは手荷物として機内に持ち込めませんから、ここでバゲージに入れてください」

そこでおたふくソース2瓶と化粧水200ml(新品)をバゲージに入れたりして、ちょっと時間が掛かりまして・・・。

確かにボーディングパスには印字されていますが・・・、
ボーディングパス
まぁ、そんなの日本ルールでしょ? ってタカくくってました。


さてエアフラ。
機内はKLMの方が快適だった。機内のビデオはVODじゃないし、コマンダーも古くて使いにくい。
・・・とか言って、21:50発だから、離陸と同時に機内食も食べずに爆睡。
起きたらあと4時間でパリ着。(総フライト時間14時間)。
このフライト、ラクですねー。

そして無事にCDG着。

だがしかし、CDG。あぁ、CDG。あなたはなぜにCDG。
インフォメーションは分かりにくいし、時計はないし、イライラしっぱなし。ターミナル移動のバスも1時間以上待たされる。さすがおフランス。

ようやく、テルアビブ行きのターミナルに到着。ここで手荷物検査。
そこにはデカデカと書いてありました。

「アメリカ及びイスラエルに向かう搭乗客は、液体・ジェル・クリームなど、100ml以上持ち込むことは出来ません。許容量の液体物などは、透明ビニール袋にまとめて入れるように」

はぁ?????

行列に並びながら、目薬や化粧水の詰め替えボトルなどを、ファスナー付きの透明ビニール袋にまとめていると、私の番が来ました。

「えっ、テルアビブ行き? ねぇ、テルアビブ行きだってー。誰か来てー」
(憶測。仏語は一言も理解できませんがこんな感じでした)。

なんか悪いことでもしているような扱いです。
そこから2人ほど来て、なんかグチャグチャ喋った後、私だけが離れた所に連れて行かれて、入念な手荷物検査&ボディチェック。
おたふくソース、抜いておいてよかった。

それから、「どうしてテルアビブに行くのか?」などという尋問。
ま、パスポートにはリエントリービザが押してあるし、なによりも最強のイスラエルのIDカードを持っていますから、話せば理解してもらえるので心配はないんですけれど。
実は、青いカバーでヘブ語だらけの写真入りIDカードを見せた時に、係員がびびっていた感じでした。ちと優越感。
成田から持っていたミネラルウォーターを破棄するように言われ、クリア。

で、搭乗ラウンジに到着。
何にもないよ、ここ。ってか時計すらないじゃん。
喉は渇いたけれど、飲料水マシーンもないしさ。自動販売機は炭酸系ばっかりだし。水を捨てさせるなら、ちゃんと水くらい用意しろっての。
腹立つ空港だな。 

うとうとと寝ながらイスラエル行きフライトを待っていると、大きな争う声が聞こえてきました。私の出発ゲートの隣りゲートがアメリカ行きらしいのだけれど、そこで物凄くハードな取調べをしているのです。
見ていたら、どなたも紳士淑女といったような人たちばかりが引っかかっています。さらに、若い女性がボディチェックを受けた後、ブRジャーの中のパッドまで抜き取られ、その場でパッドを調べられているのを見て唖然。

それ、どうして別室でやらないの? 
・・・ってか、そんなのは、ここに来る前の手荷物検査の時点でやればいいのに、なんで衆人環視の搭乗ゲートでやるわけ? 第一、出国審査かターミナル移動の手荷物検査をクリアした人しかここには入れないのだから、なんで搭乗ゲートで再び審査をする必要があるのでしょう?
もちろん、その女性とパートナーの男性がものすごい大声で抗議。女性は泣き喚いて、その場に座り込んでしまいました。

これじゃイスラエル行きも大変だな・・・。

な〜んて思っていましたが、とっても簡単でした。
私の番で、目薬や詰め替えボトルを入れたビニール袋を見せたら、
「ちゃんと言われたようにまとめたのか。グッドガール☆」
とウィンク付きで褒められました。そういう年じゃないんですが・・・(笑)。


おまけ。
VGMLを頼んでおくと、ボーディングパスに印字されます。

ストリクト・ビーガン・ベジタリアンミール

これがエアフラのVGML。
あまりにも不味そうだったので手をつけませんでした。

エアフランスのストリクト・ビーガン・ベジタリアンミール


感想。
夜発っていうスケジュールで考えたら、エアフランスは最高にいいのですが、機内の状態やサービスは比べ物にならないほどKLMのほうが抜群にいいです。スキポール空港も過ごしやすかったし。
CDGでの6時間待ちは苦痛でした。
次に乗るかどうかは・・・。
posted by Heshbonit at 19:00| 一時帰国2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

