2007年05月31日

月末となりました

出勤。

そして月末。
スミマセン、ヒマです。
朝はちょっとは忙しかったんですが、10時過ぎになったら何もすることがなくなってしまった・・・。ま、明日はどっといろんなものが届く予定。
ちっ、金曜で半日なのに・・・。

午後は最早ヤル気も失せ、もう1つの職場で請求書書き。
しかしこれもヤル気が失せ、ボスとペラペラしゃべって終わる。


イギリス最大の労働組合のUNISONが、イスラエルに対して経済制裁(ボイコット)をするらしい。
2002年に措置を取られ昨年解除されたのですが、再び・・・。
各種お買い上げボイコットだけではなく、年金基金等をイスラエルで運用するのをストップするとか、イスラエルがイギリスの株式市場で運用するのを禁止させようとか。
ついでに、仲良しの数ヶ国にも呼びかけるらしいです。
理由は、イスラエルが嫌いだから。

なるほど、労働組合ね・・・。
そりゃ、労組に所属する人達っていうのは、いわゆる代々イギリスに住んでいる人よりも、植民地時代の末裔やその伝手でイギリスに住んでいるような人達が圧倒的なのでしょうですから、そういうことになるんでしょう。
そう考えると、イギリスも大変そうです。


明日からまたガソリンが上がる。
アRブの王様がクシャミしただけで上がるような、そんなご時世。
あ、今回は赤道近くの国の大統領がクシャミをしたからかも?

静まってくれ〜。

・・・どっかにビーチに行きたがっている人もいるようですが。



なんか、強烈なニュースを見つけました。


posted by Heshbonit at 20:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

汚職とはいうけれど

出勤。

いつもと同じような月末。
いくつか発行しなければならない請求書を出したり、かなりノンビリしたムードで働いています。給料泥棒のようです。ま、経理部っていうのはどこもこんな感じだから、仕方ないんですけどね。


さて、夕方、サラレのところにフットマッサージを受けに行くと、

「自殺した日本の農相のことで・・・」と。

やっぱり、何ゆえに自殺をするのかっていうのが、すごく不思議なようです。
そりゃそうですよ。
私だって、何ゆえに汚職が見つかった首相や蔵相や、複数レイプが見つかった大統領や、学歴詐称が見つかった議員が、ノウノウと現職に就き続けることが出来るのか、すっごく不思議ですから。
そりゃ、死ねとは言わないけれどさ・・・。

ついでに、緑ナントカっていう団体の人も後追い自殺したんだと言ったら、さすがにそれは知らなかったらしくてさらにビックリしていました。

仏法上の思想では自殺はよくないけれど、武士道の思想ではそれが普通だから、日本人にとって、農相の自殺はごく当たり前のことなんだ、と言っても、やはりよく分からないみたい。


汚職って言っても、細かく追求していったら結局どこだってやってるわけでしょ。
いいとは言わないけどさ、そういう連鎖って断ち切れないですよね。
そうやってお金はグルグル回るのです。


前にも書きましたが、添乗員の時、店に立ち寄ってリベート(KB)なるものを貰っていまして、添乗日給よりも多いリベートを稼ぐこともありました。
何度か行ったり、ドライバーとの情報交換をしていれば、「どの店がより高いリベートをくれるか?」っていうのが分かる。
同じ名物を売る店が何軒か並んでいたら、当然ながらリベートが高い店に行く。高いリベートをくれる店には、事前にバスの中で「今日はこういう名物を売っている店に行きますからね」とご案内をしておき、途中のサービスエリアや旅館のお土産コーナーで余計なものを買わないように先手を打っておく。

そして、当然ながらリベートをくれない店には立ち寄らない。
会社が立ち寄り指定していたら仕方ないけど(リベートは会社に入ってしまう)、もし、現金リベートをくれる店が近くにあったら、先にそっちに寄って十分お土産を買ってもらってから、「次のドライブインでは、トイレ休憩だけしましょう」ってな、強烈なことをしたりもした。

地元出発のバスツアーと国道沿いのお土産屋ですら、これだから。
政治家が、「今日から献金受け取りません」なんて言ったら、社会が動かない。


「お金さえあれば幸せ」ではないよね。
お金で買えないものはたくさんある。

でもやっぱり、「お金も幸せの1つ」。


あ、イスラエルにも過去に1人だけ、汚職で自殺した議員がいるそうです。
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

