2006年08月25日

日本の日(準備編)

出勤。

夏休みもあと1週間なだけに、宿泊施設への客数がすごいことになっています。これが連日続くはずだったのですけれど、今年は戦争のせいで・・・。
ま、おかげでボンボンバンバンの音はすごかったものの、人間が出す騒音はほとんどと言っていいほどなく、ある意味、快適でした。
なんたってイスラエル人、うちの村にあるような安いペンション(民宿を想像してください)に泊まって、外でバーベキューして、夜遅くまで外でしゃべったり、音楽を聴いたり、グループが来ればパーティーやったり・・・。

もちろん、一般の住居地域からは離れてはいるから、会話やバーベキューの騒音悪臭被害には遭わないけれど、グループが来た時のパーティーの騒音は村のどこにいても聞こえる状態だし、結構疲れます。
第一、知らない人がウロウロするのも、どうも落ち着きません。村の収入なんだから文句は言えませんけれど。

最近、派手にリアガラスが割れた車が頻繁に止まっていて、なんじゃこれは?と思っていたら、アチラからのロケット砲で家&車を壊された町の住民が、村の宿泊施設に連泊しているそうで・・・。
家が直るまでの間、宿泊費用は国が出してくれるらしい。ま、ホテルに泊まるのに比べたら安いですから。でも、連泊っていうのも大変ですよね。そう言ったら、「連泊を泊めるコチラも大変だ」と、宿泊関係の担当がこぼしていました。確かに、経営側にとっては、入れ替わってくれる方がラクにはラクです。


仕事を早めに切り上げて、代理店に行って予約を入れてきました。
支払は週明け。今、対ドルレートはどういうわけかシェケルのほうが強い状態なので、なるべく今のうちに支払っちゃいたい。ちなみに、対ユーロは、圧倒的にユーロの方が強いです。
家に帰って、とりあえず実家に連絡。
実は、帰国は気が進まない。こっちに戻りたくなくなるから。


さて。
午後は自宅にて、来週の子供会でのさまざまを準備。
基礎的な漢字の成因やら、漢字クイズ(日+月=? 木X3=?)や、簡単な日本語の挨拶(おはよう、こんにちはetc)などを書いて、ヘブ語と日本語交じりのテキストを作りました。それと全員の名前を漢字で書いて、A5の大きさに拡大してプリント。

意外と凝り性。
やっぱ日本人ですから、テキトーにはしたくないんです。
本音は、ヘブ語をあまり話したくないため、紙に書いて配っちまえ、と。
ほら、ガキンチョって、言葉が出来ないとか発音が悪いとか言い間違いとか、遠慮なく笑うでしょ? 間違いなく大爆笑されるのが予想できるんで。
先日、子供会の話し合いの時に、「その辺はフォローしてね」、と世話係の女性に頼んでおきましたが。どうなることやら。一緒になって笑われても困るんですが・・・。


でも、おいしいブログネタになるだろう・・・。

とりあえず、皆、バカ殿メイクをやるらしいから、写真は必須だな。
個人情報? 大丈夫でしょ。だって白塗りするんだから。
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。