2009年07月20日

今週のまとめ(BlogPet)

Heshbonitの「今週のまとめ」のまねしてかいてみるね

これはただズルズル一直線に目が恐ろしくかかるわけで書きますが大好き美容師がこないだの人達が、断ったんで、余計なまとめでしたことなつもりな手法、人、昔から割増、こういうことは中卒で情けない姿をしたら揉み返しじゃなくなるから割増料金取るじゃん?
ついでにサラレの処でセミロングだ♪
って人に使って変わってもらった腹に落ち着き、半年振りに胃潰瘍治療に切って、スーパーロングだからと!
だから美容院、最後のほうが減って七転八倒って思うんだろうけど、一時的に言えばいい、下を入れる回数が付かないからかもしれない上に割増、すごいって言って。
美容師がよくなるからと、行きたくないから揉み返しに落ち着き、こういうことが大好き・押し売り・押し売り・押し売り・押し売り・押し売りで割増し。
最後のブローのマジ腹が本当に大嫌いで見せなくてと頼んで書きますが来なくちゃいけない。
隣りに苦手な昨夜〜今日未明はマジ腹がイヤ。
ところが昨日は美容師っていうほうがこみ上げるんじゃないので書いてもらうだけですけどそういうことな体勢がイヤ。
あと、子供の電気代がよくなると、毎回思う♪
だから美容院が少なかったんだから溜めには打ってもらった結果、長いって思ったら、長いって、って思うだけ!!
「やっぱり、3ヶ月に1回は切ろう」って思ったら、人の前でないのに♪
向こうは髪の毛引っ張られそうですが未だに引きずっていたように至る、こっちが立つんだからと毎回髪や頭が大っ嫌いで書き続けると、こっちが少なかった!
「長いから」と頼んで。

*このエントリは、ブログペットの「Wanko」が書きました。
     
posted by Heshbonit at 08:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

生存報告

今日は書くこともないので、療養記録。

胃潰瘍って胃だけだと思っていましたが、腸にも影響をきたします。
胃が痛いのは困るけど、OPPもなかなか厳しいです。夜中に七転八倒した時も、トイレに行ってしばらく座っていると、とりあえず一瞬だけでもラクになることもあります。

で、薬を服用してから下痢だけでも収まるかと思ったけれど、特に一昨日から、夕方になるとガスも溜まってお腹が張りまくり、一番酷くなる。
消化しないからなのかな、と思っていろいろ調べたら、どうやら治療に服用している薬というのは胃酸を抑える成分があるそうで、胃酸が少ないがために、食物の中の微生物やらナントカ菌やらを殺すことなく腸に送り出すため、無防備な腸にいきなりジオン公国軍が押し寄せパニックが起きて、その結果、下すそうです。
その他、菌関係の病気になりやすいとか。そういうのを聞くと飲むのが怖くなってきます。少しラクになったら飲むのやめよう。(抗生物質は貰っていません)。
腸のほうは仕方ないのでビオフェルミンを飲んで気を紛らわしています。

そうそう、薬っていえば。
今服用している薬、健康組合が貼り付けたシールには、「食前1時間〜30分前に服用すること」とはっきり印字されていました。
ところが、ネットで見るとどれも「食後2時間」とかが普通らしい。
薬の箱の中の使用上の注意には、「1日1錠」しか書いてなく、いつどう服用するかどうかという点には何の指導もありません。
なんかおかしいなぁと思って、日本に住む薬剤師の友人にメールで聞いたら、「普通は寝る前か朝食後。食べる前に飲むという話は聞かない」と。
...食前と食後の区別も付かないイスラエルの薬剤師。バカバカしくてクレームする気も起きません。

でも病は気からとはよく言ったもので、病名聞いて薬もらって毎日飲んだりすると、無意識なのか有意識なのかそういうモードに入り込めるもんですね。
今日、職場でイラっとすることがあった瞬間、胃にキリっと来ました。
「ストレスで胃が...」ってこういうことだったんですね。

えー、先日来、コメント欄でHちゃんが笑っているんですが、こちらに時々来るHちゃんは添乗員時代の仲間で、当時、仕事のストレスで胃をやられたことがあり、胃にも仕事にも穴を開けて凹んだHちゃんに言ったことがあったんですね。
「体壊してまで続ける仕事じゃないと思うよ」って。
私は彼女をラクにさせるためにサラっと言ったつもりだったんですが、マシンガン話法な私の言葉は、Hちゃんの胃壁にマトモに直撃したようでした。
今さらだけど悪かったよ。でも、あなたが突然開けた仕事の穴を埋めたのも、きつそうなコースを替わったのも、私ですけど。

