2010年05月27日

山火事の季節

朝からものすごい暑さ。
そして、ものすごい焦げ臭さ。
役場まで徒歩3分だが、呼吸器官がやられて苦しくなるほど。

ゴラン高原のガムラ地域(観光地含む)が燃えたからだった。

ガムラ

イスラエル北部から中央までは典型的な地中海性気候で、冬が雨期、夏が乾期となる。4月に雨期が終わると緑が枯れ果て、枯れ草の黄色になる。
そしてこの時期の異常乾燥と、南西からの季節風が一気に山火事になりやすい状況を作る。
自然発火もあるが、大抵は不審火やタバコの火の不始末。
今回は、軍の演習で飛んだ火薬が原因ではないか?なんていう話も出ているが、原因はともかく、何にせよそういう時期なのだ。

十字軍時代にも、この山火事を利用した戦術があったそうだ。
盆地に十字軍をおびき寄せ、四方から一気に火を点ける。
枯れ草は背が低いものの一気に燃え広がるから、当時の鎖帷子式の鎧を着用していた十字軍兵士はひどい熱傷で全滅したそうだ。あ、ダメだ。おそらく前世は焼死の私、火のことを考えると気分が悪くなってくる。

でもさぁ。
自然保護地域の上に考古学遺産であるならば、それ相当の山火事対策しておかなかったのか?と、ごくごく初歩的な疑問が湧くんですが、それはまぁイスラエルは何か起きてからでなければ対策を取らない国だから。国防関係を除いては。

今週も先週も小規模の山火事は起きていたけれど、今回のはよほど大規模だったからか、昼に鎮火したとはいうものの、砂漠地域から吹き上げてくる砂埃も一緒になって、一日中息苦しかったです。
     
posted by Heshbonit at 23:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

神風バス

昨日の夕方、北部で派手な交通事故があり、役場でもその話で持ちきり。



乗客満載のバスが、路肩に緊急停車中のトレーラーに勝手に当たり、死者5名、負傷者多数のすごい事故になった。
運転していたのは、経験3ヶ月でバス会社(エゲッドバス)からイエローカードを喰らっていた運転手(25)。
木曜夕方というのは、日本でいう金曜の夕方だから、軍関係者その他で週末に家に帰る人が多い。座りきれない人は通路にも座る。しかもバスにはシートベルトがない。乗客のほぼ全員が何らかの負傷をしたらしい。
乗車口側がトレーラーにぶつかったから外に出られない状態で、助かった乗客は反対側の窓をぶち破ってどうにか外に出たが、「とにかくスピードを出しすぎていて恐いと思っていた」と一同に答えているらしい。

イスラエルではそんなバスがある意味当たり前。
かなりスピードを出す私すらも、路線バス(中〜長距離)に追い抜かれることがある。緑のバスが視界に入ってきたら、絶対に争わず避けるようにしている。
そんなだから運転も荒い。「積荷じゃなくて人間ですけど」って。
だからバスが嫌いで、イスラエルに来た当初は仕方なく乗っていたけれど、今ではたとえ長距離でも駐車場がない都心部でもバスで行こうなんて思わない。

イスラエル、交通事故の刑期はメチャメチャ軽いから、このドライバーだって大した刑にはならないんじゃないかと思うけど。ま、軍や警察関係者3人亡くなっているだけにどうだか分かんないですが。
  
交通事故のニュースを聞くたびに、運転するのはほとほとイヤだと思う。
それがイヤで日本では免許を取らなかっただけに、車がなければ生きられないイスラエルの生活は恐くてしょうがない。また乗るのが憂鬱になる。
  
posted by Heshbonit at 16:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

OECD加盟

OECD(経済協力開発機構)にイスラエルが加盟したそうだ。

OECD本部はパリ。今知ったんですが、パリ・ロスチャイルド家所有だったラ・ムエット城がこのHQなんですね。

これがもっと前だったら、「先進国の仲間入り」だったんだろうけど、今日、加盟が認められたのは、イスラエルだけじゃなく、エストニアとスロベニアっていうんだから、もう何でもありみたいなもんじゃん。
第一、既にトルコもギリシャもメンバーなんだし。韓国なんかOECDに加盟した翌年だったか、もうどうしようもない経済不況に陥ったりしているし。

