2008年05月31日

シミ取り成功

休日。

ここ数日、35度くらいの日々が続いています。
日本でいうと「茹だる暑さ」でしょうけれど、イ国は「干からびる暑さ」です。

日が高くなると大変なので、早起きして、車の掃除。
実は、中古車センターで買った時、シートにビニールカバーがかかっていたんですが、リアシートに激しいシミがあったんですよね。
1年保障でもシミは文句を言えないんで、自分でどうにかするしかない。
イ国製のシミ落とし剤を買ったものの、妙な臭いだけを車に残しただけで何も効かなかったんですが、先週、カー用品専門店でコメリカ製のシミ落としクリーナーを買ったところ、これがビックリな効き目。いやはや、侮れないよコメリカ製。
いつ付けたか、そして、それが一体何だか分からないシミがほぼ落ちました。また来週続きをします。
顔のシミも何かで簡単に取れたらいいんですけど。

というわけで。

再々しつこいですが、うちのアクセラ(マツダ3)。
アクセラとランティス
右がランティス。売る前に撮りました。

日本ではもみじマーク義務付けだそうですね。
うちのアクセラは、若葉マークつけてます。

日本の若葉マークつけてます。目印代わりです。

この若葉マーク。4年前に日本で買ったんですけど、プレートの色が全く褪せないのはさすがです。同じC国製でも、管理する所が管理すると違うんですね。

毎日毎日車ばっかりじゃ、コメントつけようもないよね。すみません。
って言ってもさ、話題ないんですよ。やることもないし、昨日もなんかもう落ち着かないから夜にドライブ行っちゃったし。寂しい生活を埋めるのが唯一コイツなんです。この年で車デビュー。遅すぎ。


夕飯。
久しぶりに寿司
水曜日にイケアに行った時にスモークサーモンを買ってきたので、久しぶりに寿司にしました。ここ4週間くらい、週末といえば餃子ばっかりやっていたんで。
あ、なんか細巻がイビツ・・・。ともあれ、美味しゅうございました。

ブログ内容のなさを写真でひっぱる。

◎今日のイジメ
見てていたたまれない。
子供の頃、こんなでした。あ、イジメられる側です。
仲間はずれやら荷物持ちやら物隠しやらシカトやらなにやら、一通り・・・。
人の輪に入れるようになったのは、地元を出てから。
おかげで性格が徹底的に歪みました。
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

1週間、早...

金曜半日出勤。

ここ数週間、毎日毎日車ばっかりみたいでしたが、とりあえずこれでも働き、とりあえず勉強もしています(あ、半分ウソ。そんなに熱心じゃない)。
仕事に関しては、月末前でらそれほど忙しくもなく、適当にやってます。

それにしてもすごい1週間だった。車に振り回されっぱなし(また車か)。
どうもまだ慣れなくて、シートとベルトのポジションが今ひとつ定まらないがために、すごい肩凝り。親知らずを抜いてからというもの、肩凝りなんてなかったんだけれど。耳の奥まで伝わるかなりの痛さで、久々なだけに参っています。
脅迫スリ、じゃなくて、今日は薬を飲みました。

6月1日から、ガソリン代が2%強上がって、レギュラーが6.73シェケル(201.9円)になります。いやはや恐ろしい時代になったものです。
そういえば、あまりスピード飛ばすのはよくないらしいですね(え、また車の話?)。気をつけます。付けてるつもりです。でも気が付くと飛ぶんです。
ってかスピード出すよりパーキング習得が先です。永遠の課題。

いい加減、車の話題は止めましょう。乗りたくなる。

あー、でも何かケバ医院だろ、じゃなくて、何書けばいいんだろ。
最近、いろいろある気はするんですが、書こうと思うとタイミングを逃していて、後になって、あーあのネタあったな、ってな日が続いています。
車の掃除をしようと思ったけど、暑くて今日は出来なかった。あ、また車・・・。

ま、いいや。来週からまた頑張ります。いろいろと。パーキングも。

おまけ:今日のforリア
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

すげぇっ!!