ま、そうやってストレス性でなる人が圧倒なのでしょうけれど、でも私の理由はさっぱり分かりません。これと言ったことは何にもない。
仕事は、昨年の方がいろいろあったけど、今年は完全に放置するという方法に変えてラクにしてしまったし。勉強も特にしていないし。
人間関係は仕事上は円満。それにブログ常連さん以外、友達いない。
合わない人間は片っ端から縁を切る性格なため、面倒な人付き合いも一切してないし、そんなですから縁切られたら切られたで何とも思わない。
イヤなヤツだなと思いながら外ヅラだけ合わせてニコニコして、裏でグチャグチャ言われるのが一番イヤですから。

こうなると、やっぱ小っちゃいオッチャンが胃をえぐっている、としか。

...っていう生存記録でした。

日本人の10人に1人がなるらしいですから、大したことないんでしょう。
何を食べても絶対に壊したことがない鉄の胃が壊れ、どんな途上国の生水を飲んでも下さなかった腸に異常を来たしたっていうのは、我ながらショックです。
とりあえず胃に良いキャベツを食べてます。
発作的激痛の回数が減ってきましたからあと3日もすれば治るんだろうなと思いますが、仕方ないので、ようつべたくさん見て笑っています。

面倒なんで、コメントは要らないです。
                
posted by Heshbonit at 23:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

今週のまとめ

これといったことは、まぁ、あるにはあるんですが、まとまりが付かないので書いていないだけですけど、先日報告したように胃潰瘍になりまして、このままじゃ胃潰瘍治療ブログになりかねない状態です。

さらっと備忘記録として書きますが、水曜日にサラレの処でリフレクソロジーをしてもらった後、一時的によくなったんですよ。「あれ、私、胃潰瘍ってウソだったんじゃない?」てな。
ところが昨日は打って変わって激痛に次ぐ激痛。
昨夜〜今日未明はなんかもう凄まじい有様でした。質店抜刀じゃなくて七転八倒って、こういうことなんだ、と。
理由は不明です。もしかしたら揉み返しじゃないけどそういうことなのかもしれないし、もしかしたら食べる量が少なかったからかもしれないし。

ってこんな調子で書き続けると、「おだいじにどうぞ...ってもう書いたじゃん。それ以外の何を書けっての?」って、コメントが来なくなるから、この辺で。


それ以外、なんでしょう。

これも備忘記録ですがこないだの土曜日、半年振りに髪を切りました。10cmくらい。そしたらものすごくコンディションがよくなりました。
知人に切ってもらうだけなんだからサッサと頼んで切ればいいんですけど、昔から、美容院が大っ嫌いで、行きたくないから溜めに溜めてから行っていたんで、どうもそれが未だに引きずっていて、髪っていうのは溜めて溜めて溜めてから切るもの、って思い込んでいるところがあるんです。

これはすごい偏見なんですが、私の時代の美容師っていうのは、いわゆるツッパリの人達が、「高校行く気ねぇし。先輩が美容学校に行ったから〜」っていう感じで美容師になる、というのが一般的だったんですよね。(代表例:山田麗子@3年B組)。
教室の片隅にひっそりと息を潜めて生息していた鈍臭い系真面目な生徒だった私にしたら、一番接点を持ちたくない方達でした。
美容院に行くっていうのはそういう人達と対峙するっていうことで、

 「ここ、もうちょっと切ってほしいんですけど」
 「はぁ? てめぇ、誰に向かって口利いてんの?」
 「それから、こっちが揃ってないみたいなんですが」
 「アタシのやることに文句があんのかよ? ブスは黙ってな!」

って、髪の毛引っ張られそうで、怖いんですよ。しかも刃物持ってるし。
いやもちろん、そんな美容院、あるわけないんですけど。
(※平成時代は中卒では美容師になれないそうです)

あと、頭が悪いのか普通の会話をよく理解できない美容師が多い。だから美容院に行くと、何にも言えない上に、言ってもムダって思ってしまう。
第一、美容師って上から目線なのがイヤなんですよ。向こうはフレンドリーなつもりなんだろうけど、客であるこっちが「お願いします的な敬語」なのに対し、美容師が「やってやるわよ的バリバリタメ口」でしょ。行くと毎回ストレスでいっぱいになっちゃう。

