2006年06月26日

開店休業

出勤。

朝から電話会社がなにやら新しいアンテナ?を設置する工事だとかで、10時過ぎまで電話が不通になっています。
経理部で電話が通じないっていうのは非常にキツイ状況ですから、皆さんはイライラ状態。私ひとりがウキウキ状態。
電話が鳴らないっていうのはこんなに素敵なことなのね☆。

会計士が登場。
案の定、「給料計算のコースは?」と聞かれ、適当に答えておきました。
困ったことに昨日に引き続き、仕事がない。
私だけじゃなく、同室の先輩部員もない。
「ここまで仕事がないなんて、有り得ないんだけど」と彼女。

経理部は受身な職場ですから、仕事が来なければ来ないで、何となくじっとしているしかありません。
しかも会計士が来ているため、そこらに行ってフラフラするわけにもいかず、先輩部員と2人で、ただダラダラと時間を潰す。

そこに養牛部門の担当者が来て、「過去の請求書を見たい」、と。
2人ともヒマですから、懇切丁寧に・・・。
しかし、オッサン、すごい牛臭。
「後ろに牛が来てませんか?」くらいな臭い。
凄まじい臭いに私は半笑い。先輩はそれに気が付いたが、さすが年の功だから至って冷静。
そりゃあ、現場で働いていたらそうなるのが当たり前で、それを「臭い」というのは非常に失礼なんだけど。
このロハスな村ですから、牛やら鳥やらの臭いがすごいんですよ。田舎生まれじゃない私は、この村に来た時に本当にビックリして・・・。まぁ、それでもなんとか慣れては来ましたけれどね。
でも、外で臭いのならば仕方ないけれど、この臭いが経理部内に漂うのはガマンできないんです。
大変でした。もうカンベンしてください。

そうこうしているうちに、ようやく電話が開通しました。
開通1本目は、銀行から。
仕事の用ではなく、先週、なんだか分からないけれど申し込みさせられたコールサービスから。
何でも、申し込み1週間以内に電話登録しなければいけないらしい。
あー、なんかそんなこと言ってた。でも、「登録しないからね」って言い返したんだけれどな。
ゴタゴタ説明されて面倒くさくなったから、「今日は忙しいから」と言って切りました。いや、全然忙しくないんですが。

午後はやっぱりコレと言ってないんですが、会計士が来ているために、適当に座って「仕事しているフリ」をしなければなりません。
寝るわけにいかないしさ。
なんでこんなにヒマだったんだろ。
そしてこのヒマさ加減が懐かしくなる忙殺な月初が間近です。

***---***---***---***---***---***---***---***

ブログを書き終わり、一息ついていると、ボスから、
「今聞いたんだけど、仕事の某業者の娘が結婚式だって」

げー、今から行くんですか?
知らなかったことにしちゃダメなんですか?
めちゃめちゃ気が重い。もう、なんなのってくらい気が重い。
仕方ないから、大急ぎで着替えて(でもノーメイク。もう化粧する気が起きない。誰も見てないし)、行ってきました。
村から車で15分ほど。今日の会場は野外でした。
行ってみたら宴たけなわ。若者は皆踊り狂ってる。
年寄りは、椅子に座ってベラベラしゃべったり、グルグル回っては知り合いを見つけて挨拶回りみたいにしています。
なんか行く必要性を全く感じなかったんですけど。
ま、直接関係ない人の結婚式なんてそんなもんですけどね。顔出しておくのが大事、っていうだけで。

特にイ国の結婚式って、普通の人でも物凄い人数が集まります。4百人とか5百人とか。
今日の結婚式は、仕事上の関係者もワサワサ来ていたし、双方の友達だの軍時代の友達だの妹の友達だの何だの・・・、6百はいるんじゃないか?と、周りの人が言っていました。

というわけで帰宅10時過ぎ。あー、疲れた。
何が腹立つって、NCISが見れなかった。
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。