2007年08月31日

プチ国際逃亡犯

事の発端は今月初め頃。

大手建設会社の社長が逃げたという話が、速報でイ国全土に流れました。
そして、既に手付金を払った人達が、「ここはオレの家だ!」と建設予定のマンションの部屋に入り込み、それを阻止しようとする警察や警備関係者と衝突をするという大騒動が始まった。

さて、ヘフツィバというイスラエル大手建設会社(同じ名前の居住地もありますが無関係)。1968年、モルデハイ・ヨナによって創業され、現在の社長は2代目のボアズ・ヨナ(初代モルデハイは会長)。

1992年、骨組みだけで手付かずだったテルアビブの中央バスステーションを完成させたことで、会社名が一気に広まる。
「お手頃価格でコンパクトな住居をたくさんの人に!」というのが、親しみやすく分かりやすい、ヘフツィバのコンセプト。
つまりは、『薄利多売方式』で、より多くの庶民により多くの住居を建てては売りさばくというのが、ヘフツィバ商法。
その後も、イ国の中部や都心部にマンションやメゾネットをばんばん建てた。
2006年、「ヘフツィバ・グローバル」を設立し、ルーマニアに進出。
また同年、宗教者向けの住居の大量建設に着手。
2007年、イスラエルの建設中住宅の10%はへフツィバ社・・・。

さて、ここまではよかった。
いや、よくなかった。
大体、こういう華々しい裏には何かあるもんですよ。

2006年末の決算で、粉飾決算が明るみに。
そして、2007年8月、代表取締役のボアズ・ヨナ、国外逃亡。

なんと、逃亡の3日前まで、住居購入者らに、「建設保証金の小切手名義は私の名前に」と言って、名宛人ボアズ・ヨナで小切手を書かせてたっていうんだから。
ま、引っかかる人達もおかしいけどね。なんで個人名で小切手を渡すのよ? ちょっと考えれば分かるじゃん。しかも少額小切手じゃないんだから。

ボアズ・ヨナが逃亡する数日前には、イスラエル大手のグループ企業が買収する話もあったらしいけど。ま、それが決裂したから、逃げたんでしょうね。
で、逃げる直前に、ウブな子羊から集められるだけのお金を集めた、と。

ヘフツィバ・グループの総負債額が15億シェケル(420億円)。
銀行債務だけでも、8億シェケル(225億円)。
もうどうしようもありません。

問題は家の手付金を払った、或いは買っちゃった人達。
住居を一般人が購入した場合、不動産庁に登記の名義書換をするわけですが、今回のように、建設業者が分譲マンションを販売し、一般人が購入した時、購入者は「仮所有者」として「部分登記」され、マンションが全戸完売(或いはそれに近い妥当な戸数。特に規定はない)され、ヘフツィバ社が、各分譲所有者の名義変更手続きを完了するまでは、建設業者の所有とみなされます。この移行期間に関して、現行の法律では規定がありません。
いくら手付金を払っていても、或いは全額払っていても、所有者であるヘフツィバ社が登記書換をしていないのは事実であり、現時点では、いくら泣いても喚いても、ヘフツィバの所有財産なわけです。
ちなみに、不動産登記のことを「タブー」と言います。
これはヘブ語じゃなくて、トルコ語由来。

なんと調べた所、過去にこの会社が売り続けた住居の多くが、この不動産登記登録をしていなかったそうです。もうムチャクチャですよ。
登記登録の変更をしていないってことは、たとえば完済して10年以上住んでいても、法的に見れば、「ヘフツィバの所有建物」なわけで、分譲マンションを売って別のところに引っ越そうにも、売りに出せない状態だったりすると。

ということは?
分譲で買ったはずが一部所有としかみなされず、登記上はヘフツィバ社の資産。
会社が倒産したら、会社所有の動産・不動産は債権者で分配・・・。え?
被害者数がハンパじゃないだけに、最大債権者の銀行は、「既に保証金を払っている人の不動産に関しては、手をつけない」とは言っていますけれど。


