2010年01月31日

オババの戯れ言

  
今期のドラマはコレを見ています。

後輩Hちゃんは、主人公目当てでヨダレたらしながら見ているらしいが、私は当然、ド真ん中ストレートにタイプの寺島進見たさに。ってか、あまりにタイプすぎて、画面を直視できないんですが。
ただでさえカッコイイのにさ、ヘリの操縦士役でツナギ着せるとは、私を喜ばせるためにフジテレビの人が気を利かせてやってくれたとしか思えない。
もちろん、ストーリーもちゃんとしているし、見ごたえあるドラマです。

普通の感覚だと、ジャニ系の人っていうのはカッコイイらしいが、私は子供の頃から「カッコイイ」という感覚がどこか違うらしく、ぜんぜんピンとこなかった。
もちろん、Hちゃんが大好きな藍沢先生を見て「整った顔だな」とは思う。それが「カッコイイ」っていうことなのだけど、だったらその「整った顔」ってのに全く興味がない。男のクセにキレイに整った顔って、なんか居心地が悪くて。

20年前のオババの回想録。
男友達4人(4人の間に接点はない)、2人がモデル事務所所属で、1人はそこそこ人気のアマバンドのメンバー、残り1人は元ヤンキーで、全員それぞれが人目を引く外見だった。
たまたまその4人とすごく気が合って仲良くしていただけで、面食いでもなんでもないんですけど(...ってか、顔では友達を選ばない、少なくとも)。
そういう外見を持つ友達と町を歩いたり電車に乗ったりしていると、もうやたら見られた。当然ながら、「どーしてあのカッコイイ人があんな女と?」ってな。で、実際、聞こえてきたりするんだ。「あの人、超カッコイイ」「横の女って彼女?のわけないよねぇ(笑)」みたいのが。
事実、4人ともすっごい可愛い彼女がいたし、私は普通に遊び友達として付き合っていただけで、まぁ、見ている分には確かに「整った顔」なんだけれど、なんか味がないっていうか、つまんないんですよね。

卒業後、モデル1人はTVに出る人になったからその後の経過は見て分かっていて、元ヤンはレーサーになってイ国に来るまで年イチペースで会っていました。
皆、今はどうなっているんだか。女は三十路から下り坂だけれど、男の人は30代からイイ感じになるっていうから、その後の経過を見てみたいなって思う。

私は、一生分の男運を「男友達」で使い果たし、あとは裏路地一筋。
今では誰の期待を裏切ることなくブサイク路線をまっしぐらに突き進み、「これぞオバサン」っていう、ボロボロ肌で老け顔な真正オバサン。
我ながら恐ろしくて誰にも会いたくない。彼らと会うことは百万パーセントないけれど、それでももし誰かが見ることがあるとしたら、「あれ、あのトラ猫...?」ってたぶん分かるはず。それだけでも、不気味だと思うが。

ところでオババ、戸田恵梨香と新垣結衣の区別が付かず、「ハイネック着ているかどうか」を目印にしています。Hちゃんにメールでそう書いたら、「ぜんぜん違うじゃん」と返事が来ましたが、どこがどう違うのか。

しかし、すごいね。ネットでドラマをリアルタイムで見られて、日本の友達とあーだこーだとそれに関して会話が出来るんだから。いい世の中です。
   
posted by Heshbonit at 22:00| ポツラカマタア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。