2009年02月28日

百年の恋...?


◆◆◆ ブログペット デイリーメール [2009年02月28日] ◆◆◆
                      
Heshbonitさん こんにちは! 
BlogPetから最新のお知らせをお届けします。

・‥……… ♪今日のテーマ♪ ………‥・

百年の恋も冷めてしまう行為は?



これでも男友達は結構いて、どういうわけか皆、人が振り返るほどのイケメンだったんですが、人生において、恋愛目的でモテたことは1度もない。

残念ながら非常に醜悪な容姿と性格を持って合わせた私ですから、外見が私同様に残念なのは気にならないし、多少の捻くれモノでもこれまた仕方ない。
お互い「余りモノ同士」っていうのでしょうか。冷蔵庫を開けたら脂身だらけの豚コマ肉100gと干からびた玉ねぎが1/4残っていた、みたいな。

自分の身の程は知っているから高望みしたことはない。
でもいくらなんでもこれはバカヤロー!・・・っていうのが、今日のブログペットからのお題のようです。以前、某処で話題になったのと同系列な話。

えー、これから登場する3人、3人とも外見は非常によかった。
それだけに絶対に何かあるだろうとちょっとは気構えていました。

1:全身福山

仕事で知り合った男性。恋愛対象っていうのじゃなく普通に友達として遊ぼう、みたいなスタートだったんですけどね。
「オレ、福山雅治に似てるって言われるんだ」と言う。しつこくしつこく何度も何度も言う。まぁ、骨格は似てなくもないものの、いくらなんでもしつこい。「福山雅治か出川哲朗、どっち?」と分けたら福山だけれど、「ぜんぜん似てないよ」って言いたいが話が進まないので、「うん、雰囲気が似てるよね(≒だからもうその話は終了ね)」と言ってあげた。
福山雅治をイイと思ったことは一度もないし、それにたとえ福山の大ファンの女性でも、自称ソックリさんと仲良くしたいとは思わないだろう。なんだろ、「世の中の女性はみな福山が好きである」とでも思っていたのかもしれない。
2度目に会う時、髪型から服装まで全身なりきって登場。そして、

「ギター、習おうかと思って」

当然、3度目はなかった・・・。


2:髪フェチ

今はオバサンですから無理ですが、昔は、人目を引く髪でした。
天然茶髪のスーパーストレートロング。このブサイクにはあまりにも不釣合いなもったいない髪なんですが、とはいえ、褒めるところはそこしかないとは言っても、『髪ばっかり』をやたらと褒められるのはどうも気分がよくない。たとえば、巨乳の女性が胸だけ褒められてジロジロ見られたら気分悪いでしょ。
基本的に世の中の男性は、女性の髪に興味がない。「枝毛だらけの美人vs髪だけ綺麗なブス」なら、99.999%の男が枝毛美人を選ぶ。健全な髪は健全な顔に宿ってこそ、その効力を発揮する。
だが、0.001%、外見で私を選ぶ奴がいる。それが、『髪フェチ』。

移動中も会話中も私の髪だけ見てる。明らかに『髪、だけ』。
こっちが髪をかきあげたりすると、目が輝いているのがバレバレ。
会話も髪の話ばっかり。女友達と話してもこんな髪談義にならない。
一緒に歩いていてもなぜか何度も後ろに回る。イライラ最高潮。
 
こちらも3回目を断ったら、「最後に写真を撮らせろ。髪に触らせてくれ」みたいなことを言われ、冗談じゃないと言ったら、「ブスのくせに」とかなんとか、キレられた。

部分フェチな人ってどうなんでしょうね。たとえば私が髪を切ったり白髪になったりしたら、それで終わりなのでしょうか。


3:リアクション不可能

知り合いに頼まれて、横浜の有名ホテルで開催された「お見合いパーティー」のサクラをしたことがある。
毎回、女性参加者が足りないそうで、かといってリピーターもいるらしく、毎回同じサクラは使えない。なによりもサクラというのは、正規の参加者を引き立てるようなブスもいないと困るらしい。
どうせヒマだし、その手のパーティーがどんなものか見たいという好奇心もあり、「交通費三千円が貰えるから(正確には商品券)」と頼まれたので参加することにした。

