2007年01月11日

泣くなよな

[今日の天気:晴れ+強風]

風があまりにも強いため、乾燥しきってカラカラです。髪の毛は静電気でスゴイ事になっています。

出勤。
結局昨日は自分の仕事なんてほとんどできず、今日は何がきても断ろうと勇んで出勤したら、請求書がドッと届いていた。
会計士に言われた固定資産台帳の確認はなんとか済ませたものの、はじめから言われている宿題をやる時間なんて、ちっともありません・・・。
残業すれば? ・・・って、やりませんよ、そこまでして(キッパリ)。


ネットサーフィンしてたらこんなコラムを見つけました。

泣きたい時は泣く

クリックするのが面倒な方には、
「最近、泣く男が増えている。結婚式でも泣いたりする。韓流ドラマでも俳優が泣いたりするし、外国じゃ男でも泣くのが当たり前。泣きたい時は泣く。その方が楽だし、人間らしい。そう考える男性は、若い世代に増えている」


イスラエルの男、泣きます。
こっちがイヤになるくらい、泣く。しかも大声で身振り手ぶりつきで、涙を流して、とにかくワーワー泣き喚く。
昨日もテレビのインタビューに答える男が、泣き喚いていました。カメラの前で「お金がない」とか言って泣くくらいなら、働けよ、と思いっきり突っ込みたくなる。

私は生粋の日本人であるゆえに、泣く感情を人に見せたくないし、自然に涙が出ちゃうって言ってもトレーニングしろよ、とか思うタイプなので、理解に苦しみます。男でも女でも。

声を上げて泣かれると白けるんですよね。私だけじゃないと思うけど。

泣くという感情は押し殺してこそ美しい、なんて思うのは日本人だけでしょうけれど、それを日本人の美徳と自慢するべきだと私は思うのですが。
なんていうんでしょう。沈黙の美というか、黙っているだけで相手の感情を読み取る、というところに日本の奥深さがある、と。
そりゃ分かりやすいですよ。泣き喚く。でもうるさいっつーの。結局、そのうるささで相手をねじ伏せようとする。卑怯な手じゃないんでしょうか。


映画『東京物語』をテレビでやった数日後、何人かに言われたのが、「なんで葬式のシーンで泣かないんだ?」と。

こちとら大和魂の塊ですから、ちゃんと説明しました。日本人は葬式では泣かないんだ、と。

「仏教の死生観では、死は次の人生への旅立ちなのだから、この人生の最後を静かに送らなければならないんだ。大泣きすると死者が生き残った家族が気になってあの世に行くに行けなくなってしまう。それに大泣きして参列者を心配させてはいけない。
 葬式では涙を見せず、家に帰って1人になって泣くのが日本式」

理解してくれたのは、卓越した人生観を持っているサラレだけ。
しかし、他の人はどれだけ言っても、理解しなかった。

「日本人は冷たいから泣かない」と。

大泣きするから温かいわけじゃないくせに・・・。


しかし、イ国でやっていくには、こういう武器も身につけないといけないんだろうか・・・。
posted by Heshbonit at 20:00| イ国情緒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

ヒマそう?

[今日の天気:晴れ+強風]

朝一番で、内務省まで。
今日はかなり早く家を出て、7時40分に1番乗りで到着(業務開始は8時)。
それでも私が着いて5分もしないうちにチラホラと人が来る。
8時に開いたはいいが、担当してくれる支局長がお休みです。
ま、「1年ビザを許可します。パスポートとIDを持ってくるように」という手紙が送られてきているため、支局長でなくてもビザのステッカーは貰えます。


9時過ぎに村に帰って、仕事仕事。
年末関係で、先輩部員が昨日会計士に言われたことなどをあれこれ手をつけはじめ、そうこうしていたら、やっぱり休んでいる人の仕事を片付ける方が先だと言って書類がドーンと持ってこられ・・・。
そこに事業部長が来て、「これ、エクセルでまとめてくれ。今日中」
さらにもう1つの職場のボスがあれこれ電話で指示をし始める。

私はそんなにヒマそうでしょうか・・・。
・・・ヒマだな。ま、いいや。



午後、巡回歯科衛生士のところへ。
歯のチェックをしてくれ、歯石を取ってくれるのですが、「やることがない・・・」と言われて、ちょこちょこっと突付いた程度で帰された。
色も並びもよろしくありませんが、歯と歯茎は健康です。
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