いつまでシェケル優勢

出勤。

朝から地方庁から支払確認の電話があり、農業関係の買掛先や、村の農業責任者らに電話をかけまくり、なかなか活気づいたいいスタート・・・。

と思いきや、それ以降、仕事が閑散としてしまった。

月末は、本当にヒマです。出勤率もすごく低いし。


さて。日本はすごいユーロ高のようですね。

昨年秋以降、外貨がどんどん下落しているイスラエル。
対米ドルも対ユーロも、そして対円も、とにかくシェケルが優勢です。

昨年頃から、シェケル=27円前後だったのですが、日常生活では計算上面倒だから、シェケル=25円くらいで考えていました。
しかしここ最近は、シェケル=30円強。
おかげで、日本円に換算すると、「わーい! 給料が◎万円上がったじゃない!」なんていう、ぜんぜん意味のない、ってか危険な誤解をしてしまいます。

イ銀が本気で介入するとかなんとか言っていますが、イスラエルは個々人が保有している外貨がものすごい量だから、介入しきれない状態のようです。
各銀行では、「口座を持っていない人は換金不可」なんていう措置を建前上は取ることになりましたが、市中にたくさん両替商がありますから、何も手数料が高い銀行で換金する必要はないわけで・・・。


輸出入だけが頼りの国ですから、かなり深刻です。もちろん、うちの村でも。
ま、そろそろ弱くなるとは思うんですけど。もう底値を記録したし、あとは皆さん、保有した外貨を売りたくてウズウズ状態でしょうから。


実はここ1ヶ月ほどあまりよく眠れず、その睡眠不足による疲労感と、抜けきれぬめまいがずーっと続いていて、肌もボロボロ。

眠れない、と言うとすぐに、「精神安定剤飲めば?」と言われる。
そんなものに絶対に頼るもんか。薬に逃げたって何も解決できないんだから。
昔からそう。添乗員の時なんて、「ストレスがすごいから、酒とタバコが欠かせないでしょ」って思われがちでしたが、酒やタバコに逃げるのがすごく嫌いだった。
結局なにも解決しないんですからね。それこそ、化学的に作られた精神安定剤なんてもので治せる精神状態なら、自分自身に内在する力で治せるはず。


でも、肌のボロボロはなんとかしたい。これは最早、内在する力に限界がある・・・。

ということで思い切って今日は、コエンザイムQ10なるものを買ってみました。

脳内換算では6200円。でも現在通貨価値では7440円・・・。
値段だけでも効きそうだわ。
ってか効いてくれ、頼む。
posted by Heshbonit at 21:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

たまにはガテン

出勤。

経理部は閑散としていました。
一通りの仕事を終え、ファイリングをしていたら、携帯がなる。

ボスだった。

「緊急事態」

1.どうしても修理しなければならないパイプ。
2.そのために買いに行かなければならない部品。
3.そして、ガスとガソリンの配送の立会い。

「どれをやりたい?」
「当然、買物」
「じゃ、帰ってきたら、それで修理して」

・・・だったら初めから、ガスとガソリンが来るから立会えって言えよな。
ガスにガソリン、どちらも危険物の配送ですから、立ち会わなければなりません。


ガソリンの配送が先に来てくれて、こちらはスタンド1ヵ所かからまだラクなんですが、ガスがちょっと面倒。今日は4ヵ所の貯蔵タンクへの配送です。
タンクのゲートを開けて、中を確認して、そして立会い。
飛び回る虫に顔やら腕やらいっぱい刺され、ついでに鼻の中も耳の中も虫が入り、髪の毛の中にも入り込み、気が狂いそうになる。

だがしかし、ガス配送のドライバーは、自分の彼女のフィリピン人女性(外国人労働者)の自慢話で一生懸命。私が蚊に食われてイライラしているのなんかこれっぽっちも気にしちゃいないさ。
私に彼女の写真見せてどうしろって言うんですか。まぁそりゃ、どう見ても私よりずーっと若いしスタイルもよいし可愛いんですけどね。
なに、その上、気立てが優しくて英語が上手くて柔らかい? なんですか、その柔らかいっていうのは。そんなことまで教えてくれなくっても結構です。
そんなのを4ヶ所立会い、イライラの最高潮で経理部に帰る。