一通り全員と一対一で自己紹介をしたら、フリートークタイム、最後に気に入った人の番号を紙に書いて主催者に渡し、番号が合ったらカップル成立・・・、というお決まりの流れですが、当然ながらフリータイムに殿方に話しかけられることもなく、壁際に立ってドリンクを飲んで時間が過ぎるのを待ち、そしてサクラですから最後は白紙で出しました。

ところが。
私の番号を書いた男性がいて、私と結び付けてしまった。
しかも、モデル?ってくらいスーツが似合う凄いイイ男。どうしてこんなイイ男がお見合いパーティーに来るのか。自称福山なんて足元にも及ばない、過去に出会った男の中でトップ5に入るほど超一級レベル。
成立したカップルは前に出て拍手をもらってお開きでしたが、女性陣からもう明らかに冷ややかな「ウソでしょ」っていう視線を浴びまくった。
お金をちゃんと出して参加した人がいるのに(もちろん誰がサクラかは主催スタッフ以外は知らない)、「どうしてあんなブスな女が?」って思って当然でしょう。

怖い怖い、この男性、何者?
この人も私と同じサクラだよね? だってこんなにイイ男がお見合いパーティーに来るわけがないもん。あるいはブスに高額商品を売りつける恋愛詐欺? もしやまたもや、髪フェチ...?
呆然とする私のことなどおかまいなしのその超イイ男は、「俺も信じられない。でも凄く気になっていたから」とか何とか。当たり前じゃん、自己紹介以降、何も話してないんだから(爆)。こっちがビックリですよ。
しかし私は、サクラだということは絶対に言わない約束なので、「そうじゃなくて、私は嵌められたんですよ〜」とは言えず、適当にヘラヘラ笑っておきました。

成立カップルは、ホテルのカフェの無料クーポンをもらえるので、適当に会話をしてウソの電話番号を渡してサヨナラしよう、とお茶は付き合うことに。
たぶん「ボクはサクラです」というカミングアウトが来るだろうと思いつつ、私は当たり障りのない会話を試みるものの、その男は自分の実家の立地条件や家族の話を熱心にするばかりで、話が全くかみ合わない。
そして・・・、

「妹が2年前に結婚して家を出て行ったから、家の2階を使っているのは僕だけなんです。それに、作ろうとすれば2階にもトイレと風呂は作れます!」

...(゚Д゚|||)(゚Д゚|||)ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル(|||゚Д゚)(|||゚Д゚)...

投げられた会話は必ず返す私だが、さすがに固まった。
ってか、こう言われた時、どうリアクションすればいいのだろうか。
頭の中は、「退けー! 直ちに退却っ! 撤収撤収ーっ!!」

どうやら嘘の話ではなさそうでサクラではなかったようだった。本気で結婚したくてこういうパーティーに参加する人もいるんだから、サクラに当たったのは申し訳ないとは思った。
いや、もちろんね、同居が悪いとは言わないよ。
でも、「お見合い」と「お見合いパーティー」は全く別物だし、まずはお友達からスタートしてっていうプロセスを踏んでいくのが手順なのに、カップル成立直後に「同居条件の提示」はないじゃん。

それこそ、お見合いパーティーで知り合った女性が開口一番、「私は、式と披露宴はフォーシーズンズって決めているんですぅ。子供の頃からチャペルで式をするのが夢で、でも打ち掛けも着たいしぃ、カラードレスも着たいんで、お色直しは最低でも2回。ハネムーンはモルディブかドバイ!」って言ったら、それがどんな美人だって、引くでしょ?