OECDに入ったからって、ポイントが付くわけでも会員特別割引があるわけでもファミリーセールに招待されるわけでもないだろうしさ。
しかしなんだかんだ言って、イスラエル、そんなに景気悪くないみたい。
   
posted by Heshbonit at 19:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

サマータイム

パスオーバー(過越し祭)に入る前の金曜未明にサマータイムになり、
ヨム・キプール(大贖罪日)に入る前にウィンタータイムになります。

今年のパスオーバー、昨年に比べて、外国人の入国が3割増だそうだ。
ちょっと世の中の、ってかアメリカの景気が回復しているからでしょうか。
  
  
posted by Heshbonit at 12:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

オフラ・ハザ 十周忌

休日。
朝はちょっと庭掃除したり剪定したりしましたが、午後はパン焼いたりなんだりと、家の中でダラダラっと。

最近、ラジオでやたらとオフラ・ハザの曲が流れるから何かと思ったら、今月23日で亡くなって10年なんだそうだ。(ユダヤ暦では来月4日)。

彼女が他界したのは私が来て半年ほどの時期で、「オフラ・ハザが亡くなった」と聞いたもののそれが誰なのかも分からず、当然ながら病床(エイズ)にあったためにTVでリアルタイムで見ることもなかったから、何の感傷も抱かなかったのですけれど。
その後、ようつべなどで見て、「こりゃすっごい実力歌手の人だったんだ」と今さらながら感じた次第です。

彼女が他界した後、ほどなく彼女の夫もエイズで他界。
その後、オフラの家族が、「エイズはあの夫のせいだ! オフラは仕事が忙しかったし、そんな女じゃない。あいつが殺したんだ!」とTVの特集番組などでワーワーやっていましたが...。

10年経過ということで、メモリアルライブなどもあるらしい。
彼女の名をストリート名にしようなんていうニュースもありますが、実現にはちょっと時間がかかるらしいですが。

ま、彼女を超える人はそう簡単には出ないでしょう。

◎今日のオフラ・ハザ
世界的有名どころは、コレ。N兄ブログでも推薦を受けていた曲。
解説不要問答無用は、コレ
個人的に、コレが好きです。PVの不気味さや歌の意味はともかく、声がきれいに伸びていて聞いていて気持ちがよい。
         
posted by Heshbonit at 23:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

想像力

今日の新聞に載っていた、イ国じゃなくてイ国のニュース。

新聞サイトより引用イランの某新聞が、ロゴマークを変更したところ、非常に不適切だということで削除するように命令が出たそうだ。現に、町の看板などからは切り取られているらしい。
別に何を意図したでもなく、ペルシャ文字で新聞の名前をかたどっただけなんだそうですけど。

なにがどう不適切かって言うと、こんな風に想像できるらしい。

なるほどね。

◎今日の31年前
 この会社もイ国に毎日乗り入れていた。
     
posted by Heshbonit at 19:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

リコール事情

出勤。
朝から雨が降ったり止んだりで安定しない1日。

トヨタ、なんかすごいですね。
イスラエルでも現時点では5千台がリコール対象だとか。
本当にその程度なのかどうか分かりません。トヨタ車、結構見ますけど。

今乗っているMazda3(和名:アクセラ)に買い換える時、本当はカローラがほしくて(中古車センターを)ずーっと物色していました。Mazda3、イスラエルではリコールされていて、「リコールされた車なんてイヤだ」と買いたくなかったんです。電気系統がどうのこうの、だったかな。緊急じゃないけれど、もしかしたら事故に繋がる恐れがあるから、というようなリコールだったと覚えています。
その時のリコール対象5万台。現時点のトヨタリコールの10倍です。

