2008年06月15日

ツルツル日本人

出勤。

先週揉めた部門からのデータが、コレでもかってくらいムチャクチャだった。
キレまくった後、頭に来てまた部門長に抗議文を書いた後、思った。
「もしかしたら、計画的なんじゃないだろうか?」

・・・ってのはともかく。
たまには、イスラエルのニュースから。

『ハフラカット・ヤパニットに失敗して、賠償1万シェケル(30万円)』

今日のヘブ語:「ハフラカット・ヤパニット→ツルツル日本人」

あ、なんでしょ、この直訳は。
つまりあれですよ、縮毛矯正。髪がツルツルになるっていう。
本当は、「髪」っていう単語が入って、「ツルツルな日本人の髪」っていうのが正式名称なんですが、大体のところで略されて、「ツルツル日本人」って書かれています。今日の新聞記事もそうでした。

なんでもある女性が縮毛矯正を受けたら、地肌をヤケドさせられて全治5日(診断書アリ)、そして恥ずかしいからしばらく外に出られず仕事も休んだ。
そこで、美容院を訴えた結果、裁判所から美容院に対して、「30万円の罰金を払いなさい」という判決が出た、と。
ま、その程度ってことは、深刻なヤケドじゃなかったんだろうけどね。

中東人のクルクルヂリヂリな髪の毛をどうこうしようと思ったら、ヤケドさすほど強くやらないとダメなんでしょうか・・・。ってかさ、「あなたはムリですよ」って言えなかったんだろうか。
費用は日本並みにするらしい。ホントに効くかどうかは、美容師の腕次第と、本人のオリジナルの髪の毛次第(たぶん)。

私は1度もイスラエルの美容院に行ったことがありません。
あ、友達がカットしていたから、美容院に入り込んでカットの様子を見ていたことはありましたが、その時、「・・・この技術じゃ、イヤだ」とひしひし思った。


◎今日の1曲。「バカになったのに
そうそうこれだよこれ。懐かしい〜。テーマソングにしていました。
posted by Heshbonit at 20:00| イ国の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

ヒマだなぁ・・・。

休日。やることないし。

この国、休みって言ったらホントに休みだからね。
ってか田舎過ぎるからっていうことでもあるけど。
ドライブって言っても、アテがあればともかく、このガソリン代の毎日では、撒き散らせないし。
ネットなかったら気が狂ってただろうな。

ま、日本にいた時でもそうでしたけどね。
それで土日派遣とかして、すっごい勢いで働いていました。
仕事・・・、ないしなー。

ってか勉強しろっつの。

意味のないダラダラな日記です。


そうそう、イスラエルでも昨日、微震がありました。
なんでしょうね、あちこち・・・。


今日のCM
イスラエルの衛星放送チャンネルのCM。
クリックするといきなり始まります。

見ての通り、舞台はイRン。
大統領:「月曜にイスラエルに爆弾を落とす。これでイスラエルとはさよならだ!」
それに対して国民が、「なんで月曜なんだよ?」「月曜は楽しみにしていたイスラエルのドラマがあるのに」「イスラエルがなくなったら何を見ればいいんだ?」
国民、一斉に踊りだす。

・・・イRン人が見たら怒るよ、これ。
posted by Heshbonit at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

名文

ボスの退職が決まり、後任も決まって、今月中に辞めることになった。
私がどうなるかはさっぱり分からない。

今朝、掲示板にボスの退職メッセージを貼り出した。
ボスは、「そんなものいらない」と言ったものの、私が「やっぱケジメとしてメッセージは書くべき」と押し、私が適当に書いて、サラレに手直しをしてもらった。
が、サラレは文学的才能に長けた人で、ショートメッセージだっていうのにすごい名文になり、おかげで誰が書いたか一発で分かる(笑)。