イイ男だっただけに、もっと何かウラがあったかもしれない。
あの人、完全同居してくれる人と結婚して二階に風呂を作っただろうか...。


基本的に、男性の外見は全く気にしない。逆にカッコよい人は苦手。背は低い人がいい。体臭さえなければいい(←最重要)。血統が日本人で絶対に喫煙しない人なら、学歴も職歴も特に気にしない。価値観や経済観念が合っていればいい。とにかく意気投合すればいいんです。

上記の3人、何が一番ダメだったかって、【人の話を聞かない】【会話がぜんぜんかみ合わない】っていうことでした。

でも、私のような見切り品には、それすらも贅沢なのでしょうか。

最後にコチラ。
私が大好きな能町みね子さんが書いたモテ相関グラフ。



すっごい分かりやすいと思いません?
           
posted by Heshbonit at 18:00| ポツラカマタア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

イ〜ユ〜基準

イスラエルは誰がどう見ても中東なのですが、国の性質など諸般の事情から、国際的スポーツ大会や歌謡芸能関係その他、欧州諸国に付属しています。
商品も同様。ワールドワイドで展開している会社では、イスラエル支社は欧州という分類になっており、中近東支社、というカテゴリーではありません。
飛行機や郵便関係は中東ですけどね。

そういうわけで、イスラエルにはEU基準の商品がたくさん入っています。
それはそれでいいんですが。

先日、アウトレットでカットソーを買いました。
相変わらず袖がずるんずるんですけど、生地も縫製もしっかりしているし、着心地は良いというのが第一印象。
しかし、1時間ほどして、どうも左ウエストの辺りがチクチクしてきた。商品タグを取り忘れたかと思って(襟首に付いていたのは取ったけど...)、はさみを持ってトイレに入ってみてみると、紙じゃない。

ジャマなタグですこと

こんな大きさのタグが2枚も縫い付いてあったら、ゴワチクするって...。
16ヶ国語。そしてこのタグのウラにヘブ語シールが貼ってある。
肌に当たる部分にこんなデカイタグ。日本じゃ絶対に有り得ない。

そういえばうちのカエルさん(イケア)にも。

ジャマだと思いながらもタグは切らない

こちらはワールドワイド向けのようで、日本語も入ってますが。
ぬいぐるみにここまでデカイタグ。日本じゃ絶対に有り得ない。

各種電気商品の取扱説明書もそう。それぞれの国の言語で書いてあるから、読める言語のページを探すだけでも一苦労。そして分厚いワリには、書いてあるのは数ページだったりする。

ってま、そんだけのことです。
 
◎今日のムイミダス
大好きだったよーこれー!!
羽野晶紀、可愛かったんだけどねぇ・・・。
 
posted by Heshbonit at 20:00| イ国情緒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

会話の老化現象

ここのところ、面倒な調べ物があるため、日本の某所や在イスラエル日本大使館に電話で問い合わせることがあるのですが、久しぶりに日本語を話したっていうのに、いつのまにかすっかりオバサンっぽい話し方になっていることに我ながら驚きました。

何がどうオバサンっぽいのかどうか、ってかもう38歳っていうのはご立派すぎるほどオバサンだから、それでもいいだろうけれど、自分の口からオバサン口調が出てくるのは、「おい、誰だよお前っ」ってハラハラしながら会話するみたいな感じ。なんか意味が分かんないですけど。

相手は確実に私よりも10歳くらい若い人なんですよね。で、こっちは、会話の内容の関係上、年齢を言わなくても相手に年齢がバレバレで、そうなるとブログで書いているような方言丸出しな口調で話をするわけにもいかず、精神年齢は15歳位なんだけど実年齢38歳で肌年齢は65歳なんだし、やっぱ分相応な話し方なんだからそれで仕方ないのかもしれないんですけど。やっぱ意味が分かんないですね。

ってか、ここなの、問題はここ。
口調もさることながら、話が回りくどくなる。立派な老化。
なんかこう、パシパシっと会話をすればいいのに、なにやらアレコレといろんな話をしてしまって、相手に対してこれは失礼なんだろうと思いつつ、もう口から出てくるものは止められず、そしてくどくどしくなって「説明が下手で申し訳ない」とかなんとか口から謝罪の言葉が出てきてしまって言い訳で話が伸びていく。

学生の時にバイトしてた時、オバサンのパートが何か説明するのが下手な上にやたら長くてさ、「もー、くどくど長ぇよ」「どうして必要なことだけパシっと言わないんだろう」なんてバイト同士でバカにしていたんですけど、もうすっかり私、それ。