なんか顔がヒリヒリする。日焼け止めを塗っているのに。

ボスに電話したら、「今帰ってきた。手伝ってくれ」ってことで、修理を手伝い、無事修理終了。ええ、ネイルが剥げるどころか、爪が欠けました。


作業所に工具一式を置いてから、髪の中にも小さい蚊が入っているので、イライラして連獅子のように髪を振り回していたら、ボスが言った。

「あ、Heshbonit、白髪がある。動くな」

まだ、抜くな。抜く前に本当にそれが白いかどうか確認して。
私、全体的に髪の色素が薄く、所々に褐色やら金褐色やらの毛がメッシュ状に混ざっているんです。これまで何度「白髪」と思って、金髪を抜いたことか・・・。

今日は本当に白かった。
悲しい・・・。白髪になりにくい髪質ではあっても、四捨五入して四十路になるのだから、いい加減出てきてもおかしくないんですよね。


いつまでこの超長髪を、キープできるんだろう・・・。


そういえば。
経理部で仕事していたら、
「日本の農相が自殺したって、ニュースになっているわよ」と言われた。
汚職疑惑で自殺ぐらい、日本じゃ当ったり前だから、なんとも思いませぬ。

それよりも、ZARDの坂井泉水さんが転落死、というほうが衝撃的でした。
別にファンではなかったけど、自分と同じ世代の人の死っていうのはね・・・。

posted by Heshbonit at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

お年頃

出勤。

予告していたように、朝8時半から停電。
ちょうど現金出納に忙しく、電算機が使えないのは非常に辛い。
そういえば引き出しに古い電卓があったはず・・・と出してみたら、ソーラー電卓。
仕方なく、光を求めて窓際へ。やりにくいったらない。

書類の仕分けなどをするものの、何も出来ないのでは仕事にならないから、さっさと退出し、もう1つの職場へ。こういう時、逃げ場があるのはラクです。
あ、家に帰っちゃえばいいんですけどね。同じ村の中なんだから。

久しぶりに早い時期からもう1つの職場で事務処理をしたり、データまとめたりと、ちょっと精力的に働いてみる。・・・が15分で飽きる。
ボスに電話して何か手伝うことはないか?と聞くも、「どうせ日に焼けるとか虫に刺されたとかネイルが剥げたとかうるさいから来ないでいい」と断られ(爆)、ネット環境もないし(近々入る予定)、結局、家に帰る。

午後、ようやく気を取り直して出勤。
午前中何も出来なかったからとちょっと一生懸命やってみたら、1時間で終了してしまった。私はいつも何をしているんでしょう・・・。


最近、顔がすっごい乾燥しません? (え、誰に同意を求める?)

あのねー、湿度はそんなに低くないのに、なんか肌がおかしいんですよ。ガサガサじゃないんだけど、なんか水がないぞーって感じ。もしかしたら、もうそういうお年頃なんでしょうか(いや、もしかしたらじゃなく、事実そうなんでしょ?)。

日常生活では極力陽射しを浴びないようにしています。車に乗っている時は仕方ないけれど、外に出ている時間は、日本で生活していた時よりも短い状態。それでも1番度数の高い日焼け止めを塗ったりして、ちょっとは気を遣っているんですが、そんなものじゃ追いつかないようで・・・。

ってか、生まれつき髪だの顔だのをいじる習慣が全くなく、そういうものに興味もなく、友達が送ってくれた保湿クリームくらいしか持ってない私。
しかし、いくらなんでもこれじゃマズイと思って、コットンにビタビタに化粧水をしみこませてパックをやってみたりしたんですが、1日で成果が出ないことに腹を立て、2日目で面倒になり、3日目で最早やる気も起きぬ。


今は魚は食べますが、日本にいた時にビーガンになったキッカケのひとつが、当時、時々診てもらっていたカイロプラクターの先生(♀)がすごく肌がきれいで、その彼女が「玄米菜食で肌がきれいになる」って言ったから、っていうのもありました。

でも、何をどうしようと、元が悪かったらどうしようもないんです。元がいい肌の人っていうのは、そんなに手間暇かけなくっても平気なんでしょ、きっと。で、そういう人が玄米菜食とかやると、すっごくキレイになるんでしょうね。


「恋をしたらキレイになる」っていうのにしても、もう、元からキレイなんですよ。そういう素質があるの。で、それがちょっと身だしなみに気をつけたり、ちょっと姿勢がよくなるから「ああ、キレイになった」みたいに見えたりするんじゃないでしょうか。

