2006年04月19日

スリはヘブライ語で・・・

トム・クルーズとケイティ・ホームズの間に
女の子が生まれたそうだ。

[ロサンゼルス 18日 ロイター] 
 待望の娘の名前は、ヘブライ語で「プリンセス」を意味するスリ(Suri)


えー、ここで補足しますが・・・。

現代ヘブライ語では、「シリア人男性」の意味ですが・・・。たらーっ(汗)

だからスカイニュースで聞いた時、ビックリしたんですよね。
よりによって、何ゆえにそんな名前を・・・って。
イスラエルのニュースで、「古代ヘブライ語が由来で」と聞いて、
私も初めて知った次第です。(↓追記参照)

「スリ」って聞いて「王女」と理解する人、いるんでしょうか。
イスラエル人では、分からないのではないかと。
ってか、間違いなく笑うんじゃないかと・・・。

ちなみに、
現代ヘブライ語で、王女は「ネスィハー(Nesichah)」と言います。
語根から見ても、「スリ(Suri)」とは全く関係ありません。
本でも読んで調べたのか何なのか。

「スーリ」と伸ばして表記する記事も見られるけれど、
それだと余計に、「シリア人男性」の発音と同じになるんですが・・・。
また、「シリアの(男性名詞に付く)」という形容詞でもある。

なんにせよ、
イスラエル人が事前にそれを聞いたら、止めてたとは思うけれど。
多分、日本人が事前にそれを聞いても、止めてたでしょう。
人ノ鞄ヤポケットカラ、スバヤク財布ナドヲ抜キ取ル泥棒・・・


ねぇ、普通の名前、付けときなよ。
ただでさえ目立つんだから。


関連未来記事
 ユダヤ系の名前をずらずらと書き並べてみました。


あれから、一週間・・・。
スリはヘブライ語のプリンセスではない」と報道されたと同時に、
このブログへの検索アクセスが急増し、ビックリしました。

あれからずっと、「スリ」の語源は何だろうと思っていましたが、
サラ(Sarah)の変形がスリ、と発表されているようです。
だったら、「サラ」が「プリンセス」なのか? というと、違います。
男性形の「サル(Sar)」が、「統治者・大臣」の意味ですから、
その女性形を、「王の娘(王女)」としたら、明らかに誤訳です。
「王妃」と訳す人もいるようですが、どうなんでしょうか。
ここでは、女性統治者、転じて「女王」のニュアンスの方が近いです。
でも、昔から「女王(マルカ)」というヘブライ語があるのだから、
あくまでも「サラ」は、「女性統治者・女性大臣」と訳すべきでしょう。

スリは『あっちに行け』という意味がある」という記事もありました。
これは正しいです。
不定詞(ラスール・Lasur)は、「脇へ逸れる」「立ち退く」の意味で、
「スリ」は、「立ち退け(女性に対して言う命令形)」となります。
ただしこれは、文語的表現で、会話では使いません。


追記:2006年4月27日
posted by Heshbonit at 20:00| イ国の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。