「日常できちんとした日本語を使ってないから」というのと、「オバサン化」は絶対に別モンなんですよ。
つまりこれって、確実な老化現象。脳内が老化しているから、テキパキと話が出来ず、どんどん長くなるってことでしょ。外見はもうどうしようもないとしても、口調がそうなったらもう名実ともにってこと。イヤになっちゃうよな。

あと、Veohでドラマ見てると、「へー、すごい配役。この人がお母さん役なんかやるんだ〜!」と感心した次の瞬間、「そりゃ、私と同世代なんだから母親役で当たり前か・・・」と思ったりすることがしばしばあったりする・・・。

こうして加速する老化にただ流されるだけの日々を送るのであった...。

◎今日のおばちゃん
もはや同世代。
 
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

0.75%

今日の夕方、イスラエル銀行(Bank Israel)がまた政策金利を下げました。
噂は少し前から立っていたものの、1%を切ったら最後じゃないか?っていう懸念の声も高かったのですが、イスラエルの大手銀行が相次いで損失発表している今、もうどうしようもないですよね。
今の日本と同じには同じなんですが、この下落の勢いを見たらすごいです
いつの間にか、日本では公定歩合って言わなくなったのね・・・。

リビットバメシェク

プライムレートだって1年前は5.75%だったけど、今や2.25%。
1年前なら1年物定期で年3%近い利息が付いていたけど、今では日本と同じで年利小数点。銀行は単なる金庫状態。(現時点ではペイオフの限度はない)。

先日、長年イスラエルに住んでいた日本人の方が日本に引き上げた・・・という噂を聞きました。
少し前まではそういう話を聞くと必ず動揺し、「今もしも、日本に帰ったらどうだろう・・・」なんて、甘い甘い妄想を描いたこともありますが、特別な家庭事情でもない限り、動けないです、怖くて。こう不景気だと動かないって言うのが一番かも。
なんたって、私の親が言いませんから。
 
◎今日の即興
こんな風に歌えたり弾けたりしたら楽しいだろうな。
 
posted by Heshbonit at 22:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

右折

たまにはちょいとばかり、マジメな話でも

2週間ほど前に総選挙がありました。
イスラエルの国会(クネセト)は一院120議席の比例代表制。小国ですから。
選挙結果は、現在の第一党であるカディマ党が28議席、リクード党が27議席という大接戦で終わりました。(予測ではリクードが第一党だった)。

左右折衷カディマ党の党首は、クリーンだと言われているツィッピー・リブニー女史。対する右派リクードは、首相経験もあるベニヤミン(ビビ)・ネタニヤフ氏。
国民にとって、政治家はクリーンであることが望ましいのですが、政界というところはクリーンでは事が進まない。リブニー女史がクリーンであるのは国民にとってはイメージがよくても、政界で生きていくには非力なわけ。

1つにここは中東である。中東というのは男性優位であるのが望ましい。
そしてここはイスラエル。軍が絶大な威力を持っている。
何もこれは「軍事国家」っていうんじゃない。日本で言えば、「警察官の結束が固い」っていうのと同じ。女性はどうしても軍でのキャリアがない。ま、ある人もそれなりにいますけど、リブニー女史にはない。
この国は「血統書」や「経済力」や「地元の援助」よりも、「貴様と俺は同じ釜の飯」が圧倒的に強い。ネタニヤフ氏は、本人の軍歴はそこそこなんだけれど、お兄さんが国民的英雄なのであっちこっちに顔が利くのです。
だから、党が違う議員同士が国会の廊下で話をしたり、党が違っても同じパーティーに出て並んで談笑したりする。他の国では絶対にありえないだろうけどイスラエルではそれが普通。
でもリブニー女史はそういうキャリアもコネもない一匹狼状態。そりゃそうよ。クリーンな人間ってつまり、友達がいないってことなんだから。

