2009年05月13日

モツ

ハマダ嬢のところで話にあった、モツ。
バブルがはじけた後に流行し、今では当たり前の食べ物ですよね。

しかし私にとっては、子供の頃から当たり前の食べ物でした。

以前、書きましたが、私が幼稚園の頃まで、両親は肉屋を経営していました。
それだけに、いわゆるモツ(臓物)は、我が家では当たり前の食べ物で、肉屋を閉店して父が別の仕事に就いた後でも、ずーっと普通に夕飯のおかずとして食卓に上っていました。

いわゆる動物のあらゆる内臓、一通り。モツ鍋のモツだけじゃないですよ。
第一、モツ鍋にしてもコテッチャンにしても、味が死んでます。殺してます。
モツの世界は、それぞれの特徴と奥深い味わいがあるのです。
今、ウィキで「モツ」って所を読んだけど、一通り食べてますね、普通に。
子供だった私には、「牛肉、豚肉、鶏肉、モツ」だと思っていた。
どの家も普通に食べているんだとばっかり思っていたんです。

小5の時、女子だけ体育館に集められて説明会がありました(よね?)。
その時、「レバーを食べましょう。レバーを食べられる人?」と先生が問いかけた時、パラッパラとしか手が挙がらなかった。
私も挙げなかった。だって、意味が分からなかったから。
私にしたら「鶏肉が食べられる人」というのと同じく当たり前な質問で、なぜ「食べられる・食べられない」と聞くのか不思議だったんです。
もし、「レバー大好きな人!」だったら元気よく手を挙げたでしょう。

あまりにも当たり前だから話題にすることもなく、そのまま成長。
添乗員になった頃、バスのドライバーと会話をしていて、ようやくそれが普通じゃないってことが発覚。大爆笑されましたね。「お前の家はなんなんだ?」って。

とまぁ、ハマダの話で、そんなことを思い出した次第。

皆さん、子供の頃の好物はなんでしたか?
 
私は、モツはモツで好きでしたが、一番は普通に鶏のからあげ。
それと、五目寿司といなり寿司。かんぴょう巻も好きでした。
特に、病気になるとかんぴょう巻を食べるのが大好きで。
なんかお粥っていかにも病人って感じでイヤだったんです。
あと、お菓子全般。今では甘いという味覚は全て受け付けませんが。
            
posted by Heshbonit at 23:00| ノスタルジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

生存報告

夕方、どうしても急ぎで送るものがあって郵便局に行ったら、

「ここ、バンコクかっ???」

ってくらいにタイ人労働者がいました。

イスラエルは全土一斉に毎月10日が給料日。
外国人労働者ももちろん、毎月10日にもらえます。
うちの村では、給料はタイ人労働者斡旋事務所を通して、彼らのタイの家族に送金するシステムを取っていますが、全ての雇用者がそうではないですから、面倒だから全額渡して自分で郵便局に行って送金しなさい、って感じなのでしょう。
郵便局は整理券を取って順番を待つシステム。30人待ち。しかも、大半が彼らで、海外送金ですからね、手続きが長い長い。
大体郵便局に行くと、床に落ちてそうな整理券をコソっと拾って確認したりするけど、バンコクか?ってくらいタイ人がいたらそれもできませぬ...。
他のイスラエル人は、入ってきて「今日はやめとこ」って出て行く人も多く。私もどうしようかと思ったけど、今日どうしても送りたくてわざわざ来たんだから、ここで諦めるわけにもいかず、素直に待ちました。

私がイスラエルに来た当初は、中国人の出稼ぎ労働者に間違えられることもありましたが、すっかり年を取って小汚いオバサン丸出しになったため、中国人と思われることはあっても、出稼ぎ労働者とは誰も思わないようで、「一緒くた」にはされていなかったようです。
っつーか、皆もう若いし可愛いのよ。今日の郵便局にも、タイかフィリピンか分からないけど女性もいたけど(たぶん老人介護)、オシャレで可愛いの。「もしかして日本人?」って思うような雰囲気の人もいたほど。