それと、髪の毛を上に上げてあんなデカイ鏡の前で、デカイ顔を晒して座っているっていうのが、もんのすごい抵抗があるんです。
一番脆弱で情けない姿をどうしてあんな所で見せなくちゃいけないのか。
そしてそんな脆弱な体勢の時に、シャンプー買えコンディショナー買えと、余計なモノを売りつけようとするのが本当にイヤ。
当然ながら一度も買ったことがないですけど、こっちは髪の毛いじられているだけに、断った腹イセにわざとムチャされるんじゃないかとか、なんか気まずい空気が流れるでしょ。あれがホントに苦手なんです。

あと、スーパーロングだから割増、ってすごい金取るじゃん。
あれはマジ腹が立つんだ。だって、長いって言っても、こっちはただズルズル一直線に伸ばしているだけで、下を切る以外の何も頼んでないんですよ。
隣りに座っているセミロングの人のほうがアレコレ頼んでよほど時間が掛かっているし、鋏を入れる回数もハンパじゃないのに。
長いからって、髪を濡らす時の水を超過料金取るほど使うわけじゃないだろうし、最後のブローの電気代が恐ろしくかかるわけでもない。
それなのになぜか私には「アンタは長いから」と割増し料金。あの不条理さ。

ついでに言えば、子供の頃から、人に髪や頭を触られるのが本当に大嫌いで、髪を触られると悪寒(≒戦慄)が走り、本気で怒りがこみ上げるんです。
こうやって、ただでさえ頭を触られたくない上に、【元ヤン・見下し・タメ口・押し売り・割増料金】というすべて(の偏見)が集約した結果、美容院に行きたくなくなって回数が減って、最終的に、「髪ってのはただ伸ばしておいて、半期に一度まとめて切ればいい」という結論に落ち着き、今に至る、と。

だから、美容院に行くのが大好き・美容師と仲良し、って人、すごいって思う。

でも、毎回髪を切ってコンディションがよくなると、「やっぱり、3ヶ月に1回は切ろう」って思うんですけど、毎回思うだけ。

そんなダラダラなまとめでした。

 
◎今週の映画
 久々に目が離せない映画でした。
 斬新な手法、って思ったら、黒澤映画で随分昔に使っているそうで。
    
posted by Heshbonit at 16:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

ウソのようなホントの話

...さらっと読んじゃって下さい。

実は、4月頃からずっと胃が不調でした。
初めは、揚げ物食べたからかなとか、冷たい物を飲んだからせいかなとか、もう年齢も年齢だからだろうと考えて、日本から持ってきていた普通の胃薬を飲んで、何となくごまかしておりました。

ここ2ヶ月、何日かに一度、夜中に急な激痛で目が覚めて眠れないほどに。
初めのうちは、何だろうなぁくらいにしか思っていなかったけど、
【夜中激痛→1日じわじわ痛→数日小康状態→夜中いきなり激痛→…】
が度重なるうちに不安になってまいりまして。

先月、村の巡回医に相談し、普通の胃薬を処方されたものの効果なし。
同時進行で内視鏡以外の検査は全てしました。(内視鏡は予約待ち)。
もうここ最近は、小康インターバルなしに、
【激痛→じわじわ痛→発作的激痛→激痛→発作的激痛→じわ痛→激痛→...】
どう考えても単なる胃炎じゃなさそうです。
まぁ内視鏡をしていないから断定されていませんが、たぶん私、


胃潰瘍、らしいです。

医科医用? ちがう、胃潰瘍。
烏賊異様? ううん、胃潰瘍。
位牌用?  だから、胃潰瘍。


わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

笑うな〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!!!!!!!!!


私も納得いかないけど、全ての状態が胃潰瘍の症状に符合するんです。

某サイトによると

「胃潰瘍は、神経質、几帳面、ストレスをため込んでしまう、よく気がきく、悩みや責任を一人で抱え込むなどの性格の人がかかりやすい病気です」


わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

だからっ! 笑わないの。人の病気なんだから!!!!


って、自分自身が一番理解できません。
何度も書きましたが、超ストレス&不規則すぎる生活のせいで辞めていく人が多い添乗員を何年もし、その後は途上国の現地旅行会社で現地人スタッフと日本人客の間に挟まれて超ストレスフルな毎日を送り、イスラエルに来る前はコメ本社のワールドワイド系会社の国際間決裁担当という重責な仕事をしても、潰瘍どころか胃炎にもならなかった、心臓に剛毛が生えまくってるこの私が、ですよ。

何をどうしたら、こんなふざけた毎日で胃潰瘍になれるんでしょうか??