1日休暇を取って、買物を兼ねて、長距離ドライブ。
アクセラ、どんななんだろう、と。

まずパワステのおかげでブレーキを踏む回数も少ない。それは分かってた。
でも知りたかったのは、高速で長距離乗ったらどうなるかってこと。

もう「すげぇ」としか言いようがない。

近距離短時間ドライブじゃ分からないこのすごさ。
時速140kmで走っても全然ぶれないっ!!
だから140出してるって感じが全くせず、気が付いたら140って感じ。「メーター壊れてません?」って思わせるほど(ランティスは120を越えると加速性が悪くなった)。おかげで速度を抑えるのに必死。
ま、履いているタイヤがかなり太いから、ってのもあるだろうけれど、メカニカルな面でも全然違うってのは歴然。もちろんブレーキの効きもいい。
気が散るからと音楽を一切鳴らさずに走ったけれど、全く退屈しなかった。家にたどり着くのが惜しかったほど。

いや、マジすごい。こんな車作った会社って、ホントにすごい。

内装が汚れてるとか、色がどうのこうのとか、やっぱランティスがよかったとかといろいろグチってたけれど、撤廃撤廃。ドライブが一気に好きになる車。

とはいっても、中古で買っているだけに、まだまだ全面的な信頼は出来ないけれど・・・。(ってかこれが1番怖いんですけど・・・)

ともかく、仲良くしようね、アクセラ。
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

さよならランティス!

ようやく売れました。

今日の午後、買ってくれる人と落ち合い、郵便局で手続きを済ませて完了しました。(必要書類:車検証、売主・買主、そしてそれぞれのIDカード)。
車の鍵を渡し、帰りに保険代理店で保険のキャンセル(後日返金有り)。
保険は、中古車センターで、「うちが紹介する保険代理店に入ったら、これとこれをサービス」っていうのがあったので、そちらに釣られました。(来年は従来の代理店に戻ります)。

あー、なんかすごーく名残惜しいですが、名残惜しいうちに手放しておかないと、価格は下落していく一方ですから。
本当に、いい車だった。重ステだったけど、「愛車」っていう言葉がピッタリの本当にいいやつだった。
それでも保険の問題もあったから(1日でも月を越えると1ヶ月としてカウントされる)、どうしても今月中には解決したかっただけに、ホっとしました。
ちなみに売値は、買値(4年前)の56%。アクセラ買値の半額です。

それにしても、かなり疲れた。ネットで、「個人で売るのはそう簡単じゃない」と書いてあったけど、まさにその通り。
これをまた数年後、そしてまた数年後、車を買い換えるたびにするのかと思うと・・・。あー、考えない考えない。

まずはアクセラと仲良くすることから考えないと・・・。
posted by Heshbonit at 21:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

吹出物大量発生

先日、N兄が

「Hesh坊、そのデカイ顔、小さくしてみ」

と紹介してくれたスプーンで出来るマッサージ、やってみた。
しかし、なんの変化なし。

「3日で諦めるなっ!」
という、叱咤鞭打ちを受け(さすがS男・・・)、続行しました。

しかし、今朝気が付いた。
コメカミに大量の吹出物が発生している。自分でも、ウゲってくらい。

これって、「顎・口角・頬骨・目の下・オデコからコメカミに」と集められた何かが、コメカミに蓄積しているのでは・・・。
だって最後に、「耳の付け根から鎖骨まで、集めたものを下に流します」って言うんだけど、ゴミ回収場所は耳の付け根じゃなく、コメカミですよね・・・?
コメカミから耳の付け根に、ベルトコンベアがあっただろうか。


ところで、なんでN兄が「おネエ☆MANS」をチェックしてんだろ・・・。
posted by Heshbonit at 13:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

強烈な24時間

昨日の夜7時過ぎ、ネットの売買掲示板に載せたんですよ。

「ランティス売ります」

車種・年式・色・走行距離・車検期限などの車に関する情報や、こちらの居住エリアや携帯番号などを書き込むだけ。
イスラエルではこういうのが全く普通で、携帯電話番号などの個人情報を載せても、イタ電がかかってくることはまずありません。(ちなみに、車以外にも、家でもペットでも家電でも仕事でも何でもかんでも掲載して売買したり広告を掲載したりする巨大サイトです)。
うちの村の整備場で貼り紙していたけれど、どうもまとまらず、整備場の親方が、「ネットに掲載してみろ」って言うんで、数日悩んだ末にやってみました。