もう1つ大事なことは、リブニー女史にはカリスマ性が全くない。弁護士で頭は非常に切れて行動力はあるが、リーダーになれるような器の人じゃないから。
左右両方の議員に声を掛けてカディマ結成に踏み切ったアリエル・シャロン元首相が病に倒れ、御大シモン・ペレスが直接為政権のない大統領になり、シャロン元首相の腰巾着だったエフード・オルマート首相は何の成果も出せない上に汚職発覚。
社長と専務と部長がいなくなり、いきなり課長が社長になったたようなもの。
確かに彼女は一番出来る課長さんだけど、同じような課長さんはゴロゴロいる下克上状態だから、党内の結束をまとめるだけでも一苦労。
当選後、リブニー課長は過半数の61議席を占める与党となるべく組閣をしなくてはならないのだが、なんたってリクード、第一党になると信じて選挙前からガンガン交渉していたんだから、彼女が立ち入る場所がない。

もう一度説明をしますが、カディマ党っていうのは、以前は右派リクード党にいた議員と左派労働党にいた議員がそれぞれ離脱して結成した党。
それだけに特にリクード党と仲が悪くて当然なわけで、リクード党は「カディマとは絶対に組まない」と選挙前から宣言していた。
ペレス大長老じゃなくて大統領も、仲を取り持とうと頑張ってみたものの、こりゃどう考えてもカディマに勝ち目はなさそうってのは分かる。
そして今日、完全にネタニヤフ率いるリクード党が組閣権を獲得しました。

今夜、リクードとカディマで党首会談をしているようですが、カディマはカディマで、「ここでリクードとやろうよ」っていう声もあれば、「リクード党と一緒になるなら野党になるべきだ」という声も上がっています。
リクードはリクードで上に書いたように、「なんで出て行った奴らと組むんだ?」という声が出ている。どうなるものでしょうか。
ま、組閣っていうのは、文字通り「誰がどの大臣をするか?」が大事ですから、それ如何でまた党内の議員が、「僕がXX大臣をしたかったのにー!」と揉めたり割れたりするし。

日本では「これで和平が遠のく・・・」などと、左側の翼しか生えていない各マスコミの駐在員が相変わらず自分の思い込みで記事を書いていますが、私は政治家としてネタニヤフ氏が大好きで、今回は首相になってほしいと思っていました。
今のイスラエルの政治家の中で、揺るがない確固とした意見を持ち、カリスマ性があって国内外に顔が利き、かつ首相になる器があるのは彼くらいです。
前回の選挙以降、カディマは党方針が何なのか、どこに行こうとしているのか、何を目指しているのか、当事者達も分かっていないような状況でした。もう目前の課題をこなすだけでいっぱいいっぱい。しかもそれも何の成果も出せなかった。

「中道カディマ」なんていう表現をされているけれど、実際の為政を見たら、何をして中道というのか分からない。だから敢えて私は左右折衷と表現しています。
多くの国民が軌道調整してほしいと思っていた。前回の選挙では13議席まで落ちたリクードが、今回は倍以上の27議席まで増えたのはそれが理由です。

イスラエルに限ったことではなく、現代社会では、右派というのは「右」というだけでよく思われないものです。単なるイメージでしかないんですけどね。だからって左派がなら全てが穏便にいくわけでもないし、「いいよいいよ」って言いなりになって左折ばっかりして政治が上手くいくものじゃない。
アメリカの選挙にしてもそうだったでしょ。マケインvsオバマは、何にもしないうちに「ヒールvsヒーロー」っていう固定観念に当てはめていた。

まぁでも、ロシア系移民が党首の超右党や、さらに別の意味での宗教的右党と組むのはちょっとな・・・、とは思いますけど、しょうがないよね。
喧嘩別れみたいな形で別の党を結成した人達と組んで与党になって仲良くしろ、なんて双方にとって到底無理なことです。(今、話し合っているそうですが)。
だからって、カディマ党が党首になって組もうとしたら、労働党と宗教党シャスはともかく、さらに共産系な極左党と雑魚党しか残っていなかったんだから。リブニー自身や今のカディマ党の上位を占めている議員が右派リクード出身なんだから、どうやって極左なんかと仲良くできる?