さて、ボアズ・ヨナ社長ですが。
逃亡後、すぐに国際指名手配されました。もちろん、直ちに資産凍結され、父で初代社長のモルデハイは裁判所命令で自宅拘束されました。

インターポールのサイトより引用
(クリックすると大きくなります)

そして、ルーマニアでの目撃情報とかいろんな憶測が飛び、昨日午後、イタリア北部のレストランで逮捕。ハイ、ごくろうさん。

世間の憶測では、インターポールとの提携がない国にいるんじゃないかとか、アジアのヤバめな国に飛んでから南米に抜けたんじゃないかとか、いろいろと言われていたんですけどね。
ルートは、「イスラエル→ドイツ→オーストリア→ルーマニア→イタリア」だったそうだ。なんでもルーマニアで偽造パスポートを入手したとか?
もしも、偽造パスポートを手に入れたんだったら、何をイタリアなんて近場をウロウロしてたのか。あまり頭のよろしくない人なんじゃないの?

例のらいおんハート♪こと大富豪ガイダマック氏がヘフツィバを買うか?なんていうデマも飛びましたが、現在、別の買収に大忙しで、眼中にないみたいです。


最後におまけ。
ヘフツィバって、日本人の耳には変な名前ですが(言いにくいし)、
『ヘフェツ(望み・喜び)+イ(私の)+バ(彼女にある)』
の3語が連なって出来た単語。
『バ(彼女にある)』とは、イスラエル(ヘブ語で国は女性形)を指す。
つまり、「私の喜びは、イスラエル国にある」と。
建設会社として名前だけは麗しいじゃん。やってることはムチャクチャだけど。
posted by Heshbonit at 17:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

運動嫌い

カッコだけはつけてみる
 世界陸上、大阪でやっているんですね。
 さすが世界一流アスリートっていうだけあって、
 体がすごい引き締まって、お腹の贅肉なんて
 ぜんぜんないもんね(あったら怖い)。
 TV見てても、目が腹筋にばかり行ってしまう。
 そして、運動しないとなぁ・・・と思う。


でも子供の時から、ホントに運動が嫌いだった。

今はもうどうしたものかこんな有様だけど、これでも喘息持ちで体が弱く、学年でも1、2を争う「病弱」だったんですよ。だから、ちょっと走っただけでゼーゼーしたりして、そうなると走れなくなっちゃう。体育の授業にロクに出た記憶がない。

そうなるとさ、だんだんズルくなってくるのよ、全然平気な時でも「苦しいから見学」なんていうのを連発。だってホントに出来ないんだもん。でも鉄棒だけは、どういうわけか得意だったけど。
中学は地元の公立だけど軍隊式教育で、ちょっと何かすると殴られるのがイヤだったから、さらに見学が多くなる。先生にしても、頻繁に学校を休む生徒にムリヤリ体育に参加させることまではしなかったし。

結果、ボールすらまともに投げられない人間に成長しました。
ボールだけじゃないけどね。何も投げられません。
「それ取って」と言われて投げたモノは、最短距離の床に落ちる。
それから腹筋も腕立ても前屈も何にもできない。
走るって言っても、どう走っていいか分からない。
考えてみたら、幅飛びとか高飛びとか、殆どやったことがない。

こうなると何のセンスもない。リズム感にあわせて体を動かすってのも無理。
高校の時、体育祭で誕生月によって「軍」に分かれてダンスするっていう恒例行事があったけれど、1年は強制参加だから免れることが出来ず、しかしながら今考えても、ってか想像するのも恐ろしい酷い有様だった。
その後、バブル末期で遊んでいた時にしても、「踊りに行こう」と言われると、「行こう行こう」と喜んで行くけれど、必ずボックス直行。


えー、さて。
現在は、毎日、自転車こぎみたいなマシーンを15分ほど。
関節を動かしておかないとね・・・。車社会だから歩くということが全然ないんですよね。歩くこと自体はものすごく好きで、日本にいた時も地元のひと駅くらいならば、大体歩いていましたが・・・。
まぁ、こんなどうしようもない軟弱オトナですが、それでも世界陸上を見て、「あー、なんかやらないとなぁ・・・」なんてちょっとは思ったりする。
思うだけ。思うのは勝手。
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

クールビズしてます?