が・・・。
ほとほと疲れた。

昨日は夜10時までの2時間強で、電話12件。ほとんどがブローカー。
つまり、私から安めに買って、誰かに少し上乗せして売る、と。もちろんそうは言わないけれど、まぁ話していて分かります。
(夜に起こされるのがイヤだから、10時で携帯を切りました)。

一夜明けた今日、電話数、もう数えてないです。ホントすごいんだから。
特に今日は半ドンの金曜だから休みの人が多いんで、ネットのアクセス数もすごいわけだ。もう精神的に疲れます。

で、夕方5時頃、カップルが来て、車を見る。でも態度からしてブローカー。
とりあえずカップルでカモフラしているし、すごく態度がいいんだけれど、ブローカー。柔らかい物言いでと難クセつけてくる。
さらに、「日曜日に一緒に自動車整備場で検査をして云々・・・」と。
その場では断りにくかったため、後で断り電話を入れました。

その2時間後、別の若い家族連れ&その両親が来て、ようやく決まりそうです。こっちはその父親っていうのが整備場で働いているとかで(ウソかホントか?)、かなり念入りにチェックが入りました。
電話をかけてきた時の話し方とかがすごくよかったから、この人に決まればいいな、と思っていただけに、ま、いきなり相当な安値を吹っかけてきた時は、「なぬ、家族連れブローカーかっ?」って思ったけれど、ま、来月には持ち込みたくなかったし、双方の妥協点で決まりました。私にしてもこれが限界かな、と思っていたところで落ち着くことに。

最終的には月曜日にってことで、手続きが終わったら、ランティスを引き渡します。個人売買だから仮契約書とかは作ってないけれど、ま、相手を信用するとして。
明日と明後日のアポイント6件、キャンセルしました。

言うなれば、24時間以内という強烈な早さで見つかったってことだし、ランティスが8年経っても人気だという証なわけですが、ホントにヘトヘトです。
なんか、食欲もないほど疲れた。
でも下取りに出すと叩かれるから、こうするしかないんですが。

♪チャララチャ〜ラッチャッチャ〜 経験値5ゲット♪

あ、まだ最終的な手続きが終わってないです・・・。


ってか、この程度で強烈って、Hesh坊いつもよほどラクしてる・・・?
posted by Heshbonit at 20:00| イ国情緒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

Si vis pacem, para bellum

英誌エコノミストの調査部門EIUなどが世界140か国を対象に調査した2008年の「平和度指数」が20日、発表された。
日本は昨年同様、主要8か国(G8)で最高の5位にランクされた。1位はアイスランド、最下位は2年連続でイラクで、北京五輪を開く中国は、国防費の急増に加え、チベットにおける政情不安などが響き、7位下げて67位となった。
G8では、米国は97位(昨年96位)、ロシアは131位(同118位)、英国は昨年同様、49位だった。


平和度指数(Global Peace Index)。
ま、140ヶ国中で、アメリカが97位なんだから、まぁイスラエルが100位以内ってことは有り得ないだろうけど、それでも下から数えて20位ってとこかな・・・。

というわけで、こちらをクリック

どんどん下にマウスを転がして・・・、はいはい、もっと下でしょ。
ヨーロッパゾーン通過、あらあらアジア諸国も通過・・・。
え、中東もアフリカもちらほらしてきた。
あ、アメリカさんがこちらですか。じゃ、そろそろ?
えーと、イ国の国旗、イ国の旗旗、イ国・・・、

って、おいっ!

下から数えて5番ってどーいうことさっ!

しかも、その下の4ヶ国って、アフガン、ソマリア、スーダン、イラク・・・ 
そんな最終グループって、そりゃないでしょっ!
ミャンマーも北ッチョもパッキーもジンバも抜いて、下から5番目なわけ?

それこそ、「それらの国に単独で行ったら、日本行き往復ファースト差し上げます」って言われても、考えちゃいます。この私が言うんだから、そういう状態。
そりゃ、20代の時だったら、「はーい、行きます行きまーす!」って言っただろうけど、もう不惑目前だからさ。別に命は惜しくないけど、ヤバイのとか怖いのとか痛いのとか、そういうのはもうイヤなのよ。
第一、親にもこれ以上迷惑かけらんないじゃん。(・・・って何の話?)

