2010年05月31日

ブログ移転のお知らせ

4年3ヶ月、慣れ親しんだシーサーを終了することにしました。


新ブログはこちら。



画像容量の限界が見えてきて、ギリギリになる前にどうにかしないとな思って、アレコレいじっているうちに、一気に移転の運びとなりました。

こんなに早く移転するつもりは、ぜんぜんなかったんですが。


イスラエル生活もそろそろ11年。

ブログを始めた頃に仲良くしていた方々もいなくなり、私だけ何も変わらぬ。

「あの人、まだブログをやってるんだ。ヒマなんだね」状態。

結婚して子供がいたりすれば、いろんな成長やら変化やらがあるのでしょうけれど、それらに無縁な上にこのド田舎生活ですから、変わる余地もありません。

外見と健康状態が立派な中年オバサンになっていくだけで、脳内は退化の一路を辿っております。


コメントを廃止したのは昨年夏。

【エルサレム在住のストーカー・自称ユダヤ人のサラこと宮本理子】と、【空気を読むことを知らないテルアビブの長期不法滞在者M】という強烈な在イスラエルの日本人女性2人に、尋常じゃなくしつこく付きまとわれたことが原因です。


異常な回数のブログ&コメント閲覧から始まり、ブログのコメント欄や直接メールでブログ内容のダメ出しや批判、私個人に対する侮辱発言を何度も何度もする。

不愉快なコメントを消すと、【何をイライラしているのか。あなたに私のコメントを消す権利はない。ネットに公表すると言うことは、色々な人がアクセスできて色々な人が日記を読むのだから、公開する自分自身に責任がある。あなたが公開しなければ私も読まずに済んだ。イヤならブログを今すぐやめろ(ほぼ原文)】と、理解不能な逆切れメールが来る始末。


彼女達からのコメントや直接メールは全て受信拒否、さらに彼女達のブログ閲覧を拒否設定にし、私が相手にしなければそのうち飽きるだろう・・・と思っていたら、なんと、私のブログ仲間さんに嫌がらせメールを出すという、一般常識では到底考えられない強烈な行動に出たのです。

「エルサレムに住む宮本って人からメールが来たけれど、どうすればいい?」って、海外に住むブログ仲間さんから連絡が来た時は、本当に背筋が寒くなりました。

さらに、メルアドを変えての猛烈なメール攻撃に嫌がらせメールの嵐に遭い、最終的には私がメルアドを変更せざるを得ない状態に。
そもそもこの2人、会ったこともなければ、電話で話したこともなく、個人的なメール往復も一切ない人なんですよ。
もうムチャクチャ。一体、私が何をしたというのでしょうか?


こういう国に住んでいるため、日本の反イスラエル反ユダヤ思想の人にブログを荒らされることを常に懸念しているのですけれど、まさか同じ国に住む全く面識のない日本人女性から、思い当たる節が全くない理不尽な嫌がらせをされるとは、これっぽっちも思わなかった。しかもそれが2人も・・・。


さらに、その後に知り合った、やはり在イスラエルの根掘り葉掘らー女性に打ちのめされ、一時はブログを辞めようと考えました。

目が見えない相手だと攻撃したくなるんでしょうか。

ブログを通してイスラエル国内の日本人と普通に交流がしたいと思ってずっと続けていたのですが、何年やっても誰にも相手にされないというのに、頭のおかしい在留邦人にムチャクチャにされるとは本当に皮肉なものです。

しかし、同じ日本人でも言葉が通じない人っているんですね。



なぜ面識も交流もない人から私が攻撃されるのか全く分からないとはいえ、無関係なブログ仲間さん達に迷惑をかけるわけにいかないため、断腸の思いでコメント欄を閉鎖することにしました。

あんなに楽しく交流していたのにコメントがないのは初めは寂しかったですけれど、ブログブームも去って、ブログ仲間の各国在住の駐在奥様の方々も日本に帰国され、コメントそのものが激減していたことですし。


しかーし。

人が読まない・コメントがつかないとなると、もう書きたい放題。

ある意味、コメントがあると思うと、妥協した内容になるわけで。

堰き止めがないからか、バカなオバサンの脳内を公示。

今では一日平均読者3人とか、そんな。


ブログを始めた当初は、ブログを通して友達が出来るかも...なんて考えたけれど、リアルで友達がいないものが、ネット上で出来るわけがないのです。


そして、いい加減にすればいいものを、凝りもせず、まだ続けるつもり。


新ブログには、ブログを一括引っ越しできる機能があるようなのですが、これはこれで愛着もありますし、完全に一人歩きしている記事がいくつかあってURLを変えられないため、このシーサーブログはこのまま存続させることします。


ただし、これ以上の理不尽な嫌がらせを避けるため、ブログ仲間さんからいただいた数々のコメントは未公開設定にいたします。申し訳ありませんがご理解下さい。


長らくの御愛顧、ありがとうございました。

そしてもちろん、これからも引き続き宜しくお願い申し上げます。


Heshbonit拝

    


posted by Heshbonit at 23:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。