2009年06月29日

理不尽な要求

昨日は忙しかったわけではなく、すべらない話を見ていたら更新どころじゃなかったからです。昨日はそれ以外、別にコレってこともない普通の日でした。

さて、今日の話。
役場に、同世代の女性(村の住民)が来た。
私は買掛先と電話中です。

「Heshbonit、聞きなさいよ」

イスラエル人特有の高飛車な言い方。そして、相手の状況なんて一切お構いなしで、一方的にベラベラしゃべりだす。
どうしてこう高いところから見下ろすような口調でしか会話できないだろう。
どう見ても、仕事の話を電話でしているの、わかんないかな。あなたは無職でもこっちは仕事してんの。同じだと思わないでくれる?
「黙って」とジェスチャーしながら話をし続けたが、電話が終わった瞬間に「いつまで待たせんのよ!」といわんばかりの勢いで、彼女が話しだした。

「うちの子、あなたの髪を見て、伸ばしたがって困っているの。何度言い聞かせてもダメなのよ。もう限界。どうにかならない?」
「...は? なに? 何の話?」
「あなたの髪よ。うちの子がマネしたがって困ってるの」
「切ればじゃん。親なんだから」
「暴れまわって大変なの。髪の毛が絡むから朝起きて大変だし」
「じゃ、寝てる間に切ればいいじゃん」
「起きたらパニックになるわよ」

さて、彼女の希望はなんなのか?

1)Heshbonit、髪を切れ
2)Heshbonit、この村から出て行け
3)Heshbonit、うちの娘を殴ってくれ

...一発、ガツンとやるのがよろしいかと。

途中から彼女のママ友が来て、横で話を聞いていて、心得た顔で言った。

「そういう時は言い聞かせなくちゃいけないのよ。人間は皆、一人一人個性があるのよ。あなたのところのMちゃんは、肌が白いし、目が大きくてキレイだし、いいところがいっぱいあるのよ〜、って」
「ちゃんといったわよ。背が大きくなるし、可愛いんだからいいじゃないの、って。でも子供ってどんなに恵まれていても、ないものがほしくなるのよね」

...子供よりも、この2人をガツンとやるのが先だ。

どうせこっちは、目が小さくて肌が黄色くて背が低くてブサイクだよ。
容姿を貶されるのは日常茶飯事。取り立てて珍しいことじゃない。
しかし、偉そうに児童教育を語るママ友、これでも小学校の教員です。
これがイスラエルの教育レベル。差別がなくならないわけだ。

子供に言っといてよ。
目も肌も背もブサイクも親の遺伝なの。
両親揃って髪がクルクルでバサバサの子供がいくらがんばって伸ばしても、Heshbonitのようにはなれないのよ、と事実を伝えて下さい。納得すると思います。


Heshbonitさん こんにちは! 
BlogPetから最新のお知らせをお届けします。

・‥……… ♪今日のテーマ♪ ………‥・

雨の日の思い出は?



6月のイスラエルには全く相応しくない話題です。

雨と聞いて真っ先に思い出すのは、台風が2つ直撃した暴風雨の日に富士山登山に添乗した思い出です。
ええ、それだけのこと。ま、これで何かが起きていたら雨や台風がトラウマになっていたかもしれませんが、無事だったので。
(姉妹編:高山病編もお暇な方はどうぞ)

小〜中学生の時は体育が大嫌いだったので、雨だと授業が中止になるから好きでした。高校の時は自転車通学だったから雨だと大変でした。
専門学校の時は、雨だと小田Qが必ず大遅延して必ず大遅刻していました。
イ国に来て運転するようになってから、「運転する時は大嫌い」になりました。雨の日は極力、村の外には出ません。
   
◎今日の激しい雨     
未だにフルコーラス歌えます。今見てもカッコイイ。
こっちも懐かしい。           
                
posted by Heshbonit at 22:00| イ国情緒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

カラスはどこへ行った?

