2007年01月21日

納豆食べたい

[今日の天気:曇り/晴れ]

出勤。
相変わらずS嬢がグチャグチャにした顧客台帳&残高と格闘。何とか差額を当初の半分にまで縮小したものの、それでもまだまだスゴイコトになっている・・・。


華さんのところで読みましたが、なんだか納豆騒ぎが大変そうです。
納豆納豆・・・、あぁ、納豆食べたい。どんなんでもいい。
こだわらなくてもいい。賞味期限ギリギリでもいい。

こんなに和食が好きなのに、どうして日本を出てきちゃったんでしょう。

ここ最近、ご飯の話、書いていませんね。
ちゃんと食べてます。
ここ1週間を振り返ると、

月:ご飯、キムチ、煮物
火:ご飯、野菜炒め、大根サラダ
水:パン(ガス漏れ出動日)
木:ご飯、アボカド、大根の味噌汁、大根のキンピラ
金:ご飯、まぐろのハンバーグ、キムチ
土:寿司(ニシンの酢漬け利用)
日:ご飯、冷奴、豆腐の味噌汁

日本万歳・・・。
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

ダイエットバトン

[今日の天気:曇り雨]

休日。雨天のため、何もやる気が起きず・・・。
見ず知らずの他人様のバトンを拾ってまいりました。
書く気力のない日はバトンで。
大したことがないのでスルーして下さい。

1.ズバリ、今の体重と目標体重は?

いきなりそういう質問から来る?
えーと、四捨五入すると0kg。
ここ数ヶ月で3kg増えたので、これを減らそうと一生懸命。とは言いながらコレと言ったことは何もしていません・・・。

2.ダイエット歴は、何回?期間は?

今の生活では減量ダイエットをしているつもりはありませんが、太らないように心がけております。でも冬っていうのは体に脂肪を溜め込む時期だから、なかなか大変なんですよね。

3.ダイエットの目的は?

貧乏なので、服を買い換えたくないし。
日本に帰った時、「やっぱり外国で暮らすとね」って思われたくないし。

4.今実践しているダイエット方法は?

ストイックはHesh坊生活、皆、マネできるかな?

◎必要以上食べない。必要量を越えたら食べ物ではありません。毒です。
◎水をたくさん飲む(水分じゃなくて、水そのもの)。冬場でも1日3リットル以上は飲んでいます。それ以外にコーヒーもジュースも飲みますから、トイレ通いが忙しい。
◎常にジャストサイズの服を着る。ローライズを穿かない。
◎家の中ではきつーいジーンズを穿く(ウェストゴムは夜寝る時だけ)。
これで3キロ太ったんだから、私ってなんなのさ・・・。(Q11参照)

5.昔やってうまくいったダイエット方法とうまくいかなかったダイエット方法を教えて下さい。

ダイエットではないのですが、摂食障害で激ヤセしたことがあります。
自力で克服するのに5年以上かかりました。
拒食症っていうのは、結局、自分の精神的問題ですから、医者(他人)に頼っても仕方ないです。治療を他人任せにすると、また別の形で復活してしまうのではないかと思います。
えーと、利点といえば、コレを機に、アルコール・甘い物・肉類などを一切受け付けない体質になれました。うまくいったといえばうまくいったのかも。

6.ダイエットしてて良かったと思う瞬間は?

久しぶりに会った人に「変わってないね〜」と言われること。

7.逆にダイエットしててつらいと思う瞬間は?

食後。(ジーンズが苦しい。でも絶対に緩めない・・・)

8.ダイエットにまつわる面白話ってある?

冬は着膨れするため、夏になると人が驚愕する。

9.一番脂肪が付いてるところは?

豚かしら肉

10.あなたにとってダイエットの天敵は?

PC。はまってしまって、エアロバイクをサボることがしばしば・・・。

11.ダイエットしてること、周りの人は知ってる? 

Heshbonitは太らない体質だ、とでも思っているのでしょう。
実は、我が家系の遺伝では、空気を吸っても水を飲んでも太るようにできているため、かなり強烈な精神力で現状を保っているのですが。

12.周りにダイエットしてる人は?

たくさんいるけれど、本気でやっているとは思えない。

13.今、死神が目の前に現れて、残りの寿命の半分と引き換えに目標体重にしてやるって言われたらどうする?

3キロと命はちょっと交換条件として厳しいですね。
どうしてもその取引をしなければならないのならば、他の部位もつけてもらいましょう。足を小さくとか、脚を長くとか、目を大きくとか…。


拾いたい方、拾ってください。
posted by Heshbonit at 17:00| ポツラカマタア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

簿記のボの字

[今日の天気:晴れ/曇り]

金曜日半日出勤。
昨日、S嬢に逆切れされ、「あとはこっちでやるから」ということになったものの、家に帰ってからもずーっとグチャグチャをどうやればいいのか・・・と、エクセルに向かいながら夜中まで思案していました。
たまにはこうやって一生懸命仕事をする日もあります。
いや、パズルを解く程度の遊び感覚だったりする。
出勤して試行錯誤を先輩部員に見せて話した後、とりあえずまとめておいて、来週会計士が来た時に相談しなおすしかないか、と。
S嬢、簿記のボの字くらい、分かってくれないかなぁ・・・。


