2007年07月04日

偽りの姿

今日はアメリカの独立記念日なんですね。
実家からそれほど遠くない距離に米軍居住地があり、独立記念日になると一般解放して花火を上げるという行事があり、何度か見に行ったこともありました。
子供の時は実家のベランダからでも、遠くにその花火が見えたし(その後、マンションなどが増え、実家のベランダから見えるのは隣のアパートのベランダになってしまいましたが)。


さて、出勤。

昨日キレたのがよほど印象的だったのか、別件で会計士に電話した資金担当がそのことを伝えたようで、会計士から電話がかかってくる。
日本にいたら、非常に頻繁に簡単にキレていましたが、いつも「意味のないアルカイックスマイル」を保っている私がキレたと聞いて、心配になったらしい。
人を欺いているようで心苦しいです。

その電話が終わった矢先に、工場の経理主任から電話で、「あなたの処理、システムで確認したら間違えているから、今すぐ来い」と言われ、再びキレかかったのですが、今注意されたばかりなので、「今日はとにかくこっちが忙しくて出来ません。明日行きます」と断る。
その電話を聞いた先輩部員が、彼女に電話して怒鳴りつける。

せっかく穏やかに話をしていたんですが・・・。ま、いいや。
ちょっとスッキリした。


そうそう。
こちらに来てくださる、「顎関節症マウスピース仲間(笑)のステラさん」が以前見たと言う、「牛スジの夢」、とうとう昨夜見ました。
総天然カラーでかなりハッキリしていた。
スーパーで牛スジ肉を選んでいる所から始まりました。設定は実家なんですが、そのスーパーは私が社会人になった頃に既に別のスーパーマーケットになったんですけれど(夢ってそんなものです)。
さて、家に帰ってパックから開けて、圧力鍋に仕掛けて煮ていました。ちなみに実家も新築前の古くて汚い家(新築してから2回しか帰ってきませんし)。
で、フタを開けて何度も味見するんですよ。
そして、「ちっとも煮えないなぁ」

よほどマウスピースを噛みしめていたみたいです。




ストレス解消は、ブログとようつべ。

posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

口伝な引き継ぎ

出勤。

現金出納がいろいろあり、朝からバタバタしているところに電話が。

「Heshbonit、今から来る?」

引継ぎをする工場の経理主任。
新人が引継ぎするんじゃなくて、今の仕事を継続しながらしているんですけど。

「でも、今日の午前しか空いてないのよねー」

仕方なく、9時過ぎに工場へ。

教わっている時はともかくとして、昼抜きで2時近くまでかかり、その上、自分の仕事が何も終わっていないことでだんだんイライラしてきた。
先輩部員が、「キレちゃだめ」と言っていたのはこのことだったか。

急いで家に帰って、パンだけ食べて、大急ぎで経理部に戻る。
そして先輩部員と資金担当に「なんなの、この引継ぎは!」と怒鳴る。

月初ですよ。15日までは支払やらなんやらでそれなりに忙しいし、農繁期に入っているから請求書だってすごい量。さらに、雇用関係の仕事処理だってありますから、通常、15日までは余計な仕事を入れないことにしているって言うのに、いきなり引継ぎで5時間潰されたらたまったもんじゃないです!

ここには、日本のように「退職は3ヵ月前に申告」なんていうのがありません。
いや、あるにはあるらしいけれど、誰だって新しい仕事を見つけたらそっちにいきたいわけだし、「今から3ヶ月後に来ます」なんて言っている間に、「別の人を見つけたから」なんて言われかねない。
それだけに、新しい仕事が見つかったら、スタコラサッサと行くわけです。

分かりますけどね、気持ちは。
何ヶ月前だったか、近くの富裕農村の友人から「うちの経理で働かない?」という誘いを受けた時、もしも行くとしたら間違いなく、「じゃ、2週間後から」ってことになっていたと思います。

引継ぎって言っても、マニュアルを作ってあるわけじゃなく、口伝・一子相伝。
書類の束と画面を見ながら、「次はF8を押して、そしたらプリントして、次は画面を切り替えてコレを入力して・・・」と彼女が説明するのを、必死にメモをとる。
「あとは前月のやり方見ればわかるわよ」「誰かに聞いて」


結局、自分の仕事を終えたら、夕方7時。久々に残業。


ま、馴れるでしょ。


あ、そうそう。
オレオレ詐欺じゃないけれど、そんなような詐欺電話がかかってきました。

「おめでとうございます。あなたの買ったロト(宝くじ)が当たりました。クレジットカード口座に振込みますから、番号と暗証番号を言って下さい」

分かりやすい・・・。
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

日本人の恥

 
「原爆、しょうがなかった」

よく言えたモンですね。
防衛大臣が。

・・・。

これって、ユダヤ人が

「ユダヤ人大虐殺、しょうがなかった」

っていうのと全く同じ。

もう、すんごい恥。

で、それを撤回しちゃうのがさらに恥の上塗り。


日本には住んでいないけれど、
税金も社会保険も納めていないけれど、
東大法学部どころか、大学も行ってないけれど、
大和民族として日本に生まれたから、
それがどういう意味なのかは分かる。

世界がこれだけ平和に尽力している中、
これだけ核廃絶を訴える中、
よく言えたもんだ。よく撤回できたもんだ。

防衛相、辞めなよ。日本人の恥だから。


今日は、第2レバノン戦争戦没者慰霊日です(ユダヤ暦で。実際の開戦は7月12日)。
毎日、止むことのない爆音と振動とロケット砲の恐怖に耐えた日々から1周年。
イスラエル各地で、追悼式典が行われています。

最早、戦争が起こり得ない日本では、
そういう防衛大臣でもありなんだろうか。
 
posted by Heshbonit at 20:00| 真面目なたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

7月になりました

出勤。

週明けで月明け。
ついでに、工場の経理主任の仕事引継ぎアポイント。なんでこんな日に・・・。

経理主任をしていた彼女は、別の会社に引き抜かれたそうだ。
以前から冷たい印象がある人で、コチラの経理部でもあまりウケがよろしくない。今日も工場の彼女の所に引継ぎを教えてもらいに行く直前、経理の人達に、
「Heshbonit、何を言われてもキレたらダメだからね」
と念を押される。

とは言っても、彼女にしても吹っ切れるものがあるのか、それとも、もしかしたら本当はいい人なのか、非常に親切に教えてくれまして、仕事には全く関係のない雑談もし、非常に和やかなムードでした。

ま、経理やる人って、皆そんなです。
ニコニコして穏健温和な経理屋、には会ったことがないです。

私も、本当はそうするべきではないのだとは思いますが、仕事中は非常に険しい顔をしております。別にそう努めているわけではないのですが、なんかこう、ニコニコヘラヘラとはできないんですよね。

既に気心しれた人からの業務連絡ならば、「あー、元気? ううん、忙しくないよ。え、どの小切手? 分かった。調べて折り返しするね♪」なんていう陽気なテンションになるんですけれど、そうでない場合は、低めの声で(注:アジア人の高い声は聞き取りにくい、ということの懸念でもある)、完全防衛防御体制になってしまう。

いうなれば、心に余裕がないんですよ、ヘラヘラするだけの。


さて、今日教えてもらえる分の引き継ぎを終え、険しい顔をして帰ってくるかと思いきや、「全然大丈夫だった」とニコニコしている私に、経理部の皆さんがちょっと意外そうな顔をしていた。

皆、思っただろう。

「Heshbonit、あの人と気が合うんだ・・・」

被っているネコが、どんどん綻びてゆく。
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。