2010年04月30日

4月に間に合いました

半日出勤。

気が付いたら4月も終わり。
11月から引き継いだ業務の「お試し期間」がこの4月で終了するが、誰もこれがお試しだなんてことを考えてもいないようで、すっかり私の業務として定着した。

「お試し期間」は私が言い出したことだ。
この業務を引き受けるにあたり(誰も引き受けたいと立候補したわけではないのだが)、前任者がパートタイマーだったため、正職員の私が引き受けるならば前任者の給料から少々減給されるという条件が付いていた。
いやいや前任者と私とでは持っている資格が違うし、それをマトモに査定したら増給するべきでしょ?と、反論したいところだった。
しかし立候補したつもりはないとはいえ、同じ場所の同じ机にいながらにして副職が増える、という超ラッキーな状況をみすみす逃がすわけには行かない。なんといっても、資格がなければ出来ない業務ではないし。(実は、非常勤経理のバイトを模索したりもしていただけに...)。

とはいえ、イスラエルに来てからいろんな煮え湯を飲んできている私は、そんなにすんなりと条件を引き受けるわけにはいかない。
そこで呈示したのが、「お試し期間」
このお試し期間は減給せずに給料据え置き。
元々フルタイム分の仕事をしているのに業務を足す、馴れない業務で時間も掛かるだろうし、しかも年末年始でいろいろ増えてくるシーズンなんだし、なのに減給されてスタートするのはちょっと納得いかない。
もちろんその間で、私がどれだけその業務を処理できるかを見ていただきたい。もしも無理だと思ったら他の人を探してほしい、と。

へりくだってはいるが何のことはない。どのくらい手を抜いてどのくらいラクが出来るか、その結果でもう一度交渉しようと思っていただけさ。
減給する分はラクさせてもらわないとワリに合わないですから。それでも、仕事のクオリティは思いきり差をつけ、旧方式には戻れない状態に仕上げました。
ロクな引き継ぎもない業務丸投げ状態で、2〜3ヶ月間は本当に大変だったけれど、システム開発会社のベテランSEさんや先輩部員の協力もあって、徹底的に業務方式を簡略化した今では、ある意味、片手間業務。もちろん責任の重さは感じてますが。

もちろん、「なんだ、Heshbonit、ぜんぜん楽勝な感じじゃん。これなら時給にしようか?」って言ったら、ストライキしちゃうけど。

◎今日のマッサージ術
 1ヶ月以上、毎日朝晩欠かさずやったが、何の変化もないし...。
    
posted by Heshbonit at 16:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

哀れな女−本当の「ギリシャ悲劇」

多くの国の言語で、「国」は女性名詞。
今日はひまつぶしに、こんな話でも。


名家に生まれた少女ギリシャ。
子供の頃からギリシャはとても可憐で、しなやかな思想を持ち、生き生きと暮らしていた。青い空と海に囲まれた穏やかな環境で育った美しい乙女は、思想哲学・医学・美術・建築・演劇・文学そしてスポーツに至るまで、世界の人々を魅了する術を着々と身につけていった。
将来は地上を制覇する女帝になると期待された。誰もがそう思った。

395年、20歳になったギリシャは、ビザンティン(東ローマ帝国)と結婚。
逞しく優しい夫は、賢くて美しいギリシャを愛で、彼女の持つあらゆる財産を積極的に理解した。その哲学と叡智と芸術の全てはビザンティンの持つ才能と融合そして昇華し、「ビザンティン文化」として世界に広まる。これが後々のルネサンスに大きく寄与することになる。
また、戒律の厳しいカソリックとは違って、イスラム社会を併合する正教徒であったから、経済活動なへどの締め付けもなく、商工業も活発であった。富と名誉を一気に得た彼女は、華やかな結婚生活を楽しんだ。