少し前にも書きましたが、私がイスラエルに来た頃のタイ人労働者って言ったら、本当に「出稼ぎに来ました」って感じだったんですけど、今はもう遊びの延長って感じがする。「海外で農業をやりながら、ちょっと長めにステイ」みたいな。タイも裕福になっているんでしょうね。
もうこうなると単なるワーキングホリデー。こっちで彼女を作って甘く楽しく過ごしたり、貰った給料丸々使っちゃうとか、そんならしい。

タイ人労働者は、性格もよく、真面目に働いて、宗教的な問題がないということで、世界各国からの要請があるそうです。以前、タイ人と話していたら、「次は湾岸国に行く。その方がもっと儲かるらしい」なんて言ってたし。
そのため、数ヶ月前のニュースには、タイでも農業をやる人が減ってしまって、ラオスなどの近隣国から必要に応じて出稼ぎを雇っているとか。なんだかな。

そんなです。

今日から、ローマ教皇がイスラエルに来ていますが、豚インフルのせいで思ったほどの観光客を望めないようです。
ミレニアムの時は、うちの村にもかなりお流れでの外国人宿泊客が来たんですが、今回は北部滞在が少ないため、何の余波もありません。

ってな感じのだらだらな生存報告でした。

◎今日のどやさそれ!
       
posted by Heshbonit at 23:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

胃の老化現象

休日。

昔は周りがビックリするほど食べられたんですが、老化現象のせいか食べたいという欲求に、胃が追いついていけなくなってきました。
先週天ぷらを食べた翌日は胃がもたれて胃薬。それから数日後にオイルサーディン(缶詰)を使った料理をしたら、これまた夜から苦しくて胃薬、それでも翌日の昼過ぎまで胃がもたれて大変な思いをしました。

それでも元気です。


一昨日は、実家から「粉末ソースだけ」を少し送ってもらって(笑)、焼きそばを楽しみました。大袋でソースだけを買えるらしい。日本に帰った時に買ってこよう。


昨日の夕飯、ドライカレー&焼きサモサ


本日の夕飯、五目寿司&プチいなり寿司。例の乾燥油揚げを使用。

最近、このいなり寿司(乾燥油揚げ)にすっかり慣れてしまって、日本の薄いお上品な油揚げでは物足りないんじゃないかって思います。
厚いだけに、甘辛の出汁をよく含むから、本当においしいんですよ。
これを細く刻んで五目寿司にも入れてます。歯ごたえがあってウマいです。
海外に住んでいて油揚げが手に入らない人には、本当にお勧めです。


ヒマに任せて、ぬいぐるみと遊んだり。


そんなです。
            
posted by Heshbonit at 20:00| 食べよう食べよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

学歴社会・・・バグルートの怪

かねてより、ある資格を取りたくてそのために何年かに亘って試行錯誤していることを書いてきましたが、最終的に私はその資格を取るだけの資格がない、ということが判明しました。

なぜなら、「高校卒業認定試験(バグルート)を受けていないから」

政府(教育省)による全国統一の高校卒業試験(バグルート)、大学入学資格試験でもあり、基礎教科+選択教科の各試験があり、合格率は60%程度。
フランスのバカロレア、ドイツのアビトゥーアみたいなものです。

日本では、高校生に対しては全国一斉の高校卒業認定試験はありません。
その代わり、中学から高校に入る時は、何もしないでも家から一番近い高校に入れるのではなく、それぞれの能力に応じて振り分けられ、高校入学試験を受けなければなりません。
卒業は真面目にさえ通っていれば自動的ですが、その後また大学/専門学校に入学するには、各学校が指定する試験をパスしなければ入れません。

ところがイスラエルでは、高校に行こうと思ったら、家から一番近い高校に入学できます。バグルートの基準を満たせば、大学入学の門は非常に広〜い。
入学試験がある大学や専門学校もありますが、日本のように凝り固まった難しいものでもないし、また、試験らしい試験がない学校も多く存在する。
以前、専門学校の入学試験を受けたロシア系移民の知人が、「中学レベルの数学と化学。バカにしているのかと思った」と笑っていましたから。

