2007年08月04日

お相撲に思う

前から何度か書いてきましたが、相撲観戦が好きです。
子供の頃から、NHKの大相撲中継を楽しみにしていました。
相撲が好きなのは、1回勝負で決まることと、倒れた相手をそれ以上攻撃しないから。
つまり、格闘技なら何でも好きなわけではなく、倒れるまで殴り続けるボクシングや、血を流す相手を執拗に攻撃するプロレスの類は、心の底から大嫌いです。
その手の類の格闘技が大好きという人間は、誰であれ軽蔑しています。


さて、そんな理由で相撲が好きだったのですが、最近はどうも見るのがイヤになってきました。
イ国は、ユーロスポーツチャンネルで、2ヶ月遅れの大相撲が見られます。
なんか違うんですよ。
何場所か前からか、どうもおかしいなぁと思うようになりました。
見ていてなんだかつまらなくなってきたんですよね。

確かに、朝青龍は強い。すんごい強い。
でも見ているうちに、彼がプロレスラーに見えてきた。
プロレスラーなら強くて当然。ワザもいろいろ知ってて当然。
悪口言われてマスコミに叩かれても、へっちゃらでいられて当然。
そう思ったら、相撲を見る気がなくなってきました。

私が子供の頃、高見山という人気力士がいた。
ハワイ出身で、テレビに出てユニークな発言をしたり、CMで歌ったり踊ったり、当時読んでいた子供向け雑誌にも「高見山特集」なんていうのもあったのを今でも覚えている。
テレビでは、部屋対抗歌合戦とか、仮装大会とか、とにかく相撲取りがすごーく身近だった。
少し前でも、ハワイ人力士の小錦もいたし、文句なしに強かった千代の富士もいた。小さい体ながらいろんなことをする舞の海。美形力士といわれた寺尾。巨体の水戸泉。若貴兄弟の活躍っぷりも楽しかった。

最近、国民的に親しまれるほど名前があがる力士がどれだけいるでしょうか。


別に外国人力士が悪いと言っているわけじゃない。
日本と日本文化に対するリスペクトが全くないことに、腹が立つんです。
モンゴル人だけではない。
レスリング仕込みのギクシャクした相撲しか取れないロシア人や東欧人が、レスラー気取りの相撲を取るのを見るとイライラする。あんなのでいいのでしょうか? 共産主義崩壊で逃げて来た出稼ぎガイジンでも、相撲さえ出来ればいいの?

歌舞伎役者や舞妓・芸妓が、「最近は若い人の後継者がいないから」と、モンゴル人やロシア人にやらせますか?
いや、やらせてもいいんですよ。
私が言いたいのは、「見た目が違和感なく、形さえ合っていれば、日本に対するリスペクトなんて全くなくても、構わないのか?」ということ。


去年の夏、佐渡ヶ嶽部屋がイ国に来て、古代遺跡で相撲を披露しました。
あとで考えたら、段取りを仕組まれた相撲ではありましたが、海からの涼しい風に吹かれながら、日本の伝統文化の相撲を観戦するというのは、すごく楽しかった。

巡業をすっぽかして、里帰りしていた、朝青龍。
大相撲は年に6回、残りは地方巡業が力士の仕事。
主要都市での大相撲を見に行かれない地方の人は、相撲取りが地元体育館に来て相撲を披露してくれるのを楽しみにしています。間近で相撲を見るのって楽しいんですよ。もちろん、彼らはそれが仕事であり、収入になるのです。

TVに映る大相撲しか興味がないモンゴル人、いつまで横綱にしとくんだろ。
相撲は強きゃいいってもんじゃない。
さっさとプロレスに転向すりゃいいのに。


今度は「うつ病」とか言い出している。
「ママの料理を食べたい」って。
大和民族日本人の男なら、心の中でどれだけ思っても、絶対に口に出さない。

気持ち悪い。

ホントにこんな男が横綱なんですか? 