で、カローラには気に入るような車がなかなかなく、反対にMazda車は台数が多いのを見て悩みに悩んだ末、「リコールしたってことは直ってるってことじゃん」とMazdaを買った次第。
注:本当はホンダがほしかったけれど、とても買える値段じゃなかった。

イスラエルの中産階級は、中古車を買い換えながら乗るのが普通。
(新車に手を出すのは、会社が貸与するリースかよほどの金持ち)。
現時点で、イスラエルの中古車市場での一番人気はMazda3だそうだ。
私がMazda3を買った時は、「リコールで落ち目」って言われてたけれど。
だからたぶん、トヨタのリコール騒ぎもそんな感じで収まるんじゃないかと。

そろそろ車検。車を点検に出さないといけません。
タイヤ交換しないといけないし(昨年、整備所で指摘されたけれどダメモトで車検に行ったらセーフだった)、ブレーキパッドも音がしてヤバイし、今回は相当な出費が予想されます。

※3日前に、メールを下さった方。
返事を差し上げたいのですが、メルアドエラーで戻ってしまいます。
お手数ですが、もう一度、ご連絡ください。

   
posted by Heshbonit at 21:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

63年目の恩返し

金曜日半日出勤。...のはずが。
村のサーバーになっているシステム管理会社のメンテナンスのため、休日。
昨夜から急激に冷えてきて、いつものように起きるつもりだったのが、寒くてベッドから出られず、あとちょっとあとちょっとで寝入っていたら、窓を叩く音。

クジャク君...。

クジャク君用のパンを切って提供。久しぶりの晴天だから溜まった洗濯をしようと思っていたんだった。朝8時30分。起こしてくれてありがとね。
しかしこのクジャク君、、いつもこんな風に、私が出勤した後に来て反応がなかったら、窓を突付いているんだろうか。

それはともかく。





空港近くのサッカー場を使っているそうだ。
  
こんなちっちゃい国がよくもまぁここまで...。

これにはちょっとした理由があります。
1947年11月、第二次世界大戦が終焉を迎えた2年後、世界はパレスチナを分割してユダヤ人国家を作ることを承認するか否かでもめていました。
1947年11月25日の時点で賛成国は30ヶ国。アメリカが他の国にも賛同を呼びかけました。参加57ヶ国の過半数をようやく超えるようでは、29日の本会議で寝返る可能性があるからです。
そのアメリカの説得に応じたのは、リベリア、フィリピン、そしてハイチ。
結果、賛成33ヶ国、反対13、棄権11で、分割案は承認されました。

もちろん、イスラエル軍の救援活動は昨日今日始まったことではありません。アルメニア地震の時は重症患者数十名をイスラエルに輸送して治療し、リハビリ・完治まで面倒みています。
それに、当時反対に投じた国に対してでも、こうした災害時の救出援助活動や医療活動をしています。トルコ地震の時もそうだし、イランの大地震の際にも、「国交問題は別にしても助けに行く」と申し出たことがありますから。
でもハイチに対しては、国としての思い入れの度合いが格別なわけです。

何にせよ、即行力・機動力・組織力を以ってしては、イスラエル軍の災害救援隊に勝る所はないでしょう。

とはいえ、それでもまだ、「イスラエルはパレスチナがなんたらかんたらだから、ハイチでの活動はプロパガンタで...」と日本のニュースでは報道しているようですが、なんでしょう、「イスラエル」と聞くと何でもかんでも悪くしか見えないわけでしょうか。
まるで、「日本」と聞くとワンワン吼える、海の犬畜生と同レベルで。
      
posted by Heshbonit at 23:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

救世主ゴエル・ラツォン、逮捕

金曜日半日出勤。...のはずが。
大使公邸での日本人新年会に行くつもりだったものの、一緒に行く予定のX氏の都合が付かず(...元々「ムリかも」とは言われていましたが)。
他の日本人とは一切面識がない状態で、田舎の小汚いオバサンが一人参加なんてバカ丸出しですから、この私でも一人でノコノコ出かける勇気はありません。
ここ最近、仕事のワサワサが続いていたから、久々の外出を楽しみにしていて、昨日は遅くまで残って仕事終えたのに、有給を完全にムダにしました。
昨年も同様に行かれず、せっかく招待していただいて出席と言っておいて当日欠席も失礼すぎますから、来年からは辞退します。
というわけで、田舎者は田舎者らしく、家でダラダラPC三昧。

