2010年05月20日

国か、民間か?

仕事をしていたら、畜牛部門の責任者のオッサンが来た。
なんだかんだ話した最後、オッサンが言った。

「日本で牛の口蹄疫が流行っているんだって?」

わー、オッサン、さすが早いな。しかし、どこから情報を得たんだろう。ネットのニュースを検索してもまだ出てきていないっていうのに。

生まれ育ったのが神奈川のごく普通の住宅地で、会計事務所で働いていた時も顧客に農業従事者がいなかったから、日本にいた時は農業に関して何も考えたことがなかった。
けれども、今こうして完全な農村で暮らし、その役場を職場にしていると、そう簡単に「口蹄疫ウィルスに罹った牛は、殺せばいいじゃん」なんて言えないだろ、ってのがホントによく分かる。
「牛を処分するなら、補償はどうなる?」って、そりゃそうでしょうね。
「トヨタの車と生産ラインの機械、問題が出たから直ちに全部ぶっ壊そう」といわれ、「はいそうですかじゃ壊しましょうね」と誰が承諾するでしょう。
しかも、ウィルスなんていう避けようのないものなのだから余計に。

でも、農業保険、カバーしないのか?って思ったんですが。

イスラエルは、農業損害保険専門の会社がある。
たとえば農地であれば面積と取れ高予想に対して保険料を払っておき、万が一、天候その他の理由で農作物が取れなかった・取れ高が激減したというような場合、それ相当の損害補償が出る。
周辺国との諸々理由での損害は、保険ではなく国が補償します。

農業保険会社の経理担当の女性と(仕事上で)、とても仲がいい。
初めはメールだけでやり取りしていたから私をイスラエル人だと思っていたらしいのだけれど、(純日本人ですがユダヤ人でも通る姓名なので)、電話がかかってきた時にカタコトのヘブライ語を話したために日本人だということがバレてしまい、それからすごくよくしてくれ、仕事絡みで電話した時などにいろいろ保険のことを教えてもらっている。
知れば知るほど面白い。保険の勉強をしようかと思ったりもするほど(...通学しきれないし、仕事に繋がらないのでしません)。

いつ何時何が起きてもおかしくない、自給自足を賄わなければならない小国なだけに、イスラエルは農業にはかなり真剣に取り組んでいる。もっとも、人手不足で外国人労働者を入れているのはどうなんだという問題もあるが...。

日本だと保障は各県の農協がやっているみたいですが(そんなこと、日本にいた時には考えもしなかった)、農協じゃ限界がありすぎるでしょう。
農業というのは、本当に手間も時間もお金もかかる。うちは村の中にそれぞれの部門(会社方式)を設立して経営しているが、これが個人農家だったら生存問題だろう。ホントにぞっとします。

一方では、日本の将来を考えたら、農業方式を根本的に変えていく時期が来ているのではないか?とも思う。
各自が自営農家ではなく、小規模集約農業という形で会社を設立し、それぞれが社員となって働けば、農家の嫁の来てがないだの労働力不足だのといった問題も多少は解消されるのではないだろうか。


ところで、ネットで宮崎県知事の奮闘ぶりを見ましたが、ああいう人が上に立っていたら面白いだろうなと、国境ギリギリの小さな寒村に住む私は妙に親近感を持った。

ソレ絡みで日本のニュース見たけど、民主党には大反対であるものの、【仕分け】っていう、あれはいいですね。ってか何で今さら気が付くんだ?とも思ったけどさ。

交通安全協会、あれはすごいよホントに。日本にいた時に、仕事で絡んだことがありましたが、まさに警察天下りの温床。ムチャクチャな場所です。
それから、JICAねー。ようやくそこに気が付いた?って。
海外在住者は分かっているけど、あれはもう笑うしかない最低な存在。
以前住んでいた国はいわゆる途上国だったため、JICAの人達と接点が多くありましたが。...。いやー、もうなんでしょうね。とてもとても常識では考えられないすごい所です。
慈善事業っていうか偽善事業っていうか、企業やNGOがやったほうがよほどマシなのを、わざわざ税金をばらまいて使うってのがね。

ま、日本に税金も年金も払ってないから文句を言う筋合いないけどさ。
  
◎関連記事:「サラリーマン漁師(2011年4月23日)
 
posted by Heshbonit at 21:00| 日本⇔イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。