2007年10月31日

バランスボール

もう1つの職場のボス、ココの所、具合が悪い。
咳が止まらず、夜も寝られないとか。
朝からゲホゲホやっているから、巡回医の所に強制的に連れて行く。
「肺炎かもしれないんだから!」と脅してみたものの、
肺炎じゃなかったらしい。・・・ホっとしました。
季節の変わり目、おかしな風邪が流行っているみたいです。

さて。経理部出勤。
朝から、現金出納のことでガタガタと言いがかりをつけられ、
(実際入金金額と、その人の思い込み金額が違うだけ)、
キレて叫びそうになった瞬間、既に同室の先輩部員が叫んでいた。
私が叫ぶ10倍の威力と10倍の攻撃力で叫んでいた。
なんかおかしくなって笑うのを必死に堪えました。

夕方、スポーツ用品店に行って、
バランスボール(カドゥル・コシェル)を買った。
死海で水着になった時、「こりゃヤバイ」って思ったのと、
死海に行って浮いている時、自分の腹筋のなさに呆れまして。

でもなんか、買ったことで安心して続かなさそな気もするが・・・。
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

月末だ・・・

出勤。

今日も切れっぱなしな感じで仕事をしております。
10%増量のはずの工場の経理、なんでこんなに手間取らせるんでしょう。
なんで休んでいる人の仕事を無償でしなくちゃいけないんでしょう。
これが同じ経理部内ならお互い様だけれど、工場の経理ってのはいわば外注でこっちが引き受けているのであって、ぜんぜんお互い様じゃないんですけど。
そりゃ、量は大したことない。上の人が見たら、「このくらいで何を無償だのなんだのと怒っている?」って思うでしょう。
あのねー、グチャグチャなの。それが腹立つの。
こんな調子で、月末月初までやらなくちゃいけないのかと思うと…。

と、グチはこのくらいにして。

◆◆◆ ブログペット デイリーメール [2007年10月30日] ◆◆◆

 Heshbonitさん こんにちは!
 BlogPetから最新のお知らせをお届けします。

・‥……… ♪今日のテーマ♪ ………‥・
ご飯(お米)の美味しい食べ方を教えてください。



おいしいご飯ならすっぽろで。おかずなんていりません。
今は、豪米食べてます。いつもは美味しいなぁって食べていたんですけど、どうにも今回買った袋、米が古かったのか、糠臭さが・・・。
早くこの5kgを消費しようと、ムキになって食べてます。

で、今日は、サバの味噌煮を作りました。
先月、アッコーの河岸で買ってきたサバです。
脂分がないから竜田揚げにして食べていましたが、やっぱりそれでも味噌煮が食べたくて。ま、堅くても食べられないわけないだろうって実験気分で。
ところがビックリ。われながら結構美味いのよ、これが。
ほぐしながら味噌を絡めて食べたら、堅いのが気にならない。
逆に、これで脂分が多かったらしつこくて食べられないかもしれない。

それと、おぼろ豆腐。・・・ってか、何を失敗したか、豆腐が固まらなかったから(苦笑)、インスタントでだしを作って、いただきました。
プラス、きゅうりの浅漬け。

やっぱ日本人だわぁ・・・。

写真? ないない。食べてから気が付いた。
ってか、サバ味噌とおぼろ豆腐ときゅうりの浅漬け、
撮るほどのことじゃないんですけど。
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

首相の告白

朝から、「首相が今日、健康状態に関して重大発表」なんていうニュースがネット上に流れていたから、何事だろうと思っていました。

で、正午すぎ、首相官邸での記者会見で発表いたしました。

「私は、栗の癌です」

え? 栗? 今、栗って言った?