いやぁ、すごい反応。・・・ま、そういう方ですから。

で、私はどうなるんでしょうね。
少なくとも後任の人、事務的能力がないってのは明らかなんですが・・・。

今、TVで「父たちの星条旗」をやっている。
すっごい期待して見始めたけど、なんか全然だわ・・・。同じドリームワークスでも、バンドオブブラザーズの方が1億倍よかった。
ってことで、傍らでなんか音だけしていますが、PC三昧。
「硫黄島からの手紙」やってくれるのかな。

で、まぁ金曜半日だったので、午後から夕方まではようつべでお笑い系を延々と見てました。あー、たくさん笑った。あとでまた継続します。
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

謝罪の国の人だから

出勤。

会計士が来る日。
私は昨日の某部門からのデータのムチャクチャさに、切れていた。
昨日は先輩部員に、「某部門からこんな状態で来て、ここまでは何とかあわせたけれど・・・、それからこれも不明で・・・」と相談し、「明日来たら返さないと無理。こんな不完全なデータでは処理できないし、後日、経理部が勝手に処理したと言われても困る。明日は会計士が来るから問題提議をしよう」と話をしていた。

という昨日の今日・・・。今日も某部門の女性がデータを持ってきた。相変わらずムチャクチャで受け取れるものではなかった。
私は、ごく穏やかに間違いを指摘していたつもりだったが、私が1分も話さないうちに、担当女性は部屋を飛び出した。

先輩部員の席でファイルを探していた会計士は一部始終を聞いていた。私から会計士に経緯を説明。私の言い方におかしな点はないことは彼女は分かっていた。ちなみに先輩部員は会議で不在だった。
「部門の責任者を呼んで話をしないと・・・」
と会計士が言うと同時に、その責任者が駆け込んできた。

 「帰ってくるなり泣き喚いて、手が付けられない。一体なにが・・・」

その後、話し合い。

・・・年下のガイジンにアレコレ指摘されて、プライドに触ったのかもしれないけど、プライドがあるならあんなムチャクチャなデータ持ってくるなっつの。私だったら恥ずかしくて「私にはこの仕事は出来ません」といって仕事を辞める。
データを付き返したのはこれが初めてだ。実はこれまでも毎日問題だったが、ずっとガマンしてきた。昨日のは酷すぎる。仕事が出来ないにも程がある。
出来ないなら出来ないと言え。分からないなら「ここまでやったが分からない」と言え。何がどうおかしいのか合わない数字を紙に書いておけ。こっちは経理屋だ、どこがどう合わないのか意地でも探してやる。
何よりも腹が立ったのは、何も調べずに丸投げ状態で持ってきたこと。そして責任を他の人のせいにすること。自分の仕事をなんだと思っている? 印刷ボタンを押すだけなら小学生でも出来る。云々云々。

・・・はっきり言いました。本人にではなく、会計士と責任者に。
借りてきた猫、実はトラだった?とポカンとする2人。

中略。

午後、会計士を交えて、その担当女性と話し合い。今後どういうデータをどう持ってくればいいのか?を説明しましょう、と。

開口一番、担当女性が言った。
「Heshbonitのせいで私は傷ついた。私に謝れ」

ほぅ? 「謝るのはいいけれど、理由を言ってほしい」
彼女がなにやら言い出した。また興奮してきて泣き出して意味不明になってきた。ま、結局は、年下の平面顔の黄色いガイジンに指摘されるのがイヤだったみたいだ。うわめんどくせぇ。
私は、それを会計士に聞いてほしくて説明させただけ。そこで・・・、

私:「それは申し訳ありません」

会計士も担当女性も、唖然。
担当女性が何か言いかけた。一言終わった時点で、私は追い打つ。
私:「あなたに謝ります。傷つけてごめんなさい」

たぶんバトルでもしたかったんだろうけど、会計士はこれでチャンスってことで、「じゃ、Heshbonitも謝ったことだし・・・」と会話を続け、なんとか事態収拾。

担当女性が帰った後、私は会計士に非を詫びた。
朝からこんな下らないことで、週に1度しか来ない彼女の時間を大幅に潰している。本来ならば自分たちで処理しなければならないことなのに・・・。