ガス臭

[今日の天気:曇り晴れ]

ヘルモン山は昨日からスキー&スノボ解禁となりました。
入山料1人38シェケル(千円弱)、スキー&スノボ(リフト代)は1日200シェケル(5千円)。これが高いのかどうか分かりませんが、たぶん高いです。大したことないですから。
現在の積雪は70cm。今週はこのままいい天気が続きそうなので、いつ滑走不可となるか・・・。
村に住む若いプータロー君たち(平均年齢23歳。兵役後、勉強する気もなく、労働意欲もなく、村の中でときどきバイトをしながらニートしている方達)は、早速、スベリに行ったらしいです。


出勤。
今日は会計士が来る日。
昨日から病欠の人の仕事を引き受けてやっているだけに、宿題の進み具合は聞かれずに済みました。


さて。
昨日、ニューヨークでガス臭騒ぎなんていうニュースがありました。なぜガス臭かったのかは分かりませんけど。臭いを嗅いでないし。

この私、とりあえずもう1つの職場が危険物課で、ガスも守備範囲なんですが、よくあるんですよね。ガスじゃないのに、何でもかんでも、「ガス臭い」って喚かれちゃうことが。
村の中は地下にパイプを埋めて都市ガス方式にしているから、ガス臭いって言われると放っておくわけにいきません。ボスは私が鼻が利くために、いつ何時でも「ガス臭いっていうから嗅ぎに来て」と言います。

本当にガス臭いのは、5件に1件。しかも、ゴムホースが割れているとか、ガス調理器具が古いから不完全燃焼しているとか、ほとんどが個人理由。


外で臭いと言われた場合、地下パイプの破損はまず殆どなく、

◎小動物がどこかで死んでいる
◎果樹の果物が落ちて腐っている
◎樹木の枯葉が落ちて腐り始めている
◎洗濯洗剤の匂い(特にアリEール)

つまり、『何かが腐っている→臭い→ガス』、『ケミカル臭→臭い→ガス』

特にこの洗剤(アリEール)の匂いっていうのがタチが悪い。乾燥すると匂いが強くなってくるんです。
だから、どこかの家庭で洗濯乾燥機を使っているとか、干し始めたとか。どこからともなく漂ってくるし、どんなに「これは洗剤の匂い」って言っても、納得してくれないんですよね。
イスラエルの場合、ガスはLPG(液化石油ガス)。ケミカル臭をつけているわけですから、『ケミカル臭=ガス』って連想されてもしょうがないんですけれどね。


今日、ボスが言った。
「皆で一斉に洗濯したんじゃねぇか?」

のほほん村とは、違うだろうに・・・。
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

目指すな村の長老

[今日の天気:曇り]

出勤。

経理部の1人が年明けからずっと病欠。
会計士から電話で、「通常の月ならば仕方ないけれど、そしてあなたがその仕事をやりたくないのは重々承知しているだけれど、年度の締めに関わるから彼女の仕事をやってあげて」というお達し。
・・・っていうことで、宿題そっちのけで人の仕事をやっております。

人の仕事はあまりやりたくない。いや、全然やりたくない。前に個別ミーティングがあった時に、ハッキリと宣言したこともありました。
先輩部員の仕事は私と連動しているから、適当にカバーしあえるのですけれど、病欠の彼女の仕事は趣旨が違うため、責任の所在が・・・。
ま、締めに影響するとなればそんなことも言ってはおられませぬので。


さて。
昨日、教育チャンネルでNHKの番組(アメリカ経由)をやっていました。
「いかに長生きするか?」というような内容で、長寿で有名な医師や、有名山岳スキーヤー(取材時は健常でしたが、現在は故人)らの日常生活に迫る、というような内容。

おりしも、金曜日に新年会をやった時にそんなような話になりまして。
X氏のお父様は90を越えて健在、Y氏のご両親も健在、しかし親不孝なドラ息子はイ国在住。一体どうなるんでしょう・・・みたいな話で。
まぁ、だんだんそういう話ばっかりになっちゃいますよね、どうしても。
日本で友達と会ったときにしても、話がどうしてもそっち方向に行ってた気がする。30半ばともなると、そんなもんなのでしょうか・・・。