「先月の定例健康診断で見つかった次第ですが、これといった症状もないため、職務にも日常生活にも何の影響もなく・・・」

TV画面の下の方には、『首相、栗の癌』というタイトルが出てきた。
やっぱ聞き間違えじゃなかった。
しかし、辞書で調べてみるものの、栗は栗だ。栗以外の何物でもない。

「・・・あとは私の主治医が質疑応答に答えます。それでは」

首相はサッサと退場、主治医2人が、記者の質問に答えている。

人体に栗の形状に似ている所があるのだろうか? 似てるとしたら、イガイガ付きの状態なのか、それとも、イガ取った状態のことをいうんだろうか・・・?
私は経理屋だから、内蔵パーツの名前なんて覚えようとも思わない。
その上、肉を買わないんで余計に覚える必要もがない。腎臓とか肝臓といったヘブ語が、どっちがどっちか分からなくなったりする。

分からないことは、ネットで検索。
・・・あ〜、そ〜いうこと
ヘブライ語って、なんともまぁ・・・。

早期発見だし、短期完治を目指すために手術をするみたい。
重大発表なんていうから、重症なのかと思っただけに、ほっとしました。
今上天皇や、ジュリアーニ元NY市長も罹ったりとか、そういえばうちの親戚のオジサンもそうだった気がするし、村でも誰か最近そんなことを聞いたな。
罹りやすく、治しやすい癌のようです。
ウィキによると、トマトをたくさん食べる人は罹りにくいらしい。

2006年1月4日、突然、右派リクードを脱退して新党カディマを結成したばかりだったカリスマ的首相アリエル・シャロンが脳卒中で倒れ、五月雨式に「党首→首相」となったのが、現在のオルマート首相。

「一国の首相として、健康状態を公開するのが義務」と。
大した決断ですねぇ。
未だに昨年の戦争責任を取れと言われ続けているし、自身の細かいことまで突っ込まれつつあり、次の党首になれるかどうか危ない時期だっていうのに、この時期に癌の告白とはまぁ。

そういえば、この国、癌の告知が当たり前みたいですね。
posted by Heshbonit at 19:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

1分1秒そして瞬間

こちら、経理日誌なんですよね。
豆腐を作れるっていうので、すっかり舞い上がって、死海に行ってすっかりリラックスして、さらに豆腐が出来たから大喜びしておりました。
が、とりあえずそれでも毎日毎日仕事をしております。

ここ最近、引き継いだ工場の経理にすっかり振り回されっぱなし。
しかも、工場の総務兼簡単な経理の女性が、3週間休暇を取りやがったために、こっちの負担が急増です。普通取るか、3週間休暇。しかも月末月初を跨いで、里帰りでも家族訪問でもなんでもない、単なる旅行。信じらんない。

そりゃ、今のこの月末時期って言ったら、そんなに忙しくはないけど、それだけに落ち着いて勘定合わせやら年度末に向けてのコマゴマした仕事など、すごーく集中して仕事をしているところに、そんなのお構いなしな電話が鳴る。

電話ってやつは、本当にイヤだ。
しかもイスラエル人、「今、お時間よろしいですか?」なんて絶対に言わない。強烈に忙しくて「今、お時間よろしくありませんが・・・」って言っても、

「ラック・ダカー!(1分だけ)」

と言ってから、お構いなしにベラベラ話し始め、10分以上手間取らせる。

さらにもっと短いと、

「ラック・シニヤ!(1秒だけ)」

ああ、もちろん1秒で用が済むわけがない。

そしてそれよりもっと短いと、

「レガ!(瞬間)」

おまえ、一瞬で何が出来るんだよ?

イスラエルは、目の前に人がいても電話が優先。
それこそ、銀行の窓口でも、電話が鳴ったら、目の前にいる私のことは置いとかれる。別にそっちが優良顧客だからとかそんなんじゃなく。
よほど面倒なコトだと、「今、ちょっと人がいるから、後で」と言って切るけれど、そうでなければ電話をかけてきた顧客が優先で、その顧客コードを打って画面切り替えたりするんだからスゴイ。
それから、自分の携帯電話に出ちゃったりするからね、銀行員が。もう、日本だったら絶対に有り得ないんですが。

私は当然ながら、人と対応している時は電話には出ません。
順番どおり仕事をこなさないと気が済まないので。わざわざ画面を切り替えたり、その人のファイルを開けたりするの、面倒でしょ。シニヤだのレガだの言われたって、絶対に1秒や瞬間じゃ済まないんだから。

すると、「なんで電話に出ないんだ? もしかして出たくない相手なのか?」とヘンな勘ぐりされたりする。
いやあの、あなたが優先だからなんですけど。


・・・

現実逃避にDailyMotion。フラガールを発見♪
一気に見ちゃいました。すっごいよかった。
ちょい役だけど、寺島進もいた。正しい使い方をしていました。
しかし、岸部一徳って、どこにでも出てるのね・・・。
posted by Heshbonit at 19:00| イ国の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

死海の水で豆腐を作る!

