2006年02月26日

バリバリ働く


[本日の天気 曇り]


出勤。

我ながら昨日の日記のオバサンっぷりは情けないと反省。
女もここまで落ちちゃうと、救いようがなくなってしまう、と。
自分で秘めて書いている日記ならともかく、公開しているブログなんだから、ちょっとは気を遣えって。
ほら、もしかしたら、『海外で働くオトナの女性のブログ』だと勘違いして読んでいる青少年もいるかもしれないじゃん。やっぱ若者の夢を壊しちゃいけないなと・・・。感動をありがとう、みたいな。なんのこっちゃ。
いや、そういうのはNYとかロンドンとか、
そういう都会で働く人に憧れるのであって、
少なくともイ国の田舎にゃ誰も憧れないだろう。
っていうかさ、都会の女が休日ダラダラするのは、
それなりにカッコいいかもしれないけれど、
田舎のアタシがやったら農家のオバサンそのものじゃん。


昨日、あまりにもダラダラ過ごしたからか、今日は妙に働く意識が満々で、朝っぱらからバリバリ気分で仕事をこなす。
そういう気分でいるからか、やたらと仕事が舞い込んできて、休む暇すらなく、ちょっとばっかりてんてこ舞い。
電話ジャンジャン。出入金ドカドカ。請求書ドサドサ。訪問者ガンガン。
それでもなにか一生懸命こなす。自分ながら今日はスゴイ。
舞台がNYかロンドンで、ちゃんとメイクしてスーツ着てたら、きっと絵になっていた。(自称。問答無用)。
やっぱ休みの日はちょっとダラダラするのも必要なのかもしれない。
しかし、そのパワーは今日で使い果たした気分だ。
もはや、「今日、木曜日じゃないの?」って感じ。

さて、肩の痛みが継続しすぎるため、ボルタレン(Voltaren)を飲んだら、テキメンに効きました。
日本ではリュウマチや酷い神経痛の薬として使われているとかで、医師の処方箋がないとダメなようですが、イスラエルでは当たり前に買えます。多分、成分用量が違うのかもしれません。
以前肩が痛かった時に腰痛持ちのボスに貰ったものですが、その時は「痛みに飲み薬ってのはどうも・・・」とガマンしていたら治ったため、そのままキープしていたのです。今回はガマンできる痛みではなく、悩んだ末に飲んでみました。
今は酷いコリだけが残っていますが、幸いなことに痛みは引きまして。
ま、この酷いコリっていうもの辛いんですけれど。

今日はイスラエル全土、酷いハムシーン
地中海・北アフリカ地方ではこの春の時期、南西の季節風「ハムシーン」が吹き荒れます。北アフリカってはのずーっと砂漠が繋がっているようなところですから、南西の風が吹くということは、地中海の吹き溜まり・イスラエルに、北アフリカ全ての砂がもたらされることであり、強烈な砂嵐現象になってしまうのです。
今日の太陽はまるで、「朧月夜」。
眺めがいい私の村でも、眼下に広がる畑も向こうの山も何も見えなくなります。
おかげで目はゴロゴロするし、鼻も唇も乾燥しまくり。
もちろんこんな日に外に洗濯物を乾そうものなら・・・。
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。