2009年01月13日

ブレッカス

昨日とっても寒かったらしく、布団をこう寝袋みたいに包んで寝てしまったらしく、特に左肩にとんでもない凝りが発生いたしました。

寒い寒いとはいいながらも、今年は現時点まででは、かなり暖冬です。
そして、明日は異常気象ですごく上がるらしい。

あー、ネタがない。
ってか書いたんですが、重くて長いから、今日はやめた。

というわけで、チャッチャっとこちらのお題。

Heshbonitさん こんにちは! 
BlogPetから最新のお知らせをお届けします。

・‥……… ♪今日のテーマ♪ ………‥・

ファーストフードと聞いて今一番最初に思い出したのは?


イ国では前にも書いたけど、ファラフェル

あと、ブレッカスっていうこちら。

ブレッカス断面図

オリジナルはバルカン半島周辺。トルコ・ギリシャ・ブルガリアなどでも似たようなものがあります。
日本風に言えば、小さいパイ。
イスラエルの場合、中身はチーズクリーム・マッシュポテト・マッシュルームが主流で、軽いご飯代わりやおやつに食べるのが一般的。
カロリーで言えば、ファラフェルよりもよっぽどヘルシー。

バスステーション、パン屋、喫茶店その他、イスラエルのどこでも売っている超ファーストフード。喫茶店では甘味系(チョコクリームとか)も多いです。バスステーションなどの軽食系はかなり大きめで底辺15cmくらいの三角形が主流。
ファラフェルよりも簡単に手に入ります。冷凍食品でも焼くだけ簡単、ってのがたくさんあります。イスラエル人の家に招待されるととりあえず焼いてあって山盛りに積んであるっていうのは、この冷凍のミニタイプ。

イスラエルのパイ皮は、カシェル(ユダヤ教の食事戒律)の問題に引っかからないように、バター(乳製品)を使用せずに植物性油脂で作られているものが多いです。

ちなみに、60〜70年代のイスラエル映画のことを「ブレッカス・フィルム」と言います。カルチャーギャップを描いたコメディタッチメロドラマ。たまに休日昼間の潰し時間帯なんかにやってますが、見るに耐えません。

もう1つ。ファーストフードじゃないですけど、似たようなものでこちら。

シュトリューデル。
シュトリューデル

本家はドイツやオーストリー。
でも、イスラエルではこんなに小じゃれたバージョンだけじゃなく、なつめやしのシロップを巻き込んだり、単なるロールケーキと化したものもこう読んだりしてます。

ついでですが、イスラエルで「Heshbonit@nantara.co.il(仮)」で使われる「アットマーク」のことを、「シュトリューデル」と言います。断面が似ているから、らしい。


っていう生存報告を兼ねた下らない話題でごめんなさい。スルーして下さい。
明日気力があったら、長ったらしいのの続きでも書いてみます。
あー、こんなとこで油売ってると、病み上がりのいつはくさんに怒られる。大丈夫です。今、一生懸命書いています。風邪を治すことに専念してください。

あれ、考えてみたら、皆、風邪引いてない? 風邪菌撒いてるの、誰?


◎今日の流行歌@イ国
趣旨は「キミと別れて俺の人生モノクロ」

仕事中にかかっているラジオから聞こえてくるのがコレですから、
聞いてるこっちがお先真っ暗気分。
posted by Heshbonit at 22:00| イ国情緒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。