2008年04月28日

コメ暴騰&不足・・・なるか?

昨日、某スーパーマーケットチェーンが、
「近日中にコメ価格を50%上げる。そして、米購入は1人3袋までとする」
と発表しました。

それを受けて今朝のニュースでは、通産大臣が、
「勝手なことを決めるな。そんなコメ不足に陥っているわけではない。主食に関わることなだけに、通産省を通さずにスーパーチェーンが独断で決定することは、国民をパニックに陥れるだけだ」
・・・と発言しましたが、ええ、もう十分パニック。

今日の午後、用があったので少々遠出し、帰りに大型スーパーに行きましたら、コメ売り場が本当にカラッポでした。何もないんです。あんなカラッポって初めて見たってほどのカラッポ。
「うそでしょ、ホントにないじゃん!」とパニックになりそうになった時、その隣りの小麦粉売り場の片隅に、私がいつも買う米袋(豪産・5kg入り)を発見。
見たところ破損もないし、日付も全く平気なので、恐らくどこかの誰かが、「カートに入れたけれどやっぱ要らない」と別の売り場に置いたものだろう、と。
通常、そういうのは何となくイヤなので買わないんですが、今日はちゃんと自分のワゴンに入れました。

まだ、家には1袋あるんですが、なくなるかも、と聞いた以上は、買い置きしておかないと怖いですから。
5kg入りで28シェケル(800円程度)。まだ、価格はまだ50%アップではなかったけど、近いうちにこれが42シェケル(1200円)になっちゃうんだ・・・。
ま、高いのは仕方ないけど、手に入らないとしたら困る・・・。

イスラエルは、米はタイやスリランカから輸入しています。
新聞によると、近年の世界的なパン食傾向から米余剰気味になり、昨夏は米栽培を減産したそうだ。ところが、小麦価格の暴騰したため、「パンがないなら、お米をお食べ!」と、世界的に米食傾向となった。
減産したところに世界の皆で走れば、当然ながら足りません。

イスラエル人は世界中から集まっているため、東欧系の人は米食はしないのですが、中近東湾岸系出身者は、パンも食べるけれど米も食べるという人が多く、需要が十分あるのです。また、アラブ系イスラエル人もやはりパンだけではなく米も主食にします。

ニュースでもやっていましたが、その地域に住む人の出身国によって、騒動の受け止め方が違うようです。昨日行ったスーパーは周辺にアラブ系居住地もあるため、一気にコメ不足状態になったのですが、上で書いたように東欧系出身者が多いエリアでは、全く影響されていないとか。
でも、私が買っている豪産米は、店によっては置いていないため、あるうちに買っておかないと大変なのです。

例のパンもまた上がるらしい。そしてコーヒーも。食用油も急騰している。
以前は、メーカーのキャノーラ油を使っていたけれど、非常にバカバカしい価格になってきたから、「そんなに大量に使わないし」と、ノンブランドのキャノーラ油に切り替えた。
でも、パスタはダメだった。「安いのでもいいや」って買ってみたんだけれど、これがまた酷い代物で、「別に赤貧じゃないんだし」と、メーカー物に戻しました。

ガソリン価格もどんどん上がってる。
ディーゼルなんて、セルフでもリッター当り8シェケル(240円)。
以前は、ガソリン代値上げは月1回、多くても2回だったのに、ここのところ5日に1度は販売価格変更通知が来る。

ホントにホントに、どこまで行くんだろう・・・。
posted by Heshbonit at 20:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。