2009年11月28日

今は昔

邦人のX氏が4年前に日本で買ったデジカメが上手く撮影できないそうで、ネットで調べたら、その機種はリコールしているらしい。
まさかリコールをどうこうしてもらうために日本に行ってられないし、仕方ないこっちで適当なのを買うしかない、コンパクト系ではないきちんとしたデジカメなのに、とぼやいていた。

デジカメ。私のは7年前に日本で買ったこんなの。



ヨドバシでノートタイプPCを買ったら、店員に「これだけポイントがあったら少し足したらデジカメが手に入りますよ」と勧められ、デジカメ買う気はなかったのに言われるがままにデジカメ売り場に行き、「初デジカメなら、コレかコレかコレ」と店員が勧めてくれた3台の中から選んだ。
選んだ理由は普通の単三電池で使えるものだったから(残り2つは充電式)。

当時は発売間もない最新モデルだったものの、近年の機種に比べたらすごく厚みはあるし、液晶パネルはすごく小さいし、起動するまでかなり時間がかかる。
寿命はまだまだ続きそうだけれど、そろそろ買い換えたいなとは思いつつ、そのままダラダラ使っている。ま、個人の記録程度に撮るだけだから、画像がどうとか機能がどうとか、関係ないし。

初めてデジカメというものを見たのは、派遣で車の会社で働いていた時だった。「撮った写真をメールで送れる」と聞いて、なんかものすごくすごいものだと思ったが、今の時代じゃそれが携帯電話で出来るんだから、時代が進むのってマジで早い。(って、私の携帯には写真機能がないが...)。
子供の時は「写真を撮る」っていうのはすごく特別で重要なことで、「うわー、写真だってさ、写真写真、撮ってもらおうよ!」ってすごいことだった。カメラ屋にフィルムを持って行って現像してもらって...。
でも今じゃ誰でも撮ってその場ですぐに見られて簡単に印刷もできる。
なんか、世の中進みすぎじゃないかと、オバサンは思ったりする。

電話にしてもそう。
私が学生の頃、ようやくポケベルが走り出したころで、遊び仲間がポケベルを持っているのを「なんかすげー」って目で見ていたりしていた。
実家暮らしだったから電話が玄関にあり、冬はめちゃめちゃ寒いし夜中に話していると親から言われるんで、バイト代で家用にコードレス電話を買った。コードレス発売間もない頃だったから結構しました。
友達には夜10時以降にかけてと頼み、その時間帯以降はコードレスを肌身離さず持ち、電話が鳴るとワンコールで取る。それでも家に音が響くから翌朝また親に言われる。兄が2人いるから彼らの友達がかけてくることも頻繁で、電話の取り合いになることもあった。
「自分専用の電話線を引きたい」って本当に思ってたものです。
でも、その不便さがよかったな、って今だから思う。

実際、携帯電話なんてなくても、添乗員やってましたし。
一度だけ、とあるVIPご一行の添乗で、帰りの新幹線に大幅遅れが出た時、会社の担当者に連絡したくても新幹線内の公衆電話も長蛇の列でどうにも出来ず、あー、携帯電話があればって思った、そのくらい。
その後も結局、日本を出てくるまで(10年前まで)、携帯は持っていなかった。必要性が全く感じられなかったから。あ、携帯の店頭契約のバイトはしました。「便利ですよ、イマドキ携帯は必須ですから」と言って。
今は、かけることもかかってくることもほぼなくかけてくる人もなく、万が一の時に繋がる保険みたいなものです。なきゃないでそれほど困らないっていえば困らない。全く使わないので基本料金(月650円)しか払ってない。


X氏:「海底ケーブルだった昔は、仕事の連絡はテレックス。日本に直接電話をかけるのにも何を話すか用件をまとめて、それでも時々声が聞こえなくなったり、上手く伝わらなかったり、いきなり切れたり。本当に大変だった」
:「15年前でも電話事情はそうでしたよ。日本に電話すると、電話の向こうで能天気に『ねー、今そっち何時〜?』なんて言われて、時差X時間って何度も何度も言ってるでしょ。電話料金高いんだから、下らない質問に時間を割かないで!って手紙に書いて(笑)」
X氏:「今ではネットでいくらでも新聞が読めるけど、その昔は日本の新聞や週刊誌が手に入ったら、記事だけではなく、小さな広告から何からくまなく読んで、なかなか捨てられなかったものですしね。TVで日本の映画をやるなんて言ったら、古くて下らない映画でも必死に見ましたよ」

国際電話料金はものすごく安いし、ネットで新聞が読めて、ネットで日本のTVをリアルタイムに近いくらいでタダで見られて。
ホント、海外生活もラクになったものです。

あ、カメラの話だった。
どうせ今買っても、またすぐに古くなるだろうし、使い切ります。 
        
posted by Heshbonit at 20:00| ノスタルジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。