えーと、このインデックス、武器売買の実態や近隣諸国との関係、国内の犯罪状況など24項目を平和実現の程度として数値化するそうで、防衛費の対国内総生産(GDP)比とか、人口10万人当り犯罪率などなどを統計したらしい。

そりゃイスラエル、国土面積や人口から見たら、戦争が起きる確率が高いし、何かが飛んできて当たる可能性が高いわけで、危険っていえば危険だけどさ。

住んでいる者からしたら、数字はそうだけれど、一体それをどう使っているか?っていう、そっちが大事じゃないかと思うんですよね。
ま、言うなれば、民主主義で何でもオープンなイ国は、軍事費をキッチリ国家予算に計上しているわけだし、ま、国民皆兵だし(最近は緩いけど)、このくらいしないと守れないんだからしょうがないわけでしょ。

ホント、全然、大丈夫なんですけどね。


じゃ、ちっとは真面目に。
ラテン語の格言から。

「Si vis pacem, para bellum」 (平和を望むなら、戦争に備えよ)

誰の家だって垣根があり、施錠する。
家によっては、防犯装置やカメラを設置したり、警備会社と連携して何かあったら訓練された警備員が駆けつけるシステムを取っている。
なにも「隣人が盗むかもしれない」と隣りの家を疑うわけではない。いや、隣人を疑わないために、迷惑をかけないために防犯する。それが備えだ。逆に、隣家が全くの丸腰で無防備だとしたら、ハラハラするだろう。
そのせいで泥棒がウロウロするようでは治安が悪くなるし、何かあったら、「隣人のくせに誰か見なかったか? 気が付かなかったのか?」と疑われかねない。

盗むに値しないボロ家や荒野の一軒家なら強盗や空き巣が来る可能性はない。
でも、ある程度のレベルの家ならば防犯対策を考えるのは当たり前。何の対策もしないで被害があったら、警察が言うだろう。
「イマドキ、防犯は常識ですよ。警察も定期的にパトロールはしていますけどね、24時間、町中の家の監視はわれわれには出来ませんから、最低限の自衛をしないで被害に遭うのは自業自得ですよ」

国の防衛費はそれと同じようなもの。
万が一、戦争が起きた時の衝撃を最低限に抑えて、危険と損害を回避するためには、備えなければならないのが、今の世の常識。
つまり、危険性が少ないから費用が少ない国もあれば、危険性は中レベルで他の国と連携している国もあり、自国でガッチリ固める国もある。
イスラエルの場合、他の国に比べたらちっとばかり敵が多く、また、「お金を出すから、誰かうちの警備してくれる?」というのが信用できないもんだから、それなりにかかるわけ。

それから、アメリカとロシアのランクが下の方なのは、自国もそうだけれど、他所の国の警備をするがために防衛費が高くなるからでしょ、たぶん。
ま、それも仕事だからさ、諸経費が高くても、いい収入になるんですよ。


でも、イギリスのエコノミスト誌って言いながら、この結果を見る限りでは、なんかこう調査団に「北欧くささ」を感じる気がしますけど・・・。
 
posted by Heshbonit at 20:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

リース会社と中古車

午前中、中古車センターに行って所有権譲渡書を貰い、郵便局に支払へ。
(に通常は、村に郵便集配車が毎日来て、郵便物以外にも、単なる支払なども受け付けてくれるけど、車の所有権譲渡は郵便局でなければ出来ません)。
郵便局は毎度の如く混んでいて、整理券を取ったら20人待ち・・・。

郵便局のいちばん端は、オッサンが下を向いて書類作業をしているんだけれど、単純な支払などなら整理券なしで受け付けてくれるエクスプレス列。
しかし、どこにもエクスプレスとは書いてないし、並んでいる人もいない。書類作業をしているオッサンが顔を上げた瞬間に目が合えば・・・という不思議な場所。
今日もソチラを見て、目が合ったが、持っていた書類を見せたら、「ノンノン」みたいなジェスチャーをされ、また下を向いてしまった。

あー、まいったなぁ、あと15人かぁ・・・。
と、携帯でテトリスしてたら、前の椅子の下に整理券が落ちている。
すかさず足を延ばして踏んづけて、拾った。
ラッキー、あと3人じゃん。これで12人抜きができる!!