ブログわんからこういうメールが来るようになりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆ ブログペット デイリーメール [2007年08月29日] ◆◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      
 Heshbonitさん こんにちは!
 BlogPetから最新のお知らせをお届けします。

・‥……… ♪今日のテーマ♪ ………‥・

あなたはクールビズしてますか?


あー、いいですね。毎日テーマをくれるのねー。
頭使わなくていいわぁ。

クールビズ?

ええ、そりゃもう。
職場に行く時は、Tシャツにサブリナ丈のパンツ。足元はスニーカー。
大事なポイントのノーメイク(眉は必須)。メイクって暑いから。メイクしてたらクールビズになれないのよ。
職場は、エアコンガンガン。全然クールビズじゃない。
私は効かせたくないんですけど、同室の先輩部員が・・・。
あまり冷えすぎると、彼女が立った隙に温度を上げます。

最近はイ国でも、「電気を大切にね東京電力」みたいなCMをやってます。
でも、デンコちゃんじゃなく、オッサンが出てきます。

エアコンを使う時は窓を閉めましょう
え、なんで窓を開けるの?って思うでしょ? この国、結構いるんですよ。
閉所恐怖症なのか体臭が臭いのか分からないけれど、いつでもどこでも、とにかく窓を開けたがる人。ってか窓を開けていないと不安になる人。
洗濯機や食洗機は、めいっぱい入れて使いましょう。
あの、めいっぱい入れて、って詰りませんか? 2/3〜3/4くらいが適量で、取扱説明書にも「入れすぎは故障の原因」って書いてあると思いますが・・・。
エアコンの設定温度は25度にしましょう。
これには注釈が必要かも。この国で販売されているイスラエルメーカーのエアコンは、25度が適温なんです。
ちなみに、私の家は三◆エアコンなので28度が適温です。

日本に比べたら、まだまだなイスラエル。
でもね、思うんですけど。
日本で、クールビズだのエコだのなんだのというけれど、そんなに消費電力を気にするならば、まずは駅前のパチンコ屋を減らせって思いませんか?
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

これでも別れる?

ココ最近、仕事のことを書くと、一昨日のように爆発する話になってしまうような状況で、どうにも困ります。月初じゃないんで、そんなに切羽詰ってるわけじゃないんですけどね。
今日はちょっと気分を変えて、久々にイ国のニュース。


イスラエル人は恋愛フリーダムな国です。70歳過ぎた人でも、「パートナー募集・真剣交際希望」なんていう広告を平気で出したりする。
しかし、結婚は簡単でも、離婚は普通の法律に加えて宗教法も加わったりするから、とっても大変な国。
宗教は門外漢なので、今日は普通の法律のほうの話です。

離婚するにあたり、「婚姻期間中に培った共同財産は双方話し合いの元で分けなければならない」とあります。
話し合いって言ったって、離婚する間柄ですから、おとなしく話し合えるわけがありませんので、弁護士を入れます。

さて、「共同財産」ってなんでしょうか。
一般的には、「動産、不動産、貯金」ですね。

今日、最高裁の判決で新しい「共同財産」が増えました。

事例1:妻は専業主婦で家事子育てに専念していた。夫は、それをさらに伸ばすために、昼間は働き、夜は大学や専門学校に通って、より高度な学歴・資格を身につけました。そのため、夫は世間よりも多く収入を得ています。
さて、こういう夫婦が離婚したらどうなるか?

判決:「夫が学校に通えたのは、妻の内助の功があったからである。よって、夫は学歴・資格手当分を妻に払わなければならない」

こりゃ、キツイぞ。たしかに内助の功かもしれないけれど、逆の立場から見たら、かなりの家庭が兼業主婦なのを、パートもバイトもせずに、勝手に専業主婦してただけ、ということじゃないでしょうか。
なんたってこの国、子供の扶養控除を受けられるのは妻だけ。だから大半の既婚女性が働いて家計を支える。それを敢えて働かずに専業主婦していたんでしょ?