昨日、医者からもらった薬は、胃潰瘍処方薬でした。orz...
医者曰く、「内視鏡をしていないから状態は分からないけれど、とりあえずこの薬を飲んで様子を見ましょう。体にいいものを食べてって、あなたの食生活を聞いていたら、これ以上何を食べろっていう状態だけれど、ま、とにかく養生して」と。
そりゃそうでしょ。タバコも酒もせず、辛い物も甘い物も肉も卵も乳製品も一切口には入れない、いわば山奥で木の根食べてる仙人みたいな生活です。
じわじわ治さないと無理みたいですから、しばらく胃痛は続きます。

我ながら、「前立腺癌に続いて絶対にこのワタシが罹るわけがない病気」だと思っていただけに、本当に本当に不思議です。
胃弱の遺伝的要素も全くないんだし。(家系は、高血圧と糖尿病...)。


心当たり、といえば...。
夜中、私が寝ている間に、鼻の頭と頬にボコボコと穴を開けたり、コールタール詰めたりしている、小っちゃいオッチャン。
もう顔に開ける場所がないから、胃に回って開けてるんじゃないだろうか。


◎今日のストレス
 いやあの、ですから、ストレスなんて全くないんですけど。
 もー、誰か論文書いて欲しい。なぜHesh坊が胃潰瘍になるのか。
      
posted by Heshbonit at 22:00| about me | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

パルミット 〜椰子の心〜

パルミット。

少し前にN兄の処で初めて聞いた名前。
てっきり露出度が高い巨乳のイスラエリのオネーチャンの名前かと思った。
(「〜ット」は、ヘブライ語の女性形名詞の典型)

パルミット。椰子の心

椰子の心だそうだ。この缶はエクアドル産。一缶300円弱。


中はこんな。

椰子の心の中


たけのこに似た食感...、というわけで炊き込みご飯にしてみた。

パルミットの炊き込みご飯

【作り方】
1)パルミットはしばらく水に漬けて、塩分を抜く。
2)材料を切る。(パルミット、人参、乾燥油揚げ
3)少量の油で材料を炒めてから、お湯700ccを入れ、醤油40〜50ccと粉末昆布だしを入れて、10分くらい弱火で煮る。(ご飯3合分)。
4)自然に冷めるまで放っておく。
5)煮汁は炊飯用に使い、上に具をのせてしばらく置いてから炊く。煮汁が足りなかったら水を足しますが、具が入るからいつもより少なめ。炊き時間は少し長めで。

【実食】
本物のたけのこ使ってもこんな美味しく出来たことはないという、非常に良い出来でした。(当社比)。単に味付けの問題か、単に飢えているだけなのか...。
パルミットそのもの、味がない。そして、味がしみない。でも、何度か買った「スライスたけのこの缶」に比べたらぜんぜんいい。味がしないだけにジャマせず、すごくいい感じになります。
ただし、柔らかいところが溶けてしまうのが難点。大きめに切ったんですが、かなり溶けて崩れてしまいました。とはいっても、缶によるのかもしれません。


なんかここのところ、食べる話ばっか。辺鄙な海外で生活する日本人の創意工夫食べ物ブログじゃなく、基本はお仕事日誌のはずなんですが。
ま、備忘記録で書いているだけなのでサラっと流してください。

食べ物ネタの続きはないです。明日は今日残ったご飯を食べるだけだし。
1日置いたスペイン米の炊き込みご飯がどうなるかちょっと怖いですが。
      
それでは楽しい週末を。
             
posted by Heshbonit at 22:00| 食べよう食べよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

フラックスシード&オクラのとろろ風そば

あーなんかもうこういう長ったらしいタイトルを付けたのは人目を引きたいからなんでしょ、と思われたと思いますが、その通りの思惑です。

今日の大発見の一品です。

フラックスシードとオクラのとろろそば風

タイトルどおり。
フラックスシードとオクラを使って、冷やしとろろ風な蕎麦を作りました。

フラックスシード、豊富な食物繊維とオメガ3を含んでいて、非常に健康に良い食品で、最近では日本でも人気が出ているらしいですね。

しかし、日本では食べ物にふりけたり混ぜたりする程度の食べ方しか知られていないようですが、欧米のビーガン(動物性食品を一切食べない超菜食主義)や卵アレルギーがある人は、粉砕したフラックスシードにお湯を加えて、卵の代用(料理のつなぎ)に使います。
私もかなり頻繁に使っているんですが、おととい、気が付いたんです。