私が健康に気をつけているのは、別に長生きが目的じゃなく、ただ単に食べ物くらいで病気になるのはイヤだっていう程度なんですけれど。

「Heshbonit、おまえ、日本人だからきっと誰よりも長生きするだろうな。いつか、『この村の長老・Heshbonit婆さん』とか言われるようになるぞ」

って、複数に言われたことがあります。
嗚呼、恐ろしや・・・。絶対ヤダ。最後の1人・・・。

ま、老後の人生っていうのは、経済的な問題もなく家族に囲まれて何不自由ないから堪能できるんであって、もちろん、いろいろな困難を生き抜くからこそそういう状態を勝ち得るのでしょうけれど、そうじゃない人間はねぇ・・・。
もちろん、家族がいるはずなのに、自分の周りにいてくれない人はたくさんいますけれど。

スミマセン、うちの両親・・・。
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

はかどらず・・・

[今日の天気:雨曇り]

昨夜も一度マウスピースを外してしまって、起きたらないのでパニックになって布団の中にあるのを見つけ出し、「外しちゃダメ」と念じながら再び寝たら、思いっきり歯ぎしりをしていました。

このままだと、『犬に与えるオモチャ』みたいに、すぐにボロボロになりそうな気がいたします・・・。我ながら、半年以上持つとは思えないです。
今日も1日顎関節症。痛い痛い。

さて、出勤。
だらだらといろんな仕事が入ってきて、自分のことは何もはかどらず・・・。

今日は歯ぎしりしませんように・・・。


飼い主の歯ぎしりを日記に書くヤツがあるかっ!
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

1日雨でした

[今日の天気:雨]

昨日からかなりまとまった雨が降ったりやんだりの状態です。

よく食べてよく話してよく笑った翌日、かなり寝坊。
そうそう、マウスピースしたまま歯ぎしりしていました。
すげぇ・・・。おかげで額関節の痛みと頭痛が再発です。


さて。昨日の新年会。
この北部に住む日本人3人。

まさに波乱万丈な人生のX氏。
永遠のバックパッカーのY氏。
そして、方針も指針もない私。

一見まったくバラバラで、どう考えても気が合いそうにない3人ですが、同じような村暮らしだから話しやすく、会話が途切れることはありません。
(村暮らしの人と、街で生活する人とでは、会話が合わなかったりする)。

将来、どうなるんでしょうね・・・なんていいながら、結局こんな北のはずれの国境ギリギリに住んでいる。そんな不思議な縁の日本人3人。

しかし、日本語で話したい放題に会話したせいか、今日は少々凹み気味。
脳の切り替えが難しい。

だからって、毎月会うような仲じゃない。それがまたいいんですけれど。


そういうわけで、毎日毎日ブログわんに、宿題宿題と日記に記されてしまっているため、やりましたよ。ちゃんと(紙の上で出来ることには限界がありますから、やれることはやった、ということですが)。

もちろん、持ってきた分を終わらせただけで、まだまだあるわけですから、これから宿題は毎日続くと言うことなんですけれど・・・。

見るだけじゃなくちゃんとやったの。やれることは。


ということで。
皆様はどうぞ楽しい週末をお過ごし下さい。
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

地元限定新年会

[今日の天気:雨]

昨夜は宿題やろうと15分ほどチェックを始めたと思いきや、ドイツチャンネルでNCISをやっていたため、マーク・ハーモン見たさにドイツ語なんてサッパリ分からないんだけれどテレビに釘付け。

そういうわけで宿題はほとんどできずに出勤。

昨日褒めまくったスタンド工事の職人達、大量の工具をスタンド脇の事務所に押し込んでいるのはともかく、工具を入れる時にぶつかったらしく、配電ボードのブレーカーを壊してお帰りになりました。
電気には影響ないけど、スイッチのツマミなどが破損しているため、このままでは何かがあった時にリセットもできず、どうしようもないありません。
どっちにしても費用は石油会社持ちですけれど・・・。

それから経理部に出勤。
年末の棚卸関連。会計士から、『これは画期的な素晴らしい農業用棚卸に適したエクセルの入力フォーム』というものが先輩部員宛てにメールで送られて来たそうだ。
しかし、先輩部員も原価担当も、「・・・画期的とはいうものの、一体どこがどういいのか、私には意味不明。Heshbonit、これをどう使うのか考えて」、と私に転送してきた。

・・・考察10分。確かに意味不明。レイアウトも最悪。集計能力も最低。

結果、1時間かけて、『画期的な素晴らしい農業用棚卸に適したエクセルの入力フォームを、画期的に進化させたエクセルの入力フォーム』を完成させる(自画自賛。あ、でも先輩部員と原価担当にも褒められた)。
いつかまた、会計士の手から、どこかの村に転送されるだろう。

11時過ぎに退出。
結局、宿題を見る暇もなく持ち帰り。どうせ週明けまで雨続きらしいから。

宿題やるんだけど、って、お前、全然触ってもないじゃん!


