2009年09月25日

リアウィンドウに稀にある風景

イスラエルの「初心者マーク」は、2年間付けなければなりません。
法律では、12cmX20cm、光を反射する黄色いプレートに黒文字で「ナハグ・ハダッシュ(直訳:新運転手)」とヘブライ語と書かれていることが条件で、リアウィンドウに付けます。
スーパーでもホームセンターでもどこでも買えますが、運転免許試験に合格すると、教官が自分の広告入りのマークをくれます。



たとえばコレ、私が初心者マーク時代に使っていたもの。
下部分が法定初心者マークで、上部分には、【サピール 私の教官 050-XXX-XXXX】と、教官の名前と電話番号が書かれた広告になっています。
初心者ではない人が乗る時はわざわざマークを外さずとも、下の初心者マークを上に折り込むと(マジックテープが付いている)、教官の広告だけになります。
※ちなみに、日本の若葉マークは目印として今でも継続して貼ってます。

さて。
今日、役場の前に事務長の車が停まっていました。
高校生の娘さんが免許を取ったらしい。



【私の先生 ブラッド・ピット】

...ド厚かましい。

                      
posted by Heshbonit at 14:00| イ国情緒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。