木曜日、サラレの家に行った時、いきなり言われた。

「最近、カラス、見た?」

説明するまでもなく、ここは山奥の秘境の村ですから、都心の残飯を漁りまくる迷惑カラスとはワケが違い、普通に生息している鳥だ。

「一昨日、Tの家の犬がカラスにワンワン吼えているのは見たけど...」

サラレ曰く、以前ならば村の高い木に巣を作っていたはずのカラスをさっぱり見なくなったという。彼女は鳥が大好きで、自分の家の庭に鳥用の餌やり場を作っているほどで、以前はカラスも来ていたのに、と。

「他の人にも聞いてみたけれど、皆、そういえば見ていないっていうの」

私はエアコンが効いた職場でPCばっかり見て生活していますから、カラスが消えようがクジャクが消えようが体制になんら影響はありませんが...。
あ、でもクジャクがときどき役場に入ってきて困ります。

「でも“カラスがいなくなったら地震が来る”なんていう諺はないよ」
「あら、そんなこと考えもしなかった。何かいなくなると地震が来るのの?」
「ネズミが逃げるとか、ナマズが動くとか...。でも地震が起きる数時間前に予知するっていうだけで、たとえたとえカラスに予知能力があっても、何週間も前から逃げ出さないし。大体、カラスなら地面が揺れたって関係ないし」

村ではゴミはこんな箱に収集しています。捨てたい時に捨てたいように。

扉を開けっ放しに出来ない仕組みになっているため(ちょうつがいが壊れていない限り)、ノラ猫が潜り込むことはありますが、カラスが漁ることはまずない。
それだけにゴミが減ったとかそういう可能性はない。
もっとも、山のカラスなんだから、ゴミなんか食べる必要はないし。
ついでに木も減っていないし、猫も犬も増えていない。

カラス、どこに行ったんでしょう。...どうでもいいことですけど。

イ国(私が住んでいるエリア)で見るのはこちら。



イスラエルでは、「灰色カラス」という名前。
胴体が灰色で、ペンギンみたいです。
カラスといえば黒いんだとしか思っていなかった私は、初めて来た時、

「あの、カー、って鳴く鳥はなんですか?」

と大真面目に人に聞き、「カラスも知らないのか!」と驚かれました。
   

というわけで。

今日は朝から大掃除にいそしみ、模様替えが終了。



実はテレビを買い換えた後、デジタル放送の一部が上手く入らず、火曜にデジタル放送のメンテを呼んだものの今度は別のところがダメになり、さらに木曜日に別のメンテが来て、なんとか安定しました。
...2人合わせてようやく一人前仕事かい。


◎今日のFun fun we hit the step step
これはスゴイ楽しい。
        
posted by Heshbonit at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

消費税が上がります

ネタニヤフ政権になってから、消費税(Ma'AM。Mas Erech Musaf。付加価値税)の税率を増税すると言っていましたが、とうとう決行されます。

7月1日から、現行15.5%が、16.5%に。

たとえば、毎月の食費が2000シェケル(約5万円)だとしたら、7月からは20シェケル(500円)余計に払うことになります。
この500円を「スタバのショート2杯分」と考えたらしょうがないかと思えるかもしれませんが(...インチキ商法の宣伝文句か?)、この国は便乗値上げがやたらとあるんです。商売人は消費税なんて関係ないくせに。

イスラエルで消費税が始まったのは1976年。
私がイ国に来た1999年は17%。それから2002年に18%まで行き、その2年後に17%に戻り、さらに16.5%になり、2006年7月からずっと15.5%でしたが、今回この不景気には勝てないらしく、1%増税に。

期間限定で、2010年の12月末日まで。ホントに戻ればいいんですが。

日本、5パーですよね...。いいなぁ。

◎昼下がりのCavatina
 せめて心は穏やかに...。
  
posted by Heshbonit at 13:00| 経理のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

お褒めの言葉

Heshbonitさん こんにちは! 
BlogPetから最新のお知らせをお届けします。

・‥……… ♪今日のテーマ♪ ………‥・


   言われて嬉しかった褒め言葉は?