メガネもそう。「メガネをとったら美人」。もう元から美人なんでしょ?。
 ミギワさんがメガネを取ったって、「メガネをとったミギワさん」でしかないわけよ。


はぁ〜・・・。
きっと40歳過ぎてすっごい後悔するんだろうな・・・。
って思うならやればいいんですが。


あ、何度も何度も何度も何度もこの手の話題ばっか書いてますが、基本的にこれ、私の日記なので。またその話かよ、とか思う人は、面白いブログでも探して下さい。
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

世界共通の悩み

休日。

何もしないでポカーンとPCの前に座っております。
あ、何かしら読んでいますから、何もしてないってわけじゃないんですが。

暇つぶしに読んでいたイ国の新聞サイトに、「背が低い男性の嘆き」なる記事が載っていました。


彼女は完璧だった。21歳、身長164cm、金髪碧眼。とてもキュートな女の子。
俺は踵が高い靴を履いていた。俺? 22歳。身長171cm。軍入隊時に測った時は170.5cmだった。まぁ、いいだろ。イスラエルの平均身長は男性176cm。たかが5cm足りないだけじゃないか。
デートの終わりに彼女は言った。「すっごく楽しかった。また電話して」。
そして同じ週にまた会った。ここまでは本当に完璧だった。
 そしてその次の週。彼女は俺の部屋に来た。別に何をしようっていうんじゃない。ただ、来てもらったんだ。俺の日常を見てほしかったから。しかし、
『あなたって、私が思ったよりも、低いのね・・・』

それから会話が詰まり、それから、2週間連絡しても繋がらなかった。
でもどうしてもこのままじゃいられないからと、彼女と会った。

『あなたはとってもいい人。頭もいいし、性格もいいし、会話もすっごく楽しかった。でも、でも、ごめんなさい。どうしてもダメなの。ホントに・・・』



どこの世界でもあるんですね。

イスラエルの平均身長が176cmというのは始めて知りました。
ちなみに女性の平均身長は164cmだそうだ。でもこれは、老若男女全国民の平均身長だから、世代別に見たとしたら、若い世代はもっと高いはずです。

チビの私は、背が高い人がどうも苦手で、自分と5cm違うくらいで十分だから、逆に身長176cmの人がきたら、「ごめんなさい。どうしてもダメなの。ホントに・・・」って言って断るかもしれません。
おまいに選択権があると思ってんのかっ!なんていうツッコミはご遠慮下さい。ここ最近、某所の妄想劇場で頭の中がスゴイコトになっているんです。

でも新聞の「パートナー募集」なんていう欄に書いてある条件には、「30代の女性パートナーを探しています。168cm以上の人」なんて書いてあったりする。
男性から女性に対しても、「チビ女はダメ」というのがあるみたいです。
ま、背も大事だけどさ、横幅のほうが重要ポイントじゃないの?


で、このサイト。一般人が書きこめるフォーラム形式になっているんですが、なんと、通常の倍以上の、220コメントが寄せられていました。

「俺なんて168cmだ。どうすればいいんだ」
「俺は165cm。もう結婚は諦めた」
「低いだけじゃない。俺は201cm。モンスター扱いされている」

ここに私が「ウェルカム」と書いちゃったら、大変なことになるかもしれません。

しかし、私が書くとしたら、身長よりも何よりも、「口臭体臭お断り」。
だって背なんて別になんとかなっても、臭いはダメでしょ。

たぶん、イスラエル人の99.9%が該当せずってことになると思います。
            
posted by Heshbonit at 18:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

今さら言われても

一晩じっくり寝て、すっかり頭痛と眩暈が治りました。
元が頑丈なものですから、ときどきちょっとおかしくなると「もしや私、不治の病か?」なんて大げさに考えたりしてしまいます。
なんのことはありません。ただの頭痛です。

さて、出勤。

先輩部員がなにやら考え込んでいる。
考え込んでいる人には話しかけないのが日本人だが、先輩部員は話しかけてほしいらしい。しかし、話しかけられない。なにやらイライラが伝わってくる。
でも、人の会話に突っ込まないのが、私のいい所なのだ。

なんかそういう噂話が面倒なので、聞こえていても全然聞こえないフリをする。
先日、他の人も加わって、村の人の噂話になった時、私にとっては初耳だったから、「あー、そうなんだ、知らなかった」と。
「え、Heshbonit、ここで毎日働いてて、本当に知らなかったの?」
「知らない。ホントに知らない」
「ねぇ、知らないんだって。どういうこと?」

そこで先輩部員が言った。

「だから、私はHeshbonitと働くのが好きなのよ」

それだけに、気になっても話しかけないのが私流。
痺れを切らせた先輩部員がやってきた。

「あのさぁ、さっきからずーっと考えているんだけれど」

2ヶ月前に締めたBSにズレがあるらしい。
で、監査法人がそれを探せ、と。
どうやら減価償却にあるのではないか?