1453年、コンスタンチノープル陥落、ビザンティンがこの世を去る。
30歳の未亡人は、夫の宿敵オスマン(帝国)に娶られた。
思想も宗教も違う新しい夫オスマンは、前夫ビザンティンのようなスマートな文化人ではなかったが、非常に野心家で、かつ経済観念には長けていた。
運命とは面白いもので、オスマンはすぐに、美しき妻ギリシャの持つ資産を最大限に活用できる、とても有能でかつ信用できる経営集団を迎え入れることになる。

テッサロニキ(サロニカ)。
ビザンチン帝国時代の第二の都市、東西貿易の要港。
寛容なオスマンが、このギリシャの港町にイベリア半島から逃れてきたユダヤ人の受け入れを認めると、100年もしないうちにユダヤ人口が街の半数以上を占めるほどにまで膨れ上がった。
結果、ユダヤ人はテッサロニキを一大国際都市に発展させることになる。

海上運送最盛期の大航海時代。
喜望峰ルートが発見されても、地中海が重要航路であることは変わらない。
海運といえば、保険、手形割引決裁、そして倉庫・流通。
テッサロニキには、保険・銀行・通商などのユダヤ商人の店が軒を連ねた。
ここではロスチャイルド家のような一大ユダヤ富豪こそ輩出しなかったが、逆に返せばそれは、この街全体が団結・連携しており、互いを保護して利益を分かち合う組織が形成されていたことの証明といえる。

ところが。
40歳を超えたギリシャは、オスマンとの行く末が不安になった。今の夫には、ビザンティンとの壮絶な闘いの末にギリシャを奪った時の野心溢れる面影もない。
欧州は離婚ブーム。自由だ独立だという気運がみなぎっている。
私も離婚したい。零落した老オスマンとの生活に終止符を打ちたい。
泥沼の争いの後、ギリシャは晴れてオスマンと離婚。時は1832年。

脱線するが、その後のユダヤ人に関してざっと書いておく。
1914年、バルカン半島から勃発した第一次世界大戦の戦火で大損害を受けた上、押し寄せる反ユダヤ主義に耐え切れなくなった一部のユダヤ人はギリシャを去る。南北アメリカ大陸、あるいは、約束の地へ。そのままテッサロニキに残ったユダヤ人に壮絶な悲劇が待っていたことを説明する必要はないだろう。
余談だが、イスラエル四大銀行の一つ、バンク・ディスコント(Israel Discount Bank )は、テッサロニキ出身のユダヤ人によって1935年に創立された。社名の「Discount」は、お安くする方ではなく、手形割引がルーツであることは言うまでもない。

ではヒロイン、ギリシャがどうなったか。
第二次大戦中はナチスドイツによって支配され、終戦後は、ソ連のコミュニズムとアメリカのマーシャルという2人の男の板挟みで、心身ともに衰弱する。
結局、ソ連のコミュニズムが手を引いたが、戦争の傷跡と更年期障害で心身ともに疲れたギリシャは精神錯乱状態に陥り、ついには、右翼軍事政権という重篤なノイローゼに罹ってしまった。
ギリシャは泥まみれで地を這うような日々を送り続ける。アメリカはベトナムにぞっこん夢中で、ギリシャのことなど構うヒマもない。
これなら、ソ連の愛人になっていたほうがまだマシだったかもしれない...。

1973年、軍事政権崩壊。ノイローゼをようやく克服。
気が付けば、もう五十路。しかし、その姿は老婆のようである。
賢女だ美貌だと称えられ、地中海の妃として君臨した面影はない。
そんな零落した女が、三度目の結婚をする。
相手は実業家ユーロ。1981年、ギリシャは欧州共同体10番目の加盟国に。

「ギリシャ、お前を養うつもりは全くないからな」
3人目の夫は、自分に縋って生きる女を求めない。過去の夫のように彼女を愛するわけでもない。そして、彼女に利用出来るものがないことも分かっていた。
ユーロはただ、アメリカに勝ちたい一心だった。あるいは、欧州において名だたる歴史を持つ可哀想な寡婦を見捨てられなかったともいえよう。

