2008年09月29日

今夕から新年

半日出勤。

勤務先は村役場。
でも「開いている時が勤務時間」。つまり基本的にフレックス。
平日はまぁ8時頃には出勤するっていう暗黙の了解があり、退出時間はまぁ4時近くまではいたほうが望ましい、と。
今日みたいな祝前日は、来ても来なくてもどっちでもいいんですが、仕事が溜まるのがイヤなのでとりあえず出勤。祝日が明けた翌朝に銀行に預ける小切手もまとめておかないといけないし。
でも、「開いている時が勤務時間」なわけで、この時めがけてくる人もいて、こっちはサッサと終えて帰ろうっていう気合で仕事しているため、なかなかイライラさせてくれます。

って言っても、私は新年なんて関係ないから実はどうでもいいんですが。

新年料理は、リンゴとハチミツ、ゲフィルテ・フィッシュ、そしてザクロ。

「ゲフィルテ・フィッシュ」というのは、つくね団子のようなものです。
イスラエルでは、鯉を使うのが主流。
発祥は東欧。ゆえに、海魚ではなく沼魚・川魚を使います。
その昔、希少な魚をすり身にして、皆で分けて食べたのでしょう。
日本の正月にかまぼこを食べる文化と同じようなものではないでしょうか。

ヘブライ語で魚のことを「ダグ(D・G)」といい、このヘブ文字を数字に当てはめて足すと、「D(4)+G(3)=7」になる。
「7」はお目出度い数字なので、お目出度い日にはこの魚を食べよう、と。
ま、一年通して食べたい時に食べればよく、魚を買って自宅で作る人もいるし、スーパーでも瓶詰めや冷食でいつでも売っています。

ゲフィルテ・フィッシュ
(適当に引用してきました。私の手じゃないです)

新年は「年頭」に引っ掛けて、魚の頭を一緒に盛り付けるのが正式。
ニンジンを乗せて魚の目に似せるらしい。ホントかどうか不明。
東欧では甘く味付けし、ロシアでは塩を効かせるとか。
基本はすり身団子みたいなものだから、日本人にも馴染みやすい味です。

ザクロは・・・、いいや。どうせヒマだから、明日のお題。

Blogpet今日のテーマ :

あなたが最近笑ったのは、いつどんなことで笑いましたか?


日常生活はひきこもりですし、仕事は経理部、笑うことはありません。
家に帰ってきて、ようつべ見て、無理矢理笑っています。
誰かと会話してゲラゲラ笑うとか、もう何年もしてません・・・。
もうそういう機会もこの先ないんじゃないだろうか。

◎今日のイチオシのオカン
名前しか知らなかったけど、もっと早く存在に気が付けばよかった。
携帯電話屋もいいです。ネジ工場。
posted by Heshbonit at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。