横浜、それは横浜

水曜日は地元でまた買物などをいたしまして。
今日木曜日は、友人と横浜へ。

関内で下車したら、まずはこちら。

横浜中華街〜!
♪チャ〜イナタウ〜ン ヨコハマトゥワイライトタ〜イム♪ 実はHesh坊、矢沢も大好きだったりする

もう、いつ来てもここは楽しいよね〜。
年甲斐もなく写真を取り巻くってはしゃぐ。気分はおのぼりさん

食べられなくても、見るだけで楽しいしさぁ。
中華材料やら雑貨店やら片っ端から見まくりました

食べられなくても、高級レストランの前で写真を撮ったりしてさぁ。
屋外だと天然茶髪が目立ちすぎる…。

というわけで、お昼。このために朝から何も食べてない。

こんなに食べて1人1000円は安いでしょう。

均昌閣本館。おかずを2品選べ、ご飯はお替り自由で、漬物と中華風コーンスープとポットの中国茶も付いて、デザートは杏仁豆腐orマンゴープリン、これで税込み1000円。お手頃でした。店のレイアウトもよく、中には小さな噴水があり、鯉が泳いでおりました。
2人で選んだのは、エビチリに麻婆豆腐にザーサイ&豚肉の炒め物に鶏肉のピリカラ炒め、だったかな。初めに運ばれてきた時は、これじゃ少ないかも?と思ったけれど、どうしてどうして。かなりお腹がいっぱいです。

ここから山下公園まで歩き、みなとみらい地区までフラフラします。

みなとみらい

横浜に最後に来たのは、1999年、会社を辞めてイスラエルに来る1ヶ月前。
その時にはなかった遊歩道も出来ているし、赤レンガ倉庫は楽しいし、ワールドなんとかセンターもこれまたすごいし、すっかり浦島太郎な気分。

で、せっかく来たんだから観覧車に乗ってやろうってことで、すっかりおのぼりさん気分で観覧車へGO。

1周15分で700円の価値はあると思います

♪窓に流される 黄昏 のベイブリッジ 〜♪ ・・・って、古〜!

赤レンガ倉庫。ここの雑貨屋などは本当によかった。まだまだ遊び足りません。

いやー、楽しい。めちゃめちゃ楽しい。時間が足りないです。
こんなに遊んでいいんでしょうか。

でもやっぱ一時帰国ははじけないとね。

横浜、お勧めです。皆さんも是非。
posted by Heshbonit at 19:00| 一時帰国2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

久しぶりの東京

日曜は高校時代の親友と再会し、
月曜は買物日。雨だったんですけれど、ひるまずあちこち歩きました。

で、今日火曜日は、東京方面へ。

昼、専門学校時代の親友と久しぶりのランチ。
・・・って、ランチの写真、撮り忘れているし。せっかく「シーフードたらこスパゲティ」だったのに。美味しゅうございました。

その後、いつはくさんと会いました。
いろいろとありがとうございました。いただいたCDとDVDは、両親にプレゼントいたしました。ま、ヘブ語と英語でさっぱり分からないと思いますが、とりあえずこういうところだということが伝わるとは思います。

東京はすごい人出ですね。
最後に学生時代の懐かしい風景を写真に収めました。

♪通った道さえ今はもう電車か〜ら見〜るだけ♪
posted by Heshbonit at 19:00| 一時帰国2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

移動日。

楽しかった関西滞在を終えて、東に向かいます。

のぞみ。これ早いねぇ・・・。

新幹線キップ

この数日間食べ過ぎている。夕食を食べた後もお菓子を買い込んで食べたりしていたし。・・・というわけで、新大阪のコンビニでおにぎりを購入。

お昼ごはん

午後、実家に着くと、姪が来ていました。兄夫婦は実家の近くに住んでいるのですが、その兄夫婦が買物に行く間、うちの母が預かっていると。

姪、小学2年生。
得意科目、算数。不得意科目、給食の牛乳。

母とのビーズ遊びに飽きたため、姪が算数対決を申し込んできました。
小学生の算数くらい、どうってことないさ。

・・・なんてタカくくった私がバカだった。
姪は某K教室に行っているから、小5レベルの算数が出来るのです。

筆算対決、私はひそかに電卓を小脇に置いて、自分の答えを確認する始末。
むむむ、恐るべき小学2年生。

夕方、兄夫婦が帰ってきて、久しぶりににぎやかな夕食となりました。
posted by Heshbonit at 19:00| 一時帰国2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

食い倒れ〜っ!

