2009年10月19日

スイートルームご宿泊

今回、関西で泊まったビジネスホテル 
阪急線十三(じゅうそう)駅から徒歩5分という便利な立地にあります。

ネットで見つけたのは航空券を取ってからあれこれ探していた時でした。
関西に一緒に行く同行者に相談すると...

「これ、ラブホでしょ? ビジネスって書いてあるけど。会社の人が出張旅費の精算でこの名前のホテルの領収書持ってきたら、絶対、別のこと想像するって」

でもそれはそれで面白そうじゃん、とにかく安いし、十三なら梅田からすぐだからラクだし...と私のゴリ押しで予約しました。

そして、到着。
いやもうただただ驚いた。

55平米って言うんだから、そりゃ広いよね。


キッチン(調理可能)も冷蔵庫も家庭サイズ。TVは地デジで46インチ。


洗面もおしゃれだし。


アメニティがありすぎるほど充実してます。シャンプー・コンディショナー類や基礎化粧品など全て揃っています。何も持っていなくても宿泊可能。


風呂でけぇ〜! しかもTVが見られる。


ベッドでけぇ〜! (幅135cm、ってほぼダブルじゃん)


トイレはバスルームとは別で、当然ながらウォシュレット。


しかも機能が最新型。蓋の開閉までも自動。


そして簡単な朝食(日替わり定食)付き。
洋食バージョン

和食バージョン

さて、これでなんと価格が、


2人で1泊9000円 (1人4500円)


1泊4500円のビジネスホテルって言ったら、座る場所は薄汚れたソファかベッドの上しかなく、部屋によってはバゲージすらベッドの上じゃないと広げられないってこともあるのに、とにかくキレイで広い。広すぎるほどに広い。

ホテルのすぐ斜め向かいにコンビニがあるし、十三の商店街を歩くといろんな店もあります。いやはやもうすごい便利です。
ここに3泊しましたが、通常なら夜はちょっとウロウロするんですが、ホテルがすっかり気に入って部屋でゴロゴロしたのでありました。
って、実はそうせざるを得ない飛んだハプニングがあったのですが...。

あ、そうそう。
確かにラブホ(デイユース)としても利用客がいるのでしょうね。
広いお風呂にス○ベ椅子(凹椅子)が。
当然ながら初めて座りましたが、自分で使うのにすごく便利です。
元々、浴場の椅子はキライだったんですけどこれはいいですね。
最近は介護でも重宝しているそうですが、一般売りするべきだと思います。
     


posted by Heshbonit at 22:00| 一時帰国2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。