過去2度の結婚で、財産と美貌を武器に権力を持つ男に養ってもらい、優秀な人間に経営を任せることで贅沢な生活をし続けた彼女が、あくせく慎ましく働いたり、自分で経営を考えることなんて今さら出来ない。
地理的条件を利用した海運と観光に頼る以外にこれといった産業のないギリシャの状況は、進歩も開発も発展もなく、時代の波に完全に乗り遅れた。
ソ連の愛人にならなかったからユーロと結婚できたというのに、実業家の夫という後ろ盾を得たことに安心したのか真面目に働きもせず、夫を連帯保証人にして片っ端から借金を始める始末だ。

ギリシャは自分の置かれた状況を理解できない。いや、したくなかった。
なぜなら彼女は、賞賛された少女時代や、過去二度の結婚で自分を認めた強い男の妃であり続けたという「栄光」を捨てることが出来ないからだ。
世界的にギリシャの姿といえば、天才的な少女時代と過去二度の結婚生活しか伝えられていない。今の彼女を知らない人は、「ギリシャってすごい国なんだね」と過去の栄光の部分だけを憧憬してしまう。そしてギリシャ自身も、そのイメージを切り売りしながら細々と生きている。

会計で言えば、「のれん」である。
二度の結婚(合併)で高く評価された、ギリシャの「のれん」。
減価償却できないこの無形固定資産は、窮地のギリシャに重くのしかかっている。だがそれと同時に、ギリシャも「のれん」に縋るしかない。彼女にとってそれは商売道具であり、華やかだった頃のプライドであり、愛してくれた男達との思い出なのだ。
価値の高い無形固定資産は、順調な経営下であってこそその価値を存分に発揮できるのであり、そうでなければいたずらにバランスシートを混乱させる。
かといって、「のれん」の減損処理の決断ほど辛いものはない。
どうすれば...。

昨年10月の政権交代で、ギリシャの粉飾決算が明るみに出た時、世界の誰もが、まさか一国が粉飾決算をするなんて、想像もしなかっただろう。
「え、ギリシャってそんなムチャクチャだったの?」と、世界史で出てくる才色兼備のギリシャしか知らない多くの人が、落ちぶれたその姿に驚いたに違いない。

もしもギリシャが、男に翻弄されることなく、あるいは、その男達を利用するほどにのし上がってでも生きていくだけの能力を身に着けていたら...。

いや、ギリシャには初めは天才的な才能があった。
一大文明を築き、あらゆる叡智を備えていた、あの少女時代。
世界はギリシャを求め、今なお、語り継がれているのだ。

しかし、次々と現れる男達がギリシャを愛すれば愛するほど、彼女は学ぶことを忘れ、その才能を伸ばすことなど考えなくなってしまったのだった。
    
posted by Heshbonit at 19:00| 真面目なたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

シミ増産の季節

4月もほぼ終わり、すっかり暑くなりました。
こうなるともう日焼け止めなしではどこにも出られない。
日焼け止めの皮膚呼吸を妨げる感じがどうも辛いんですよね。
買う時、【紫外線による肌のほてりをしずめ、肌あれ・乾燥を防ぎます。汗や水にも強く、皮膚呼吸を妨げません】って口コミがあったから選んだのに、家に帰ると、何はともかく顔を洗わないといられないって感じ。

イスラエルに来てから経理に入るまで、女がやらない肉体労働をしていたがため、シミはもう尋常じゃない状態になりました。
よく、「運転すると窓のほうが焼けやすいからシミが多くなる」とか何とかいうけれど、意外と均等に顔全面に散らばり、皮膚どこ?ってほどに。
この国に来てすぐの頃、特に東欧出身系の人達のシミがすごいのを見て、「うわー」って思ったけれど、今やこの私がその「うわー」な状態。

