2009年11月30日

合同説明会

本日10時から北部某所にて、システム開発会社による合同説明会。
2010年からの税制改革に伴い、システム改変や使い方その他の説明がなされるということで、北部広範囲地域の企業や自治体など、その会社のシステムを使っている経理担当者大集合。

というわけで。
今日は朝7時前から仕事をし、9時過ぎに私の車で先輩部員と一緒に説明会へ。

私も先輩部員も全く行く気はなく、「問題があったらシステム会社に電話して聞けばいいんじゃない?」って思っていたんですが、昨日、その開発会社の営業SEみたいな人が来て「絶対に来るように」と力説されたため、まぁたまには行かないとってことで。
当初はそれほど集まらない予定だったらしいけれど、どんどん膨れ上がって150人だか集まったそうで、会議室がぎっしりで立ち見も出るほど。(それほど狭い部屋だったっていう意味でもある)。

それにしても何が面倒って、イスラエル人、うるさい。
ちょっと説明が始まると、「質問! かくかくしかじか、どうすればいいんだ?」と、勝手な質疑応答が始まる。しかも大抵、説明の趣旨とは違うこと。
ホントに趣旨と大ハズレな質問に対しては「それは関係ないからあとで」とか何とか言われるが、なんと、説明をしている人を差し置いて、一般の参加者が「それはこれこれこうだなら」と知ったかぶりをご披露する。そうなるともう凄まじい。

昨年通っていた簿記のコースでもそうでした。もうそれこそ毎回毎回、「うるさいっつの! 私は先生に聞いてんの!」と言い返してました。
大人でこれですから、子供が通う学校なんていったら強烈なことでしょう。
これがイヤだから、先輩部員も私もこの手の説明会や勉強会には参加しないのです。(注:先輩部員は生粋のイスラエル人ですが、もちろん、イスラエル人でもそういうのに辟易している人はいます)。

その中で一番うるさかったのは、昨年通っていた簿記1級のコースで一番うるさくて辟易したオバサンだった...。
でももっともっと腹が立ったのは、私の隣りで延々と咳をするネーサンだった。今後、まぁ行くこともないだろうけど、ああいう場所に行く時はマスク必須。

午後1時過ぎにようやく第一部終了。
既に、前日にその会社の担当と話をしていたし、会計士やシステム管理会社とも何度もやり取りをしているだけに、これといって目新しい話はなかった。
第二部もあったけど、これ以上もういいだろって、村に戻りました。

そんなです。もう11月も今日で終わりです。
      
posted by Heshbonit at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。