2008年09月12日

修理屋に行こう

6月に通販で掃除機を買いました、と報告しました。
あれから元気に動いてくれたサイクロン。
しかし、先日なにかおかしいと思ってみてみたら、

床掃除用ノズルの先の滑車3つのうち、2つ取れていた・・・。orz...

別に叩きつけるように使った覚えもなく、自慢にもならないが毎日毎日掃除機を使うわけじゃない。よく見たら取れやすい作り。
もうホントに、さすがK国開発のちうごく製・・・。

1年保証とは言っても、モーターとかに対する保証であってノズルの滑車なんて保証してくれるわけないんだよね・・・。
と、保証書の裏に「修理業者リスト」が載っていて、うちの近くの町に修理業者がいるらしい。昨日電話してみたら、「明日(金曜)の午前ならいる」と。

仕事を早々に終えて行ってみた。
市場の近くって言ってたけど・・・とウロウロしてみるもののどこだか分からぬ。付近の店に聞いてみたら、「それなら次の筋の奥だよ」

それがさぁ・・・。
写真があったら撮らせてほしいほど凄いんだ。
絵心があれば絵にするべき。でも残念ながらドラえもんすらロクに描けない私に、あの店の凄さは描けない。

あのねぇ、なんだろうな、宮崎アニメで、「いろんなガラクタの山に囲まれて何かを修理をするガンコオヤジ」っているでしょ。もうまさにそれ。

専門は掃除機なのかなんなのか、掃除機のノズルが大量に置いてあって、そしてまた壊れた掃除機がドワーっとつんであって、そうかと思ったらこっちには扇風機のプロペラばっかりとか、電気ストーブとか、またこっちにはコードが大量に、そして引き出しが半分開いていてそっちには何かのボタンばっかりが入りきらずに入っている。
その向こうの部屋にオヤジがいるんだ。こっちに背中を向けて何かを修理している。その両脇にもすごい山だ。
「あのー、すいません」と声を掛けた。
「あー?」っと振り向いたオヤジ。

このオヤジがまたすごいいい味出してる。すっごい太って総ヒゲで、眼に片レンズ嵌める(宝石とか鑑定するような感じの)。
もうそれだけでも、「ブログネタ見っけ」って思ったんだけれど、これがまたご丁寧に歯が1つ欠けてるわけよ。頭の中でいーぞいーぞオヤジ!って。

かくかくしかじか、この滑車が壊れたから、滑車だけないか?と聞いてみた。
オヤジ即答。「滑車だけなんてメーカーは売ってくれないよ。床用ノズルは大体100シェケルだ」
で、さらにその雰囲気を高めるかのように、ちょっと精神が弱い人・・・っていう雰囲気のオッサンが、そのオヤジの横に首かしげてじーっと座ってんの。しかし彼はどう見てもオヤジの家族親戚には見えない。その相対関係たるや全く想定不可能。
その時、ガタガタンってパーツの山が動いた。
「ヒィっ」と驚いたら、山の上に座っていた猫が私の横をすり抜けていった。
オヤジ、ニヤっと笑ってまた背中を向ける。

「ちょっと待ってよ。買ってまだ3ヶ月しか経ってないからさ、どうにかなんないかな? 別に乱暴になんて使ってないし、かなり華奢な作りじゃん。って、あなたが作ったんじゃないからこういうコト言っても仕方ないけど。確かに保証はモーターとか機械部分だけなのは知ってるけど、これじゃ使いモンになんないし、全部買い換えるには新品なんだし」

オヤジ、目に嵌めていたレンズを外して眼鏡をかけなおして(しかもツルの片方のネジがないらしく、輪ゴムでグル巻きにしてある!)、立ち上がった。このオヤジ結構デカイんだわ。
もそもそーっと動いて、入口側の部屋に来て、修理パーツをガガガーっとどかした。あ、そこオヤジの事務机なんだ。へぇー。
そこは意外とちゃんとしてて修理伝票とかもあって、私の購入証明書コピーと伝票を添付して、来週メーカーに送ってくれる、と。

「タダで修理してくれるかもしれないし、新品と交換してくれるかもしれない。そうだとしたら送料だけ。もし買わなければならないとしたら100シェケル」

というわけで、伝票を書いてもらった。
とりあえず一週間後。
久しぶりになんだかすごく楽しい気分になれた。なんか楽しんだからお金払ってもいいや、ってワケ分かんない気分。

午後、実家に電話。大阪に住む兄が帰省してて、久しぶりに会話。
長兄とは結構話が進みます。って別に次兄と仲が悪いって意味じゃなく、次兄の場合は本人よりもお嫁さんである義姉との方がすっかり仲がよいです。

毎週降霊じゃなくて恒例のダラダラな週末はじまりはじまり。

◎今日のカーペンターズ
ロケ地 大阪
posted by Heshbonit at 20:00| 楽しい毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。