2007年10月06日

ヨレ〜

休日。
何もすることがなく、PCの前でポカンと過ごしております。

以前、別の国に住んでいた時は、駐在の若マダム達が某ホテルの一室にある日本人会に通いつめ、ビデオを借りまくっているのを見て、「なんて非生産的なんでしょ・・・」って思ったりしました。あ、口には出しちゃいませんよ。そんなことしたら生きていけませんから。

申し訳ございませんでした。Heshbonit、若気の至りです。
仕事も忙しくて、友達もいる。何よりも、憧れの国に住んで働いて生きているっていうだけでヘラヘラ笑えちゃうくらい幸せな、わが世の春だったのです。

あの頃からもう10年経ちました。相変わらず日本にはおりませんが、すっかりオバサンになって夢も希望もなく、日々の愚痴やらヨモヤマの話をする友達もいないため、せめて日本のドラマを見て、心の充足を謀る毎日。
・・・駐在マダムの気持ちが今、痛すぎるほどよく分かります。


さて。今日のタイトル、「ヨレ〜(Yoreh)」

堕落したオバサンの私がヨレヨレなんじゃなく(そうなんだけど)。

今日の午後、この秋はじめの雨が降りました。
地中海性気候のイスラエルでは、4月から10月までほとんど雨が降りません。
本格的な雨期は11月半ばから始まりますが、長い乾期の終わりを告げる雨が秋に降ります。その初めての雨のことを「ヨレ〜」といいます。
宗教的に、冬の到来を告げる雨として区分するために名前があります。

もちろん、まだまだ暑い日が続きますけど。
ちなみに最後の雨にも「マルコシュ」という名前があります。
それぞれの由来を説明するのは面倒なので割愛。

ま、名前なんてどうでもいいんだけど、空気中がカラカラで埃だらけだったところに雨が降るから、そこら辺汚い水玉模様が出来て大変。
そして中途半端に降った後にカーッと照りつけるもんだから、すごい湿度。


それにしても医龍、気に入ったわ〜。また見ちゃった。
しかし、医者ってホントーに大変な仕事ですよね。
経理屋でよかった。失敗しても修正できるし。


でも心臓手術って、医者も大変だけど、患者はもっと大変でしょ。
心臓切って縫うとか血管でバイパスとか、考えられません。
私なんて横たわってた親知らずを切開除去しただけで大騒ぎだもん。
posted by Heshbonit at 17:00| イ国の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

今日は休日

朝からパンを焼いたり、ようつべでドラマ見たり、
非常にヒマな1日を潰すのに一生懸命でした。

朝食用ぶどうパン。材料原価4.81シェケル


 
posted by Heshbonit at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

半日出勤

明日がスコット最終日で休日だから、今日は半日出勤。
工場の経理の月末〆もあり、半日だっていうのにかなり凝縮した日でした。

スコットが終わると、4月半ばまで祝日がありません。年末年始も関係ないし。ま、いつでも好きなときに休める職場だからぜんぜん大丈夫ですけど。

昨日だって、午後から休んで買物行っちゃったし。
以前よく行っていた50kmほど離れたC市にある大きなスーパー。最近は地元のスーパーでも必要なものが全て揃うようになったのでほとんど行かなくなりましたが、ポイントが貯まったからとクーポンが送られてきたので、使わなくちゃ、と思いまして。
来週から、小麦粉・小麦製品や油が値上げするという記事を読んだため、大量にまとめ買いをしてきました。

このC市は、ロシア系移民やら周辺アRブ村やらの人口増加で、ここ数年の間にどんどん栄えてきて、行く度にショッピングセンターが広がっています。いろんな面でもかなり裕福な街らしい。うらやましい。ロシア移民が多いのは、全然うらやましくないけど。

夕飯は、例のサバで、竜田揚げとマリネを作りました。
どちらもかなりいい感じでした。特に竜田揚げ、これはいける。脂のないカツオのようなサバでしたが、揚げたら柔らかくて美味しいし、魚臭さもない。
来年1月の北部僻地地区新年会の1品が決まった。
写真はないです。どれも茶色くて写真に撮ると「?」って感じなので。


業務連絡:減塩醤油、味にこだわりがないなら、生協が安いです。
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

英語、できますか?

