2006年06月28日

どこまで遡る?

出勤。

いつものように仕事をしていたら、買掛先から電話がありました。
以前、「どうも買掛残が合わない」と何度もこちらから連絡しているのに、ちっとも答えてくれず、ここ数ヶ月プッツリ音沙汰がなくなったため、先輩部員に言ったら、「払うの止めたら電話してくるわよ」と、常套手段を教えてくれまして・・・。

ところが前に話した男性とは違う。女性でした。
「私、新しく入ったんだけれど、前任者の机を整理していたら、あなたからの大量のファックスがあったから、一体なんなの?」

また初めから説明しなおし。
でも、彼女はひとつひとつ丁寧に私と勘定あわせをしてくれました。
「2005年は全て計上して全て支払っているってことね。じゃ、2004年は・・・。じゃ、2003年・・・?」
そんなころから合ってないの?
一体、何をどう支払ったんですか?
こちとら、まさか2003年まで遡るとは思ってなかったから(その頃は合っているだろうと思い込んでいたから)、調べてみなければ分かりません。
しかも、2003年は支払システムが違っていたので、現在のシステムでは調べることが不可能です。

午後は地下資料庫へ・・・。
グチャグチャのファイルからようやく探してみるものの、彼女が言う請求書は全てあります。
じゃ、2002年・・・。ご冗談でしょ?


突っ込みどころのないつぶやき日誌です・・・。
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。