私:「そんなこと言われても、それは私達の仕事じゃないでしょう?」
先:「やっぱりそうでしょ?」
私:「確かに私がやりましたけれど、ズレがあるとか間違いを探すのが監査法人の仕事であって、今から全部洗いなおして間違いを探すなんて、できないですよ」
先:「そうよね。もしかしたら前年からズレているみたいだし」
私:「うわー、だったら余計にイヤです。請求書が1枚ないっていうならこっちの責任ですけれど、どこに何のズレがあるのか分からないなんて時間の無駄です。監査法人の誰かに来てもらうか、会計士の事務所から応援を頼めばいいですよね」

ホント、いい加減さに拍車がかかる。


午後はYoutubeで昔のアレコレを引っ張り出す。
嗚呼懐かしや・・・。
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

頭が重い・・・

出勤。

昨日、人混みに疲れたのか、朝起きたら頭が重く、眩暈がする。
この程度で疲れるなんて、よほど田舎生活にマッチしてしまったのだろうか。

さて、今日は電気工事のために午前中は停電・・・といわれていたため、朝の出納確認だけしたら、もう1つの職場で遊んでいようかと思ったら、工事は週明けに延期され、そして、週明けに来る予定だった会計士が「停電で仕事が出来ないのは困る」ということで、来ました。
ま、会計士が来ても、私のほうは体制に影響がありません。

なんかボケーっとしていたら、記帳している出納帳と、PC上の現金勘定が、1シェケル合わなかった。たかが1シェケルに仕訳を切る気も起きず、「いいや、明日で。月末じゃないんだから」と、そのまま。
ますますいい加減に拍車がかかってきています。


観光部門は、シャブオット明けでかなりの宿泊があった模様。数字でしか分かりませんが、朝から前受金との照合で時間をとられる。こんな小さい村でも来るんですからね。週末まで連休で宿泊する人もかなりいるようです。
午後4時、宿泊エリアの近くを通ったら、焼肉の煙が上がっていた。
こんな時間から焼肉かよ・・・。
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

海まで1時間5分

本日は祝日。シャブオット。

はるか昔、エジプトを脱出したユダヤ人達が、シナイ山で十戒を授かった・・・、というのが由来のシャブオット。
食べる物もなく苦難の道を歩いてきた一行が、「これだったらエジプトのほうがよかった」と言って、金の牛を作って祀ったところ、モーセが十戒が刻まれた石を持って現れた、ということから、この日は肉を食べない・・・というのが転じて、乳製品を食べるのが今のイスラエル風(注:ユダヤ人は肉と乳製品を一緒に食べない)。
見事に商業ベースに乗っかって、ここ数日、どこのスーパーでも「乳製品フェア」をやっていました。
って言っても、結局はここは中東だから、昨晩の晩餐には乳製品メインにして、今日の昼はバーベキュー大会にしちゃうのがごくごく一般的ですけどね、
ついでにこの日は、「麦の収穫を祝う日」でもあるため、北部や中部農業地帯で催し物も行われたりします。


・・・なんてことに無縁の私は、海を見たくなって一路、西へ。

道路がすごーく空いていて、通常なら1時間半はラクにかかるのが、1時間ちょっとでアッコーに到着いたしました。
前にも書いたけれど、本当は海のそばに住むのが夢だったんですが。
何をどう間違ったのか、とんでもない山奥生活。


さて、アッコー旧市街。

アッコー旧市街

ブログで何度も書きましたから目新しいものは何もありません。
アRブ人街なので、外国人観光客気分でウロウロできます。
ところが残念ながら、英語で「ちょっとこれを見ていけ」と物売りに声を掛けられても、答えがヘブ語になってしまい、自分で観光気分をぶち壊しますが・・・。

こんなアRブ風なものもたくさん売っています。

アRブ風な被り物

こちら、歯に沁みるほど甘い、アRブ菓子。

バクラワ


昼ごはんはおにぎり持参(笑)。
ってかね、先日、イケアに行った時におにぎりを作っていったらおいしかったから、今度はいい景色を見ながら食べよう!というのが今回のアッコー行きの発端だったものですから。
家でおにぎり作って、テレビ見ながら食べるのはイヤだもん。


というわけで、今日はこちらを買ってきました。

鯵〜!