死海に行ったのは、温泉旅行ではありません。
死海の水がにがりなんだということを聞いたから、それを使って柔らかい豆腐を作って食べようというのが、本当の目的です。

じゃ、豆腐を作ってみようではありませんか。

《材料》
・豆乳・・・500cc
・死海の水・・・小さじ1杯強(6cc程度)

《用意するもの》
・豆腐を固めるための容器
・布orガーゼ・・・容器の大きさに合わせて切っておく。
・温度計

豆腐を固める容器と、イ国で売っている豆乳

豆腐を固める容器は、自宅にあったタッパの底を切り、側面と底面(タッパの蓋)に穴を開けました。正確に言えば、ボスに頼んでやってもらった。
切り取った底は、豆腐を入れてから重石を乗せて脱水する時の蓋にします。


実験開始。とりあえず初回なので、豆乳500ccでスタート。

1.鍋に豆乳を入れて、温度計で温度を見ながら、80度まで過熱します。

80度まで。まだまだ

温度計は、以前、村のボイラーに使っていたもの。
かなり軸が太いので、くるくるかき混ぜながら使えて便利。

2.80度に達したら、死海の水を入れます。
分量は、Ponさん@イ国に教えていただいたとおり、小さじ1杯強の死海の水を、倍量の水で希釈したものを使いました。
Ponさん、ありがとうございました。教えていただかなかったら、いくつかのネットで検索した、「豆乳200ccに対してニガリ10cc」で実行するところでした。
死海の水は、市販のにがりよりも、成分濃度が濃いんですね。

死海の水(にがり)を入れると、豆乳の温度が下がり、固まりにくくなることもあるため、にがりを希釈する時、お湯を使うとよいです。
ネットでいろいろと手作り豆腐に関して読んでみると、にがりを加えてから混ぜすぎないのがコツらしい。あまり混ぜると固まりにくくなるとか。
「過熱温度75度」が標準のようですが、イスラエルで売っている豆乳は大豆固形分が少ないので、過熱温度を高めにするほうが、しっかりした豆腐になります。

3.そのまま置いておくと、沈殿してきます。15〜20分ほど放置。

もしも、温度が低くて分離沈殿しなかったら、弱火で30秒ほど過熱すると固まりやすくなります(必ず弱火で)。

だんだん固まってきた

4.容器に水で濡らした布を張り、固まってきた豆乳を入れます。
(布は容器の大きさに合うように切って、十文字に置いておく)。

以前、知人に頂いた手ぬぐいを断腸の思いで切りました

5.蓋をして、200g程度の重しを置き(水を入れた容器で十分ですが、なるべく均一に力が加わるように)、15〜20分ほど放置。

6.冷水を張った大きめの容器に型から取り出した豆腐を放ち、40〜50分程そのまま水中で冷やして固め、にがり抜きをします。

水の中でにがりを抜き、冷やし固めます

はじめは、水が黄色っぽく濁ります。15分ほど経過した時点で、少しずつ水を注いで、水を入れ替えるとよいみたいです。ただし、この時点ではまだ豆腐が柔らかいので、水が豆腐に直撃しないように。


完成っ!
豆乳500ccで作ると、こんなに小さくなってしまいます。

うすーい・・・

断面はこんな感じ。

うすーい・・・

大豆固形分が少ないから、たぶん脱水したらこのくらいにはなるだろうと予測はしていましたが、改めて見ると、本当に薄っぺらい。
ま、今日は実験だから。

かなりやわらかい。食べた感触は、「おぼろ豆腐が固まった」って感じで、手作りっぽいざらざら感があります。

でも、めちゃめちゃ美味しいっっっ!!
豆の甘みがあって、醤油や薬味など一切付けないほうが美味しい。
まさに私好み。神奈川の大山で豆腐が名物なんですが、それに近い感じ。