ま、いいでしょう。人はそれぞれですし、第一、高学歴がある夫なら、ちょっとくらい余計にもらってもいいよね。支払えるでしょ。
労働者階級一般庶民には関係ないです。

じゃ、次。

事例2:離婚後、夫はリストラされ、退職・失業給付金を貰いました。

判決:「妻と婚姻期間中に給与から積み立てられた退職失業給付金は、夫婦の共同財産とみなす」

・・・可哀相に、つくづく。 
奥さんと離婚はするわ、リストラされるわ、養育費を払わなければならないわで、今後どうやって生きていこう・・・。いつかはパートナーを探そうなんて思っていたけれどそれどころじゃないぞ。まずは失業手当で切り詰めながら生活して、1日も早く仕事を探そう・・・。
と悩んでいると、別れた奥さんが来て、「失業給付金を私にもよこせ」って?

酷すぎ・・・。
ま、日本人じゃないから、ぜんぜん悩まないだろうけどさ(笑)。

日本でも年金改正法によって、離婚した後、妻がずっと専業主婦だったら、結婚していた期間に夫が納めた保険料に対応する夫名義の厚生年金の権利を、最大で1/2まで分割できるようになりましたけれど。
あれと同じようなもの、と考えるべきなのか、そうではないのか・・・。


しかし、それだけに、別居しても離婚しないケースがたくさんある。宗教法によれば、夫が認めないと離婚が成立しないとか。
夫婦の生活は破綻しているわりに離婚率が低いのは、この辺が理由。

プラス、離婚しても養育費を払わない人もたくさんいる。
だからといって女性が不利なのかといえばそうじゃない。

この国は、事実婚がたくさんいる。若い世代もそうだけれど、再婚する人達。あ、結婚していないから再婚とはいえないんですけどね。

結婚せずに子供がいると、母子家庭手当が出る。男が一緒に生活していようがいまいが。だから、母子家庭手当欲しさに書類上の離婚する人もすごいんですよ。特にロシア系移民。
ユダヤ人と偽って移民したものの大半がユダヤ人ではなく、宗教省が彼らの婚姻を法的に認めていないから、離婚がさらに簡単らしい。

この国の別居や離婚はホントに多い。
世の中にたくさんカップルがいて、別れる理由はそれぞれだろうけれど、日本人の私が、自分の目と耳で判断した結論は、全て同じ。
「気が強すぎて手が付けられないイスラエル人の妻。そんな妻に口では絶対に勝てないから、暴力で解決しようとする夫」
・・・私は無関係ですから、どーでもいいんですけど。


日本にいた時、知り合いのお姉様(離婚歴アリ)が言ってた。

「結婚は歩いていけ・離婚は走っていけ」

逆の人が多いからだろうね。世界的に。
posted by Heshbonit at 19:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

怒髪衝冠壱歩寸前

金曜日に、「クールできついヤリ手タイプ」という見事な診断結果を受けまして、ま、今さら持って生まれた性格をどうこうするわけには行かないし、別にいいや〜、っていう気分で出勤したわけですが。

さて。
工場の経理主任が辞めたため、工場の経理を受け持つこと早や2ヶ月。
私の受け持ちなんてそんなにないんですけど、経理部の下っ端ですから、下っ端らしい、1番コマゴマした面倒な部分も、私の担当になっています。
ところで、主任は辞めたものの、もう1人の人は残っています。とはいえ彼女は経理もやっているけれど、本来の業務は総務で、実際の経理の経験もなければ、本人が経理をしているという自覚もありません。
それがここ2ヶ月近く、私のイライラの根源となっているのです。

今日も、強烈にグッチャグチャのレシートやらなんやらが投げ入れられた大きめの封筒がドサっと届いた。彼女はそれを簡単な出納帳に記入しており、私の仕事は確認して各費用勘定ごとに分け、システムに入力するわけ。