んー、褒められたことは、あんまりない。

このブログ上では、どーでもいいことでも皆さん褒めてくださるので嬉しいですが、子供の頃から考えても、正面から人に褒められたことは本当にない。

小さきものはみなうつくしな幼少期でも可愛いと言われたことがなく、
何かがズバ抜けて出来るわけじゃないから何も言われず、
書道やっても珠算やっても大したことないから褒めるほどでもなく、
手先も器用じゃないし、せめて体が元気ならともかく喘息持ちで、
...何の褒めポイントもない人生を送ってきました。

小学〜高校は、非常に残念な容姿と病弱な体でイジメ寸前なイケてない暗黒な毎日を送り、人生が変わったのは専門学校に入ってから。
しかし、デビューが遅かったことと、その前があまりにも悲惨だったことから心から楽しめず、常に自分を冷やかな目で見る自分と格闘しながら、華やかな時代が終りました。

その後、大いなる野望が破れ、添乗員に転職。
そりゃあもう、いろいろありました。

...、...。

って、書いたんですが、恐ろしく長いので全部削除。
所詮、過去の栄光。遠い遠い昔々、オババの話。墓場まで持っていけ。

子供の頃からほとんど褒められることなく生きてきただけに、褒められると、「イヤミ? 褒め殺し?」って、逆にムカッとすることが多い。
褒めて褒めてうまーく育てられた人は、逆に褒められないと伸びないかもしれないけれど、完ぺき主義だから、というよりも自虐的性格だからか、幼い頃から誰にも見向きもされなかった私は、褒められると「なんでこの程度で...」と裏を勘繰ってしまう。

まぁでも、なんていうんでしょう。
同業者とかその道のプロに褒められるっていうのが一番嬉しいですよね。
添乗員時代、お客様に感謝されるのは普通に嬉しかったですけど、ドライバー達に、「お前、添乗なんて辞めて、バスガイドになったほうがいい」と言われた時、ホントに嬉しかった。

イスラエルに来てから、褒められたことはほとんどないです。
お世辞とか建前がない国だからか、そういうことを言って相手を持ち上げる、っていうことがないからかもしれません。

でも一度だけ、自動車免許レッスンの試験直前に教官が、
「お前なら大丈夫だ。これまで教えてきた中で相当できるほうなんだから」
って言ってくれたのには、グっと来ました。
レッスン中はほとんど褒めなかった人なだけに、うわ、この人、私の性格をよく掴んでいるなぁ、と感心したもんです。

あ、字は褒められます。電卓も褒められます。
札勘させたら、そこらの銀行員には負けない。
でも、「事実ですが、だから何?」としか思えないので、別になんとも。

会話は、「ウルパン(語学学校)行ったの?」って言われます。呆れ気味に。
ギメル(レベル3)まで終えたんですけど...。


◎今日の琴線
 添乗員時代によく聴いていた曲。
 いろいろ考えてたら、思い出しました。
 もう2度と戻らない時代です。
                     
posted by Heshbonit at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

御予約品

金曜。半日出勤。

なんか知らないけど、インフルエンザが流行っているらしいです。
観光部門はかなりやられています。1人にうつったのか、外部から入ったのかは不明ですが、イヤですね、この暑い時期に熱が出てフラフラするなんて。
偽札も流行ってます。いや、ニュースでは聞かないんですけど、偶然にも今週は3枚発覚。毎日お金触ってますから、一目or一触ですぐ分かります。
以前の名残りか何かがたまたま重なっただけかもしれませんが、なんだかな。

午後、Y氏来訪。
ずいぶん前、うちで北部僻地地区食事会をした時(参加者3名)、サラダが美味いとしきりに褒めてくれたたため、作り置きしていたボトルごと渡してからというもの、たまに、「ドレッシングありますか」と予約が来る。

2年位前にも書いた気がしますが、コチラ。うわっ、つくレポが増えてる。
Y氏の依頼がそんなに頻繁に来るわけでもないし、作るのも簡単だから別にいいんですが、先日電話予約が入った時に材料と作り方を聞いてきたから、やれやれこれからは自分で作るのかと思ったら、今日は、油と酢を白玉ねぎを持ってきた。
...ポン菓子かいっ!と突っ込みたくなったがまぁいいや。

ちなみに自分用は最近、白ワインビネガーとオリーブオイルを併用してます。もうぜんぜん味が違う。でも御予約品はレシピどおり(砂糖は超控えめで)。
ドレッシングを引き渡したら早々にお帰りになられました。