というわけで、無事に支払いを済ませ、郵便局を出る時にすれ違いで入ってきた見知らぬネーサンに私が持っていた整理券をさっと渡して出てきた。

郵便局の後は、タイヤバランスの検査で、中古車センター指定の整備工場へ(検査代は中古車センター持ち)。
1台に30分かかるからと1時間待ち。近くの店をウロウロ(って見るほどのモノもないけど)。こういう1時間は長い・・・。

どこも皆さん、親切です。

ようやく村に帰ると、昨日から預けていたランティスのバンパー補修&塗装が終わっていた。ま、それなりにしましたが、売る以上はちょっとは手間をかけないわけにはいかないので。
ランティス、まだ買い手が決まってません。(明日また誰か来る予定)。
キレイになってみると、売るのが惜しくなる。
どうしてこいつを手放さなくちゃなんて考えたんだろう・・・と未練タラタラ。

買ったアクセラ、車内が汚くてまだまだ掃除しきれないし、内装にスクラッチもある。ロッカーパネルも歪みがあるし、数えていたらキリがないや。
ま、これが中古車を買うってことだから仕方ないんだけれど。
それでも走行距離が他の車に比べて少なかったのが利点だった。それが魅力で買ったようなもの。いいかなと思えた車でも、少なくても走行11万キロ以上っていう中で、9万キロは魅力。

イスラエルの場合、企業体がリース会社から車をリースして、それを社員に与えるというのが一般的。それこそ下っ端社員でも車を貸与してもらえることが往々にしてある(しかもガソリン代企業持ちで、私用でも乗り放題)。
実際、イスラエルにおける新車購入台数は、こうしたリース会社が圧倒的で、それだけにその時の車のブームを作るのはリース会社、と言っても過言ではない。

自動車メーカーはリース会社に根回ししておけば、リース会社にしたらどの車を入れたって別に変わりゃしないから、1番心地よい根回しをしてくれたメーカーの新車を大量に入れるわけ。
で、顧客(一般企業)がきたら、「お客さん、コレがうちの一押しですよ」と。企業体にしても、社員の移動用にリースで借りるだけだから、予算内で適当な車であれば、どれでも構わない。
それこそ、「じゃ、前はマZダだったから、今度はリース会社が勧めるSバルにしようか」みたいな感じで選ぶ。それだけのこと。

リースの入れ替え時期は、大体3年。3年も仕事関係で乗れば、10万キロくらいラクに行きます。
で、企業体がリース会社に返した車が、中古車センターに流れてくる。
私が買った車は、2005年に輸入した車。ちょうどその時期。ところが走行がラッキーなことに他の車に比べたら少なかった、と。それが選ぶポイントでした。

もう1台、全く同じ車で、そっちの方が傷みが少なかったけれど、走行12万キロ・・・。かなーり考えたんですよね、どうしようかと。
しかし、前のランティス、私が4年乗った走行距離が57000キロでした。個人で買物程度にしか使わない上に、友達が誰もいないとこんなもんです。
それだけに、3万キロの差ってのは、非常に大きいんです。
走行12万キロの車を買ってキズをつけたり凹ませたりしたら(ってか間違いなくやる)、「これじゃ9万キロを買っても同じだったじゃん」と後悔するだろう、と。

それにしても買ってから1週間で、学びました。
メタル系っていうのは、見る角度によっては、スクラッチやらホコリやら汚れがすごく目立ち、それが気になってしょうがない。特に私が買ったチタニウムグレーって、それが際立つような気がしてならない。
白だと何かとごまかしが効くからいいものの、アクセラの白ってどうもピンと来なかったし、前からこのチタニウムグレーがいいなと思っていただけに、色も選ぶポイントだったわけですが・・・。

石が飛んだだけでも剥げるわけだし、ぶつけたらすごい分かるだろうな。
・・・ぶつけなきゃいいんだけど。しょうがないじゃん。下手なんだから。
それに、こっちが何もしなくてもパーキングでやられる場合だったるし。
posted by Heshbonit at 20:00| イ国情緒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

女らしさ

ちょっと午後からなんとなく体調が優れなかったのですが、夕方、週イチの学校に行きまして。週イチなだけに休みたくないんです。

パーキングは、学校の隣りの3階建て雑居ビルの駐車場。いつも大体空いています。(稀にない時もあるけど、近くの路駐も可能)。
今日はガラガラに空いている。ラッキーラッキー。
さーて。リバースで、えーとリバースで・・・うーんリバースで・・・だからリバースで・・・、えーともっと右だ。違う、真っ直ぐ入れなおそう。
外に出てスペース確認してからもう1度・・・と思ったら、、Pポジでハンドブレーキ引かないでシートベルト外すとキンコンカンコンうるさいし!

