2008年02月21日

永住権取りました

昨日、内務省から手紙が来て、「申請書類が通りました。アポイントを取った上で来るように」とあり、電話したら「じゃ、明日来なさい」ということだったので、朝っぱらから山の上の内務省へ。

いつもいつも非常に穏やかな担当さんですが、やっぱ永住権に切り替わる以上は、何か質問されるだろうといろいろ考えていました。

(例:「イ軍に従軍する意思はあるか」→「是非とも空軍に入れて下さい」とか。いや、X氏が永住権をもらう時、そういう質問があったって言ってたから・・・)。

何のことはなく、いつもと全く変わりなく穏やかに事務的にIDカードをもらえました。いや〜、よかったよかった!

申請して、一時在住権を3〜5年継続し、何の問題もなければ永住権を取得できるというのが現行の法律で、別に内務省に行くのは全く苦でも何でもなかったのですが、いつどう法律が変わるか分からない以上、早くほしいと常々思っていたんです。

IDだけでは、国籍は分かりません。また、2004年に法律が完全に変わり、ID上の民族宗教欄の記入もなくなりました。
それ以前は、ユダヤ人とかアRブ人とか書いてあり、外国国籍でそのどちらでもない場合は、「日本人」とか「イギリス人」とか書いてあったんです。

私が一時在住権のIDを取得したのは2003年ですが、その時点で既に民族欄の記入がなく、もちろん今回のIDも同様で、「*******」となっています。

IDカード

今日、担当さんに、「私、そこに日本人と記入してほしいんだけれど・・・」と言ってみたのですが、「法律でここは完全に記入しなくなった。今は私でもほぼ同じ状態のIDになるんだ」と。(担当さんはユダヤ教の宗教者)。

イスラエルのIDは「青いID」と言われています。カバーももちろん、中も薄青ベースだから。一時在住権の時はカバーは青いけれど中身は「ピンクのID」。でも見た人はみんな、「こっちの色のほうがいいのに」と。
しかも、「一時(テンポラリー)」と書いてある所にハンコが重なっていたため、よく見ないと分からないし、ピンクIDなんていうものの存在を知らない人のほうが多いから、何一つ不自由なこともなく、差別されるようなことも全くありませんでした。(皆、「外人はピンクIDなんだ」と思うらしい)。
青が大好きな私は、当然、青IDを貰った瞬間、「やっぱコレじゃなくちゃ」と思いましたけどね。

写真がね、本人でも笑っちゃうくらい、全く別人の写真うつり。
イスラエルはIDを発行したら、姓が変わるか失くすまでは同じIDだから、撮る時にものすごーーーーい気合をいれました。
外人だから何も言われなかったけれど、日本人同士だと、「これは目の前にいるあなたとは別の人のようですけれど・・・」と言われかねない出来です。


しかし、永住権申請料が、高かった・・・。
PCで手続きを進めている担当さんが、「申請料が高すぎる」と、わざわざどこかに電話して確認して下さったほど。通常ケースとは違うから高値設定らしい。
ま、一生と思えば安いですよね。


外国人の間ではいろいろと文句を言う人が多いですけれど、私は内務省に行くのはすごく好きでした。ブログに何度も書いてきたけれど、私が住んでいる北部の内務省は本当にイイ人ばかりで、全く不愉快な思いをしたことがなかったし。

でも、法律が変わったため、出国の際にはリエントリービザ(パスポート有効期限内有効)を申請しなければならないらしく、そういう用で行くことは続きます。

それにしてもよかったよかった。
デジカメで撮って、PCの壁紙にしました。

近々、X氏&Y氏に祝ってもらおう。
って、家でやるんだけど。



今日の1曲。Kiss from a rose
黒人演歌歌手の歌が耳から離れないですが、黒人歌手で好きなのはこの人。
 
posted by Heshbonit at 21:00| about me | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。