...さて。
朝からすごい勢いでカウンターが動いていたから何事かと思いましたら、1年近く前に記事にしたこの方が昨日逮捕されたことが、日本のニュースにもなったんですね。

ゴエル・ラツォン容疑者。60歳、テルアビブ在住。
ゴエル・ラツォンと妻2人。新聞サイトより引用

この救世主、種馬となって事実婚の妻32人以上とその子供達を侍らせて生活し、お金も取っていたらしい。
こちらの報道番組などでもしばしば取り上げられていたし、「妻たち」の家族親戚からの訴えもあり、警察としても前々から逮捕したかったようです。
ところが、当然ながら法的には二重結婚は認められていませんが、事実婚には人数制限がないわけで、「事実婚カップルとその子供達が一緒に暮らしている」というだけでは法的な問題がなく、実際に容疑者と一緒に暮らす者からの訴えがないとどうしようもない状態でした。
警察としてもこの問題を重く捉え、報道によると内偵調査などもしたそうで、めでたく昨日、監禁・奴隷化や金品搾取という罪状が整い、逮捕となりました。

ゴエルの妻の証。こんなタトゥ入れたら、夏でも腕出せないってこちらの報道によると、「ゴエル・ラツォンの妻」となった者は、全私財を供出し、その証として腕や首にゴエルの顔や名前などの大きなタトゥーをします。
肌を多く露出してはならず、許可なく外部の人間と接触してはならず、酒類・タバコ・肉食は一切禁止。
さらに、「家族の書」なる門外不出の掟書があり、週に一回はゴエルの下に集って「家族の書の勉強会」をするんだそうだ。

「家族の書」には、「ゴエルは神」と書かれ、ゴエルと女性との間に生まれた子は「神の子」であると明記されていたとか。ついでに、子供達は皆、ゴエルの名にちなんだ名前が付いているらしい。(ゴエラ、ゴエリット、ハゴエル、アビゴエル、ゴエルなんとか...)。
なるほど、完全なカルト教団。TVで見る限りは、インドのヒッピー崩れみたいな感じ。映像でも、妻や子供達にインドっぽいダンスをさせて悦に入るゴエルも映っていました。インド系ヒッピーが大嫌いな私にしたら、マジ気持ち悪かった。

その一方で、この「家族の書」には、「コレやったら罰金いくら」という恐ろしく細かい規定が書かれています。(1シェケル≒25円)
「ケンカしたら2000シェケル」「規定の服装をしなかったら1000シェケル」「ゴエルが他の女と話している時に入ってきたら200シェケル」「オムツや生理用品をそのままゴミ箱に捨てたら100シェケル」「浴室の温水ムダ遣いは200シェケル」「許可なく外出したら500シェケル」「笑ったら500シェケル」「窓の近くで泣いたら500シェケル」 ...刑務所だな。

ゴエル側は、「子供達は学校にも通っていたし、十分食べさせていたし、全員が本人の意思でゴエルを慕って生活していただけで監禁ではない。家族の書のルールは共同生活に必要な基準。お金は生活費として支払って当然のもの」と主張していますが...。
そのワリには、逮捕されたゴエル容疑者、顔を伏せ、カメラから顔を隠しています。悪い事したつもりがないなら堂々としてりゃいいものを。

「ゴエルの妻たち」のほとんどは、個人宅の家政婦(掃除婦)をして収入を得ていたそうです。
なお、あくまでも事実婚なわけですから、国民保険庁に母子家庭申請をし、御国のお金を毎月貰い、それもゴエル容疑者に全額渡していました。