「これ、粘る...」

そこで、今日の大発見に繋がったというわけです。


【作り方】
1)フラックスシード(粉砕タイプ)にお湯を少しずつ加えてよ〜〜く練って粘りを出します。大きめのスプーンを使うと練りやすいです。
2)刻みネギを加え、醤油を少し加えて味を調えます。フラックスシードそのままでは青臭さがあるのですが、ネギを加えると分からなくなります。
3)オクラは茹でて刻んで粘りをだし、こちらも軽く味をつけます。
4)そばを茹でて水にさらしてから水切りし、少量のだし汁をからめます。
(汁が多いと、とろろ感が汁に流れてしまうので、そば全体にからむ程度の量で十分。その代わり、フラックスシードとオクラにも味をつけました)。
5)盛り付けて完成。

レシピというほどのこともない。用意してのせるだけ。


私、粘り系の食品が大好きなんですよ。イ国ではとろろ芋はないし、粘り系といったらオクラくらいでしたが、これはホントに大発明でした。
しばらく飽きるまで食べ続けそうです。蕎麦、買ってこないと。


exclamation 注意:とろろ芋が手に入らない国に住んでいる粘り系食品が好きな人、自然食品・健康オタクな人、フラックスシードを食べなければならない成人病(+予備軍)の人、毎朝快腸でありたい人向けです。
マッターホルン在住やランチ1200円や梅田界隈御用達の方は不向きですので、お気を付け下さい。「Hesh坊、なに食わせんだよ!」と言われても困ります。
         
posted by Heshbonit at 22:00| 食べよう食べよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

眠れない...

って別に何かがあったわけではないのに、昨夜はぜんぜん眠れなかった。

日によるけれど、基本的に寝つきはいい方だし、途中で一度起きたとしてもやはり場合によるけれど二度寝も出来るんですけどね。
起きても大体明け方で、そこらの鳥に起こされてしまうっていうパターン。

昨夜は11時頃ベッドに入って、なんだか暑くて起きたら、1時半。
エアコンつけて湿度を取ってしばらくボーっとして、エアコンを消す。
しかし目が冴えて眠れぬ。特にコレといったことは何もないのに。
よく、「眠れない眠れないと言うけれど実際は寝ているんだ」とかなんとか言うんですが、いやホントに寝ていないんです。完全覚醒状態。
でも意地でも起きるもんかとムリヤリベッドに横になっていました。

何でしょう、一体。
疲れていない、というか、苦労をしてなさすぎなんでしょうか。

おかげで今日1日、ボロボロでした。まるで時差ぼけみたいな感じで。
午後なんかもう限界で先輩部員が席を外すと机にうっ伏せる始末。
って書く必要のない生存報告でした。


Heshbonitさん こんにちは! 
BlogPetから最新のお知らせをお届けします。

・‥……… ♪今日のテーマ♪ ………‥・

大切なもの、思い出のもの


20歳の時に旅行に行った国で買ってきたネックレス。
毎日毎日肌身離さずしています。でも最近、留め金が弱くなってきたのか、些細なことで落ちてしまうのが怖いんですけど、だったら外せばいいんですが、18年間も毎日し続けたものがないのはどうも...。
ちなみにそれ以外な何もないです。指輪はキライだし、ピアス穴もないし。


◎今日のお気に入り
 知りませんでした。Hesh坊好みのバンドです。
 あ、コスプレ状態じゃなくて、曲が。
 ってかなんでこんなカッコしてんだろ。いい曲なのに。
 系統で言うとコレに似てるかな。こちらもHesh坊好み。      
                        
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

米をたずねて三十里

2ヶ月以上、私が住むエリアでカリフォルニア米が見当たりません。
5月に買物に行った時にいつもあるはずのスーパー(2件)になく、その時は「たまたま品切れだろう、まだあるからいいや」と思っていたんですが、6月下旬に行ってもやはりなく、カリフォルニア米を置いてあるはずの場所を埋めるような形でタイ米がポツンポツンと広がっているような状態だったため、事の重大さに気が付きました。
(注:米は北部でも大きな町のスーパーに遠征して買っています)。

イスラエルで主流なのは細長いタイプの米です。
日本風に炊ける短粒のリゾットライス(1kg)はどこでも普通に売っていますが、イスラエルに流通しているリゾットライス、米としての品質が悪すぎなんです。割れ米や真っ白の米が多く、すごい異臭がして使いものにならなくて捨てたことも何度かありました。


さて。
カリフォルニア米を取り扱っている卸会社(アラブ系)は、エルサレム・ハイファ・ナザレに支店があります。私の家から一番近いのはナザレ。片道60kmほど。
ナザレ支社に電話して聞いてみたら、「会社には在庫がある。来れば売るよ」と言われまして。じゃ、行きましょうか。そちらまで。