カディマ(前進)党は指針をなくしたまま迷走し、T字路に差し掛かった。右か左かしかなく、自分達が運転し続けるには左折しかない。あとは、右に行くバスに乗るか、それともT字路で降りるか。
とにかく、これ以上自分達の力で前進するのは不可能であるということは、張本人たちが一番分かっていたことです。
ま、唯一のオプションとして、もしもカディマ党の党首がリブニー課長じゃなく、党首選で僅差で負けたモファズ課長(元参謀総長)だったら、ネタニヤフ氏らと上手くやれたかも…しれなかったけど。

もちろん、村じゃこんなことは言えません。大体、私が住んでいるような村っていうのは、労働党や共産系極左党の支持が主体で、それでも近年になってからは従来ほどの左支持ではなくなっては来ているけれど、選挙権もない外国人が「ネタニヤフ、イイコト言うよね〜」なんて言ったら、頭がおかしくなったのかと思われます。

◎今日のイマイ
船にカンバンがあるんですか?
 
posted by Heshbonit at 23:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

雨天中止

未明から雨が降ったり止んだりです。
実は今日、大使公邸で日本人のパーティー(中止になった新年会の代行?)があり、前々から楽しみにしていたのですが、欠席いたしました。
「こんな天気が悪い日にわざわざ山奥から来たんだ・・・」って思われるのもイヤだし、雨がちな長距離ドライブも楽しめないし、危険だし。(こっちは安全運転でも向こうが何をしてくるか分かんない)。
行ったところで知り合いもおらず(なんたって日本人会の入会を断られてるからさ)、大使館関係の方に挨拶をしたら、あとは黙々と食べるだけ。30分で行けるなら喜んで参上できても、2時間近く掛かるとねぇ・・・。

とはいえ、このところ精神的に落ち着かなかっただけに、楽しみにしていたから残念には残念でした。そういうわけで仕事も休みにしていたから今さら出勤する気にもならず(そんなに仕事もないので)、朝から家で動画をポカーンと見ています。
でも、「やーめた」と決めてから、天気がよくなりました。皮肉なもんです。ま、道中でどうなるか分からないから、これでよしとしましょう。

実家の母に電話したら、「そんな山奥で生活していたら、そのうち毛むくじゃらになって尻尾が生えてくるわよ」と言われてしまいました。
・・・月に向かって吼える日も近いかもしれない。

しかし、不況ですね。
昨日のTVでもやってました。ものすごい不況で職安に来る人が急増している、と。職安の担当者が「20年近く働いているけれどこんなに酷いのは初めて」と言っていました。
私が住むエリアから20分ほどの所にあるP食品工場も倒産状態。
もしも完全に倒産となると、その町で働く3割が失業するらしい。
昨日のTVで「政府が悪い!」って言ってましたが、いやそうじゃなくて。
資本主義なんだから、工場の倒産が政府のせいにはならないでしょ。

元々、そんなに美味しくないんですよ、P社の製品。スープの素とかパスタとか調理缶などが出ていますが、セールで1度買って以降、全く買いません。
あと、野菜関係の缶詰(コーンとか)や野菜冷凍食品(グリーンピースとか)は、セールなら買うけれどわざわざP社を選ぼうとは思わない。
つまり政府のせいじゃなくて、質の問題。

年末まで通っていた簿記教室に、P社で経理をしていたという女性が2人いました。1人は3年ほど前に辞め、もう1人は奇しくも彼女の後任として入った人でしたが、簿記教室をやっている最中に辞めてしまいました。
経理担当者が辞めるということは、落ち込んでいる会社の信用が一気に落ちるということです。たとえそれが一身上の都合であっても、業績が悪い会社の場合は、「経理の人が辞めるんだから、ヤバいのでは?」と判断され、買い渋り・売り渋りが始まって後は急降下。

今年は水も足りないみたいだし、農業関連の不況も予想されます。
どうなるんでしょうね・・・。
 
◎今日のたまねぎ
本当に名曲。これも古き良き時代になるのでしょうか。
 
posted by Heshbonit at 14:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

天気予報がちっとも当たらぬ

どの国でも「天気予報が当たらない」っていうのはあると思いますが、イスラエルは本当に全く当たりません。天気予報士は注目してほしくて、セリフ代わりにドラマティックに言います。