すると、
「本当にどうもありがとう。どうなるかと思ったら、謝る必要が全くないHeshbonitが彼女に謝ったから驚いた。彼女も唖然としていたけど。本当に良かった」

日本人だから謝るのよ、自分に非がなくても。負けるが勝ち。それが日本人なの。とにかく謝る。別に心の中でバーカって思っても、謝って済めば話が早い。
ちょうど昨日の新聞電子版に、「日本人はNOと言わない」っていうタイトルのコラムがあり、少し遅れて戻ってきた先輩部員が後で一部始終を知り、「あの記事そのままね」と。
その後、先輩部員が会計士にその記事をプリントして渡したら、「これ、彼女が読んだら、余計にイライラするんじゃない?」

あ、結局しょうがないからムチャクチャなデータ、なんとかしましたけど。いつまで経っても現金勘定が合わないんじゃどうしようもないから。

という日でした。ブログがあってよかった、と思った。
  
posted by Heshbonit at 20:00| Comment(16) | 日本⇔イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

消えちまったよ・・・

出勤。

観光部門からのデータがムチャクチャで「今すぐやり直せ」と切れてみる。
なんかそれでも収拾がつきそうだったから半キレくらいで終わったけれど、実際にやってみたらホントにムチャクチャで、明日つき返す予定。

それ以外もなにやらかにやら。

ブログに新しい機能がついたらしい。こういうのってホントにジャマ。
なんでしょう。消せんのかな。ちょっと今日はバタバタジタバタしているので、後日解明します。

ってか、さっきすっごい長々と書いたのに、何がどうしたか消えました。
ってか、いつもようつべと並行しながらPCで遊んでいるのがいけないらしいんだけれど、でもとにかく腹立つ。

というわけで。明日気が向いたらその長々を再トライします。

◎今日の「あらららららららら〜
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

ドライブ日和

今日は休日。

天気もよいので、ってか強烈に暑かったんですが、ドライブに行きました。
国境沿いの山道を東から西にずーっと走ってから海岸線に出る、という完全にガソリン無駄遣い・エコロジー仏恥義理コース。
国境沿い山道を完走するのは初めてでしたが、イスラエルにもこういう所があるのかーって、ある意味新鮮でした。写真? いやあの停めて撮れないので・・・。
それにしてもすごいよアクセラ。

山道走りながら聴くのはサザン。ぜんぜん似合わなかった。
道そのものは舗装されているけれど、それでも山道で危険だし、運転に神経を集中させるために音なしで走ろうって思ったんですが、気が付いたら、この歌が頭をグルグルグルグル回って離れなかったものですから、そのほうがよっぽど険だったんで・・・。

皆さん、ドライブの時、最近は何を聴いていますか?


ということで、9月のユダヤ新年まで祝日はありませぬ。

・・・ってどうせ適当に休むけどさ。
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

数百人が一斉に・・・

半日出勤。

明日が祝日のため、半日です。
教育関係や企業体や工場などは、ぶっ通し4連休にしている所もあるようですが、村役場はカレンダー通り営業しております。


で、昼に帰ったら、秋葉原の連続通り魔ニュースをSKYニュースで。

ナイフを持った犯人が暴れ放題だったのは、日本だなって思いました。
だって、相手がお腹にダイナマイトを巻いているとか、人質を取っているっていうならともかく、ナイフしか持ってないのに、群集が逃げるだけだった、って・・・。

イ国は、まず間違いなく皆で取り押さえるでしょう。国民皆兵だし、日常的に銃持っている人もいるし、ライフル持った兵士も普通に歩いているし、136位だし。
コメリカだったら、やっぱり通行人数名が犯人を押さえるだろうな。ヒーロー戦隊全員集合。後楽園遊園地でボクと握手。

目の前でナイフを振り回す男から、数百人の男女(大半が若くて健康)が一斉に逃げる、ってどういうことだろう。そして、警官が後ろから刺された・・・。
日本の平和ってこういうことなんだな。
ゲームとかアニメとかで強敵と闘うことは知っていても、あくまでもバーチャルですからね。ちょっとはやっぱ、危機感持った方がいいと思うよ。


ブログペット デイリーメール [2008年06月08日]  
Heshbonitさん こんにちは! 
BlogPetから最新のお知らせをお届けします。

・‥……… ♪今日のテーマ♪ ………‥・
お笑い芸人と聞いて今一番最初に思い出した人は誰?