イスラエルで売っている豆乳は、日本で売っている「豆腐を作れる豆乳」よりも大豆固形分が薄いため、手作りの枠を超えることはできないようです。
本格的にやるならば、自然食品店で大豆を買ってきて、自分で豆乳を作るところからやればいいのかもしれませんが、私はコレで十分満足。

T社、ありがとう。豆腐を作れる豆乳を売ってくれて。これであなたの会社のカッチカチ豆腐じゃない冷奴を楽しめます。
あ、でも、加熱調理用には、あのカッチカチ豆腐を買うから、美味しいのを製造して下さい。時々、ニガリの臭いがすごく強い時があるから気をつけて。

さて、明日は1リットルで作ろう♪


exclamation というわけで、10月27日、豆乳1リットルで作りました。

豆腐完成♪

豆乳1リットルに対し、死海の水は、小さじ2.5杯(13cc)。
厚みが3センチ以上! 堅さもパーフェクトです。

◎関連記事:
 死海に行こう−1
 死海に行こう−2
 死海に行こう−3
   
posted by Heshbonit at 20:00| 食べよう食べよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

死海に行こう−3

さて。

死海のほとりで遊びまくること約1時間半(遊びすぎ)。
水温は適度だし、肌の上にかけると、ぬるぬるしていて、とっても肌によさそう。ミネラルタップリ吸収っていうのを実感いたします。

この公共海水浴場は狭いんですが、フランス人の観光客がほとんど。それでもグループで来ているようで、みんな、20分くらいでサッサと上がって行ってしまうから、かなり空いています。
監視台には監視がいて、「岸から遠くに行くな」「服を着て入るな」「潜ろうとするな」と頻繁に注意を呼びかけています(ヘブ・英・仏・露語で)。

ふと、疑問が湧いた。

私:「死海の水ってさ、取っていいの?」
X:「え、今さらそういうこと言う?」

ま、ペットボトル2本くらいじゃ、大丈夫でしょ。
元々、人が少ない端っこの方で遊んでいた私達。X氏が、1.5リットルのペットボトル2本を持って、さらに奥のほうに入り、水を汲んできてくれました。

監視には何も言われなかった。このくらいじゃ大丈夫なんでしょう。
ポリタンクでも持って入ったらさすがに言われるだろうけど。

無事、水も汲み終わりまして、シャワーを浴びて着替えてからお弁当を食べ、ちょっとドライブをしていこうと、少し南に下りました。

ユダヤ人自決の地、マサダ

マサダ

上まで登れます(標高400メートル)。8年前は早朝に登って、山頂でご来光を拝みました。ちなみに登るのが大変な人には、ケーブルカーもあります。

死海の海岸線。向こうに見えるのは塩の塊りです。

塩の塊り

今回私が利用したのは公共施設ですが、「スパリゾート」と称して、マッサージなどを楽しめる有料施設のプライベートビーチになっている所もあります。
死海の泥が置いてあるのは、こういう有料スパです。

でも最近、人口増加によって、上流からの水の流入が少なくなったことや、死海産業のための水利用などが増えたため、死海の水がどんどん減ってきており、あるスパリゾートの地域では、以前の海岸線よりも何百メートルも水が引いてしまったそうです。

エインゲディスパ

この写真がそれ。ちょっと分かりにくいですが、海岸線がどんどん延びて行ってしまっているため、リゾート施設からビーチまで、トラクターを改造したような車で送り迎えをしなければならないらしい。
ついでに、海岸線の近くに茶色い小屋(監視台)が写っていますが、海岸線が動くから、この小屋は台車をつけて、その都度、動かしているそうだ。