文章に書くと、「だからなに? 仕事でしょ?」っていう程度です。

が。

封筒を開けて出した瞬間、もうキレる一歩手前まで一気に過熱。
私が音が鳴るヤカンだったら、ピーっていう寸前。
ゴミ箱から出したんじゃないか?っていうくらいグチャグチャの領収書。日本人には絶対理解できないと思うけど。で、それをまたグチャグチャの状態でホチキスで留められていたりする。
今考えても、こんなすごい起爆剤を貰って、よくも私は耐えたと、我ながら偉いと思う。

「あー、キレる、私、キレる、キレちゃう。うわ、やべぇ・・・」

呪文のように唱えながら、頭を抱え込む。
先輩部員がビックリして「どうしたの?」
「なんか、血圧が一気に上がってきて・・・(私、低血圧なんですけど)」
「家に帰る?」
「いや、大丈夫です。しばらくじっとしてます・・・」


なんで全て日付バラバラでグッチャグチャで全部封筒にぶち込んじゃうの? しかもなんでここに6月分とかいきなり紛れて入っているの?
ってかさぁ、これを営業マンが持ってきたなら、「しょうがねぇなぁ」っていえるけど、あなた、とりあえず庶務&経理なんでしょ? 
これを出納帳に記入した時、日付ごとに分けるとか、簡単なメモを付けてクリップで分けておこうとか、考えなかった? しかも、グチャグチャの折りたたまれたままのレシートを渡されて、金額だけ出納帳に記入して、シワを伸ばしもしないでホチキスで留めて封筒に投げ入れて、私のお仕事終わりってか?

てめぇバカだろ? ってかもう、脳みそ醗酵してんだろ? 
何年そこに座ってんだよ?
この程度も分かんないんなら、とっとと辞めてくれよ。

・・・って言いたかったよねぇ。
電話かけて怒鳴りつけたかったよねぇ。
って、今さら言っても仕方ない相手だから言わないけど。
よくもまぁ、ガマンしたよねぇ・・・。



しかし、封筒から出した瞬間、「キレる」っていうのを初体験しました。
元から強烈に気が短いから、「頭にきたっ!」ってことは何度もありますが、それとはぜんぜん違うんですよ。

何か脳の中が、「ぐわーっ!」って凝縮していくというか、本当に血圧が上がるような、というか、あ、でも、低血圧だから、これで卒倒することはないですけど。
いわゆる、「怒髪衝冠」って、こういうことなんだなぁ、と。


・・・ブログを始めてから初めて、人のことを書きました。
ぶつける所がどこもないものですから。
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

人間研究所

相方N兄の表ブログに、こんなのがありました。

説明によると、
「エゴグラム」は、アメリカの心理学者J.M.デュセイが開発した性格分析法で、世界中で広範囲な分野に用いられ高い評価を得ている心理学手法です。
「エゴグラム」は、人の心を5つの領域に分類してグラフにしたものです。
人間研究所では、50個の質問からこのグラフを作り、グラフの形状から、人間の性格を22タイプに分類する「究極性格診断」を、福島寛氏と共同で開発。6000人に実験を行い、この方法に90%以上の的中率があることを証明しました。

・・・だそうです。
90%以上の的中率とはすごいですね。
しかし、煮ても焼いても酢で〆ても食えない、予想も付かないHeshbonitに、どれだけ的中するというのでしょうか。

意気揚々、さっそくやってみました。

待望の結果発表っ!


E.クールでキツイ「やり手」タイプ

このタイプになったアナタの特徴

 @ 計算高い
 A 愛想がいいときは、たいてい何か裏がある
 B ドギツイ
 C 人の犠牲をほとんど考えない
 D 欲張りだ
 E ネコをかぶるのがうまい
 F キレ者だ
 G 大きな望みを持っている
 H 使えない人をすぐ切る
 I 怒らせたら怖い
 J 遊びの恋をよくする
 K ほめられ、持ち上げられたい


キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!

喜んでいるばやいか?