最近凝ってるのは、コレ
オークラよ、オークラ。打ち合わせか何かで一度行ったことはあるけれど、泊まったこともなければ食事したこともないし、どこで降りてどう行ったか記憶もない。
これまでは缶ピクルスを買っていましたが、なんてムダ金を使っていたんだ...と、愕然としました。このレシピはホントにおいしいです。
ドレッシングを渡すついでにY氏にも少しおすそわけしましたが、これを書きながら今さら、ピクルスも予約が入る恐れがあるということに気が付いた。

って書くと家事ばっかりやってるみたいですが、ギャップも激しいです。
あーもう今日はどうでもいいや、って思ったら、ホントにどうでもいいモノを食べています。ま、たまに作るから記事になってるだけですから。
    
そんなです。それではよい週末をお楽しみ下さい。
        
◎今日の新選組
も〜、このキャスティングには、Hesh坊垂涎。
                   
posted by Heshbonit at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

冷蔵庫の取扱説明絵

今日は写真がいっぱいです。

村役場の冷凍冷蔵庫なんですけどね。
知らないメーカーの安モノです。たぶんホームセンターで買ってるはず。

共有の牛乳や差し入れ、職員個人の軽食などを入れておく場所。私は職場では水しか飲まないので、自分用ペットボトル(500ml)を常に2〜3本置いています。

扉を開けると、こんな絵があります。


絵というのはいいですね。
見ただけでそれが何を意味しているのか分かる。
なぜ教会に、聖書の故事にちなんだ彫像やステンドグラスがあるのか。
昔は、識字率が極度に低かった。だから、字が読めない人でも、教会に来てステンドグラスを見れば、聖書の内容が理解できるように、というためです。
バチカンもそうですが、パリのノートルダム大聖堂なんて圧巻ですからね。
...あ、話がズレるので割愛。今日はただでさえ写真が多くて長いんだから。

この冷蔵庫の絵も、「どの国の人が見ても使い方を理解できるように・いちいち分厚い説明書を読まなくても簡単に使えるように」、というメーカー側の配慮でしょう。
こんな無名の小型冷蔵庫です。1人暮らしをはじめたばかりの男性が「何をどう入れていいんだろう」と迷うことのないように。うわー、優しいねぇ。

それではこの冷蔵庫の意味するところを皆さんで追って見てみましょう。


ローストチキン、パイ、パンにアイスクリーム、魚介類。


七面鳥にニワトリ、ソーセージ、ですね。


チーズ類、バター、ポークチョップ、そして羊に...、鹿?


牝牛に薄切り肉、サクランボにブドウ、ウズラ、えー...、キジか。


牡牛に塊肉? きのこ、野菜・豆類、リンゴと梨とみかん。

...。

「はーい! 先生、絵を見てもじぇんじぇん分かりませ〜ん!」
「はーい! アイスクリームとパンと魚介類は同カテなんですか?」
「はーい! 鹿肉にキジ肉とは、一体どういうことですか?」
「はーい! 牝牛と牡牛はどう違うんですか?」
「はーい! サクランボとリンゴの立ち位置の違いはなんですか?」

3歳の子供じゃないんだから、そこは理解できた、ということにして。

それぞれの下に書かれている数字は、なんだと思います?
「2−3」「4−6」「7−8」「9−10」「11−12」
たぶん、「設定ダイアルの位置」と思うでしょう。私もそう思いました。

冷蔵庫の温度設定ダイアルはこちら。


最大、5。

...。

たとえたとえたとえこの数字が温度だとしても、摂氏も華氏とも書いていない。
いやもうこれは暗黙の了解で、世界の大多数が摂氏表示なんだからということで理解したとしても、冷蔵庫内にひとつしかなく6段階(0−5)でしか設定できないダイアルで、何をどう設定すればいいのか。