こののどかな死海沿岸道路にも途中に検問があります。ま、不審車輌でなければ停められることはないようです。

検問。何事もなければスルーできます


あ〜、すっかり楽しみました。
X氏は、日ごろの仕事のストレスがが吹っ飛んだらしく、すっかりご満悦。
「日帰りじゃもったいない。1〜2泊してのんびりしたい」と。

肌もスルスル。しかも、ただスルスルってだけじゃなく、なんか吸着するって感じで、カサカサな細胞がミネラルを吸収したんだ、ってのを実感。

イスラエルのガリラヤ湖南部に温泉リゾートがありますが、そこよりも死海のほうが、『温泉に来た〜いい気分(温泉)』という感じを楽しめました。
世界で一番低い場所(湖面の海抜がマイナス418メートル)だから、さぞかし世界中の汚い空気がたまっているんじゃないかって?
とんでもない、死海の空気は非常にキレイです。
酸素濃度が、3.3%(夏場)〜4.8%(冬場)も高く、また、海水に含まれているマグネシウムと臭素によって、リラクゼーション効果があるらしい。
X氏にしても私にしても、とにかくすごくリラックスできたのは、そういうことだと思います。

ちなみに、海水の成分はこんなだそうだ。
死海成分と海水との比較
この『Chloride、Magnesium(Magnesium chloride。塩化マグネシウム)』が、にがりの主成分らしい。詳しくはウィキ参照。

死海に関する詳しいサイトはこちら(英文)


また行こう♪ 豆腐だけじゃなく。

あ、豆腐。今から、製法を考えます。
 
posted by Heshbonit at 21:00| 楽しい毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

死海に行こう−2

というわけで、23日朝。

お弁当を作って、朝8時過ぎに出発。

運転はX氏にお任せし、期待とちょっと不安な90号線南下。
えーと、90号線っていうのは、WB地域を走っています。その昔、この90号線を南下してエルサレムに行くバスは、窓ガラスに鉄格子がはまっていたというほどで、最悪な状況だった時代には、あちらからの銃撃もあったと。

ま、今は本当に平気なんですけど、過去のさまざまがあるがために、エルサレムに行くには、高速6号線を使っていくのが主流になりました。
しかし、私が住んでいる所からだと、90号線南下というのは、道をただ南下するだけなのに対し、高速を使うと「逆コの字」のような状態になります。
確か、8年前にエルサレムに行った時には、この90号線を使ったはずなんですが、どんなだったか全く覚えていません。

さて。1時間弱ほど走ると、検問。WBに入っていきます。
ノーチェックでした。不審じゃない車は、チラ見でスルーできるようだ。

「前よりもぜんぜん道がよくなってますよ」とX氏。
前はもっとガタガタで、凄かったらしい。
両サイドには、のどかな農園が広がっています。

「え、全然なんでもないですね」
「だから90号線を南下すればいい、って言ったでしょう」

車の中から撮影

すれ違う車は、イスラエルのナンバープレートがほとんど。
これならホントになんでもないや。
欠点は、途中で休めるようなドライブインがないってことくらい。それだって、トイレをガマン出来なくなったら、ガソリンスタンドなどで借りればいいだけだから、何の問題もありません。


そして、2時間40分後、死海到着。
早ーーーーい!! これなら、テルアビブに行くよりも簡単。

エインゲディ公共海水浴場

早速、着替えて、死海に入ります。
着替えはトイレ(1シェケル)で。

Hesh坊、死海に浮く

浮いた浮いた〜。ってか、沈む方が大変。ニュースになります。

本を持って浮いてみたりする。

ちなみに持っているのは、1年前の週刊読売

イェーイ!! ピースピース!!