本日も大阪進出です。
今日のお目当てはここだーっ!

道頓堀道頓堀食い倒れ食い倒れ

道頓堀。阪神ファンはここから飛び込むんですね。

道頓堀だーっ!
あれこれ書く必要はないです。

さて、一通り散策した後、黒門市場へ行きました。

黒門市場

実は、関西に来る前の日、テレビでこの黒門市場を紹介していて、なんとあの「ショウガの天ぷら」が出ていたんですよ。で、是非とも食べてみたいと。
ショウガ天ぷら初体験。美味しかったです。あー、こういうものなんだなぁ、と。スミマセン。一気に食べてしまって写真がありません。

じゃ、黒門市場の魚屋さんをどうぞ。

黒門市場魚屋。こういう新鮮な魚があるってことがうらやましい

あんこうって高いんですね

さて、道頓堀に戻りまして、お昼です。
大阪といったらこれでしょう、やっぱり。

お好み焼きお好み焼き

自分で焼くのかと思ったら、店の人が巡回していて、やってくれました。

ソースタップリお好み焼き

美味しゅうございました。

この日はここから、今回の帰国の本当の目的であった用を果たしました。
夜は三ノ宮のホテルに戻りました。


朝からあれこれ食べ過ぎたため、夜はあっさりと野菜タップリラーメン。
あ、実はラーメンはあまり好きじゃないんですが・・・。

野菜タップリラーメン

その後、神戸の夜の街をフラフラ散策。しかし楽しいです。
遊びまくってます。


ところで。
この自由の女神はなんでしょうか。どこで撮ったのか忘れましたが・・・。

自由の女神
posted by Heshbonit at 19:00| 一時帰国2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

レトロっていうか・・・

まずはホテルの朝ごはん。

有名パン屋の焼きたてパンを3種類選べるという朝食です。普通のパンとケーキ風のペストリーもあって、すごい目移りします。
とっても美味しい朝ごはんでした

そしてこちらが選んだ結果。どれも美味しかった

さて、今日は大阪に行きます。
お目当てはこちら。

通天閣っ!

行ってみたかったんですよ、ここ。
いきなりこんなのがあって、
明日は東京に出て行くからはなにがなんでも勝たねばならぬ空に灯がつ通天閣におれの闘志がまたもえる

全景はこんな感じ。

いやー、この色使い、さすがって感じだ

「ビリケン」というマスコットがあちらこちらで見られます。

ビリケン。一体なんでしょうか。分かりません

修学旅行生も沢山歩く中、それでもここは通天閣です。

通天閣の劇場といえばコレ。

すげー。未だにこんなのがあるんだ

地方巡業の任侠股旅。なんだか見たい気持ちに駆られます。

通天閣の音楽といえばこちら。

音楽の店ナニワ

上手く撮れなかったけれど、この店で売っているのは全て演歌。
音楽=演歌か? ロックはダメか? クラッシックは違うのか?

そして、映画といったらこれだっ!

通天閣で大ヒット上映中

別の映画館では、「兵隊やくざ」に「白い巨塔」。もう脱帽。


さて。
そんな通天閣の名物といえば、串揚げ。
串揚げ
こういう店があちこちにありました。

串揚げでお腹をいっぱいにするのはなんですから、とりあえず烏賊揚げを店頭で立ち食いした後、やはり大阪って言ったらこちら。

たこ焼きたこ焼きたこたこ焼き

焼きたて8個入りで300円。美味しゅうございました。


というわけで、ここで12時。
本当はこの日に用事を済ませるはずだったのですが、先方の都合で明日に延期となったため、私は同行者とひとまず別れ、華さんとお会いするために、大阪中心部へと行ったのでありました。

それにしてもすごかった。通天閣。

写真には撮れなかったけれど、地面に座って将棋を打っているオッサンがいたりとか、昼間からワンカップ片手にふわふわ〜と浮いている人もいたり、段ボールを回収するリアカーを家としている人もいまして・・・。
リピートする所とは思いませんが、面白いものを見せてもらった感じです。
posted by Heshbonit at 19:00| 一時帰国2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

GOGO関西GO

無事に帰国した翌日、地元で買物などをしまして。
本日は、関西方面に移動いたします。
今回の帰国の大目的であった用がありまして、同行者もおります。
しかし私の中では、それにかこつけて関西で遊ぶことが重視されています。

というわけで、新横浜から新大阪へ。
新横浜

考えてみたらのぞみに乗るのは初めてだっ!

