2009年05月14日

万障繰り合わせない

急に暑くなってきました。
ただ今、室温が30度。首をドリフト走行させない普通の扇風機が回っています。夜寝る前はエアコンで冷やさないと無理かも。

今夜、同じ役場で働く人の次女の結婚式で、こりゃいくらなんでも行かないわけにはいかないだろう、って思ってましたが、なーんか面倒になってパス。おめでたい席に小汚いアジア系のガイジンがいるっていうのもなんだか気分悪いでしょ。
第一、村の中の施設でやればいいのに、わざわざ車で30分ほどの結婚式場で、しかも開始時間が夜8時半。ここの8時半って、つまりは9時半近いってこと。
やーよ、そんなの。今日は10時から24シーズン7なんだし。

イ国の結婚式、少なくとも大体300人以上は集まります。
受付で挨拶してご祝儀を箱に入れるだけで、席が決まっているわけじゃなく、宗教的セレモニーが終わったら、あとは勝手に食べて、帰りたい時に帰るだけ。若者は音楽に合わせて踊る、と。そんなです。

式次第もなければ乾杯の音頭もなければゴンドラもキャンドルサービスもスライドも上司のスピーチも祝電の紹介も同僚のカラオケも親戚のオバチャンの民謡踊りの披露もありません。赤ん坊が泣きわめいても子供が走り回ってもぜんぜんオッケー。もちろん、帰りに引き菓子も貰わないし当然ながら引き出物も出ません。

その人の長男と長女は村の施設でやったんですよね。その時と同じように村の中の施設でやってくれたら、ちょこっと行ってポンっとご祝儀渡してサッサと帰る、っていうのが出来るんですけど。

わざわざ車で行くなんて面倒くさすぎ。
って、われながら、人付き合い悪すぎ。

村の外での結婚式は、数える程度しか行ったことがないですね。
以前、村の人の息子の結婚式に招待され、「息子の友達が日本人と結婚して、夫婦で来るらしいから、Heshbonitも来るといいよ。日本人同士で話が出来るし、友達になれるよ」と誘われたんですが、面倒でパスしました。
その日本人女性にこっちの生活を根掘り葉掘りアレコレと聞かれ、彼女が都心部に戻ってから他の日本人友達に、「こないだ〜、旦那の友達のスッゴイ田舎の結婚式に行ったら、日本人のヘンな中年のオバチャンにつかまっちゃって〜、キャハハ」って、面白おかしな話題にされる可能性100%。

でも葬式は、高出席率で参列しています。


今日の夕飯はこちら、ポテトコロッケ。

なんだかんだ言って、揚げ物食べてる。
ま、このくらいの量なら。昨日も一昨日もかなりセーブしているし。

あ、そうそう。
夕方のニュース番組の最後の「海外ユニーク情報」として、オズラさんのビデオが流れていました。
コロッケ揚げながら横目で見ていたので、「合成画像」と言っていたかどうかは分かりません。ま、今さら?って感じですけど。
    
posted by Heshbonit at 21:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。