ナザレと言えば、ちょうど1年前にX氏の検査のお供で行きましたが、今回は「新ナザレ」です。新ナザレに行くには、「クファル・カナ」というキリスト教の聖地の小さな町を通過します。
聖地の小さな町、なんていうと聞こえがよろしいのですが、つまりはナザレ旧市街と同じようなものでして、昔はロバさんでパッカパカで行き交いしていた町を、ムリヤリこじ開けて車仕様にした、と。

とは言っても、主要幹線道なんだから大丈夫でしょ、と突っ込む。



廃墟の遊園地を思わせるウェルカムゲート...。
このゲートがあるところから少し奥に入ったら、「水がワインになった」という故事で有名な教会があるそうだ。行きませんよ。今日は米が目的なんですから。
ま、新しく綺麗に作り上げた教会なんて行こうという気は起きません。

この道すごいよ。ホントに幹線道路なんですか?
まず、幹線道路なんだけれど道がまっすぐじゃない。幹線道路なら定期的に「XX号線」と看板でも出ていればいいものの、どこにもない。しかもアラブ人町だから看板の多くがアラビア語だから読めない。
途中で、「時速40km終了」サインがあったけど、この歩行者ウマロバ飛び出し注意道を市内制限時速60kmで走るなんて、仏恥義理特攻隊長走りしか出来ない私には無理です。

ようやく、新ナザレに到着。
まずは、本道沿いの大きなスーパーに入ってみた。
というのも、このスーパーのごくごく近くに米の卸元会社があるため、スーパーで買えるならわざわざ会社まで行かなくてもいいだろう、と思ったから。
しかし、ここにもない。あるのはスペイン米だけ。
そしてやはりここでも、カリフォルニア米の置き場がガランとして、そこに仕方なくスペイン米を並べている、といった感じです。スペイン米の商品タグもない。

その場で米の卸会社に電話。女性が出た後にすかさず男性に代わった。
 「カリフォルニア米を売ってほしいんだけど」
 「うちは卸問屋だ。個人には売らないよ」
 「え、なんで? こないだ電話した時には女性が出て、来たら売るって言ってたから、わざわざ近くまで来ているのに」
 「ダメだ、売らないんだ。どうしてスーパーにカリフォルニア米がないか? 知るかそんなもの。店の人に聞け」 ...以上

考えるに、同じような電話が殺到していて、混乱があったんじゃないだろうか。
というのも、今日電話した時に出た女性は、先週私に「会社に来たら売るよ」と言ってくれた人とおそらく同じだったんですよね。

というわけで、往復三十里かかったけど、スペイン米しか手に入らず、残念でした。それでも小袋で売っている粗悪品な「リゾットライス」よりはマシです。

帰路に撮ったクファル・カナの全景。ゴチャゴチャしています。



さて、スペイン米の味はというと。
カリフォルニア米(ジャポニカ米)に比べたら、日本の古米みたいです。
スペイン米はジャパニカ米というそうで、原産はインドネシアの亜熱帯地域、パエリアやリゾットなどを作るのに適しているそうです。
つまり使用用途が違うから、日本風に炊く私が間違っているということで、味を評価するべきではないのですが。

しばらくこれでガマンします。日本風に炊けるっていうだけでもありがたいと思わないと。長粒米じゃどうしようもないですから。
ま、1袋が終る頃には、カリフォルニア米、どこかで手に入るでしょ。


シュワルツネッガーさん、財政難でしたらもう徹底的にお米を作ってバンバン売って下さい。お願いします。


【追記】翌日(7月8日)に余ったご飯で炒飯にしたら、パラパラなのにお米ふっくらで、ものすご〜くいい状態でビックリしました。やはり使い方如何なんですね。


◎今日の三千里
 分かりやすい。
                      
posted by Heshbonit at 22:00| イ国情緒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

カエラ=最愛???

先日、ヘブライ語を勉強されている方から、メールを頂戴しました。

「カエラという名前がヘブライ語で最愛という意味だと聞きましたが、そうなのでしょうか。辞書を見ても載っていないのですが」

私もどこかで読んだことがあり、「???」って思ったことでした。
折角なので本日の記事にさせていただきます(了承を戴いております)。

カエラ/ケイラ(Kaela。同様に、Kayla、Kaila、Kajla、Kaelah、Kaylah。派生してkayleeなど)は、東欧イディッシュ語・ロシア語圏のユダヤ人女性に多い名前です。スペルや読み方・呼び方は言語によって若干異なります。
「祖母の名であるカエラの意味を知りたい」と、カエラの語源を研究するイスラエル人が少なからずいるそうなのですが、結論から言いますと、カエラの語源は断定できていません。
しかし、ヘブライ語で「最愛」という意味ではない、ことだけは確かです。

