2010年05月19日

シャヴオット

休日。シャヴオット。
由来は初穂(麦)を神殿に捧げる儀式。
現代イスラエルでは、「農業祭→農業生産品を食べよう→乳製品のお祭」
そして乳製品を食べると肉を食べられないから、ラクトオボベジタリアンの日。

昨日来たゲストは、北部に住む親戚を訪ねる途上に私の家に寄ってくれたのですが、北上する途上、ツファットでチーズを買ってきたと言うから、「じゃ、冷蔵庫に入れておくよ」と預かり、帰り際に渡そうとしたら、「そのうちのひとつはheshbonitのだから」と。
「あーのぉー、ヴィーガンなんですがー」というのは自己都合ですから、そのままありがたく頂戴しておきました。

ツファットチーズ(Tzfat cheese)。
いわゆる白チーズ。熟成させずにさっと作れるタイプ。脂肪分も高くない。籠に入れて成形するため、籠の網目がついています。一口だけ味見したけどかなり塩辛い。そして、熟成させないため、チーズの風味は全くない。
率直にいえば、これがチーズとは思えない、いわば塩辛い塊。

1840年頃、ツファットに住むハメイリさんが作り始めたのが由来。
名前からしてイラン系ユダヤ人でしょうか。イランもチーズといったら白チーズですが、イランでも塩分が強いチーズは「ブルガリアチーズ」という別枠。
普通の白チーズに比べたら発酵温度が高い。つまり高温で早く殺菌する、と。それと同様、長期保存のために塩分を強くしたんでしょう。
このツファット・チーズ、牛乳・山羊・羊バージョンもあるそうですが、何の乳を使おうが私が食べられないことに変わりません。

先週の役場の食事会で頼んだサラダに角切りのチーズが入っていた。
とはいえ、メニューには「フェタチーズ」と書いてあったものの、一口食べて「これ、フェタじゃないじゃん」って味でしたが、サラダのトッピングに少量入っているだけなら食べられても(しかも注文時に「チーズ少量」と頼んだし)、いくらなんでもこの量は消費しきれません。
ってかホントに塩辛い。ま、元々、私は塩分の強いものが苦手だから、普通の人ならこれがちょうどいいのかもしれないけれど。

せっかく本場で買ってきてもらって申し訳ないのですが、気持ちをありがたく頂戴したので、明日、役場に持っていきます。
   
posted by Heshbonit at 15:00| イ国情緒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。