4尾で10シェケル(250円)。
鰯と鯖もあって迷ったけど、鯵は初めてだったので。
鮮度もよさそうです。


わざわざお弁当持参だったのは、帰りに魚を買ってこようという魂胆があったからでもありました(もちろん、クーラーボックス持参)。
もし、ホモスやらフールやらを食べてしまったら、お腹いっぱいで夕飯が入るスペースがなくなりますから。


2尾は今夜塩焼きにして、残りは干物にしようかフライにしようか考えた挙句、フライにします。深い意味はなく、三枚下ろしをしたくなっただけ(笑)。

ホントは生でタタキにしたいところですが・・・。


えーと、お味の方は、鯵です。脂もそこそこに。
ただ、やはり地中海が暖かいからでしょうか、身が柔らかいですね。
塩焼きの鯵に白いご飯。ご飯が進みました。
嗚呼、日本人でよかった。

イスラエルは海の近くに行かなければ、海の魚を売っていません。
普通のスーパーで売っているのは、冷凍の切り身か、せいぜい淡水魚。

以前、高原に来ている自A隊の方々がスーパーに買出しに来ていらしていたのにバッタリ会った時に、「海魚を売っている店は知りませんか? 焼き魚を食べたいんですが」と聞かれたことがありました。
ええ、答えましたよ。「アッコーまで行けば・・・」と。

そうなんです。日本人ですからね。やっぱり塩焼きとか煮魚とか天ぷらとか、そういうのをご飯で食べたいんですよ。
淡水魚に香草を塗りたくってオリーブオイルで焼いて塩コショウをかけてピタで包んで食べるなんて、私は絶対にイヤ。ってか淡水魚ってとこから嫌いだし。 
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

映画鑑賞

出勤。

明日がシャブオットという祝日だから、今日は半日。
それほど忙しくもなく、電話が鳴ることもなく・・・。


昨日の夜、デジタルTVのVODで、「キンキーブーツ」なる英国映画を鑑賞。

「倒産寸前の靴会社の4代目若社長が、男性向け婦人靴を作って再起をかける」という内容で、以前、BBCでこの映画の元となる会社に関する特集をやっていて、前から見たいと思っていたのです。

映画の作り全体はよかった。英映画の「フルモンティ」と同じような作りで、だからってパクリとは思えず、キャストも見たことない人ばかりだから疲れないし、最後まで安心して見られるストーリーでした。
イギリス映画っていうのは素朴で見やすくていいですね。

日本にいた時から、映画館で映画を見るのは大嫌いだったから、こうやって自宅で好きな時間にゆっくり見られるのが1番いいです。
VODは24時間有効なので、昨夜1回・今日も2回見ました。
本当にヒマだな、私は・・・(笑)。


イスラエル南西部は依然として落ち着かない状況です。
らいおんハート♪氏は、今度はエルサレムの国定公園にテント村を作ると言い出しましたが、当然ながら、「セキュリティ上の問題があり不可能」ということで市から許可が下りず、一体、どうなることやら・・・。

昨夏の北部の時と違って、ここ1週間で飛んできたロケット砲が150発くらいですから(北部は1日で150発以上が飛んできた)、別にギャーギャー騒ぐほどのことではないと思うんですが・・・。
逆に、北部はロケット砲にすっかり慣れていたのに対して、南はそうでないために、かなりパニック状態になっている、とも言えると思います。

それに加えて、町の住民はパニックになっているけれど、その周辺の村では、「この忙しい麦の刈り入れ時期に、どごに逃げろって言うだべさ?」「んだんだ。牛っこの世話も桃の取り入れもあるでよ。ロケット砲どごろじゃねえっづの」と笑い飛ばしています。
そんなものです。我がのほほん村もそうでした。


この夏は戦争?なんていう流言蜚語も飛んでいますが、それはないでしょう。
ってか、そのデマ、毎年飛びますから(苦笑)。

日本で、「そろそろ大地震があってもおかしくない」という話が、毎年浮上するのと同じようなもの、と私は考えています。
posted by Heshbonit at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。