やっぱり松本人志。
この人はすごいです。
面白い人が出てはくるけれど、どんどん消えていくし。
でも、松本人志だったら何でも見ようっていう気になりますから。


というわけで。
今日の「ボトル半分で悩むタイプ」。
この人はすぐ消えるな。でもなんか確認の意味で3回見ちゃった。
ちなみに、イ国だったらごくごく普通の体型です。
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

休日

休日。

ぐっすり寝てやると思って、昨夜は(自分なりに)かなり夜更かししたのに、5時から目がパッチリ覚めてしまい、寝れやしない・・・。

仕方なく6時までゴロゴロして、起床。
でもやることないし・・・。

というわけで、いつもの如く、ホントになることがないため、PCの前でポカーンと過ごしました。いよいよやることなくなって、自分のブログを最初からずーっと読んだりとか。・・・勉強しろっつの。

夜は、久々にサモサを作って油モノの日。胃が重い・・・。

という生存報告。
明日が半日、明後日は祝日です。
あさってはどっか出よう。


今日のイイ歌
なんか楽しそうでいいなぁ。
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

谷欠亡月王

某所で「欲」に関してちこっと話が出ていました。

私、自分でも思うけど、欲がない。
いや、欲がないなんていうとなんかすごい人なのかとか、当然ながらそんなんじゃなく、ただ単に、「◎◎が欲しい」とか思うことが全然ない、と。

食欲は、全くない。
時間だから食べる・栄養摂取のために食べる、ってだけ。
別に毎日同じものでも何とも思わないし、一品料理で構わない。ってか逆に品数が複数あると「なんでこんなにあるんだろう? ムダじゃね?」って思う。
せいぜい、ごくたまに、美味しそうなパンが売っているからどんな味だか食べてみようかな、とかそのくらいですね。
外食をしようものなら、自動的に頭に原価計算が頭に浮かぶ。ゆえに何も食べる気が起きなくなる。知らない場所で知らない人達と一緒に食べるのも好きじゃないから、外食しようっていう気持ちもほとんど起きないし。

物欲、これもない。
車を買ったのは、「適当な所で売っておかないと・・・」って思ったからであって、「新しい車でブイブイ走り回りたい!」っていう理由ではない。

服やら靴やら、興味がない。洗ってあれば毎日同じものを着るとしても何とも思わない。色デザインは、極力地味でシンプルなもの。最重要なのは値段。あと洗濯がラクかどうか(要ドライ、ってのは普段着じゃ有り得ない)。
同様に装飾品。これまた全く興味がない。20歳の時に自分で買ったネックレスをずっとしているのは、特別な思い入れがあるわけではなく、「外すとなくすから」っていうだけ。これ以外持っていないもん(フォーマル用は別として)。
これらはまぁ、「何を着ても何を付けても、ブスはブス」っていうことを自覚しているから、ですが。キレイな人の方がもっともっと飾り立ててより美しくなりたい、っていう欲望が強いんじゃないでしょうか。

髪型も、「こういうヘアスタイルにしたい」という欲望はなく、「昨日こうだったから、今日もこれでいい」っていうのが持続して、いつまで経ってもただ長いだけ。
手間がかかるのがイヤだからこれ以外のスタイルにするのが面倒で、そのままダラダラ伸ばしているだけ。美容院という場所に行くのが非常にキライ。
これもやっぱ、「ブサイクなんだから、1番地味で・・・」と。