さて。
簿記1級も合格したことだし、本気でやろうと思ってその資格の講座がある学校に問い合わせたら、「あなたが教育を受けた国の高校卒業認定をイスラエル教育省に提出し、審査・証明を貰ってください」と言われました。
イスラエル教育省内の高校教育認定をする部署を探し出して電話したところ、「ここに来る必要はない。必要書類を送って下さい」と。
卒業証明は用意していましたが成績証明はなかったため、日本の出身高校に電話して成績証明(英文)を依頼し、実家経由で送ってもらいました。
こうしてようやく揃った高校卒業証明+成績証明+日本の教育システムを英文で説明した書類などを送ったら、『12年教育修了。しかし、バグルートと同等ではない』という証明書が届いてしまった。

これでひるむわけにはいかぬ。ま、想定内の結果。
今度は、上記にプラスして専門学校の卒業証明+成績証明+履歴書を送付。

おととい、ようやく証明書が届き、今度は、
『バグルートと同等ではない』の一文は消え、
『日本の教育に於いて高等教育を受ける資格』と印字されていた。

昨日、専門学校に電話し、学校に全ての書類をファックスで送って、イスラエル大蔵省(その資格試験の主催)に問い合わせてもらったのですが...、

「イスラエル教育省が『バグルートと同等』と認めなければ、たとえ海外で高等教育(大学/専門学校)を卒業していても、高校卒業資格があるとは認められない。ゆえにこの資格は取れない」

...。

再び教育省に電話。責任者に事情を説明し、その旨を聞いたのですが、

「どっちが優れているとか劣っているというのではない。日本の教育システムとイスラエルの教育システムは違う。違うのだから、『バグルートと同等』とは公式文書には書けないのよ。
 『バグルートと同等ではない』という文章を消し、『日本の教育に於いて高等教育を受ける資格』という文章に置き換えたのは、イスラエル教育省が出来る最大限のことなんです。大蔵省がそれで認めないのはとっても残念だけれど...」と。
(責任者がとても温厚な人だったのが救われました)。


バグルートが何のためにあるのか?
イスラエルは、誰でも彼でも全員が地域の同じ高校に行くシステムだから、どのくらいのレベルなのか、卒業時に自分の能力を知る必要がある。
日本は、高校入学の時点で既に能力分けがされており、高校生活(+予備校)において細分化され、さらに各大学・専門学校でそれぞれのレベルに応じた独自の入試システムを取っているから、国立大学進学以外の者が全国一斉の試験をやる意味が全くない。

イスラエルと日本、どちらが優れているかって、言うまでもない。
間違いなく、イスラエルの教育レベルの方が、日本よりも圧倒的に低い。
高校生の6割以上が合格する、政府による全国一斉の高校卒業認定?
もし私がイスラエルで高校生活を送っていたら、百億パーセントの確率で合格したはず。当然かなり高得点で。後の人生はご存知のようにムチャクチャだけど、高校は地域限定の県立プチ進学校でしたから。 

長くなりましたが、高卒認定試験がない国で育った人は、イスラエル大蔵省が認めないため、この資格は取れないということが分かりました。(2年前はバグルート有無は問わなかったはずなんですが...)。
取りたいと思ったら、「成人向けバグルート(日本の高認試験・大検のようなコース&試験)」を受けなければならない。

イスラエル教育省は、「日本に於いて高等教育を受ける資格」と認めてくれたのに、大蔵省の基準では、日本人は高校卒業認定試験がないとみなされる。
つまり、常連コメンテーター様達のように、日本の有名難関大学を出ていたとしても、この資格に関しては取得資格がないということになる。
なぜなら、イスラエルの教育システムに於いて、たとえバグルートの点数が不十分だったとしても、大学/専門学校によっては救済措置(IQ試験など)があり、その結果に応じて入学が可能だから。
それだけに「日本は高校から選別されているし、大学/専門学校にもそれぞれ入試があるから、バグルートが存在しない...」って言って、たとえそれがすごい難関大学卒であっても、この国の入学が簡単である以上、イスラエル人はその意味が理解できないんです。

は〜。
コレ取りたくて簿記1級までやったんですけど。
(2年前までは、簿記1級があれば受講内容の一部が免除だった)。

2ヶ月前、日本大使館に問い合わせた時、「センター入試を受けていてその結果があればバグルートとして使えるかもしれませんが...」と言われたのですが、私の時代は共通一次でしたが、ま、名前はなんであっても受けてません(笑)。
日本のセンター入試結果がバグルートとして通用するかは、疑問ですね。
「単位が足りない」「教科が少ない」と、難癖つけそうな気がする。

