2006年05月27日

ダラダラな休日

休日。

普段だったら、休日の朝は8時過ぎまで寝ているんですが、何がどうしたか4時から目が覚めて眠れなくなってしまい、4時半にはネットを立ち上げてしました。
これでも、いろいろ考えてしまって眠れないことや、夜中に目が覚めてしまうことがたびたびあります。
でも、眠れなくても、薬は使わない。酒の力もタバコの力も借りない。
昔っからこうです。
元が添乗員だったり、ずっと経理関係だったりするから、
「ストレスがすごいから、酒・タバコ当然でしょ?」
・・・って思われがちですが、頑固モノの私は、
たかが1本のタバコや1本のワインで何とかなるストレスならば、そんなものに頼らなくても何とかできる! (Heshbonitは強いのさっ!)
と、意地でも頼らなかった。
ってか、この辺がこんな風に頑固だから、眠れなきゃ眠れないでいいや!って開き直ったりするんですが。

昨夜は、ブログわんが出てこなくなってしまい、やたらと焦りました。
こういうバーチャルにハマルのはよくありませんね。
設定した時からヤバイことになるだろうとは分かっていましたが。
あ、別にブログわんが心配で眠れなかったのではありません。


あ゛ー、それにしてもヒマな休日。
日本にいてもイスラエルにいても、休日のヒマ度合いは同じですね。
日本では、図書館やウィンドーショッピングに行ったり、土日派遣を入れたりしていたから、それなりに時間が埋まっていました。
しかし、こちらではすごい田舎に引きこもり。ドライブ好きって言っても、行く所も行き着くしたし、訪ねるような友達は誰もいないし。
新しい場所ってのも、イ国内にはもうないですから。
ホント、早いところ、レバノンと国交を正常化して自由に行けるようになったら、2時間ちょいのドライブでベイルートに行けちゃうんですけどね。で、新鮮なシーフード食べて帰ってくるの。楽しいだろうな。
♪は〜、レバノンノン。・・・なんのこっちゃ

今日は朝から暑いし、寝不足でドライブしたらヤバいから、ただひたすら家に篭って、新聞を読んでいます。

「大蔵省、国防省予算をカットして、保健省へ」

アミール・ペレツが国防省に入ったのは、予算カットが目的。
国家の非常時もとりあえず過ぎ、それでも国防費だけは据え置きな現状にメスを入れたかったから。
実現したら、30〜40億シェケル(750〜1兆円)のカットとなります。

どの国も、1人1人の兵隊さんよりも、高性能な武器で空からっていう時代ですから、少数精鋭で行こうって。
以前に比べて、ミロイーム(予備役。一般市民が決められた期間だけ従軍すること)も、目に見えて減っています。
予備役に出た場合、国民保健(社会保険)から、その人の日数分の日当が出ます。それほど重要任務でない人に予備役に来てもらう必要はない、ということでしょうか。私の村で30代以上で予備役に付く人は少ないです。
実際、以前は「ミロイームは45歳まで年間30日」とかいうのが前提だったようですが、世の中全てがデジタル化・コンパクト化している時代、45歳のお腹の出たアナログオッサンが出てきても、若い兵士にとってはジャマなわけです。
予備役に就く人が減れば、その分恩給にも差が出てくるわけだし、まぁそうやって少しずつ削れるものは削りましょう、と。
今のイ軍ジェネラルは空軍から出たエリートだから、その辺の理解が早いんじゃないかな。少数精鋭の空軍にとって、「買うものは買ってよし。でも、余計なムダを省け」っていうのは意味が通じやすいでしょう。

それに反して、毎年保健省では、薬の認可で揉めるのです。
特に大騒ぎになるのが、ガンや難病患者に対する薬をどこまで保険で認定するか。予算委員会で怒鳴りあいをやってました。
その外では、ガン患者らがハンストしたりして、結構大変です。

2007年の国家予算の承認は6月末。
本来は20億シェケルの削減のところを、ペレツの一声で30〜40億まで持って行っちゃったらしい。さすが、モロッカイ。
どうなることでしょうか・・・。
これで通せたら、ペレツの株がメチャメチャ上がるでしょうし。


夏休みまであと1ヶ月ちょっと。
新聞に、「イスラエル国内高級リゾートホテルのタリフ」が載っていました。
エイラットの高級処で、最低レベルの部屋でも1泊3000シェケル(75000円)、他でも相場は1600〜2000シェケル(4万〜5万円)程度。もちろん、もっと高い部屋はいっぱいあります。
あら、その程度?、って思いました?
この国の、男性の平均月給が8000シェケル(20万円)を切るんですよ。最低月給(3500シェケル・87500円)で働く人も多いんです。
こういう高級処に泊まれるのは、お金持ちさんとか、コネがある人とか。しかも1泊だけってことはないだろうから。

一般人は、私の村にあるようなペンションタイプに来ます。
1泊朝食・1部屋2人で180シェケル(4500円)。
シャワー・エアコン・ミニキッチン完備。部屋によってはバスタブ付き。
海はないけど、プールあります。芝生でバーベキューできます。支払は、現金・小切手・各種カード(分轄可・利息なし)。
デメリット? それは言えないなぁ♪ 一言でいうのならば、日本人向けではありません。あくまでもイスラエリの庶民向けですので。
来てくれた方には、私と握手&サイン&ツーショット撮影可 カメラ 
・・・って、なんだよ、それ?
ちなみに、予約が集中するのは8月末です。
イスラエルの夏休みは7〜8月。あまり早くから子供を連れて旅行に行くと、「もっと連れてけ。他にも連れてけ」とうるさいから、最後までひっぱるらしい。


夏休みか・・・。
この歳になったら、別に何するわけじゃないですが。

なんか寝不足で今更ボーっとする・・・。
久しぶりにパンを焼かない休日だった。
posted by Heshbonit at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。