2006年11月26日

お好み焼き

[今日の天気:晴れ]

10月下旬から11月上旬にかけて雨が続き、雨期に入ったのかと思わせましたが、ここしばらくは晴天が続きそうです。

出勤。
朝っぱらから農業関係の仕事が立て続く。
収穫を終えた分の精算やらなにやら。
ついでに、共同経営している別の村の原価担当に、「過去の請求書で、除草剤の$▼&∵○と肥料の◎☆◆&%を買った分を見つけてくれ」なんて電話でいきなり言われ、まずその除草剤と肥料の名前から聞き取れず(んなもの聞き取れるか)、ようやく分かったはいいが探すだけで一苦労。

果樹園からは、大量の柿が届きました。出荷して戻ってきた2級品以下を村で配ります。日本と全く同じタイプの柿で種がありません。美味しいです。
イ国でも、柿は体に良いというので人気があります。



えーと、こちらは昨日の夕飯。

こんな材料で

作ろう作ろうお好み焼き


フライパンで焼いて

フライパンでも焼ける焼ける


こうなる。

歯茎が痛くても、耳から顎にかけて痛くても、何があっても食べる食べる。


現地調達:小麦粉、キャベツ、ねぎ、紅しょうが、天かす
日本調達:桜海老、かつお節、青海苔、オタフクソース

やはりお好み焼きは、日本からの材料がないと味が出ません。

お好み焼き専用の粉でもないし、長いもなんてないし、卵も使わないし、紅しょうがは寿司屋で出るようなタイプで味が全然違うし、具っていったらキャベツと桜海老だけなんだけれど(・・・ってかそれは具じゃなくて、ベースっていうんだけれど)、
大阪道頓堀で食べたのよりも美味しかった。
やっぱり自分の味が一番いい。


こうして外食嫌いがさらにさらにさらに加速するのであった・・・。
 
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。