2009年11月14日

危険な人の選ぶ服

注)今日の記事には偏見が満ちていると感じるかもしれません。
   ...が、知ったこっちゃありません。

日本に帰ったらユニクロで服を調達する話を書きましたが、
ひとつ、大変な盲点に気が付きました。

見事に同じ色ばっかりです。

子供の頃から赤は大嫌い。ランドセルが赤いのすらイヤだったほど。
パステル系もダメ。ピンクを人が着ているのを見ても気持ち悪くなる。
柄物もダメだ。センスが異常に悪いため、何をどうしていいか分からない。

こうなると、髪がムダに長いのは役に立つ。
「センスが悪いから」ではなく、「髪が長いから」シンプルな服を選んでいる。柄が入っていたりすると、髪の毛とぶつかるから着ないんです、と。

単色でも黒は着ない。髪の色がおかしいのが余計に目立つから。
緑もダメ。黒髪と緑なら相性はいいけれど、茶と緑は見事に合わない。
だからってヤケで茶を選ぶと、上から下まで全身茶色になってしまう。
好きな色はと聞かれたら「青」なのだが、以前、青ばっかり買って身の回りの物が全部青になって以降、気をつけるようにしている。
ついでに白系統は眼中にない。汚れが目立つし、乾きにくい。

結果。
同じ店で同じようなカラー展開で売られている中から選ぶと、
集まった服の色は、全て濃い目のグレー。
あれもこれもあれもこれも、全部同じ色。
それは、ジーンスに合う、黒でも緑でも茶でも青でも白でもない色。
そうそう、車も同じような濃いグレー(チタニウムグレー)。

元デザイナーの知人は、私がどうでもいい服を着ているのを見るたびに、「あーあー、もう!」って顔をし、「Heshbonitの顔には濃い赤系統、エンジやワイン色が映えるのに」と言う。
まぁ、真っ赤ではないが赤系統。あまり選びたくない色だ。でもそういうならと妥協点で、エンジが少し入ったチェックのシャツ(生成ベースにエンジと深緑の格子)を買い、「これはどうだ?」と言ったら、「そんなちょっとじゃなくて、エンジベースの方が絶対に似合う」とおだてられたが、これ以上の赤系統の流入はごめんだ。
顔に映えるとかそういうことには全く興味がない。
それよりも、『赤』という色の存在がイヤなのだ。赤い服を着たいとも、赤がポイントになった服飾品を身に着けようとも思わない。


以前から、真っ赤な服(デザインの一部に赤があるのではなく、全面ベッタリな真っ赤)を着ている人と、どうも相性が合わなかった。
赤がキライという理由以外に何があるのだろう、と思っていたのだが、半年ほど前、BBCで色に関する番組を見て、合点がいった。

「赤を着る人は、自他共に認める、完全要注意人物である」

その番組での理論はこうだ。
赤信号に消化栓に非常ベルに消防車、郵便ポストにバス(英国)に電話ボックスなど、街の中にある特に危険を呼びかけるものや、一瞬にして人目を惹き目立たせる必要があるものは、全てベッタリとした赤い色を塗られている。
物心付いた子供の時から、誰しも『赤』という色の特性を習っているのに、大人になってから自分の服に赤を好んで選ぶ人は、【自分自身が要注意人物である】ことを自覚しているからである。
しかも、それを恥じるどころか、【この自分は特別な注意を持って取り扱われるべき存在である】と、敢えて周囲に誇示しているのだ、と。

そう!!! 
私の周囲で(@イスラエル)、ベッタリの真っ赤な服を着ている人で、マトモな神経の人は、1人もいない!! 
理不尽に怒鳴る人や、はた迷惑な人や、周囲から敬遠されている人を考えると、その誰もが、『全面的にベッタリ真っ赤なTシャツ』をよく着ている。
アクティブを通り越した、アグレッシブ。
全身血が煮えたぎって沸騰し、常に攻撃態勢の人ばっかりだ。

もっとも、イスラエル人はほぼ全員がアグレッシブな気質を兼ね備えている。中には穏やかな人はいても、それは日本でいう穏やかとは別レベルである。
逆に言えば、寒色系の服を着ているけれど攻撃的な人はいても、全面真っ赤な服を選ぶ人で「穏健で皆から慕われている人格者」には、会ったことがない。
それ以降、真っ赤な服を着ている人(ユニフォームを除く)には寄らないようにし、万が一そういう人が来たら、「うおっ、赤信号がやって来た!」と特に気を付けるようになった。
10000%当たります。
      
中には、髪まで赤に染める人がいます。手の施しようがありません。
もちろん、絶対に近寄りません。
     
posted by Heshbonit at 18:00| ロシュ・カタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。