2008年05月17日

リトマス試験紙

昨夜、映画チャンネルで「バベル」をやっていました。
「これがどうして各賞受賞orノミネート?」 ・・・って、そりゃブラッドピットが出ているからでしょう、という強烈につまらない映画。途中で誰か監督に「これ、つまらないですよ。ってか意味不明だし」って言わなかったのが不思議。
あれだけ大騒ぎされた日本人女優も、ってか彼女のせいじゃないけれど、何ゆえにあのストーリーにそういう役が必要なのかさっぱり理解できない。
同じつくりなら、北野武の「ドールズ」の方がまだいいです。

さて、休日。
精力的にシャワールームを掃除した後、家を掃除し、精力的に車の掃除。

この掃除なんですが、先週の月曜日に、アレルギー科にて検査のために植えつけられたアレルゲンが、あれ以来、なにかと反応するんですよ。

シャワールーム(シャワーと洗面とトイレが同室タイプ)の隅に置いてある洗濯籠をどけて掃除しようとした瞬間、左腕の「環境1群:ハウスダスト」の1つが、すごい勢いで膨れ上がりました。
「おー、これはホコリかー!」

家の掃除にしても同じ。掃除機の吸い込みが悪くなったから、紙パックを捨てようと、(もちろん戸外でマスクをして交換するんですが)、それでも紙パックを取り出してビニール袋に入れようとしている時、今度は別の1つが膨れ上がった。
「もしかしてダニとかの死骸かな?」 (注:床はフローリングかタイルですが、それでもまぁ若干のそういう虫はいると思うので・・・)。

そして、まだまだ掃除しきれない車の掃除をしようと外に出たら、左腕の「環境2群:芝生や草」から2ヶ所が膨れてきた。
「なるほどねー」

これが怖くて、日本にいた時もアレルギー検査をしなかったんですが。
いつになったら、この植えつけられたアレルゲンが消えるんだろう。
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。