っていうかもうそれ以前の問題で、この絵は「冷凍庫」を開けた扉の内側に貼ってあり、冷凍庫には温度設定ボタンがなく、冷蔵庫のボタンと共有なんです。

「はーい! ローストチキンとアイスクリームはなんで同じなんですか?」
「はーい! 七面鳥も鶏もウズラもキジも同じ鳥類なのに2段階も違...」

おだまりっ! うるさい子だね、飲み込めって言ったでしょ。

...。

結構いろいろ食べていますが、鹿肉だけは食べたことないです。
  
◎今日の落ち込んだ時に頼む話
        
posted by Heshbonit at 17:00| ポツラカマタア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

会議は食べる

週初め、役場内の職員会議がありまして、ぜんぜん内容がまとまらなかったにも関わらず、もうこれ以上ここで話してもラチが開かないからという理由で、今夜の村の代表者会議に持ち越されました。

村にはいくつか会議があって、代表者会議は村のあらゆる事項に関して決める寄り合いです。代表者は投票で決まり、現行8人。それに、事務長・事業部長・資金担当の三役が加わります。(この三役はその他、経営会議や事業会議など全ての会議に出席する)。
議題内容によって、それぞれの議事内容の該当者が参加することになっており、今回は役場の運営に関することだったので、末端出納係の私も参加することに。
ちなみに、全村会議っていうのはありますが、昔は本当に皆で参加していたものの、形骸化してしまった今では、全体の2割くらいしか参加してません。

今夜の会議は別に来ても来なくてもと言われたんですが、とりあえず役場の職員という当事者の一部なんだし、会議でどういう意見が出るのか聞きたかったから一番隅っこに座っていました。まるでオブザーバー。
私が言いたいことは全部先輩部員がまとめて綺麗に言ってくれますから。

こう書くとまとまった感じがしますが、超過疎村の寄り合いだべさ。
でも誰もおとなしくなんてしちゃいません。うるさいうるさい。
そこに、ガイジンがヒョコンと座っているのは我ながら超違和感。
「アタシココデナニシンテンダロ...」と思うこと数回。

結局ここでもまとまらず、次回持ち越し。これも毎回のことです。

それよりなにより、会議は踊る。じゃなくて、よく食べる。
会議用にすごい量のお菓子が買ってあって、まぁバクバクよく食べます。
皆、ここに食べに来てんじゃないの? おうちにご飯ないの?ってくらい。


と、たまには経理日誌らしい内容でした。
ほらね、つまんないでしょ。別にオチもないし。

...? ブログに、オチ??


◎今日のショック
気に入っていたジャストサイズのジーンズが破けた。
あと数ヶ月、日本に行くまで持ってほしかったのに。
この国じゃ、私に合うジーンズが買えないってのに。
日本でも、きちんと合うジーンズ探すの大変なのに。
若気の至りな時代、わざと破いて履いたことはありましたが、破けるまで履いたのははじめてです。...って、4年ヘビロテで履いたら破けて当たり前ですが。


◎今日のオーマイリルガー
このドラマ、添乗員をしていた時だったから飛び飛びでぜんぜんきちんと見たことがなかったんですが、すごい時代ですね。こうしてネットでタダで見られるなんて。
消されないうちに早く見ないと。
  
posted by Heshbonit at 23:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

お手本

ここ最近、いろいろ妄想してて考えたりすることがあって、更新する気力に繋がりませんでした。いえ別に、何か新しい企みがあるわけじゃなく。

公務員なhesh坊ですから、毎日何事もなく同じ仕事を淡々と。
そんなですから、更新する必要性が全くないんですが、せっかく来て下さる方がいるっていうのに何日も変わらないのはどういうことよN兄にmimi先生にハマダ嬢、って思い、ここはいっちょ手本を見せねばと率先して書いてみました。

しかし、書くことは何もなかった。手本になってないじゃん。
っつーか、更新しない理由は忙しいからなのよ、皆さんは。
ヒマで書くことがないHesh坊とは違うわけ。

あ、N兄が更新してた。撤回撤回。


えーと。
日本は梅雨真っ盛りですが、中東は一滴の雨も降らない毎日で、かなり日焼け止め効果が強いはずのクリームは塗っていますが、8月の江ノ島よりも強い日差しで確実にやけています。日傘ほしい...。

