2010年05月28日

リミット

昨日、買掛先から電話があった。
新しく取引する会社で、仕事の一通りのやりとりを終えたら彼女が言った。

「Heshbonitって、髪がすごい長い日本人よね? もしかして私のこと覚えてる? ウルパン(語学教室)で一緒だった、オルガよ」
「ウルパンのオルガ...? オルガ、少なくとも3人はいたよね?」
「ショッピングセンターのスーパーでレジしていた、太ったオルガよ」

思い出した。確かに太っている女性だった。ま、ロシア系で太っていない人を探す方が難しいが、若いからか彼女はコロコロして愛嬌がある感じだった。
私が通っていたウルパンは、キタ・ベィト(レベルU)とギメル(レベルV)で、既にキタ・アレフ(初級)を終えた人が通う教室。
移民者は、初級のアレフは移民特権で無料だが、ベィト以降は有料。
つまり、「もう少しやろう(+修了証書が出るから就職に役立つかも)」という人達が来る教室。(ちなみに私、ウルパン初級は諸事情で通ってません)。

ウルパンでは彼女と話をしたことは殆どなかったが、久しぶりに話をしたいと彼女が言うから、電話番号を教えたところ、今日の午後、掛かってきた。
彼女は、スーパーのレジの仕事を妊娠を期に辞め、その後に別の仕事をしながら簿記教室に通い、5年前に今の会社の経理の仕事を見つけたという。
「先月から地域センターの簿記1級に通い始めたんだけど、先生が『2年前に日本人の生徒がいた』って言ってたから、もしかしてHeshbonitじゃないかって思っていたんだ。やっぱりそうだったのね」

経緯やら近況やらあれやこれや話をした後、彼女が言った。
「ウルパンで先生が言っていたこと、本当だったと思わない?」
「え? 何を言ってた?」


「。。。移民のあなた達が優秀だったことは誰もが知っている。優秀なあなた達にジョブ(Job。スラングでバイトのような仕事を指す)が辛いのも分かる。けれども、今はとにかくやれることをやりなさい。お金を貯めなさい。勉強しなさい。
 厳しいことを言うけれど、イスラエルに移民して5年で自分の仕事を見つけられなかったら、10年経っても絶対に見つけられないわよ。出産や育児はイスラエルでは言い訳にならないのよ。
 今は、移民だロシア人だと言われるだろうけれど、移民から5年経てば誰も言わなくなる。その時に何の仕事をしているか。そのリミットは5年。
 移民から5年後にあなた達がやっている仕事は、ずっとそのまま定年まで続くことになる。それをよく覚えておきなさい」



村暮らしで日本人の私は、町で生活するロシア系移民の彼女達に比べたらラクな立場だったが、それでも初めから役場で経理をしていたわけではない。
女が到底やらないような肉体労働をし、爪を割り擦り傷を作り、もちろん楽しかったし、役場で働く上で知らなくてはならない村の仕組みを学べたと思っている。もしあの仕事をせずに役場に入っていたら、いろんなところで戸惑っていただろう。
しかし、なぜ海外に来てこんなことをしているのか?と毎日思っていた。

あの当時、ネットやその繋がりで知り合ったイスラエル在住の日本人の誰もが、私の田舎生活や肉体労働を軽蔑し、バカ扱いした。日本人の恥みたいなことを言われたこともあった。(本当に!)
テルアビブなどに住んでいれば、イスラエルに来てすぐにでも「日本人であることを生かせる仕事」を紹介してもらえるそうで、その手の仕事がいくらでもある、なのに日本人のくせになんでそんな仕事をしているのか?と言われた。
移住直後でヘブライ語もロクに出来ないのに得られる、「日本人であることを生かせる仕事」って、要は「日本人なら誰でもいい仕事」って市場価値でしょ? だとしたら怪しい会社もかなりあるでしょうね・・・。
私が簿記教室に通ったのはイスラエルに来て4年目だったか(もっと早くからしたかったが、ビザの問題や、開講が延期になったりしたため)。
そうやって振り返ったら、今の経理の仕事を得たのは5年経過した時。

「んー、そっか、私も5年だ」
「Heshbonitもそうなんだ。先生の言ったこと、その通りだったね」
「あのさぁ、あなたがいたスーパーのパン売り場にいる人ってさ...」
「あー、あの人ね、...名前が出てこないけど。そう、ずっとあそこよ。先生が言っていたように、ホント、10年以上経った今でもずっとあのまま」

【5年で見つからなければ、10年経っても見つからない】

言われてみれば、当たり前のようではある。
別に移民でなくても、例えば、学校を卒業して企業に就職しても、5年経ってもその仕事を“自分のモノ”に出来なかったら、もう見込みはない。
それこそ、就職が出来ないからとフリーターを5年したら、「そういう人」という扱いをされる。そのとおりです。
特にイスラエルの場合、年功序列というものはあまりない。
マネージャーが辞めたら既存のスタッフからマネージャーに昇格させるのではなく、マネージャー募集することの方が多い。ジョブをしていたらずっとジョブ。下っ端はいつまで経っても下っ端だ。
ウルパンの先生は15歳で欧州から移民してきた女性で、その厳しさを十分知っているからこその発言だったのだと思う。移民という選択をした以上、そのくらいの気概がなければ、という意味で先生は叱咤したのだろう。

村に住んでいるロシア系移民2人に、日本人の私がここで暮らしている経緯を聞かれた時、余計なお世話ながら、「勉強した方がいいよ」と言ったことがあったが、彼女達は「お金がないから」と言ってそのままでいる。
1人はずっとランドリーで洗濯物を畳んでいる。1人は村の宿泊施設のハウスキーパーや食堂の掃除をしている。村に初めて来た時と同じ仕事だ。
もちろん、それらの仕事が悪いとは言わない。人にはそれぞれいろいろな事情があるのだし、本人達がそれを選択し、それで満足しているのだったら。
だが、少なくとも、イスラエルで生まれ育った同世代に比べたら間違いなく優秀なはずのロシア系移民がその仕事は、あまりにももったいないと思ってしまう。

かくいう私も、安泰にはしていられないんだけどね。
なんか勉強しないと。
    
posted by Heshbonit at 17:00| 真面目なたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。