今週は昨日と今日が晴れるという予報、でしたが、昨日は雨がぱらつくおかしな天気で、今日は快晴のはずが未明からすごい強風でどんより。
でも、洗濯するなら今日しかない、と朝大急ぎで洗濯して出勤したものの太陽は全く出ず。でも、強風のおかげで昼に帰った時にはカラカラに乾いてました。
昨夜ですよ、昨夜のTVで、『北部は明日は快晴』って。しかもここまで強風とは言わなかったじゃん。どうして12時間後の天気すら予測できないかな。

あ、それで。
北部は雲が多い強風だけれど空気はとてもきれいでしたが、都心部はシナイ半島からの季節風で、すっごい状態だったらしい。

ズィフム・アヴィール

空の便も見合わせやらキャンセルやら。
こういう日は喘息の人や心疾患がある人は大変です。北部も、北や東からの季節風で視界がオレンジ色になる日があります。あなおそろしや。

明日から火曜日まで雨みたい。どこまで当たるか分かりませんが...。
 
posted by Heshbonit at 23:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

経理関係者も解凍した(BlogPet)

きのうHeshbonitの、経理関係者も解凍した。

*このエントリは、ブログペットの「Wanko」が書きました。
posted by Heshbonit at 09:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

電子レンジ


記事だけ読んだ時やこっちのニュースでチラっと出ていた時は、「へー、風邪薬で眠くなっちゃったのか〜。あるよね、そういうこと」なんて思ったんですが、今日ようつべでニュースの動画を実際に見て、笑っちゃいました。
こりゃ、酒飲んだ酔っ払いでしょ。どう見ても。
髪の毛もグチャグチャだし、顔もギッシュな感じだし、居酒屋でグビグビっと飲んでま〜ぁふ、ってな。金曜夜10時過ぎの小田急線なら1両に5人はいそう。
周りの人も「具合がよろしくないようで」とか言って止めればよかったのに。
東大法学部卒なんだってね。政治家が汚職でどうのこうのっていうスキャンダルで消えていくことはあるけれど、こんなのが世界中に配信されて、酩酊で人生棒に振っちゃうってあまりにもじゃん。

えーと。
ぜんぜん話が変わりますが、金曜の夕方、電子レンジが急逝しました。
使おうとしたら電気がついてない。どうやら中に水が溜まったらしく(棚から動かしたら水がツツーっと流れた)、ドライヤーで通気孔から風を送ったら少しだけ電源が入って動いたんですけど。ま、結局続かないし、たとえ動いても爆発したらイヤだな、と。
無名メーカーでも安物でもなかったけど、この国で買ったものが7年も使えたんだからよしと思わなければなりませぬ。
(でも実家の電子レンジはかれこれ20年は使っているが・・・)。

私は炊飯に使うため、電子レンジがないと辛いんですよ。鍋で炊けますけどね、ずっと見ていないといけないし、やっぱりレンジで馴れちゃうとね。(実際、電子レンジが来るまで小鍋で炊きました)。

ということで、週明けにネットで注文し、今日の昼過ぎに到着。(早)。

電子レンジ
シャープ社。
どうせ中国製だろうけれど日本のメーカーなら信用は出来るでしょう、と思っていたら、なんとビックリ、タイ製でした。
中国ではないっていうだけで、なんかすっごい信用出来る気がする。

パネルはこんなです。
ヘブ語表示
なんとヘブ語表示。こんな小国のためにわざわざ作ったなんて珍しい。
例えばイラスト右上、薄茶色の丸いのは、「ピタ2枚解凍」。ビバ中東。
当然ながら日本のシャープ社、他国のメーカーや怪しげな無名メーカーちうごく製に比べたら3割以上は高い。安物大好きなイスラエル人が「シャープだから」って買うわけもなく、どれだけ売れているのか不明。この国で勝算アリって思ったんだろうか。

注文前、価格コムみたいなところで評判を調べたら、「欠点:扉がアグレッシブに開く」という意見。騒音じゃないならいいじゃん・・・と気にせず買いまして。
うん、確かにアグレッシブ。スイッチオン・バンッ!って。ビックリした。
今のところ、欠点はそのくらいかな。