中東で過ごす1年は、日本の3年。

気が付いたら、肌年齢70代。

来世は、マトモな肌を願おう。誰かに。

◎今日の一曲
 今期はこのドラマ見ています。
   
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

週の真ん中

出勤直後から人の出入りが激しく、電話も絶え間なくやたら鳴り、ようやく昼休みと思ったらシステム会社のメンテが来て、その後は約束していた外部の客が来て昼ご飯を食べそこね、仕事が出来ない1日。
とはいえ来客も含めて重要なことは何一つなく、一体なんだったのか。

これが営業や販売だと、成果がないと怒鳴りつけられるんだろうな。
よかった、経理屋で。

◎今日のチキチキ
 な、アホやろ。
    
posted by Heshbonit at 21:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

割り込み

午前中、仕事を抜けて、自動車保険の更新のために街の保険屋に。

周囲は電話やネットで申し込める大手の自動車保険に入っているが、どうも信用できない気がして、古典的に直接来店で申し込む保険代理店に頼りたい気持ちがある。とは言ってもどうせ、万が一何か遭ってもそんなにいろいろ助けてはくれないだろうとは思うけど。

この保険屋、各種各社の保険を取扱います。
つまり、こちらの個人情報を入れてもらうと、「A社なら2500シェケル、B社なら2800シェケル、C社なら...」と、情報が出てきて、同じ保険条件で一番安い保険を選んでくれる。
一昨年、アクセラに買い換えた時はその中古車センターが紹介する保険会社に1年浮気しましたが、それ以降はこの保険屋に戻ってずっとやってもらっています。

先週、電話で「来週行きたいんだけれど、空いてるよね」と一言言っただけなのに(今、考えてみたら、名前も名乗らなかったような気がする)、既にこちらの条件でリストアップしてくれていた。ありがたい。

さて、その帰り。
近くのスーパーでちょっと買足し程度の買い物をした後のこと。

本道に交わる道路(左折・直進・右折車線で、左折・右折が本道合流)で、右折しようとした。直進・左折は信号があるが、右折は見切り合流で信号がない。
右折車線に入って曲がりかけると、合流車線にいる前の車がリバースしてきた。「おいおい、ここでなんでリバースすんのよ?」とブーブー鳴らすと、ドライバーが降りてつかつかやって来たので、窓を開けた。冗談じゃねぇ、ケンカなら受けて立ってやる。

「おー、お前、お前、XX村の日本人」
「(...お前は誰だよ?) 頭おかしい? ここでなんでリバースなの?」
「前が詰まってるから無理だよ。俺達はそっちの直進車線に戻る」
「俺達って、私も? なんでよ。私の後ろも来てるし、どうやって直進車線に戻るっての? こんなところでリバース出来ないって」
「前が見えないけど、これ事故渋滞だよ。大丈夫、大丈夫。オレについて来い。青信号になったら突っ込めばいいんだ」

兄さん、後ろの車に「事故だから直進に行け」と怒鳴り、大急ぎで車に戻る。幸い、私の後ろは1台いただけだったようだ。
私も兄さんも、何とか直線車線に入り込める位置ギリギリまでリバースで戻ってきたが、さぁここから。右折車線は信号がないが、直進車線は短い信号があり、ここにムリヤリ突っ込まないといけない。
昼少し前で市場に近い交差点、すごい交通量。どうやって直進車線に戻るの? うわ、直進車線にバスとトレーラーいるし。ってかここ、警察にすごい近い場所で、リバースしたくなかったのもそれが第一の理由。

兄さん、車をめいっぱい左に切って、車の前を直進車線にツッコミ気味にし、ウインカーを出して窓から手を出して「入らせろっ!」と直進にいる車にサイン。
仕方なく、私も車を左寄りにして、ウインカーを出し、同じようにする。
すごい本道詰まってきた。やっぱ事故なんだ。