ホテルはネットで予約しておいた神戸・三ノ宮の中級ホテル。なかなかの居心地です。駅から近いし、VODもついているし。ホテルのロビーには共有で使い放題のPCもあります。
早めチェックインの後、三ノ宮〜元町までまずは散策。

本当は途中から電車に乗ろうと思っていました。かなりの距離のはず。
しかしベラベラしゃべりながら店から店をフラフラしているうちに、
サンロード。おしゃれなお店が沢山並んでいます。かなり寄り道しながら歩けます

神戸の中華街にも入り込んでフラフラし、
神戸の中華街。今日は通過

こんな標識を頼りに歩いていたら
神戸メリケンパークからモザイクへ

メリケンパークに到着。
絵葉書などでおなじみのあの景色

そしてそこからお目当ての神戸モザイク。

神戸モザイク

その中の店で、すっごーく欲しかったビーグルわんを発見。

ビーグル!

本当にビーグルがほしかったんです。まさか初日でこんなに可愛いワンが見つかるとは思いもせず、しかも2100円とお買い得だったから迷わず購入。


夜景の時間になるまで、カフェでグダグダ過ごしまして、
お待ちかねの夜景タイム。

神戸夜景

神戸モザイク夜景

とにかく夜景に飢えていた私、大感動でした。

再びホテルまで徒歩で帰ります。
なんだ、やっぱり歩ける距離じゃん。ってかなりありますけれど。

夕食はホテルの側のダイエーのお惣菜で調達いたしました。
明日は大阪に出陣いたします。
posted by Heshbonit at 19:00| 一時帰国2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

成田入国。しかしまさかの2時間

というわけで、ハリーポッター1〜4制覇なんてしたりして、ぜんぜん寝ていない状態ですが、翌朝10時、無事に成田到着いたしました。
荷物もちゃんと出てきたし、あとは地元行きのバスに乗るだけ。
バスチケットを買って、コンビニでお茶を買って、バスに乗る直前に実家に電話を入れた時、事件は起きました。

母:「あー、よかったわ。掛けてきてくれて。実は、ちょっと出かける用があって3時過ぎに帰ってくるから、適当に時間を潰していて」

え゛?がく〜(落胆した顔)

自宅を前にして、こんなところで2時間ディレイですか?

とりあえず地元行きのバスに乗りました。
昼間ですから渋滞もほとんどなく定刻通りに地元着。
バゲージを引きずりながら、駅の側の金券ショップで新幹線の回数券を買って、駅ビル内の旅行代理店で大阪行きの新幹線を予約。
15分しか潰れなかった・・・。
駅ビル内の喫茶店に行こうかと思ったけれど、なんか気が進まない。

仕方なく実家に向かう。向かったところで、家には入れぬ。
実家近くのマンション内の公園のベンチに腰掛けた。
なんか周りの目が気になるからサングラスをかけてみた。

こんなところにでかいバゲージを持った中年女が座っていたらマジ怖い

間違いなく不審者だよな。行き場をなくしたC国の不法就労者がどこかから逃げてきたみたいに思うかもしれない。警察に通報されてもおかしくないよね。
警察来たら、ヘブ語で対応してやろうか・・・。
なんか小学生が増えてきたよ。学校帰りだよ。

あ、こんなところで姪が通ったらどうしよ(髪の毛だけでも十分な特徴だから、バレやすいんです)。
そっか、このマンションの中にある兄夫婦の家に電話したら、うちの鍵くらいあるだろうな。でも、優しい義姉のことだから、「だったら家に上がって休んでいって」って間違いなく言うはず。

冗談じゃないっす。
通算30時間もシャワーも浴びてないし、靴下だってそのままなんだから、人様の家に上がれるような状態じゃないでしょ(爆)。

んー、公園内にもガキンチョ&付き添いの母親が増えてきた。
あと30分かぁ・・・。そろそろ実家に帰ろう。

そして、小さい庭の家庭菜園の雑草取りをして時間を潰すのだった。

午後3時、母は帰ってきました。


夕飯のさんま。

焼き魚焼き魚。秋はやっぱり秋刀魚でしょ

上の写真を撮っていたら母が、「あらやだ。もっとたくさんおかずがあるじゃないの!」と。
確かにもっとありました。野菜の煮物もあったし、おひたしもあったし、具沢山の味噌汁もありました。
母の名誉のためにも記しておきます。
posted by Heshbonit at 19:00| 一時帰国2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