中東で過ごす1年は、日本の3年。...もうじき30年、老けるわけだ。


下手な考えに頭を使い、脳のスカスカ化が進む毎日。
こうやってムダに時間が過ぎていきます。
大人計画の社歌がフルコーラスで回っています。
とてもじゃないが、これが38歳の頭の中とは思えない。

         
◎今日の雰囲気
うちの長兄、なんとなくこの右側の人に似ています。
でももっともっとものすごく痩せていますが。ピンクなんて絶対着ないし。
じゃ、どこが似てるんだよ?って言われちゃいますけど、なんとなく。
ちなみに次兄は、このメガネの人に似ています。体型も含めて。
電話でそれ言ったら怒鳴られました。

ピラニアンな私ですが、兄さんピラニアにはとっても弱い...。
              

あんまりにもつまんないんで、今日は通り過ぎて下さい。
                          
posted by Heshbonit at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

今日は何の日

暑い...。
日本の皆さんには想像も出来ない乾燥した毎日です。
でも8月になるとこの地域は、湿度が上がって、中華まん気分になれます。

6月13日、なにかの日だった気がする。しかしそれが何の日だったかさっぱり思い出せない。何の日だろ、気分が悪いな。
ちなみに6月9日も、何かの日だったけど思い出せない...と一生懸命考えた挙句、初めて佐渡周遊の添乗に行って大感動大興奮した最終日でした。

となると、6月13日もその程度の日かもしれない。候補に挙がっているのは、小中高と12年通して6回も同じクラスなったことがある男子の誕生日です。
好きでもなんでもない人ですが、同じクラスになるたびに誕生日紹介があったから覚えている。
でもそれじゃなく、ピンポイントで重要な日だったはず。なんだろう...。

日付だけじゃなく、電話番号とかそれが何を意味するか分からない番号とか、数字だけが羅列している私の頭の中の、要らない記憶だけキレイに削除してデフラグが出来たら、もっと容量が増えるんですけどね。

もうここまで読んでいただいたら分かるでしょう。
ヒマで何にもやることがない休日の生存報告です。

書くことないから、ブログわんに聞いてみよう。


Heshbonitさん こんにちは! 
BlogPetから最新のお知らせをお届けします。

・‥……… ♪今日のテーマ♪ ………‥・

一目惚れしたことある?



...38歳のオバサンが答えるテーマじゃないな。

ま、いいや。
TVや映画などのバーチャルな世界はさておくとして、リアル世界ではどれだけ過去を遡っても、一目惚れなんてしたことがないです。
昔から身の程は知ってます。世の男性の皆さん、安心して下さい。

男女の出会いがないその昔は、動物としての本能から一目惚れが大事だったそうですが、今の時代でもあるんでしょうか。

            
◎今日の二人称単数形
昨日、テルアビブでゲイパレードがあったそうだ。
ゲイパレードに限ったことじゃないけれど、バカみたいなパレードをするのは真面目にヒッソリと生活している人達が一番迷惑なんじゃないでしょうか。

ま、この国でゲイを認めるなら、過越し祭の時に粉モノやイーストを販売することや、土曜日や大贖罪日に開業することを先に認めろって思います。
とは言いながらも、以前も記事にしたことがありますが、イスラエルでは、同性カップルに対して法的には寛大な措置がいくつか取られていますけれどね。
これ以上、何の権利をどう要求するつもりでしょうか。
  
ゲイで真っ先に思い浮ぶのば、ジョージ・マイケル。
この秀逸な曲の冒頭から、「Youは二人称単数の男性形か」と思ってしまう。
家の中のことなんて、黙っていればいいものを...。
                   
posted by Heshbonit at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

イスラエル宛てEMSと税金・手数料

先日、在イスラエルの方から、「日本から送られた荷物にかかる関税と手数料」に関してお問い合わせをいただきましたので、今日の記事にさせていただきます。
たまにはマジメなことも書かないと、と思っていた矢先でした。
お題をいただきましてありがとうございました。

***---***---***---***---***

イスラエルでは、海外からのほぼ全てのEMSに、関税・消費税と手数料が課せられます。
たとえば私、先日、親戚からEMSで荷物を送ってもらいましたが、約170シェケル(4400円)を払いました。(現行レートで1シェケル≒26円)

