2007年10月24日

死海に行こう−2

というわけで、23日朝。

お弁当を作って、朝8時過ぎに出発。

運転はX氏にお任せし、期待とちょっと不安な90号線南下。
えーと、90号線っていうのは、WB地域を走っています。その昔、この90号線を南下してエルサレムに行くバスは、窓ガラスに鉄格子がはまっていたというほどで、最悪な状況だった時代には、あちらからの銃撃もあったと。

ま、今は本当に平気なんですけど、過去のさまざまがあるがために、エルサレムに行くには、高速6号線を使っていくのが主流になりました。
しかし、私が住んでいる所からだと、90号線南下というのは、道をただ南下するだけなのに対し、高速を使うと「逆コの字」のような状態になります。
確か、8年前にエルサレムに行った時には、この90号線を使ったはずなんですが、どんなだったか全く覚えていません。

さて。1時間弱ほど走ると、検問。WBに入っていきます。
ノーチェックでした。不審じゃない車は、チラ見でスルーできるようだ。

「前よりもぜんぜん道がよくなってますよ」とX氏。
前はもっとガタガタで、凄かったらしい。
両サイドには、のどかな農園が広がっています。

「え、全然なんでもないですね」
「だから90号線を南下すればいい、って言ったでしょう」

車の中から撮影

すれ違う車は、イスラエルのナンバープレートがほとんど。
これならホントになんでもないや。
欠点は、途中で休めるようなドライブインがないってことくらい。それだって、トイレをガマン出来なくなったら、ガソリンスタンドなどで借りればいいだけだから、何の問題もありません。


そして、2時間40分後、死海到着。
早ーーーーい!! これなら、テルアビブに行くよりも簡単。

エインゲディ公共海水浴場

早速、着替えて、死海に入ります。
着替えはトイレ(1シェケル)で。

Hesh坊、死海に浮く

浮いた浮いた〜。ってか、沈む方が大変。ニュースになります。

本を持って浮いてみたりする。

ちなみに持っているのは、1年前の週刊読売

イェーイ!! ピースピース!!

楽しいなぁ〜


ぷかぷか楽しそうだなぁ、って思うでしょう。
結構、大変なんですよ。
まず、あまり沖に行き過ぎると、「遠くに行くな」と監視員に注意されるから、適当に岸からの距離を保たないといけない。
そして、髪を濡らしたくないから首を上げていたんですが、だんだん腹筋が痛くなってくる。これって、「バランスボールに乗っている状態」なんですよ。
腹筋のトレーニングにはもってこいです。

「死海は泳げない」なんて書いてありますが、ま、手だけ動かして泳ぐことはできます。ただ、足が沈まないので、手だけの力で進むしかありません。
アメンボが進むみたいな感じ。

死海の波打ち際はこんな。

石がゴロゴロしています

こちら、塩の結晶が固まった石。

つるつるして見えますが、結晶だからかなり痛い

こんな石が水面下にもあり、結晶で足を切る可能性があるため、何か履いていないと危険です。が、サンダルだとこれまた大変。サンダルだけが足から離れて浮いてしまうのです。今回は、サンダルと足をヒモで括り付けていました。

あー、遊んだ遊んだ。

あ、目的は水汲みだった。
 
posted by Heshbonit at 20:00| 楽しい毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。