私が入学したかった専門学校の人は、「成人バグルート試験を受ければ? せっかく簿記1級もあって、日本の専門学校で勉強した人なのに、もったいない」と熱心に勧めてくれましたが、「今さらかったるいし、いいです。いろいろありがとうございました」って電話を切った。

ホント、バカバカしくなったんですよ。
なんで何年も考えて、簿記1級までやったんだろ、私。
あれだけ一生懸命やって、その資格を取ることを最終目標にしていたけれど、授業についていけないとか、試験に受からないならまだしも、これしきのことで門前払いを喰らうとは、まさか考えもしなかった。

理由は分からなくもない。
以前、簿記1級のコースを受けた時の先生が、「簿記3級コースは生徒のレベルにムラがありすぎる。バグルート保有者に限定しないと授業がうまく進まない」とぼやいていました。つまり、高校の勉強もロクにしてこなかった基礎学力がない人がいるせいで、単純なことも説明しなければならず、授業が滞る、と。

でも、今回私が受けようとしていた資格の受講条件は簿記2級が必須で、レベルからしても生易しい資格ではない。高校までロクに勉強しなかった人が「それやってみよ♪」って思うような資格ではないのです。
それだけに、何ゆえに大蔵省がバグルートに拘るのか意味が分からない。
「イスラエル国籍保有者のみ」って言われるなら仕方ないけど、「高校卒業認定試験の認定がないから却下」って、一体、なんぼの資格? 高卒認定ってそんなに大事なの?

イスラエルに限らず、歴史がない国や発展途上国は、学歴にやたらと拘る。
歴史があり、高度な文化を築いてきた国は、伝統があり、職人がいる。
それゆえに、大学教育にばかり重点をおかず、伝統ある道でプロフェッショナルであることも素晴らしい、という概念があります。
欧州でもイギリス・イタリア・ドイツなどは、専門を勉強する学校が無数にあるのはそれが理由でしょう。

歴史がない途上国のイスラエルには、伝統もなければ職人もいないため、修士だ学士だということばかりに拘る。学位がない人間はバカだと頭から決めてかかる。

それは分かっていたけど...

まさか、高校卒業認定試験にイスラエル大蔵省がこんなに拘るとは思いもしなかった。

なんか、ほかの事でも探します。
簿記会計や事務関連から離れてみようか、いっそのこと。

ダラダラと読みにくくてすみません。

◎今日の気持ち
いろんな意味でこんな気持ち。

業務連絡:ヤケ酒もヤケ食いもしない。
締め切りまであと2日。覚えています。何とかします。
    
posted by Heshbonit at 19:00| イ国情緒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

フライヤリ・フライヤリット

最近、仕事のことをな〜んにも書いていませんが、大丈夫です。
村役場ですから、倒産もクビもありません。

仕事は相変わらず、というより、一気に減りました。
仕事そのものが減ったのではなく、やり方を変えたら手間が無くなった、と言った方が正しいんですが。

2ヶ月ほど前に、村の中のある部門との間で、経理屋の沽券を著しく傷つけられる事件があり、それで一気にイヤになったんです。
ここ1年ほどものすごく真面目に働いて、実際2日以上の休みも取れず、それに関して上の人に言っても、「それはあなたの問題であり、休みたいなら休めばいい」と相手にされず、さらに簿記1級受かったのに給料もほとんど上がらず、そこに来て、3月の事件。

「入力だけしていればいい。合わないのは私のせいじゃない」
なんて、経理屋として、「絶対に言えないと思っていた。
毎日一生懸命やれば絶対にきちんとなる日が来ると思っていた。
ちゃんと見てくれる人がいると思っていた。

イスラエルという国では、そんな人間は疎ましいだけなのです。

必要なデータが来ず、ほぼ毎日「ここがおかしい」「これは違う」と指摘せねばならず、そうやって365日一生懸命働いても、「仕事が出来ないから要求ばかりしているバカなガイジン」としか扱われなかったら、真面目に働こうなんていう気がなくなるでしょう。