ようやく停めて車から出たら、どこぞの自動車教習の先生が来た。
教習車(車の上に大きなプレートがあるからすぐ分かる)がパーキングに停まっていたのは見たけど、先生がどこにいるかなんて見てなかった。ってかもうこちらはそれどころじゃない。

男:「免許、国際免許のままだろう?」
私:「はぁ? ちゃんとイスラエルで取ったけど。(うっさいオヤジ)」
男:「じゃ、なんでそんなにパーキングができないんだ?」
私:「(ムカッ!) この車、先週買ったの。だから感覚がつかめないの」
男:「前は何に乗ってた? え、ランティス? 全然大きさが変わらないじゃないか(全然違うよ!)。免許はいつ取ったんだ? 本当にコッチで取ったのか?」
私:「あなた、交通警察の警官? 教習所の先生でしょ? 私が免許をいつ取ろうが、リバースが下手だろうが、あなたには全然関係ないじゃん。言っとくけど、免許を取ったのは4年前。教習開始から実地合格まで1ヵ月半。あなたの生徒にそんな人いる?」
男:「1ヵ月半? そんなこと不可能だろ?」
私:「出来たから言ってんの。先生がスゴイ人だったから。じゃねっ!」

くぅっ!
言い返してやったけど(ってかもっと言い返してやればよかったと後でムカムカして来たけど)、オッサンのいうとおりだ。本当に私、リバースと駐車が下手だ。
アクセラ買うのに1番悩んだのは、「絶対こんな車でパーキングなんて出来ない」ってことだった。でも買っちまった。
普通の運転と車に対する執着は自他共に、「女とは思えない」状態なんですが、パーキングでボロが出ます。

でもイスラエル人のパーキングも、どうせムチャクチャじゃん・・・。
線をはみ出ようが斜めだろうがお構いなしって人、多いし。
posted by Heshbonit at 23:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

リトマス試験紙

昨夜、映画チャンネルで「バベル」をやっていました。
「これがどうして各賞受賞orノミネート?」 ・・・って、そりゃブラッドピットが出ているからでしょう、という強烈につまらない映画。途中で誰か監督に「これ、つまらないですよ。ってか意味不明だし」って言わなかったのが不思議。
あれだけ大騒ぎされた日本人女優も、ってか彼女のせいじゃないけれど、何ゆえにあのストーリーにそういう役が必要なのかさっぱり理解できない。
同じつくりなら、北野武の「ドールズ」の方がまだいいです。

さて、休日。
精力的にシャワールームを掃除した後、家を掃除し、精力的に車の掃除。

この掃除なんですが、先週の月曜日に、アレルギー科にて検査のために植えつけられたアレルゲンが、あれ以来、なにかと反応するんですよ。

シャワールーム(シャワーと洗面とトイレが同室タイプ)の隅に置いてある洗濯籠をどけて掃除しようとした瞬間、左腕の「環境1群:ハウスダスト」の1つが、すごい勢いで膨れ上がりました。
「おー、これはホコリかー!」

家の掃除にしても同じ。掃除機の吸い込みが悪くなったから、紙パックを捨てようと、(もちろん戸外でマスクをして交換するんですが)、それでも紙パックを取り出してビニール袋に入れようとしている時、今度は別の1つが膨れ上がった。
「もしかしてダニとかの死骸かな?」 (注:床はフローリングかタイルですが、それでもまぁ若干のそういう虫はいると思うので・・・)。

そして、まだまだ掃除しきれない車の掃除をしようと外に出たら、左腕の「環境2群:芝生や草」から2ヶ所が膨れてきた。
「なるほどねー」

これが怖くて、日本にいた時もアレルギー検査をしなかったんですが。
いつになったら、この植えつけられたアレルゲンが消えるんだろう。
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。