しかしながら、

 G 大きな望みを持っている (・・・微妙)
 J 遊びの恋をよくする (そんな器用なら、こんな人生じゃない)

という2問が該当しません。
だから、的中率90%なのか。


50問の設問に対して、「はい」「いいえ」「どちらでもない」を選んで調べていく方式なんですが、自分でも「どうかなぁ・・・」っていうのが結構ある。
例えば、「言いたいことをズケズケと言ってしまうほうだ」なんて、日本ではそうだけれど、イ国では言うに言えないことがたくさんあって、自分としたら、かなーり感情を押さえているんだけど。
あと、「具合が悪いときは無理をしない方だ」っていうのは、日本では無理してたけれど、イ国に来てからというもの、「今日は具合も悪いし、いいやもうこれで・・・」なんていうのが、当たり前になっている。だって周りがそうなんだもん。

と、そういうことも悩みながらテストした結果がコレ。
身も蓋もないじゃん・・・。
 

ちなみに、自分の性格とは真逆の答えを選択していったら?

『鴨ねぎ人間』

 @ 思いやりがある
 A 癒し系だ
 B 人を喜ばせたい
 C 世間の不条理さや悪人の腹黒さを理解できていない
 D 騙されやすい
 E 人を憎めない
 F 自己主張できない
 G 暖かい家庭を作れる
 H 控えめで包容力があり、どちらかといえばモテる
 I 夫婦生活で相手に飽きられやすい
 J 他人の顔色を気にしすぎている
 K 多くの物事にNOと言えない
 L いつも受け身だ
 M 善人だがルーズで責任感もいまいち
 N 欲が少ない

確かに、ほぼ当てはまらない・・・。
ってかもう、EとかFのあたりで、笑いがこみ上げてきたし。
でもまぁ、「腹黒さを理解できていない」「責任感もいまいち」なんていうマイナス要素と真逆の体質を持っているわけですから、オッケーでしょう。

あれ、ここでも「モテ」に言及されてる。
そして、その真逆・・・。orz...。
posted by Heshbonit at 15:00| ポツラカマタア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

パンを食べる時

出勤。

今日も先輩部員と2人、「絶対にこんな経理ありえない」という驚愕な工場の経理をやっております。
問題は、前任の経理主任、基礎知識がほとんどなく、現場で得た知識と見よう見まね同然で経理をやってきたため、その歪が今すべて明るみに出た、という状況。
ある意味、新鮮で面白くていいですけど。(半ヤケ)


さて。
子供の時に聞いたことや、親や学校で教わった何かが引っかかって、それがどうしても頭から離れない、なんてことがありませんか?

いわゆる迷信は子供の時はバカにしていたため、たとえば、「夜中に口笛を吹くとヘビがでる」なんていわれても、全然気にしちゃいなかったんですけどね。
「夜中に合わせ鏡をすると、そこに映っているのは・・・」っていうのは、バカにしているけれど、怖くてやったことがないです(笑)。
だから、ホテルに泊まった時とか、夜中にトイレに起きて、洗面台の鏡の後ろに姿見があったりして、偶然合わせ鏡になってしまうと、ダッシュでトイレから出てきたりすることはあります。

そんなのはどうでもいいんですが。


でね。
私の場合、小学校5年の時、家庭科の教科書に載っていた一言が、どうしても気になっているんです。

「パンはご飯と違って水分がないので、パンを食べる時には、ご飯の時よりも、水をたくさん飲まなければなりません」

これが妙なことに、頭にしっかりとインプットされている。考えてみれば、小中高そして専門学校、いろんなことを習ったはずなんですが、その結果、最終的に頭に残っているのはこの程度。必死に教えてくれた先生、ゴメンよ。

前にも書いたけど、暗示に弱い。
パンを食べた日の私はとても分かりやすいくらい、水をガンガン飲んでいる。


ららら〜。そうなの。特に書くことがないの〜。

今日のブログはだからなんだ?
と言われても・・・。
ワンが申し上げている通りです。
適当にスルーして下さい。
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