楽しいなぁ〜


ぷかぷか楽しそうだなぁ、って思うでしょう。
結構、大変なんですよ。
まず、あまり沖に行き過ぎると、「遠くに行くな」と監視員に注意されるから、適当に岸からの距離を保たないといけない。
そして、髪を濡らしたくないから首を上げていたんですが、だんだん腹筋が痛くなってくる。これって、「バランスボールに乗っている状態」なんですよ。
腹筋のトレーニングにはもってこいです。

「死海は泳げない」なんて書いてありますが、ま、手だけ動かして泳ぐことはできます。ただ、足が沈まないので、手だけの力で進むしかありません。
アメンボが進むみたいな感じ。

死海の波打ち際はこんな。

石がゴロゴロしています

こちら、塩の結晶が固まった石。

つるつるして見えますが、結晶だからかなり痛い

こんな石が水面下にもあり、結晶で足を切る可能性があるため、何か履いていないと危険です。が、サンダルだとこれまた大変。サンダルだけが足から離れて浮いてしまうのです。今回は、サンダルと足をヒモで括り付けていました。

あー、遊んだ遊んだ。

あ、目的は水汲みだった。
 
posted by Heshbonit at 20:00| 楽しい毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

死海に行こう−1

朝からネット環境の不具合でなかなかアップできませんでした。

さて。
イスラエル大手食品メーカーT社に「料理に使える純粋な豆乳を売れ」というメールを執拗に送った結果(・・・かどうか知りませんが)、ようやく、「塩も砂糖も香料も加えていない豆乳」というものが発売されました。
私は、ただ単に、「豆乳を使ったホワイトソース」を作りたかっただけなのですが、こちらに来てくださる在イのponさんから、「死海の水を加えたら、日本式の豆腐が出来ますよ」というとっても画期的な情報が。

イスラエルに売っている豆腐といったら、チーズのように硬いものばかり。
こちとら、日本にいた時は完全菜食主義で、豆腐を主食のように食べていましたから、試さずに入られません。
そこで、豆腐を食べたいという煮えたぎる熱意で、死海計画を試みた。

しかし・・・。
試みたはいいが、地図を見て、怯む。
遠い、遠すぎる。それは私の知らない世界。
8年前にバスで行ったことがあるが、自力で行く勇気は、全くない。
だからって、イスラエルのバスは嫌いだ。しかも北部から死海直通のバスはない。エルサレムまで行ってから乗り換えて・・・。あー、面倒。イヤダイヤダ。

しかし、熱意は私の中で煮えたぎっている。
このまま、この思いを沸騰させて、蒸発を待つのか・・・。

・・・。ひらめき 

在留邦人のX氏に相談しました。

私:「死海に車で行ったことあります?」
X:「何年住んでいると思っているんですか?」
私:「そうですよね。あのねー、豆腐を食べたいんですよ」
X:「死海の近辺に美味しい日本料理店でも出来たの?」
私:「そうじゃなくて、死海に材料があるんですよ、豆腐の」
X:「そのために死海まで行って、買おうと?」
私:「いや、タダなの。死海の水がにがりだってこと、ご存知ですか? あれを豆乳に入れると、豆腐が出来るらしいんですよ」
X:「死海の水がほしくてここから行くって、何を言い出すかと思ったら。それで、どのくらい死海の水を入れるの?」
私:「豆腐1丁あたり、大さじ1杯・・・」
X:「・・・(呆)。T社の豆腐でガマンできないんですか?」
私:「んなこと言わないで、行きましょうよ、死海〜! プリンみたいに柔らかい豆腐食べたいでしょ? 冷奴にしたら絶対に美味しいから。ガチガチのイスラエルの豆腐、日本人が食べる豆腐じゃないですよ」
X:「それで私に付き添って死海に行けと? いつ行きたいの?」
私:「行くんだったら平日がいいですよね。10月の中旬以降でどうでしょ?」
X:「え、仕事休めって?」
私:「たまにはほら、慰安旅行ってことで。こんな山奥で暮らしているよりも、違う空気を吸うっていうのは大事ですから。それにさー、土曜日だと混むだろうし、平日のほうが休暇っぽくって」

かなり強引な、勧誘成立。

ということで、死海計画、決行。

私:「6号線から、エルサレムに抜けるっていうのが・・・」
X:「なんでそんな遠回りをしなくちゃいけない? ここから90号をそのまままっすぐ南下すれば簡単でしょう。エルサレム通過なんてしたくない」
私:「ってそりゃそうですけど、今のご時世どうなんでしょう」
X:「あのエリアが無事だった時代はなんてない。昔はすごかったんだよ。それに比べたら今なんて何の問題もないから」

行程と運転は全部は任せることにし、私は食糧班。

X:「少なくとも、空のペットボトル5本くらい用意しておいてくださいね。なくなったからまた行こうって、年に何度も行きたくないですから」
私:「悪くならないでしょうか。微生物とか・・・」
X:「微生物がいないから、死海でしょう?」

死海死海。死海に行くのだ!
 
posted by Heshbonit at 19:00| 楽しい毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

クシ≒黒ン坊?