一般企業で、「怪我をしたので、治療に専念します」といって休職願を出した社員が、会社に無断で里帰りしてサッカーして遊んでいたら、どうなります? 
どう考えても、それ相応の処分が下ります。当然です。
すると今度は、その処分に対して、「処分が厳しかったので、急性ストレスで口が利けなくなりました」と言って、上司が訪ねて来ても話もしない。

よくても左遷。厳しい会社なら、話し合いの後に退職でしょうね。
posted by Heshbonit at 15:00| ロシュ・カタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳内メーカー

おはようございます。

いつものように起きぬけ一番のブログめぐりをしていたら、ハマダが忙しいのに更新しておりまして(エライ)、そんでこんなの載せていました。
大人気で繋がりにくいらしいので、裏ワザで入り込み、やってみました。

こちら、私の脳内。

私の脳内。欲望だらけじゃん

欲望が8割と、残りは、罪と楽。
なんか、言い得ている・・・。
posted by Heshbonit at 09:00| ポツラカマタア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

開発中

半日出勤。

仕事をしていたら工場長が来て、「このデータを出して欲しい」という単純な依頼だったのが、経理関係の問題点やらなんやらのミーティングになった。
こちらにしたら、外注を受けるような形での経理ではありますが、それはそれで面白くなりそうです。

さて、経理部のひと気がなくなったところで、先輩部員に昨日のバトルのいきさつをぶちまけ、100%保証で私が正しいというバックアップを受け、今後、「誰にどう訴えるべきか?」というアドバイスをしてもらう。
ま、この件はこれで落ち着くでしょう。

というわけで、午後は在宅。

先日送っていただいた「きょうの料理」の中に、この広告が入っていた。




そういえば食べてない。
ってか、ないじゃん、この国じゃ。
でも食べたい。
そういえば・・・。


こんなのは売ってる。
たらこの缶詰。デンマーク産。11シェケル(≒300円)

ちょっとやってみよう。
缶から出してざく切りにしてから、少しずつワインでのばします

完成っ!
たらこ特有の香り・バター風味・そして決め手のたっぷり海苔


写真映りがイマイチですけれど、美味い。すっごい美味い。
まさしく、君は、たらこスパゲティ。

上の写真は、たらこの缶詰。デンマーク産です。日本ではあまり目にしないと思います(私もココに来て初めて知りました)。
この缶詰、たらこがペースト状になっていて、パンに塗って食べたり、ギリシャ風タラモサラダにするようです。
私は、スライスして焼いて、『焼きタラコごっこ』をしています。

さて。いくつかのサイトで作り方を見てから、実験開始。
(たらこスパゲティを作るのは初めてです)。

@たらこ缶ペーストを白ワインでのばしてから、さらに水を加えてソース状にし、パスタに和えやすいように柔らかくする。
Aフライパンに油を入れて熱し、茹でたパスタを入れて油を馴染ませてから、マーガリン(バター)を落とし入れて、風味をつける。
B全体に馴染んだら火を弱め、たらこペーストを混ぜ合わせ、塩コショウで調味。生たらこに比べて塩分が少ないので、塩は多めに。

元がペースト状のたらこ缶なので、口の中ではじけるようなプチプチ感はありませんが、生たらこでなくても出来ることが分かりました。
たらこスパゲティ。日本が生んだ偉大な和風パスタ。


気が付いたら料理用白ワインがなかったため、しばし悩んだ末、とっておきの2000年の白ワインを開けた甲斐がありました(笑)。
日常は1滴も飲まない私ですが、プレゼント用としてワインを買い置きしています。
せっかくのワインだったので試飲しましたら、激ウマなワイン。
私が知っているあるお嬢様なら、たぶん10分1本勝負でフィニートでしょう。
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

久々にバトル

出勤。

観光部門から強烈に大量な売上集計が来て、解読するだけで1時間。
大したモノはない場所ですけれど、それなりに国内旅行者は多いです。
それでも、北部国境ギリギリ地帯の観光施設の集客率は非常に低いそうです。
以前ならば、ギリギリ地帯は標高400mの高地にあるため、「夏でも涼しくてさわやか」がウリだったのですけれど、昨夏の戦争のせいで、「いつなにが起きるか分からない」というイメージが一気に強くなってしまったらしい。
何も起こらないんですけれどね。
ま、住んでいるから言えるようなものですけれど、お金を出してまで宿泊して何か起きたら・・・と考えるのでしょうか。

かくいう私も、初めてここに来ることになった時は、「やだ、こんな国境ギリギリなところ」とビビリました。(どうして来たか?は書きません)。
来てみたら、全然なんでもないんですよ。ま、ここは国境から10km離れているから、絶対に飛んでこないとは最早いえないけれど(昨年まではそれを信じていた)、飛んでくる確率は非常に低いし。