兄さんは上手く直進車線に入り、その後、私もようやく入れたところで、信号が赤になった...。なんなんだ、このスリル。

経験値が上がった気がするが、寿命が5分程縮まったかもしれない。
   
posted by Heshbonit at 21:00| イ国情緒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

残り物

   
残りのカレーと残りの炒飯と福神漬

残りのカレーと、食べラー油を作ったフライパンで作ったチャーハン。

写真用に福神漬少なめですが、この後、全面に撒いて満喫しました。
    
posted by Heshbonit at 23:00| 食べよう食べよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

ダラダラっと

24時間をムダにする休日終了。
9時過ぎに起きて、なんかダラダラして、原稿書こうかと思ったものの一段落で挫折して、たくあん漬けて食べラー油作って、スヌーカーの世界大会見て、45分ほどエアロバイク乗って、気が付いたら夕方5時。

それにしても今日のディビスvsヒンギス、ベスト16なのに決勝戦さながらの争い、9時間超えはすごかった。ディビス、いぶし銀オーラ全開でカッコよかったし。
でもヒンギスがここで落ちるのはもったいないけどな。
       
posted by Heshbonit at 21:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

増量キャンペーン実施中

最近、体重がやたら増えている。
甘い物も食べなければ酒も飲まないし、そこそこ運動もしているのに。
元々、家系で太りやすい体質の上、年のせいか代謝が悪くなっているみたい。
体重計、壊れてんじゃない?って体重計のせいにしてみたりするが、実際、太ってきたことを実感する。ブスでデブじゃ、もう救いようがない。

かといって、食べ過ぎるってほどには食べていない。最近は、食べラー油やら福神漬やらたくあんやらと箸休めみたいなものばっかでご飯を食べていて、ちゃんとした料理をしていないし。

今日はカレー。(ってこれもぜんぜん料理とはいえないが...)。
最近ずーっとインド式カレーに凝っているけれど、福神漬が出来たんだから、これはやっぱ日本のカレーを食べたい。
実家でカレーを食べる時は遠慮しながら福神漬を食べていただけに、今日はこれでもかどうだまいったかってほど使ってみた。美味しかった。やっぱ、日本のカレーには福神漬。

そんな日本製のカレールーも、あと残すところ1回...。
     
posted by Heshbonit at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

その後

・・・で。

あんまりすごいバトルだったから、事業部長が仲裁に入った。
バトル終了後は資金担当が心配して私の部屋に来て、「大丈夫か?」。
資金担当は、前々期の事務長だっただけに、「まぁまぁ、言いたいことはあるだろうけれど、そこは穏便に」と。

言いたいことの20%も言ってないし。
後になって、あーいえばよかった・こーいえば伝わったかもしんないといろんなことが出てきた。母国語じゃないがための、私のボキャブラリーの問題もさることながら、論争の仕方の違いからくるイライラは、毎回残る。

どっちが悪いってったら、手順を踏まずに物事を進めようとした私が悪いんだけれど、そこまで来たには、こっちにだってそれ相当の理由がある。
引くつもりはない。引くつもりなら勝手な行動に出ない。

このくらいのバトルが出来ないと、イスラエルではやってけないとはいえ、小学校低学年レベルのヘブライ語しか話せないガイジンが、事務長相手に引かないっていうのは、いくらなんでも。自分でもそれは分かっているが。
  
ま、「クビにはならない」という保障があるから出来るのだけれど。

...って、関係ない部外者が聞いたら、「んなの、どっちでもいいじゃん。つーか、なにそれで朝から熱くなれるの?」ってほど下らないことなんだけどさ。

◎今日の一曲
 心穏やかに。
    
posted by Heshbonit at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝からバトル

事務長ときのうの続きの。
マジやる気なくす。

Hesh@office

posted by Heshbonit at 07:00| Twitterrrrrrr | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。