2006年から、これまで政府管轄であった郵政省が民営化され、「イスラエル郵便株式会社(ドアル・イスラエル・ベアム)」になりました。(読みにくいので、この記事上では「郵便局」という名で書きますが、正しくは郵便会社です)。

その後、段階的な移行手続きを経由。
2008年、大蔵省が、郵便局による税関業務を認可。
それ以降、個人的なプレゼントも、個人使用のネットでの購入品も、そして輸出入業者でも、海外から郵便物を受け取る時には、【関税・消費税・郵便局による通関業務手数料】を支払わなければならないということになりました。

それでは順に説明していきます。

その@−関税(Meches)

課税対象は、物品と送料・保険料(CIF。Cost Insurance & Freight)の合算価額が50米ドルを超えた場合。50米ドルまでは免税です。
私の今回の場合で説明しますと、送料が約6千円で荷物の価値が約5千円。
現在のレートではほぼ$=100円ですから、CIF価額は110ドル。
このうち、50ドルは免税となり、残り60ドルが課税対象として計算されます。

関税とは、自国の商品を守るために、他国商品に対して国が賦課する税金です。
物品にもよって税率が変わりますが、たとえば服や食料品は12%です。
しかし、個人的使用の物品ならば(ネット販売の高額化粧品や電気製品などでなければ)、「形式上の金額」で課税されるようです(今回の私の関税も、そんな感じでした)。
関税が全く掛からないケースもあるようですし、米国・EU諸国からの発送物は、免税となる物品が多くあります。

そのA−消費税(Ma'am)

え、消費税?と思うでしょうけれど、これも支払わなければなりません。
免税枠50ドルを超えた部分はシェケルに換算され、消費税が賦課されます。
理由は「その物品を国内で買っていたら消費税を払わなければならないから」。

そのB−通関業務手数料(Amlot Amil Meches)

関税や消費税は仕方ない、と思ったでしょう。
しかし、これはちょっと腹が立ちます。
イスラエル郵便株式会社の手数料の出番です。
一気に説明します(注:課税対象CIF価額千ドル以下の場合)

 A:通関手数料 60シェケル
 B:L/C作成代 30シェケル
 C:掛払手数料 20シェケル
 D:消費税    17シェケル =(A+B+C)X現行15.5%
 合計(A+B+C+D) 127シェケル(≒3300円)

高い!有り得ない!...とは思うんですが、理由を説明します。

どの国も同じですが、海外から発送された荷物は、到着時に税関の審査を受けねばなりません。
通常の輸入物品に対する税関業務は、空港や港湾に船荷が到着した時点で輸入業者に通告があり、自ら赴いて通関作業をするか、自分で通関業者に業務を委託して処理をしてもらいます。

EMSの送り状は、通常の通関に必要な輸入手続書類を簡潔に網羅した用紙であり、個々人そのための手続きをする必要がないのです。
そのため郵便局は、「個々人がわざわざ税関にきて手続きをする手間を省くため、格安の値段でサービスを提供している」ということで、上記ABCの手数料、そしてサービスに提供する以上は消費税も徴収するというわけ。
税関部門は空港・港湾ではなく、テルアビブの郵便局内に設けられています。

親方日の丸じゃなくてダヴィド星の時は収支なんて気にしなかったけれど、独立採算制の会社形態をとる以上、収入を作らないと経営が成り立ちません。

かくして、【@関税 A消費税 B通関業務手数料(A+B+C+D) 】を合算した金額を支払わなければ荷物を引き取れない仕組みになっている、と。私が今回払った170シェケルのうち、43シェケルが関税と消費税、127シェケルが通関業務手数料というわけです。


注意しなければならないのは、50ドル超で課税対象と判断されてしまったら、50ドルをたった1ドル超えただけでも、Bの通関手数料127シェケル(3300円)を払わなければならないということです。
極端な話、商品価値が10ドルに満たないが重量がある物品を送料100ドルで送ったとしても、CIF価額が50ドルを超えているのですから税関取扱い輸入物品とみなされます。
なお、50ドル超でも非課税、と認められた場合、最低通関業務手数料35シェケル(≒900円)がかかります。