さて。

今日の帰り際、資金担当とバトル。
ガイジンが田舎村で働くってことは、相当な風当たり(嫉妬)を受けるんです。
未だに、私を辞めさせて、別の人を入れたがる人もいる。
直接口に出さないけれど、彼女もその1人だ。

「ろくに言葉もできないようなガイジンに出来る経理なんだから、経理なんて出来なくても大丈夫」と思うらしい。別の人ですがハッキリ言っているのを聞いたことがあります。
週に1度しか来ない会計士のところにも、「なぜガイジンを?」という苦情が来ているらしい。外部の事務所から来ているだけの彼女は、「それは村の決定であり、私は無縁。第一、仕事上は問題ないんだから、私がその質問に答える必要もない」と放りっぱなしにしています。

冗談じゃねぇ。やれるもんならやってみろ。経理、甘く見るなよ。

最近、村の掲示板やタウン誌などに、『◎◎村、経理部員募集。大至急』という広告がやたらと目に付きます。
今年の3月、別の村の経理部で働く友人が、「経験があって若くて長続きしそうな人を募集しているのよ。ソッチを辞めて、うちの村で一緒に働こうよ」と声を掛けてきたことがあった。

過疎村の高齢化によって、定年退職の後釜が必要な時代なんですが、それだけではありません。
以前ならば、田舎村の経理なんて、単に数字を入力すればいいってな具合だったから、「あの人は真面目だし、数字に強いから」なんていうレベルでなんとかなっていた。

しかし最近は、村の中の多角経営によってどんどん複雑化し、一般企業のような経理とはまったく違う。
吹けば飛ぶようなうちの村でも、なんと7部門の連結勘定があり、それぞれが文章にするのが面倒な状態で繋がっています。そして今月から、経理部で、工場の簿記も兼任することになった。
イスラエルの簿記中級(2級)では、本支店勘定すらやらないし、簿記上級で連結を勉強して資格を取ったところで、その経験がないとサッパリ分からないでしょう。

それだけに、どの村の経理部員急募も、『農村経理の経験者のみ』という絶対条件が書かれているのです。
ついでに言えば、農村の大半が同じ経理会計ソフトを使っているから、そのソフトが即日使える人というのも絶対条件。強烈に厳しいですね。
そんな人が本当に見つかるのかどうか、私もよく分かりません。

今日のバトル内容は面倒だから書きませんけど、「非常に些細なことにイチャモンを付けて、プレッシャーをかける」というのが目的なのがハッキリ分かった。
しかもこれが4度目だ(苦笑)。前回も同じようなことで揉めたため、会計士に話をつけてもらったはずだったのに、未だに尾を引いている。


さて、バトル後、興奮状態のままもう1つの職場に寄って、その場にいたボスに言いまくった(ボスは口が堅いから誰にも広まらない)。

明日は先輩部員を味方につけ、来週、会計士が来た時に決裁してもらいます。 
posted by Heshbonit at 20:30| 経理のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

8月になりました

出勤。

月初ですからそれなりに忙しいです。工場の経理まで増え、忙しい時期はどの経理も同じですから、強烈に忙しくなっても当然です。

ようやく現金勘定と銀行勘定を合わせ、小休止して本格的な仕事に取り掛かろうとした瞬間、もう1つの職場のボスから電話。

「今、会議室で重要会議をしているんだけれど、大至急、データを作って持ってきて欲しい」

資源省の役人・ガス会社の北部支社長に、事業部長・事務長が参加している会議。そりゃ大変ですねぇ。
最近では、経理部のPCに、必要そうなデータは全て入れているため、事務所に戻る必要はありません。・・・でもこっちもそれなりに忙しいんですけど。
とは断れませんから、10分後にデータを作って、会議室へ。
資源省の役人が、パンダでも見るような目で見ている。そりゃ物珍しいです。
こっちはそういう目で見られることにはぜんぜん慣れているんですけど、それに気が付いたガス会社の支社長が、「これはheshbonitといって、日本人で・・・・」と懇切丁寧な説明をはじめました。・・・はいはい。

午後も引き続き熱心に仕事。でも忙しいのはそれなりに好きですから。

お疲れ様でした。
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。