さてさて、今宵はお待ちかね、
イ国北部僻地地区在住日本人新年会兼Y氏永住権取得祝@私んち
参加者は毎年同じ、私とX氏とY氏。

料理なんてこれといったものは作りません。いつもの夕飯の延長みたいなもの。もともと、X氏もY氏も肩の凝るような演出が好きではないし、私も意味のない装飾を施すのが苦手なので(出来ないと素直に言え)、彼らが好むような普通の料理を並べただけです。
・巻き寿司
・サーモンフライ
・ポテトコロッケ
・だしまき卵
・きんぴら
・サラダ2種
・酢の物
え、それだけ?って言わないように。すごい量を作ったんですから。写真はあまりにも普通すぎるため割愛(忙しすぎて撮るヒマがなかった)。
今年は何が多かったのか、少々残ってしまいまして、余った分はY氏にお持ち帰りいただきました。

よくしゃべって、よく笑って、非常に楽しかったです。
友人が少ないとはいいながらも、とても恵まれています。

次はペサハ辺りに餃子の夕べでも。
posted by Heshbonit at 22:00| 日本⇔イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

宿題が・・・

[今日の天気:晴れ/曇り]

出勤。
風が強いワリには寒さの和らいだ朝です。
先週木曜日から、ガソリンスタンドの工事さん3人が来て、新しいタンクの給油口の設置やら、雨水・排水溝の掘り固めやらをしてくれています(もちろん、石油会社の費用)。
非常に無口で職人気質ないい人たち(アRブ系)。

他の国、例えばイギリスだとしたら、アRブ系だアFリカ系だアジア系だと言っても、ずーっとイギリスに住んでイギリスの教育を受けてイギリスの文化様式に馴染んだ生活をしているから、『共存』なんていう言葉は使いません。
でも、イ国の場合、本当に『共存』なんです。
アRブ系もユダヤ系も、日常においては、バラバラの居住地区でバラバラに生活をしていて、仕事などで一緒になる。
日常生活を送る環境が違うから、どうしてもメンタリティが違うんです。どっちがどうというのではなく。

第三国出身の私にしても、日常はどっぷりユダヤ系の中にいるわけですから(生活は違いますが)、アRブ系との仕事となると、どうしても身構えます。こればっかりはしょうがないです。慣れていないんだから。
ところがこれがものすごーくいい仕事をしてくれる人で、放っておいても仕事が完璧に済んでいる。なんだか『日本の昔かたぎの職人』に仕事を頼んだような清々しい気分なのです。


こういう話を書くと言うのは、経理部の話が書きようがないということです。
何から書いていいのか分からないようなグチャグチャっぷり。通常の仕事だけでも一気に増えているし、「これ、2006年にどうしても入れて」というような請求書依頼も来るし、掛勘定残高の問い合わせも頻繁に来るし、地方庁経由支払いの請求書もどっと押し寄せてくるし、経理部員1人休みでその人の仕事の一部も回ってくるし・・・。
こんな状況ですので、今日は宿題を持ち帰ってきました。終わりません。時間内では宿題をやる時間がないのです。
もちろん、PC画面でシステムを見ながらでないとかなり難しいのですが。

出来るもんならやってみろ! 本人はヤル気があるんだけれど、実際は・・・

夕方、サラレの家にリフレクソロジーを受けに。
以前は痛かった歯や歯茎や耳や額関節のツボがほとんど痛くない。
やっぱり、余計な親知らず2本が影響していたらしい・・・。


posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

慣れるまでこりゃ大変・・・

[今日の天気:晴れ]

大変でした。マウスピース。
まず夜10時過ぎにベッドに入って(イマドキ、小学生でもこんな時間には寝ないだろう)、12時過ぎに目が覚める。
はっとして口に手を当てると、やってない。
焦って探したら、ベッドの上に置いてあった。