また熱波襲来

出勤。

今日も元気に仕事をしております。
いろいろと考えることもあり、自分で自分の感情の起伏に付いていけなくなりますが、それでも仕事はあるし、ってかそれが天職だと思いこんでいる仕事なんだし、職場環境も悪いわけじゃないし、・・・ってことで楽しんでやってます。

仕事をしている間はいいんですよ。それに集中するから。家に帰るといろいろ考えちゃうんですよね。だからって、経理部に寝泊りするわけにはいかないし。
時間がありすぎるから、こうやって余計なことまで考えちゃうんでしょうね。

考えてみたら、自分の人生で忙殺的な日常を送ったことってあんまりない。
そういうのに向いてないんですよ。
仕事も「残業がすごい!」っていうのをやったことない。
添乗員は拘束時間が長いだけで、忙しいっていうのは一時的なもんだし。
逆に言えば、残業がすごい!っていう仕事を避けてきたんですけどね。

ダラダラ書きました。スルーして下さい。

週末のイスラエルは、また暑くなるらしい。
すでに温度がジワジワと上がってきています。


今日の夕飯。

レバニラ風

一昨日買ってきた、『大豆タンパク・レバーの食感』
レバーっぽいのを期待したっていうのに、牛肩ロースの食感だった。
これなら別の方法で使う方がよさそう。

posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

1日オフ

今日はお休みを取り、また2時間ほど延々とドライブをして、お買物。
お買物って言っても、いなりずしを食べたいから・・・、とかそんな程度。

ここ最近、いろんなことで非常に精神的に詰っていたため、村から脱出したかったんです。だからって1日脱出した所で何がどうなるわけじゃないんですけど。
こう、煮詰めすぎたから、ちょっと水で薄めましょう、と。
寝不足で運転する気力もなかったため、朝起きてもどうしようか考えていたんですが、ま、出ないよりはマシだろう、と。

長かれ短かれ、「休みを取る」と言うと、好意的に「いってらっしゃい」と言ってくれる。非常に気がラクです。

先月、自然食品店で買ってきたキムチ海苔、誰かが大量買占めをしたらしく、1つも残っていなかった・・・。くそぉ〜。

ま、そんなですが、明日からまた、適当に。 
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

週明け

出勤。

昨夜は近所がやたらとうるさくて、12時過ぎまで眠れませんでした。当分続きそうです。困ったものです。
とは言っても、人口密集地に住んでいたら当たり前な程度なのでしょうけれど、田舎暮らしで通常物音がしない生活をしているだけに、音に異常に過敏になってしまいます。

さて。
会計士も来て、アレヤコレヤと仰せつかりながらも、比較的のんびりムードで仕事。工場の経理も一段落してきました(たぶん)。
地方庁の支払処理も・・・、えーと、いくら探しても2千円くらい合わず、面倒なので一時勘定に紛れ込ませて、「今月、合いました」。
こういうテクも十分身につけた。


毎日毎日同じ村で同じ仕事をしているんですから、コレと言ったことはないんですが、こいつを紹介するのを忘れていました。

ノラネコゴンタ

ノラのゴンタです。
ネコアレルギーがあるので、至近距離には近寄りませんが、どうもヤツはこちらを意識している。耳は、過去に闘いをしたのか食いちぎられたらしく、先日までは鼻に大きなかさぶたを付けていた。
これでもメス猫。

そういえば、最近はクジャクが減りました。一時期すごかったんですけれど、あまりにも増えすぎたから、どこかに譲ったらしい。それでもチラホラと村の中をウロウロ歩く姿は見えますけどね。

あと2週間で夏休みが終わるため、村の観光部門が大繁盛。
夏休みのはじめにどこかに連れて行くと、「もっとどっかに連れて行けー!」とうるさいし、夏休み前半は「ケイタナ」と呼ばれる地域の子供会の催し物や泊まり会などがあるため、夏休み終わり間際に連れて行く、というのがイスラエルパターンのようです。
この時期は、こんな田舎の山奥の民宿でも、予約なしでは泊まれません。
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。