納得できないなら、その場で受取拒否して税関にもう一度送り返してもらって調べてもらうことも可能ですが、相手は税関ですから、よほど法外な金額でない限り、素直に受け取った方が妥当です。
再審査を依頼した後に小包が行方不明になったり、送付品に破損が生じたとしても、どこまで責任を取ってもらえるか分かりませんし、未確認ですが、再審査手数料なるものが掛かるようです。

そもそも、EMSというのは何でしょう。
基本的にどの国も郵便局が取り扱っている「国際スピード郵便」という名前の郵便方法ですが、つまりは、DHLやFeDexと変わらないのです。日本でも、「郵便小包」以外にクロネコや佐川があるのと同じです。
国という立場である税関にとっては、どういう方法で来ようが、それが輸入形態である以上、税務申告手続きをしなければなりません。だから郵便局もDHLやFedexと同じように、手続き代行をする。だから手数料を取るのです。
たぶん、DHLやFeDexは関税手続きや手数料を取るんだから、EMSだって同じようにしろ、みたいなことになったんじゃないかな、想像だけど。

ひらめき 2011年より一部改定があり、通関手数料が課せられる項目が増えました。

●通関手数料が免除されるもの
  2キロ以下の小型包装物(Small packet)
  5キロ以下の印刷物(Printed matter)

個人使用の食品・雑貨程度であるならば、2キロ以下の小型包装物でこまめに送れば、手数料が課せられません。たとえば2kgの小型包装物を日本から送るとしたら、送料が2760円。
海外のネット販売などで、化粧品などを購入する際も、小型包装物扱いで「送料込で50ドル以下」であれば非課税となります。書籍や雑誌新聞の類は5キロまで可能です。

●一律通関手数料が課せられるもの(34.8シェケル≒約900円)
  2キロ以上5キロ以下の小包

航空便・SAL郵便・船便などでも、一律同じです。

●物品に応じた関税・消費税と通関手数料が課せられるもの
  5キロ以上の小包
  CIF(Cost, Insurance & Freight)の合算価額が50米ドル超のEMS

以前の通関&課税対象はEMSが主で、重たい物でもEMS以外の方法(SALや船便)で送れば一律手数料が課せられるだけだったのですが、2011年からは、送り方にかかわらず重さで分別され、関税・手数料が課せられます。
なお、今回発表された重量の話ばかりですが、現行法でも、重量や送付方法にかかわらず送料と合わせて50米ドルを超える高価なものは課税対象で、通関手数料や関税が課せられます(印刷物・書籍は75ドルまで)。
空便でも船便でも、イスラエルに重い物や高価なものは送らないほうが無難です。

また、「贈り物・個人使用品」に必ずマークすること。下手な手間を省くためです。個人の手作り品で商品価値ゼロならば、それもはっきり明記しておく必要があります。しかし、商品価値は税関が決めることであり、送り主が「これは百円です」と力説しても、税関が「千円の価値がある」とみなせばそこまでです。

もしEMSで送りたいなら、「万が一事故があった時の補償限度のため」と発送品の価値を高く評価して送付状に記入する人が多いようですが、イスラエル宛てにおいては止めておいたほうが無難です。

単なる数字の羅列になってしまったので分かりにくくて申し訳ないですが、大体の感じはつかめたでしょうか...。

日本の家族にはこの旨を伝えて、「送ってほしい物があったらこちらから言うから、頼まない物は送らないで」と言っておくしかありません。送る側は好意であっても、受け取る側がバカ高い関税や手数料を払わされるのですから、「頼んでもいない物にこんなに払わされるなら、何がほしいか聞いてほしかった・・・」という気持ちが頭を掠めてしまうことは否めませんから。

ひらめき 追記:2011年3月5日
税法や税率などは頻繁に変更があります。現在、一般物品の関税は16%ー29%です。
ここ最近、かなり厳しく関税が課せられているようです。くれぐれも御注意下さい。

ひらめき 関連記事:「イスラエルにどう小包を送ればいいか? (2012年改訂)

       
posted by Heshbonit at 13:00| 経理のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。