再び歯に嵌めて、頭に念じる。

「外しちゃダメ。外しちゃダメ。外しちゃダメ」

今度は大丈夫だったんだけれど、立て続けにマウスピースが外れて割ってしまうという夢を見て(爆)、そのたびに目が覚めて、口に手を当てて、安全であることを確認する始末。

・・・慣れるには時間がかかりますね。


さて、出勤。
年末年始絡みでバタバタするのは相変わらずのこと。
ついでにエクセルでのフォーム作りまでなぜか持ち込まれ、宿題があるというのに、余計なものでどんどん時間を潰されていく。

ついでに、外部から業者が来て働いているため、もう1つの職場のボスにもあれこれ頼まれ(どうも座っているとヒマだと思われるらしい)、机の上はグチャグチャだわ、頻繁に出るから先輩部員に睨まれるわ・・・。

午後3時過ぎ、村に賃貸で住んでいるオッサンが来て、「銀行を変えたから、前に預けた家賃の小切手を全て換えたい」と。
大した仕事じゃないんです。事前に聞いていたため小切手は全てキャンセルしてありますから、オッサンが該当する小切手を振り出しなおすだけ。
しかしオッサン、暇なもんだから、居座る居座る。
この私、とりあえずソトヅラがいいものですから、「無碍に追い返す」ってことが出来ず、ついイイ感じな相槌を打ってしまい、ダラダラと話を聞いてしまう。
結局、たかが8枚の小切手を交換するだけで30分・・・。

つまり、宿題は何も出来ませんでした。
だからって残業もせず、家に持って帰るようなこともせず・・・。
なんとかなるでしょ。たぶん。
posted by Heshbonit at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

そしてこの日がやって来た

[今日の天気:曇り晴れ]

「お誕生日おめでとう」
「うわー、忘れてた。自分の誕生日」

こんなこと、生まれてこの方、1度もありません。
1月2日・元旦の翌日。人が忘れることは大アリですけれど(今年は誰1人も「誕生日おめでとう」っていうメールをくれませんでした。そんなもんです)、私自身が忘れたことはありません。

どうする気でしょう。
36歳ですよ、これでも。
こんなはずじゃなかったんですけれど。
この年で自分の年齢を平気で書いちゃうってこと自体、何の自覚もないってことなんですけれど。

さて。
頑張った自分に誤報日。違う。ご褒美。
(この言葉大嫌いだけれど、ちょっと使ってみた)。

Heshbonit、お誕生日、おめでとう!

スプリント

顎関節症治療のスプリント(ヘブ語:サッド・ライラ)。
人生始まって以来、1番高い誕生日プレゼント。(貧乏万歳)

先週、「仕上がりは2週間後」と言われたのが今日です。
朝ちょっとだけ仕事をしてから、山の上の病院に行ってきました。

少しずつ調整してもらったけれど、こんなものを嵌めるのは初めてで、一体どういう状態が“普通な状態”なのかサッパリわからない。
「ここが当たる」「今度はこっち」なんて言って、そのたびに医者に削ってもらったけれど、最後はどこがどう合わないのかよく分からなくなってきてしまい、医者も、「これ以上削るのはよくないから、6週間後にまた来て」と。

これで顎関節症が治るのかどうか・・・
実は抜歯してから、歯ぎしりも減っているような気がするし。耳も平気。
マウスピースするほうが歯によくないような気がしないでもない。
ってかこれ、壊しちゃうような気もしないでもない・・・。


病院を出てから、もう少しドライブして、大きなショッピングセンターにて買物をし、さらにロシア系ショップにて追加の買物。
今週末の新年会の仕入れです。
大したものは作りません。質より見た目より量で勝負。


午後1時過ぎに村に着いて、ごはんを食べてから経理部に行ったのが2時。

先輩部員:「10時の予約って言ってたけれど、混んでいたの?」
私:「うん。前の人から延びている上に、急患が入ってきて・・・」

日本人がウソを付かないと思ったら大間違い。

仕事は、昨日会計士に出された宿題(年末処理関係)が大量にあります。去年は、会計士の事務所に所属している女性が派遣されて来て決算までやっていたのですが、今年は先輩部員が決算をやり、私がその補佐。
費用節約のためです。使えるものはネコの手でもなんでも・・・。

何からどう片付けるのか、まずはそこから考えている状態です・・・。
posted by Heshbonit at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。