2008年05月23日

強烈な24時間

昨日の夜7時過ぎ、ネットの売買掲示板に載せたんですよ。

「ランティス売ります」

車種・年式・色・走行距離・車検期限などの車に関する情報や、こちらの居住エリアや携帯番号などを書き込むだけ。
イスラエルではこういうのが全く普通で、携帯電話番号などの個人情報を載せても、イタ電がかかってくることはまずありません。(ちなみに、車以外にも、家でもペットでも家電でも仕事でも何でもかんでも掲載して売買したり広告を掲載したりする巨大サイトです)。
うちの村の整備場で貼り紙していたけれど、どうもまとまらず、整備場の親方が、「ネットに掲載してみろ」って言うんで、数日悩んだ末にやってみました。

が・・・。
ほとほと疲れた。

昨日は夜10時までの2時間強で、電話12件。ほとんどがブローカー。
つまり、私から安めに買って、誰かに少し上乗せして売る、と。もちろんそうは言わないけれど、まぁ話していて分かります。
(夜に起こされるのがイヤだから、10時で携帯を切りました)。

一夜明けた今日、電話数、もう数えてないです。ホントすごいんだから。
特に今日は半ドンの金曜だから休みの人が多いんで、ネットのアクセス数もすごいわけだ。もう精神的に疲れます。

で、夕方5時頃、カップルが来て、車を見る。でも態度からしてブローカー。
とりあえずカップルでカモフラしているし、すごく態度がいいんだけれど、ブローカー。柔らかい物言いでと難クセつけてくる。
さらに、「日曜日に一緒に自動車整備場で検査をして云々・・・」と。
その場では断りにくかったため、後で断り電話を入れました。

その2時間後、別の若い家族連れ&その両親が来て、ようやく決まりそうです。こっちはその父親っていうのが整備場で働いているとかで(ウソかホントか?)、かなり念入りにチェックが入りました。
電話をかけてきた時の話し方とかがすごくよかったから、この人に決まればいいな、と思っていただけに、ま、いきなり相当な安値を吹っかけてきた時は、「なぬ、家族連れブローカーかっ?」って思ったけれど、ま、来月には持ち込みたくなかったし、双方の妥協点で決まりました。私にしてもこれが限界かな、と思っていたところで落ち着くことに。

最終的には月曜日にってことで、手続きが終わったら、ランティスを引き渡します。個人売買だから仮契約書とかは作ってないけれど、ま、相手を信用するとして。
明日と明後日のアポイント6件、キャンセルしました。

言うなれば、24時間以内という強烈な早さで見つかったってことだし、ランティスが8年経っても人気だという証なわけですが、ホントにヘトヘトです。
なんか、食欲もないほど疲れた。
でも下取りに出すと叩かれるから、こうするしかないんですが。

♪チャララチャ〜ラッチャッチャ〜 経験値5ゲット♪

あ、まだ最終的な手続きが終わってないです・・・。


ってか、この程度で強烈って、Hesh坊いつもよほどラクしてる・・・?
posted by Heshbonit at 20:00| イ国情緒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。