※ 相当マニアックな説明です。一般の方はスルーして下さい。


1:Elah説

Elah(エラ)は、ヘブライ語でオーク(樹木)。女性に付けられる名前です。
さて。
ユダヤ教では「神の名をみだりに唱えてはならない」という教えがあり、聖書に書かれている神の名前「YHVH」は、聖職者が大贖罪日に唱える以外は口にしてはならない、といわれてきました。
しかし、厳格に戒律を守る宗教者の間では、みだりに唱えてはならないということにどんどん拍車がかかり、神という意味の言葉「エローム(Elohim)」も恐れ多いから口にしてはならぬとされ、一文字置き換えて「エローム(Elokim)」と呼ぶようになりました。今でも超宗教者の方達は「エロキーム」と唱えます。

Elah(エラ)は、木の名前なのですが、「EL=神」という単語が含まれているため、「意味は違えども同じスペルで似たような音だから口にするの恐れ多い」となり、一文字「K」を頭につけて、「Kaelah」に。

検証:当時の女性の名前の流行は分かりませんから、「K」が付けられる前に「Elah(エラ)」という人がどれだけいたのか不明なので、なんともいえません。


2:Hilah説

Hilah(ヒラ)は、ヘブライ語で「後光。天使の輪」。女性名です。
上の説明に繋がりますが、「H」が「K」に兌換した、と。

検証:この説はかなり無理があります。
この場合、HをKに置き換える理由は全くない上、Hの発音が出来ないわけでもなければ、Kに置き換えたら名前の意味がなくなってしまうからです。
同様に、Gilah(ギラ。ヘブライ語で喜びの意味)があり、「GがKに兌換した」という説もありますが、イディッシュ語圏に「G」の音が存在するのですから、この兌換は有り得ません。


3:Tzilah説

最も有力なのではないかといわれている説です。

Tzilah(ツィラ)は、ヘブライ語で「影(Shadow)」あるいは「影になっている場所(休息所)」。れっきとした女性名です。
影なんて名前はおかしいだろ、と思うかもしれませんが、元を辿れば由緒正しい人で、箱舟を作ったノアの姑(ノアの妻の母親)の名前です。

ヘブライ語のツ(Tz)は、ラテン文字に転じた時、「C/Ch」となることがあります。
これが、「C」の文字を日常では用いないドイツ語や東欧語になった時に、「K」に兌換されてしまう。
かくして、「Tzilah→Cilah→Kilah→Kaylah...」と変化してしまった、と。

検証:「Elah」と同様、当時の女性の名前の流行は分かりませんから、「K」に置き換えられる前に「Tzilah」という人がどれだけいたのか不明なので、なんともいえません。


4:Michaela(ミカエラ)のショートネーム説

間違いなくこじつけ。
それなら、男性バージョン、「ミ抜きのカエルさん」がたくさんいるはず。
男性名のミカエル(マイケル)の方が世界的に有名なんですから。
何よりも「ミカエラ」の「Ch」は、「カ(K/C)」とは違います。(下で説明します)。


5:Chay-la(カイ・ラ)説 注:私の憶測。

では、一体なにをどうして「最愛」なんて言い出したのでしょうか?

Chay(ハイ/カイ)は、ヘブライ語で「私の人生、命」。Laは、「彼女のモノ」
「私の人生は彼女のモノ」、「彼女に命を捧げます」。
これが「カエラ=最愛説」に飛躍したのではないでしょうか。

たぶん、英語圏在住のユダヤ人やヘブライ語に興味がある人が、「カエラ」という語源の答えがないため、音だけで適当に判断したのでしょう。
喉に引っ掛ける「Ch(ハ)」の音が出来ない英語圏の人は、しばし「K」に近い音で発音しますから(ちなみに、日本人は「ハ」と発音することが多い)。

そうだとしたら、もう完全なこじつけです。

イスラエル建国前に世界各地に離散して住んでいたユダヤ人は、聖書に登場する人物の名前か、現地人と同化できる現地語の名前を付けていました。特に女性の場合、聖書名よりも現地同化名を好む傾向があったようです。
東欧〜ロシア圏の言語に、「カエラ」という名前のルーツが見当たらないとなると、聖書から引用された名前の変形とみなすのが妥当です。だとしたら、上で挙げた「Elah」や「Tzilah」なら説明は付きますが、「Chay・la」は、東欧〜ロシア圏の「カエラ」とは全く無縁です。