週明けだっていうのに、朝6時45分に停電。
そういえば、村の掲示板に書いてあった。電気工事がどうのこうの、と。
でも7時30分からのはずなんだけどな。5分待ってみたが、復活する気配がないってことは、もう作業に入っているってこと。
あ、急げ。ガソリンスタンドのUPS、15分しか持たない。
売上データが取れないじゃないかっ!

眉も描かずに家を飛び出し、スタンドに行って売上データだけ取る。
取り終わったところでUPSが切れた。
家に帰って眉を描き、経理部出勤。
窓からの明かりで仕事は出来るが、PCも電算機も動かぬ。
9時に復活するも、今度はシステムが動かぬ・・・。
動いたから使いはじめたら、10分で落ちる・・・。
もうどこまでイライラさせるんでしょ。
あとはもう毎度のことなので話題にもならないから、この辺で。


今日は、イ国で大人気の甘いお菓子の話。
images.jpg 200px-Schokoladenkuss1.jpg

元々は、今から200年前にデンマーク発祥のこんな名前のお菓子(どう読んでいいやら分からぬ)。で、ヨーロッパ各国に広まった、と。

イスラエルでは、薄いビスケット生地の上に各種フレーバーのムース状クリームを置き、外側をチョコレートコーティングしたものが主流。さらにこれのアイスバージョンもあり、どちらもすごい人気です。
年間5千万個が製造販売されるほどで、イ国で売上トップの市販の菓子。
なんと、ハリポッターヘブ語版では、ダンプルドア校長が好きな食べ物「レモンドロップ」が、このお菓子に擦りかえられちゃっているらしい(いいのか?)。
日本では、そーですね、森永エンゼルパイみたいな感じです。そのビスケット部分が非常に少なくて、ムース状クリームが上に膨らんでる、ってな。

イスラエルでは、建国前から作られていたそうです。
当時このお菓子の名前は、『クシ(Kushi)』。ヘブライ語で、『黒人』。
クシとは、旧約聖書においては、箱舟のノアの孫にあたる「クシュ」が由来で、その「クシュ」という名を取って、紀元前にエジプト南部からヌビア一帯に繁栄した文明は、「クシュ文明」と呼ばれています。

お菓子の名前をこんな名前にした理由は、元々これがイギリスで、『ニガー』っていう名前だったから、直訳しただけなんです。また、ドイツでもオランダでもフランスでもフィンランドでも同様に、「黒人の◎◎」ってな名前だったそうだ。
この21世紀でお菓子にそんな名前を付けた日にゃ、世界が黙っちゃいないのですが、1960年前半頃までは、「だって見たまんまそうじゃん。何が悪いの?」ってな気持ちで、誰もなんとも思わなかったんでしょう。
チョコレートコーティングされているから、『黒人』という名前を気軽に付けたのですが、世界的な戦争も終わって世の中平和ムードになって秩序が戻ってくると、「差別はよくない」っていう意識も出てくるわけ。

で、キング牧師がノーベル平和賞を受賞した頃、「人種差別を思わせるような名前を、子供のお菓子につけるのはよくない」ということが、世界的に理解されるようになり、各国でこのお菓子の名前が一新されます。
当イスラエルでも、1966年に新しい名前が付けられました。

ヘブライ語で
クレム(クリーム)+(その中にある)』だから

『クレンボ(Krembo)』

え、「黒ン坊」? 
まだ差別っぽいんですけど・・・。
    
posted by Heshbonit at 20:00| イ国の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