イ国出国

10月14日夜、万全を期して家を出て、有料道6号線をスイスイ走って空港の手前の村に到着。この村にある有料駐車場に愛車ランティスを預けて、そこから送迎車で空港まで送ってもらいます。

空港に着いたら、かなり早いにも拘らず既にプチ長蛇の列。
列の一番後ろに並んでいたら、プチイケメンの長身の係員が近寄ってきた。
ま、見るからにガイジンですからね、目立ちますよ。

「今日はどこに行くんだ?(パスポートとIDを渡す)。あ、在住者なんだ、へぇー。(IDの住所を見て)この村、どこ? え、キリYットシュモナの近くの村? 国境から何キロ? うわぁ、そりゃ大変だったな。ちょっとこっちに来て・・・。戦争の時、どうだった? 俺の友達もさ・・・」

戦争談義を続けながら、列の脇をすり抜けるように歩かされます。
別室? いえいえ、いきなり列の先頭に連れて行かれました。
そして、早口で「荷物は誰が詰めた? いつも荷物と一緒にいたか? 危険物や武器を持っていないか?」を聞かれた後、「ちょっとここで待っていてくれ」と言ってプチイケメンは別の係員の所に行ってから戻ってきて、私のバゲージにスタンプをペタンと貼り、「じゃ、いい旅を」
公認横入りってことでしょうか。何がプチイケメンの琴線に触れたのかサッパリ分かりません。

席は既に予約していたため、そのまま荷物をチェックインして出国。
その後、手荷物チェックの列に並んでいたら、声がします。
「すごい髪ね」
「ここまで伸ばすのにどれだけかかるんだろう」
前の人の手荷物をチェックしている女性係員2人。どうやら私のコトを言っているらしい。そして私の番が来ました。
「あー、これでブロンドだったらなぁ」
「ホントだよねー」
なんか、カチンと来たので、
「茶色だっていいじゃん。どこが悪いの?」
と反応してやりました。もちろんアジア系がヘブ語を理解するとは思いもしなかった2人はビックリ(出稼ぎガイジンか旅行者と思ったのでしょう)。
そこから、何のシャンプーを使っているのかとか、なんで真っ直ぐなのかとか、何年かかって伸ばしたとか、しばし列を止めて髪の毛談義。
手荷物チェックはいいんですか?(ま、大したものを入れていませんが)。

その後、眠いのを必死に堪えて免税店が並ぶホールの椅子で待つこと2時間以上、ようやく搭乗。今回の往路は、KLMオランダ航空でございます。

食事はVGML。表記はVEGですが、乳製品は全く入っていません。

KLMテルアビブ−オランダ間のストリクト・ビーガン・ベジタリアンミール。味は聞かないで下さい

え、美味しそうじゃない? うるさいなぁ。しょうがないでしょ。

ほとんど揺れることなく、オランダ・スキポール空港に到着。

スキポール空港は大好きです。免税店も広いし、スタッフがフレンドリーだし

お土産をほとんど買っていなかったため、ここで大半を調達しました。
スキポールはいいですね。広いし整然としているし、品質もいいです。
それにしても6時間のフライトコネクションは疲れますが・・・。

ようやく日本行きフライト。
搭乗口、日本人だらけ。すげー、日本人だー。こんなにいっぱいいるー! なんか嬉しくなっちゃいますねー。


さて、機内に入ったら食事食事。
私のはちゃんとVGML。ごく普通のVGML。写真に撮るほどのこともない。

しかし・・・。一般の機内食、うなぎだよ・・・。

うなぎだ・・・。これなら食べられた。ってか食べたかった

↑隣の人に写真を撮らせてもらいました。
ずるい。スモークサーモンとうなぎの寿司に、大きなスモークサーモンがのったサラダまで付いている。すっごい悔しい。

KLの機内、なかなかよかったです。クラフトは古そうだけれど、機内はリフォームして間もないようだし。日蘭問わず、乗務員の態度もよかった。
映画はVOD。物凄くたくさんの中から選べるし、充実していました。

しかし、座席のすわり心地がイマイチ。なんかおかしな所が背中に当たって、どうも気分が悪かったです・・・。
posted by Heshbonit at 19:00| 一時帰国2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。