昨夜の天気予報では、今日は「過ごしやすい1日でしょう」ということだったのに、夜中から強風が吹き荒れ、朝起きたら、ボワーンと暑い。
南からのハムシーン。なにゆえ・・・。
換気のために少しだけ窓を開けていたキッチンはザラザラ。日中も暑いし乾燥はすごいし、『8月其の参』ってな。ブログ書いている今もエアコンを回しています。この時間になってもボワーンと暑いんですよ。
天気予報は「週末、一気に気温が下がる」って。ホントかな・・・。


さて。
ここ数日、以前村に住んでいたというオーストラリア人女性が滞在しておりまして、先週末、『この村に住む外国出身者・集合』という会がありました。
こう書くと、なにやらカッコよさそうですが、平均年齢はムチャクチャ高い。ジジババ会一歩手前の勢い。ってか、傍目から見たらジジババ会なんですが、過疎村9年目の私はすっかり馴れきってしまったため、これがジジババ会とは思えないだけとも言えます。
常日頃、集まりという集まりにはほとんど参加しない私ですが、黄色人種でも「外国出身者」とみなされましたので、およばれしました。

その時は、ただダラダラと話をして終わったのですが、ゲストであったオーストラリア人女性から、「話し足りない」というご指名を受けまして。
あ、足りないというより、ほとんど話していなかったんですけどね。外国勢に圧倒されちゃって、ただ話を聞いていただけで。
想像できます? OZ人女性を囲む会。英語圏出身6人と、欧州出身2人(英語が流暢)。その中に、場違いな私。話をするタイミングなんてないって。

そこで、「だったら、家に来ますか?」ってことで、昨夜は久しぶりにお客さんが来ました(夕食後ですけど)。最後に人を招いたのはいつだろう?って、記憶にないくらい久しぶり。
しばらく話をしていたら、彼女がいきなり、
「Heshbonitは英語が話せないって聞いていたけど、話せるじゃない」

・・・そりゃ、全く話せなかったら、外国には来られません。

常日頃は、人に話しかけられても、英語で話さないことにしているんです。
この国の場合、英語にスタンダードがない。
以前書きましたが、運転免許試験の英語が意味不明だったり、テキストと試験では、用語や言い回しが違ったりと、すごいんです。
私だって英語圏の人間じゃなく、マトモに英語を勉強したことがないし、英語圏に留学したこともないから、「ニューホライズンU」くらいのレベル。
それでイスラエル人と会話してお互いが間違えたらムチャクチャなことになる。そして彼らは、「自分が正しい。Heshbonitが聞き間違えた」と言って引かない。
それなら、私が現地語で話をしたら、間違えたら私だけの問題で済むでしょ。

英語圏ではない移民国であるが故に、仕方ないんでしょうけれどね。
「イスラエル人は英語が出来る」とは言いますが、「ただ単語を羅列している程度なのに自信たっぷりに勢いで話をする人が多い」っていうだけのこと。きちんとした英語を話せる人は少ないです。また、話はそれなりに出来ても「読めない・書けない」もかなりいます。
実際、年配者のほうが英語が堪能だったりします。


それに加えて、下手に言葉が理解できることで、妙なうわさの元になりたくないという気持ちが強い。『見ザル言わザル着飾るじゃなくて聞かザル』に徹する毎日。
これじゃ友達が出来るわけがないんですが、ま、自己防衛ですね。利点もありますけど。「口が堅い」って有名。それもそのはず。友達がいないんだから。
そこで、英語で話しかけられてもヘブライ語で返し、そのヘブライ語もヨロヨロな状態。「Heshbonitは言葉を話せない病気なのか?」と思われてるかも。

しかし誰だよ? 彼女に「Heshbonitは英語が話せない」と言ったのは?


というわけで、昨夜は久しぶりに英語で話をしました。根気強い女性で(笑)、私の「ニューホライズンU」のレベルでも話が弾み、楽しかったです。


Q:それってどのくらいのレベル? 
A:現在完了形は「ニューホライズンV」です。
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

9月其の弐

気が付いたら10月なんですね。
コチラは相変わらず夏同様なので、衣替えなんていうものもなく、今日から10月なんてこれっぽっちも思えません。感覚的には、「9月其の弐」って感じ。
天気予報によれば、今週末、急に気温が下がると言っていますが、それも一時的なもの。相変わらず、夜寝る前は熱気を取るためにエアコンで調整しています。

観光部門は盛況のようです。
皆さん、なんだかんだ言いながら、金回りがいいんですね〜。
今週木曜がスコットの祝週の最終日。
それが終わったら、今年の観光シーズンも終わります。

こんな感じで、10月開始。
仕事は相変わらずです。
posted by Heshbonit at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。