2006年11月28日

ご心配かけました

[今日の天気:晴れ]

出勤。

朝はとてもとてもとても冷え込みますが、9時を過ぎるとかなり暖かくなります。とは言っても、イスラエルの、といいますか中東の建物は夏仕様になっているため、室内は冷えたままです。

朝っぱらから何かと仕事が入り込み、電話も鳴り続け、なかなかアクティブな月末です。とはいっても、2時間後には既に静寂が・・・、って言っても、この経理部は静かになりませんけれど、落ち着きを取りもどします。


昼に実家に電話しました。
父の手術がどうだったか、という件で。

:「手術は1時間っていうから1時間で終わるもんだと思ったら、3時間もかかったのよ」
:「なんで? なんかマズイ問題でもあったの?」
:「麻酔をかけて、それが効いて、最終的に出てくるまでが3時間で、1時間っていうのは切ってボルトを嵌めて縫うまでのことなの」
:「あー、そうなんだ(私は手術なんてしたことないですから)。ところで、頭の方はどうなの? 眩暈するとか言ってたじゃん。それはいつしてもらえるわけ?」
:「それが、お父さんが、『昨日、釜の中に入った』って言うの」

いや、釜じゃなくて、CTスキャン。
焼きが悪かったら、「ええい、ワシが望むのはこんなものではない!」と言って、釜から出された後に地面に叩きつけられるのでしょうか。怖いです・・・。

:「でね、釜に入って(まだ言うか)、結果が悪かったら今日から薬が増えるだろうけれど、何にも言わないから大丈夫だろうっていうのよね」
:「ま、病院にいるんだから大丈夫でしょ」


手術が終わってから2日間は、これまたビックリするくらい痛いらしいです。まぁ、しょうがないですよね。折っちゃったんだから・・・。

そんな感じです。ブログを読んでくださる皆さんにはご心配おかけしましたが、どうやら大丈夫なようですので。

ってか、かなりいい加減な母に娘。「大丈夫でしょ」「そーね、大丈夫だわ」と。お互い励ましあうとかじゃなく、本心から言ってますから。


えーと。
明日のイスラエル、大規模のゼネストが予告されています。

官公庁、市役所、各種税務署、運転免許センター、社会保険事務所、郵便、電話、精油所、電車、空港、港湾、公立学校および保育園・・・。

えーと、ストライキをしないのは(こっちを数えた方が早い)、
病院、MDA(救命救急)、特殊学級、バスなど・・・。

どうなるんでしょ。
精油所とか郵便・電話・空港なんていうのは毎回即解除されますけれど。
長引くとすごいから・・・。
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。