怒りが頂点に達し、水蒸気となって空になり、もはや沸かすものはない。
そして思った。
バカなガイジンと思われる屈辱のまま、ヘコヘコと働くこと自体、
プライドを捨てた行為なんじゃないか?と思った。

そこで。
手を抜くことにした。
データが不十分なら不十分。一切聞かない。貰ったものを貰ったまま取り扱う。
経理として必要なのは、税法に合っていることと、現金小切手カード勘定が合うことだけ。それ以外は何も確認しない。今後何かがあっても私の責任ではない。
以前はエクセルで補助データを作っていたけれど、本当に必要な部分以外は補助データ作りもやめた。知ったこっちゃない。
・・・って言いながら、エクセルデータを中止するのは断腸の思いだった。

なぜ合っていないかは、私に聞かないで下さい。
それはデータを作った部門の問題であり、入力したらそうなりました。
税法上も現預金勘定も毎日合っていますから、経理上の私の責任はきちんとこなしています。あとは、あの部門の頭脳明晰な担当者に聞いてください。
私はそれ以上のことはしませんよ。給料もらってませんから。

結果、その部門の売掛勘定、合っていません。
少し前までは、合わないのはどこからか?と把握していましたが、今はそれもしていないです。合わないのなんて、濡れたパンツをはくみたいなもので、ものすごーく気持ちが悪いことですが、しょうがないです。

そんなこんなで、仕事が減った。激減した。実働4時間位。
ま、仕事が速すぎるっていうのも問題なんですけどね。

おかげで、安給料の辻褄が合い、精神的に納得できるようになりました。


【今日のヘブ語(スラング):フライヤリ・フライヤリット】

  ルーザー。ヤル気を失った者。気力のない者。
  語源はドイツ語の下級貴族の爵位(Freiherr)


     
posted by Heshbonit at 20:00| イ国の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

憧れか〜

◆◆◆ ブログペット デイリーメール ◆◆◆
                      
Heshbonitさん こんにちは! 
BlogPetから最新のお知らせをお届けします。

・‥……… ♪今日のテーマ♪ ………‥・

憧れの職業は?


以前も書きましたが、今も同じです。
(毎回毎回、変わり映えのない内容でスミマセン)

空港で働きたかった。
十分なチャンスはあったんです。
超大手旅行会社で添乗員をしていた時、その会社の成田事務所でセンダーの仕事があるという話があり、成田スタッフにも何度か誘われました。
(センダー:送り人。旅行会社が取り扱うツアーの航空券手配などをしたり、空港で添乗員の手伝いをしたり、添乗員同行なしツアーの取りまとめたり、etc)

しかし、

「成田、遠い...」

ということで話が流れてしまった。っつーか流してしまった。
だってホントに遠いもん、成田。
羽田だったら、実家からしばらく通って、これで大丈夫だという見通しが見えてきたらどこかに借りて...っていうのが出来ただろうけど、成田は家から毎日通い(しかも時間帯バラバラ)なんて出来ません。

そんなでした。ま、夢は夢でいいのかもしれません。

まさかイ国で経理屋になるなんて考えもしなかった。
考えてみたらこれも夢を叶えた形なのですが...。
あ、今週ずっとコードブルー見ていました。ヘリもちょっと憧れます。

そうそう。
夢って言えば、昨夜、自分のバカ笑いな寝言で目が覚めました。
どんな夢を見ていたのか、全く覚えていません。

 
◎今日のサザザさん
最後まで見てください。
       
posted by Heshbonit at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

今日の夕飯



エビ、ミニイカげそ、ピーマンの天ぷら。

エビもイカも本来ならばこの国には存在してはならぬ食べ物ですが、
ロシア人のおかげで簡単に手に入ります。(冷凍。輸入国タイ)。
こちらのピーマンは苦味は少なく大型肉厚なので何をしてもいけます。

昔から天ぷらは、専門店でプロが揚げたサクサク系よりも、
自宅で揚げて衣がボテっとしているのが好きです。

美味しゅうございました。
    
posted by Heshbonit at 20:00| 食べよう食べよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。