2007年08月30日

運動嫌い

カッコだけはつけてみる
 世界陸上、大阪でやっているんですね。
 さすが世界一流アスリートっていうだけあって、
 体がすごい引き締まって、お腹の贅肉なんて
 ぜんぜんないもんね(あったら怖い)。
 TV見てても、目が腹筋にばかり行ってしまう。
 そして、運動しないとなぁ・・・と思う。


でも子供の時から、ホントに運動が嫌いだった。

今はもうどうしたものかこんな有様だけど、これでも喘息持ちで体が弱く、学年でも1、2を争う「病弱」だったんですよ。だから、ちょっと走っただけでゼーゼーしたりして、そうなると走れなくなっちゃう。体育の授業にロクに出た記憶がない。

そうなるとさ、だんだんズルくなってくるのよ、全然平気な時でも「苦しいから見学」なんていうのを連発。だってホントに出来ないんだもん。でも鉄棒だけは、どういうわけか得意だったけど。
中学は地元の公立だけど軍隊式教育で、ちょっと何かすると殴られるのがイヤだったから、さらに見学が多くなる。先生にしても、頻繁に学校を休む生徒にムリヤリ体育に参加させることまではしなかったし。

結果、ボールすらまともに投げられない人間に成長しました。
ボールだけじゃないけどね。何も投げられません。
「それ取って」と言われて投げたモノは、最短距離の床に落ちる。
それから腹筋も腕立ても前屈も何にもできない。
走るって言っても、どう走っていいか分からない。
考えてみたら、幅飛びとか高飛びとか、殆どやったことがない。

こうなると何のセンスもない。リズム感にあわせて体を動かすってのも無理。
高校の時、体育祭で誕生月によって「軍」に分かれてダンスするっていう恒例行事があったけれど、1年は強制参加だから免れることが出来ず、しかしながら今考えても、ってか想像するのも恐ろしい酷い有様だった。
その後、バブル末期で遊んでいた時にしても、「踊りに行こう」と言われると、「行こう行こう」と喜んで行くけれど、必ずボックス直行。


えー、さて。
現在は、毎日、自転車こぎみたいなマシーンを15分ほど。
関節を動かしておかないとね・・・。車社会だから歩くということが全然ないんですよね。歩くこと自体はものすごく好きで、日本にいた時も地元のひと駅くらいならば、大体歩いていましたが・・・。
まぁ、こんなどうしようもない軟弱オトナですが、それでも世界陸上を見て、「あー、なんかやらないとなぁ・・・」なんてちょっとは思ったりする。
思うだけ。思うのは勝手。
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。