2008年06月20日

大阪のイメージ

Heshbonitさん こんにちは! 
BlogPetから最新のお知らせをお届けします。
・‥……… ♪今日のテーマ♪ ………‥・
あなたが持っている「大阪府」のイメージを3つ書いて下さい!


え、なんで大阪なんでしょう? 今日は府民の日ですか?

えーと、筆頭は華さん。
あと、うちの兄貴。やっぱ住んでるんで。
なんだろ、3つ? んーと、松本人志は、尼崎だし。
ってかなんかあのヘンって、大阪だか兵庫だか分からなくない? 

そういえば。
私、生まれも育ちも神奈川ですが、横浜市ではありませぬ。
ですが、神奈川以外の人にしたら、「神奈川=横浜」と思うらしい。
「え、横浜?」「違う違う。某市」 ・・・とまぁ、いつもこんな。
で、「違う違う」のところで合間があると、「じゃ、湘南?」
いやあのさ、横浜と湘南って、海沿いだけじゃん。もっと内陸もあるんですけど。ってか、横浜っていうのも相当奥が深くて田んぼも畑もあるし。山下公園と中華街とベイブリッヂってのはホントの超一部だからね。

外国人に聞かれた時は、「東京の近く」と答える。ま、確かに近くだ。電車の隣り駅は東京都で(区じゃないけど)、徒歩でも行ける距離。
でも、外国人で日本にちょっと詳しい人が「東京のどこ?」って突っ込んで聞いてくる時は、「横浜」と答える。「カナガワ」って言っても聞き取れない・知らない人が圧倒で、それなら横浜の方がまだ知名度が高い。たまに、「横浜ニハ大キナ国際港ガアル」って知ってる人もいる。
外国人には、「東京は首都であり、横浜はその隣りの神奈川県の県庁所在市。それぞれ行政管轄が違いまして・・・」なんてこと分からないから。

でも、日本人には「横浜」とは絶対に言わない。だって横浜じゃないもん。
自分が生まれ育った市への郷土愛もあるし、最近は知名度が上がってきているから、首都圏に住む人で私の実家がある市を知らない人は少ないと思う。

たまに、「それは明らかに違いますよね?」ってな出身地を言う人がいて、あれはとっても困ります。
以前知り合った人が、「神戸出身です」と自己紹介した。
私が、「あ、そうなんですか。私の親戚が三ノ宮で(震災後に尼崎に引っ越した)、兄も三ノ宮の会社に勤めているんですが、神戸のどちらですか?」と言ったら、・・・会話が止まった。ってかなんかこっちが悪者になって気まずくなった。

どうやら、日本海寄りな所らしいんですね。「おいおい、いくらなんでもそこまで市町村合併してないだろ?」ってな。なぜ「兵庫県です」って言わぬ? 
その人だけじゃなく、それ以外にも2人、やはりかなり岡山寄りなのに、「神戸出身です」って言った人がいた。だから違うだろって。
「姫路の近くです」って言えば日本人なら誰でも分かるのにね。

神戸(現尼崎)の親戚曰く、「関東の人に兵庫県って言っても分からないかもしれないから、神戸のほうが知名度が高いからでしょ?」って言うんだけど、それって「なんか私のことバカにしてないか?」ってな。
お前どうせバカだから兵庫がどこだか知らないだろ?って。
そのくせ、前述のように、「神戸のどちらですか?」と話を展開すると、詰まっちゃうわけ。「実は・・・」って聞いちゃったこっちが気まずい。すごく。
でも神戸っていいですよね。

あ、大阪の話だった。

うちの次兄が若い時に常々、「俺は大阪弁がキライだ。どんなに美人でも大阪弁を話す女だったらムリだ。箱根の山は越えられない」とかなんとか言ってたくせに、結婚した相手は、優しくて美人でコテコテ大阪のド真ん中出身。
長兄は仕事で関西に転勤になってからというもの、かれこれ10年ずっと大阪か兵庫に住んでいる。どうも仕事がやりやすいらしい。

何かきっかけが出来ると、やたらと繋がるものなんですよね。
きっかけがないから、中部・北陸・四国・九州・沖縄には誰1人として知り合いがいない。そう考えたら北海道・東北もないや。あ、東北は次兄夫婦が今転勤で住んでる。ってそのくらい。
あ、これってただ単に、東京や大阪は人口が多いから繋がりやすいってだけ?


ところで、大阪の3つ目、なんでしょ。
   
posted by Heshbonit at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。