でも、電子レンジっていろいろ機能があるけど、使います? 上に書いたピタ2枚にしても、それ以外の「解凍」「調理ポテト何グラム」とかにしても、自分で時間と強さを探してやったほうが正確でちゃんと出来るんですけど。私には「温め」と「強さ調整」さえ出来れば十分なんですが、そういうシンプルなのってなかなかないか、あっても無名メーカーだけだったりとか。
ま、せっかく日本のメーカーなんだから、今回は10年は持ってほしい・・・。
 
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

悩める羊と羊飼い

何も書くことがない。っていうか、人様のブログにはいくらでも書けるんですが、自分のことで書けることがない。
グチブログにはしない、というのがコンセプトなので、「書かない・書けない」ってのはそういう状況だと理解していただければ。
ま、私の悩みなんて自分のことばっかですから、家族やその他のことでいろいろな悩みを抱えている人に比べたら、私なんてぜんぜんですけどね。

さて。
宗教的なことに関して非常に難しくてセンシティブな国ですが、そうは言っても悩む人は悩みます。
生まれて此の方、「民族=宗教」という括りで、宗教をそのまま受け入れて完全に体得している人もいれば、そうはいかない人もそれなりにいるものです。

宗教ではないのですが、週末の報道特集番組でこんな人が出ていました。
B_wh.jpg
(気持ち悪いから小さくしておきます。クリックで大きくなります)

ゴエル・ラツォン。60歳。テルアビブ在住。
32人の「妻」である女性とその間に生まれた86人の子供がいるそうだ。
いわゆる千石イエスみたいな人です。
彼に仕える女性&子供は、家族親戚との連絡をしてはならず、他の男と口を利いてはならず、彼だけに奉仕する生活を送るとか。いやはや。

ユダヤ教では、「母親がユダヤ人である」という一点に関してはとても厳しいのですが、父親が誰であるか?に関してはそれほど問いません。
法的には認知さえすればよく、それが他に何十人も産ませている種馬であっても、女性が納得していれば法律は何も言いません(日本も同じですよね)。
国籍や民族が違うと面倒ですが、イスラエル人でユダヤ人なんですから、たとえこの男が怪しいと周囲が分かっても、法律は何もできないのです。

人間生きていればいろいろな悩みにぶつかります。
しかし、その悩みを誰と話し、どう解決するかっていうのがね。

誰がどう見ても、ゴエル・ラツォンなんて男は危険だろう...、って思うんですけれど、この国では家庭内暴力が日常茶飯事で、なんとかそういう男と離婚できても、慰謝料も養育費も貰えずに行き場を失う女性が、本当にたくさんいます。
そんな時にこの手の男に知り合って、その傘下にいる同じような思いの女性と一緒にいると、「ああ、自分だけじゃないんだ」と居心地のよくなって抜けられなくなってしまうのでしょうか。千石イエスもそうだったようですし。

また、「種馬」と一口に書きましたが、この国では、子供を産めない女性は本当に人間扱いされません。シングルマザーでも試験管でも、とにかく子供を産みさえすればいい、というある意味歪んだ思想が蔓延しています。
だからって誰でもが結婚できるわけじゃなく、試験管は手続きが面倒。そんな時にはゴエル・ラツォン。何もいわず植えつけて、認知までしてくれる。どうやら、そういう人もいるようです。

あとまぁ、インド大好きなヒッピー系の女の成れの果てみたいな。
どうもこの男、インドヒッピー上がりみたいな感じで、服装やら身の回りのものやら、そういうもので統一しています。ドラッグやっててもおかしくないかもしれませんね。
 
ただ一点、ゴエル・ラツォン、本名なんでしょうか。
「ゴエル=解き放つ・救出する」「ラツォン=望み・欲求」
・・・なんか出来過ぎ。

ひらめき 追記(2010年1月15日)
あれから約1年、ゴエル・ラツォンもようやく逮捕されたようです。
朝から検索がすごい勢いで来ているのでビックリしました。
当ブログは、無断リンク・無断引用は絶対禁止にしております。
何卒ご理解ください。
  
posted by Heshbonit at 22:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。