というのも、単語の語頭や語尾に「La(彼女の)」とか「Li(私の)」という文字を結合した名前を付けるのは、イスラエルでも20〜30年程前の流行で、歴史的に由緒のある名前でもなんでもないのです。
(例:オルリー=私の光、シルリー=私の詩、リヒ=彼女は私のもの…)。

つまり、ヘブライ語がよく分からない人が辞書をペラペラめくって、、
「カイ(命)+ラ(彼女)…、カイラ…、分かった! カエラは最愛だ!」
なんて感じでこじつけたのでしょう。
第一、ヘブライ語で表記した場合、「K」ではなく「Ch」の文字を使う上、東欧・ロシア語圏に「Ch」の音が存在するのですから、この兌換は言語学上、絶対に有り得ません。

ちなみに、東欧圏で「カエラ」と名乗っていた女性がイスラエルに移民してきた時、音が似ているからと、「Carmel(カルメル)/Carmela(カルメラ)」とヘブライ語風に改名したり、「祖母がカエラだったから」と自分の子供に「カルメラ」とつける人もいたそうです。
「カルメル」は葡萄園の意味で、ユダヤ教聖地の山の名でもあります。なお、「カルメル/ラ」と名乗る人全員のオリジナルがカエラだったわけではありません。

ダメ押しですが、「カエラ」という名前がヘブライ語で「最愛」という意味を持つならば、東欧諸国からこの地に移民したカエラさんが、わざわざ「カルメル(ラ)」に改名する必要はなかったでしょうし、現代イスラエルには、「カエラ」という名前の女性が溢れているはずです。
イスラエルで「Chay・la」という名前の女性、若干はいるらしいのですが、スペルが「兵士(Chayl・ハヤル)」に似ているため、好んでつける名前ではありません。

他にもいくつかありましたが、どれもこじつけで意味不明でした。
「アラビア語で最愛」という説もあるそうですが、だとするとイディッシュ語圏の「カエラ」とは同音異義語ですから、ここでは言及しません。
とは言いながらもさらにダメ押しですが、アラビア語圏出身のユダヤ人女性で「カエラ」と名乗っていた人はいないし、「カエラ」というアラブ系の女性なんて聞かないですね(イスラエルの20%はアラブ系)。

---

なお、Kaelaという音だけを、現代イスラエル人が聞いたら、
「Kaele(それらのような。Like these)」と認識するでしょう。

イスラエル人の彼/彼女がいる人が、メールや手紙の冒頭や語尾に、
「My Dearest」の代わりに、「My Kaela」なんて書いたら、
「私のそれらのようなもの??、ってオレはその他大勢かっ?」
と全く意味が伝わらないに違いありません。

蛇足ですが、LとRを間違えて、「Kaerah/Kayrah」になると、
「どんぶり」です。
           

こんな感じでよろしいでしょうか。
   
posted by Heshbonit at 19:00| イ国の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

7月になりました

下半期になりました。
消費税も上がりました。
パンも塩も値上げになりました。
ヒートウェーブで、今日は40度を超えました。
今晩はエアコン消せないだろうな。 ...電気代もあがります

そんなです。取り立ててなんてことのない7月のはじまりはじまり。

その昔、白乃ひなたさんが、「忙しくても月初めだけはブログ記事を書くって決めてるんですぅ♪」とかなんとか言ってたものですから、あーそういうものかと思って、それ以降、月初めは絶対に書くようにしてます。

あ、それで思い出した。
1ヶ月近くなるんですが、腹筋はじめました。
昔から腹筋の付きが悪く、どうがんばっても一向に強くならないタイプでした。
「日常で気軽に出来る腹筋体操」みたいのはやっていたんですが、そんな程度じゃ気休めにしかなんないんですよね。
別に水着になるわけじゃないし今さら何をするわけじゃないし、とここ数年はダルダルなお腹は見ないように気にしないようにしていたんです。
...が、久々に「レオン」を見た時、レオンが脚をベッドにくくりつけて腹筋するシーンを見て、「あ、やっぱ腹筋しよう」と急に目覚めた次第。
現時点で、何の変化も見受けられません。残念ながら。


◎今日のそりゃないだろ

新聞サイトを見ていたら、車の運転免許に関する記事があり、
イスラエルの運転免許証のサンプル写真が掲載されていました。



...。

43歳の間違いじゃないんでしょうか。
    
っつーか、微妙にオバサンオネーサンがグルジア系なのはなぜだろう。
イスラエルの平均的な顔立ちとはいえないんですが...。

◎今日の本能寺
 おやすみーと見せかけて枕ドーン! 
     
posted by Heshbonit at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。