2006年06月30日

ウェイトレス

出勤。

金曜日。月末。消費税16.5%は今日まで。
打てるものは今日中に打てー!という勢いで仕事しております。

消費税減税は明日シャバットから。
各地から文句の声が出ているらしい。
安息日だから完全休業のところが多い。日本式に考えたら、「休みのうちにゆっくり値段変更したり出来るじゃないの」って思うでしょ。
でも、この国、休むの。完全に。働かないの。
そして、「シャバット明け」と言って、土曜の夜に数時間だけ営業するというのが一般的パターンなのです。
「税金変更に伴い、シャバット明けは休みます」とする店が多く出るだろうと言われていますが。
ちなみに、6月中に売買契約を結んでも、商品引渡しが済んでいない場合は、15.5%の税率で決済できます。

また、7月2日から、オーバードラフト規制法が施行されます。
こちらは、かなりの自営業者が休業または廃業を余儀なくされるだろうと言われています。
一般的な会社などは、銀行との契約によって一時的オーバードラフトを認められますが、零細中小企業にはそれがありません。ってか、それを取り締まるのも一環なので。
既に中小企業やそれらをまとめる団体などは、大蔵省やイ銀に対して、「一時的オーバードラフトを認めるように」と詰め寄っているらしいです。

それにしても、飴と鞭みたいですよね。税金下げたり貸越禁止にしたり。
ま、健全な国民にとっては、ありがたいことなわけですが。
でも、ガソリン代はまた上がる・・・。

そういえば、ここ最近、小切手入金が減って、現金が増えてきました。やはりオーバードラフト規制の余波であるらしい。
現金なんて、偽札の怖さもあるのに。
そうそう、5シェケルの偽コインも出回っているとか。


さて。
地元の町に、「スシバー(Sushi-bar)」が開店したそうだ。
間違いなくすぐに潰れるだろうケド。
「ウェイトレスのバイトに行けば?」と言われ・・・。

この私に、ウェイトレス、だぁ???

私、ウェイトレスは、やったことがありません。
あれって難しいでしょ?
実は添乗員をしていた時、1年程、非常勤でコンパニオン派遣会社の経理をやっていたことがありまして(Heshbonitって、なんでもやるのね・・・)、その時、
「人手が足りないから、ホテルのパーティーバンケット、入って!」
と言われ、何回かやったことがあります。

オヤジの宴会コンパニャーは絶対にイヤだと断っていましたが、ちゃんとしたホテルでのパーティーですから、お座敷宴会酒注ぎ飲食カラオケ二次会お触り・・・などは一切なし。
白シャツに幅広サッシュを締めて黒のロングスカートに黒ヒール。テーブルを任されて、食事を運んだり、取り分けたり、お酒を交換したり、だけです。とてもキレイな仕事です。それで2時間5500円だったかな。

・・・が、あれ、ダメです。
頼まれたものが分かんなくなっちゃうし、食事を運ぶ途中に別のテーブルの人に何か頼まれて忘れちゃうし、挙句の果てにはどのテーブル担当だったかも忘れるし、もうホントに大変でした。(・・・よほどバカだな)
私がオタオタしていると、
「Heshbonitさん、困るなー。今月のバイト代の計算する時に、“Heshbonitのフォロー代”って付けてといてよね」
と余裕の笑顔で、女子大生バイトがフォローしてくれました。
だから、ウェイトレスが出来る人ってすごいなーと思うんですよね。

今住んでいる村の近くに、「なんちゃってアジアンレストラン」があって、やはり、「ウェイトレスに来ないか?」と言われたことがありました。
スシやらテッパンヤキやらチャイニーズやら怪しいタイ料理なんかを出していて、ウェイトレスは出稼ぎタイ人とイスラエル人のバイト。「そこに超長髪な日本人が入ったら盛り上がる」と思ったらしい。
まだ経理部に入る前だったから、いいバイトになったとは思いますが、断りました。だって出来ないもん、ウェイトレスなんて。


スシバーねぇ。
アタシの方が100万倍美味しい寿司を作れるから、板長にどうしてもって言われたら、考えてやってもいいかな。

でもその前に、私は経理屋。ふくろ
経営状態を予測したら、こんなド田舎で素人スシバーなんて、潰れる可能性が高すぎるそんな店には、一切関与したくありませんから。
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。