それ以外で考えても、「◎◎が欲しい!」とか滅多に思わない。
必要最小限のものは揃えるけれど、付加価値的なインテリア小物とか全く興味がない。ま、それでも結構、細々と溜まっていくものですね。
バッグは「物が入ればいい」っていうだけで、ブランドには一切興味ないし。
ま、日本にいた時は、場合によってはスーパーの2階衣料品売り場のバッグってワケに行かなかったから、適当なのも使っていたけど。でもそれも質屋で購入(笑)。

それ以外の欲って言っても、南北コメリカトリオが突っ込むようなことは、思い当たる節がないし・・・。なんかどーでもいいし・・・、ってな。
ま、御三方のように百戦錬磨の武勇伝がアレコレあったら、さらなるいろんな欲があるのかもしれませんが・・・。イヒヒ。

遡って考えてみると・・・、少なくとも20歳くらいまでは、学校が千代田区だったし、普通に遊んでいたし、細々ではあるけれどそれなりの生活をしていたんですが、地元に引っ込んだり、いろいろあったりで、なんかそういうのが全て面倒になっちゃったんだと思う。
決定的だったのは、やっぱり海外(特に貧国)に旅行に行って、ある程度世界が広がった、ってのが大きいような気がします。「いつどうなるかわからないんだから、下手な飾り付けをする必要なんてない」ってな屈曲した考えが、さらに強くなった、とでもいうのかな。

強いていえば、友達がほしい、って。でも動く先があるわけでもないし。
そうそう。今日、母に電話したら、「9年近く住んで友達がいないって、アンタどういうこと?」と呆れかえられました。
あのねぇ、都心部に住んでいて日本人がたくさんいるのに誰とも仲良くしないなら性格異常だけれど、半径25kmにオッサン2人しかいないのよ。でもその2人とは仲良くしてるんだから正常、ってことでしょ?


・・・と、いろいろ見ていたらウィキに「心理・社会的な欲求」という説明がありました。
動物的本能ではなく、高度な知能を持つ「ヒト」としての欲求だそうだ。

獲得・保存・秩序・保持・構成・優越・達成・承認・顕示・保身・劣等感の回避・防衛・反発・支配・恭順・模倣・自立・対立・攻撃・屈辱・非難の回避・親和・拒絶・擁護・救援・遊戯・求知・解明・・・

あー、なるほど。そういうのは、いくつかは普通にあるかも・・・。
保身に攻撃に回避に拒絶・・・ (え?)

よかった、人間らしいってことか。


◎今日の『後輩の泣ける歌
posted by Heshbonit at 18:00| ロシュ・カタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

大至急

出勤早々、農業部門のオッサンが待ち構えていて、
「Heshbonit、大至急、この書類をエクセルで作ってくれ。いやもう本当に大至急なんだ」と大量の手書き書類を渡した。
最早、「ってかどう考えても私の仕事じゃないだろ?」と断る気もなく、「今、来たばかりだし、現金出納があるから無理。1時間後に」と言うと、後ろから事業部長が来て、「本当に大至急なんだ」と。
ま、ベタ打ちで作ればいいだけなら、10分あれば出来るか。

それから1時間後、オッサンが来て、「じゃ、これで請求書を作って送って欲しい」と。とある村への売上請求書を作った。

聞けば、Gザから迫撃砲が飛んできて、その村の農業に大被害が出たため、大至急こちらから仕掛品(アイテム名非公開)を送らねばならなかったそうで、大至急っていうのは、今すぐ話をまとめなければならないからデータを作ってくれ、とまぁ、そういうことでした。

その30分後、ラジオからニュース。

「△△村の工場に、迫撃砲が直撃。1人死亡、3人重軽傷」

あ、その村・・・。
また落ちたんだ・・・。

ペンキ製造工場

やっぱ136位ってのは、そういうことなのか・・・。
posted by Heshbonit at 20:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。