まぁ、日本でもアメリカでも欧州でも、同様の話はいくらでもあると思いますが、「宗教に厳しそうなイスラエルで、個人が勝手にカルト教団の教祖に?」ということで、ニュース性が高いようです。

しかし、60歳の現役種馬って、すごいですね。
  
posted by Heshbonit at 08:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

タダほどステキなものはない

イスラエル人はタダが好きだ。

タダ、無料、2個買えば3個目はタダ、1個買ったら2個目はタダ。
もう安いだのタダだのという文字を見ると大喜び。

とはいえ、この国のタダなものはロクなものがないことが多い。
タダじゃなくても、安いからと商品を手に取ったら賞味期限ギリギリだったり、破損欠損品だったりとか(見切り品じゃなく、セール扱いで売り切ろうとしている)。

日本ではティッシュやらシャンプーやらを道で配っているけど、同じコトをイスラエルでやったら誰もが「そのカゴの中の、全部くれ」ってことになるだろう。
ってかそれ以前の問題で、配る人間が自宅に皆持って帰るだろう。
だが、日本にはないが、イスラエルでタダで配っている凄いものがある。

新聞。
号外じゃない。ちゃんとした日刊新聞。

2007年から発行され、当時はワリと細々だったが、大手の会社が広告を出すようになり、ページ数もも構成も、イスラエル三大新聞に引けを取らない。
金曜・祝日版はちゃんと別刷りの読み物やら文化関連情報などが付く。
配布場所は、バスステーションやショッピングモール、病院、ガソリンスタンドなど。最近ではマンションなどにも配達したり、うちの村にも配達に来るほど。
そんなこんなで、今では発行部数が250万部を突破して、イスラエルのシェアが26%になり、第二位になってしまった。
通常の有料新聞は、平日が約100円、金曜・祝日版が230円位。それがタダだったら誰だって嬉しいでしょ。

こうなると元来の三大新聞のうちの2社、黙っちゃいられない。
タダで配布なんてそのうち消えるだろうと思っていたが、ぐんぐん伸びているんだから、発行部数は落ちつつある。ただでさえネットの普及で読む人が減っているっていうのに。
(残りの1社は、インテリぶった左翼の人向けの新聞で、今のところはタダ新聞に影響されていないらしい)。

タダにできるのは、ユダヤ系アメリカ人の大富豪さんの資本だから。
シェルドン・アデルソン氏、世界で6番目に金持ちだとか。
...となると、このタダ新聞を阻止できるのはその一点しかない。

元来の二大新聞社が議員に働きかけて、法規制を要求しだした。

【イスラエルで発行できる新聞は、イスラエル人が発足したイスラエル資本の新聞社が発行したものに限る】

確かにそれも一理ある、っていえばあるわけ。
たとえば、湾岸あたりのお金持ちが、アルJャJーラっぽい新聞をイスラエルで発行したりしたらムチャクチャになるじゃないかとか、そういうことに引っ掛けて法律を作ってしまえ、と。

でも、このタダ新聞、読みやすいんですよ。
三年前までは、最大手社の金曜・祝日版だけは購読していたけれど、乱丁は多いし、内容にも「はぁ?」っていうのが多いし、ネットで読んだ方が早いし...ってことで止めました。
それに比べたらタダ新聞、かなり読みやすい。まぁ、タダだからこんなもんかって思えるからともいえるけれど。
過去に報道関係の仕事をしていた人や、各新聞社にいた記者や特派員らが入り込んでいるそうで、素人が集まって勝手にやっているわけじゃないらしい。

イスラエル国外に住んでいる金持ちユダヤ人は、こうしてイスラエルに尽くすことで、ある種の精神的な禊をする傾向にあるようです。
ユダヤ人として生まれ、本来ならユダヤ人の国に住むべきなのだがそれができない(したくない)、それならば何か善行でもしなくちゃいけないんじゃないか、と。

何にせよ、法規制は無理でしょう。是非とも、継続していただきたい。
品質がよいタダは大好きですから。
   
posted by Heshbonit at 23:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。