じゃがいも再生

休日。

特にやることもなく、ただダラダラと過ごしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆ ブログペット デイリーメール [2007年10月20日] ◆◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Heshbonitさん こんにちは!
 BlogPetから最新のお知らせをお届けします。

・‥……… ♪今日のテーマ♪ ………‥・

普段、新聞を読んでいますか?
また最近気になった記事があれば教えてください。


紙の新聞は読んでないです。
ネットで、日本の大手新聞社のサイトを一通り読むくらい。
最近、MSNが毎日から産経になってしまいましたよね。毎日の時はレイアウトがよくて読みやすかったけど、産経は元からあまり好きじゃなかったし、なんにせよ記事が読みにくく、疎遠になりました。

あと、イ国の新聞サイトはイェディオット・アハロノット。これ以外の会社は左傾向があまりにも強すぎて読む気が起きない。
ちなみに、イ国の新聞は多色刷りが多く、ソレが理由ではないのですが、文字が著しくズレていることが多々あります。イスラエル人は文字ズレなんてもの問題にしないけど、私が紙の新聞を読まない理由はソレです。

気になった記事・・・。
赤福。前にお土産に関する話を書きましたけど、なんでしょう。

>工場が比較的暇な時期に、作りだめしたり余ったりした商品を冷凍し、繁忙期の年末年始に解凍して売り出す手法
繁忙期に向けて作りだめして冷凍するのは、大手ケーキ工場でもやってます。クリスマスケーキなんか大体そう。でもいくらなんでも、余った商品っていうのは、デコが違うから有り得ないと思いますけど。

>売れ残った商品を回収後に餅(もち)とあんに分け、グループの和菓子製造会社に販売していた
...ってこれは、ちょっといくらなんでもすごすぎ。

んーと、イ国の記事では、ここ1週間、学校の先生がストライキ。
イスラエルの先生には、教育者としてのプライドを持った人などいなければ、子供の将来を真剣に考えている人なんていません。熱血教員なんて皆無です。「教育レベルが低い」と内外からクレームが来ても、誰も真剣に考えていません。
実はかなりいい給料なんですよ。毎年毎年、職能給が上がるし、休日が多い。夏休みでもフルに給料出るし、なんらかのコースで勉強したいという申請が通れば、無料で通える。だから、教え方の悪い年増の先生が、PTAに抗議されても我冠せずにしがみ付いている。

Q:それでなんでストばっかするんですか?
A:1割上がったら、次は1.5割ほしくなるのが人間。子供をダシにしてストするのが一番効果的だから。

どーでもいいんですが、今、TVでバックトゥザフューチャーをやってます。めちゃめちゃ懐かしい。
こんな古い映画しか持ってこないのか、このデジタル放送・・・。


ひらめき 今日の実験。

月曜日に買ってきたじゃがいもが、水分が多い上に、大根のようにガジガジな食感で、どうしようもない代物でした。ラトケにしたらどうかとやってみたけれど、これはもう、なにをしようとも無理・・・。
いくらなんでも、「ふーん、今日はこういう味なのね」なんて思えない代物。
N兄の大好物・山羊の口にはもってこいの材料かもしれないけど。
たぶん、冷蔵保存の温度が冷えすぎて、冷凍に近い状態だったのかも。

これじゃ捨てるしかないなぁ、と諦めかけていたのですが、思い立って、ニョッキっぽくしてみたら、これがイケル。

gnocchi風

異常に水分が多くて、ニョッキ独特のあの形にするのが不可能で、スプーンですくって鍋に落として茹でたため、ちょっと見た目は悪いですが。
さらに、思いつきで半分は揚げてみたら(写真右)、これまた美味い。
早速、トマトソースを作って、ランチにしました。
まずくて硬くて最悪なじゃがいもでも、ニョッキすれば美味しい。
これはなんとも新しい発見。
捨てずに済みました。よかったよかった。

しかし・・・
これが結構、お腹にたまります。
夜は久しぶりに巻き寿司を作ろうと思っていたのに、お腹が空きそうにない。
posted by Heshbonit at 17:00| 食べよう食べよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。