2008年09月21日

ホっとした

毎週実家には電話しているんですが、昨日電話したら、コッチの話もそこそこに母が言った。

「お兄ちゃん、帰ってくるのよ!」

証券マンのわが長兄、大阪方面に転勤になって約10年。
手前味噌ですが、それはそれはもう本当に良く出来た兄です。
子供の頃から親に迷惑をかけないし、親をよく助ける模範的な兄でした。
つまり性格的に私とは全く似てません。どこも似てません。カスリもしません。外見はどうなんでしょう。似てると言われることはないです。でも実の兄です。

先週電話した時、ちょうど夏休みで帰省していて、「バブル時代はさー」なんていう昭和臭プンプンな話で盛り上がった後(バブル入社の証券マン、そりゃ一番いい時代の話題だわ♪)、「ところで兄貴、そろそろ転勤じゃないの?」と言ったら、「うーん、そろそろかもな」と言ってたんですが。
夏休みを終えて出勤した日に辞令が出て、自宅から通える支店に転勤って。

これだったら何のためにわざわざ夏休みの帰省したのか分かんないけど、ま、そういうこともあるんでしょう。
本人は結構気に入ってたみたいですけど。大阪のほうが商売しやすいって。
でも生まれ育ったのが神奈川で、採用も東京本部で(本社は大阪)、老親がいるとなったら、ここらで帰ってくるのが潮時、と会社が判断したのでしょうか。

母曰く、「馴染みの靴屋で靴を2足も買い、寒くなるからって冬物持ってったのに。あれ全部持って帰るのよ」と、言いながら声がメチャメチャ弾んでいた。
昨年夏までは次兄夫婦が近くにいてくれたけど、転勤で東北に行ってしまい、なんかどうも罪悪感に苛まれていたんですが、ちょっとホッとしました。
バカ娘、親不孝ですみません。

そうそう。証券って言えば。
イスラエルの工具メーカー「イスカル」が、日本の工具メーカー「タンガロイ」を買収したそうだ。正式には、野村証券系列の投資会社が保有していた株を買い上げたと。
工具って専門の人じゃないとと見ない世界だから、メーカー名を聞いたってピンとも来なかったです。イスラエルといえばダイヤモンドですが、指に嵌めるほうはもちろんのこと、工業ダイヤモンドの分野でも有名です。

ま、それはどうでもいいんですが、イスラエルのニュースではまるでトヨタかソニーでもお買い上げしたかのような天下取ったみたいな書き方をしています。

そんなこんなでまたダラダラな1週間のスタートです。
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。