専門学校で簿記に開眼した私が思ったのは、「下手な選択課程だけじゃなく、高校の普通科でも簿記をきちんと教えるべきだ」っていうこと。
高校だと、選択芸術科目って言って、美術・音楽・書道のどれかを選べました。私は消去法で書道を取って無難に終えましたが、ここに『簿記』が入っていたら間違いなく取っていたと思う。
・・・あ、簿記は芸術じゃないですけど。

そりゃ、音楽が好きな人やら絵が好きな人もいるだろうけれど、大半がそんな芸術的なセンスなんてない凡人だと思うんですよね、私だけじゃなく。

どうして基本的なことが分かんないかな・・・ってなこと、頻繁にありますから。簿記のボの字くらい知っていても、絶対損はしませんからね。
簿記って、経理部員じゃなくたって使いますよ。
営業マンが、営業先の損益貸借経営状態を読めなくてどうしますか?
一介の一般職OLだって、伝票くらい書きますよね。
自営業だって自分の会社を経営しなくちゃいけないんだし。 
そうそう。旅費精算書もロクに書けない営業マン、経理部じゃ人間扱いしてなかったしね。

そんなことを言ったら、必須科目を教えなかったがために大変なことになっている高校が、「これ以上、余計な教科を入れないでくれ」っていうだろうけど。


ここ数日、なんだかいろいろあって、なかなか思うように皆さんの所に訪問できない状態でした。ついでに、書きたいこともあったけれど、時期を逃してしまいました・・・。

今から 荒らしに行きます。訪問させていただきます。
posted by Heshbonit at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

切れられても・・・

[今日の天気:晴れ/曇り]

昨夜、なぜか出てくる人が全員特攻服を着ていました。皆知らない人たちでした。日本にいた時、そういう方々とは全く無縁だったので、一体なにゆえに特攻服な夢なのか分かりません。


さて。ガソリンスタンドの工事もほぼ終了。
朝行ったら、工事の兄さん達がいきなりプレゼントをくれました。

ボスがツマミ食いをした後に写真を撮ったから、少し欠けてます

「ナザレのキリスト教徒用のバクラヴァなんだ」

スミマセン、イSLム教徒用との違いが分かりません・・・。

ボス曰く、他のこの手のお菓子に比べたらかなりあっさりしていて甘みが抑えられているそうです。


さて、経理部出勤。
年度末作業は続く・・・。
今日はどうしても残高が合わない某部門のS嬢のところへ。
先週から何度も「残高に関して聞きたい」と言っていたのだけれど、「今日は忙しい」「具合が悪くてそういうムードじゃない」と断られ続けていたけれど、昨日会計士が来て「何が何でも仕上げなさい」と言われまして・・・。

予想通り、ムチャクチャなことになっていた・・・。
そして最後にS嬢逆切れ。

S嬢はとってもいい人で辞められたら困るため私も先輩部員も丁重に扱っています。しかし、ムチャクチャなのも経理屋さんとして黙って見ているわけにいかないんだけれど・・・。
経理部に戻って先輩部員に事情を話し、切れちゃったS嬢に電話でなだめてもらい(なんでこんなに気を遣わねばならぬ?)、後はなんとかこっちでやれることはやるってことで。
何をどうなんとかやるのか、自分でも分かりませんが。


夕方、サラレの家でリフレクソロジーを受ける。
寒さからか何からか血の巡りだか何かが悪くなっているらしく、あちこち押されると、とにかく痛い・・・。
マウスピースには慣れてきました。
posted by Heshbonit at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

出動命令

[今日の天気:晴れ]

だーっ!

ただ今、20時半。帰ってきました。

経理部を終えたのが夕方17時。
これでも、今日はいつもよりも遅かったんです。会計士が来て、かなり忙しい状態で(のほほん村レベルですが)、ひたすら年度末の仕事をしていました。

で、家に帰ってきて、ひとまずコーヒーを飲んで、「夕飯はおだいこん♪おだいこん♪」なんて思いながら、お米を研ごうとした、17時15分。

危険物課の緊急出動命令。

「ガスパイプの破損。今すぐ修理するから、出動」

あるオッサンが、自宅の庭に木を植えようと鍬で掘っていたら、パイプを思いっきりやっちゃった、と。
どうして鍬で届いちゃうほど浅い位置にパイプがあるかとか、鍬で壊せるほど簡単なパイプなのかとか、そういうことは聞かないで下さい。・・・ってか、こっちが聞きたいくらいです。
ボスが危険物課に配属になる以前の配管工事で、もちろんボスもそんなムチャクチャな配管があるなんてことを知らなかったほどですから。

世間の常識が通用しない、それがのほほん村なんです。
だからガイジンでも経理部員が勤まるんです。異次元だと思っていただければ、理解しやすいと思います。


パイプの破損修理自体はそんなに大変ではなかったけれど、村の半分以上の住宅のガスを止めたがために、その後の調整に時間がかかりまして、懐中電灯を片手に一軒一軒回って確認して・・・。

寒いし、夜だし、暗いし、爪は割れるし・・・。
ま、ボスも私も村にいてよかった。ってか、ボスがいてよかった。私だけじゃどうしようもないですから。単なる助手ですので。


というわけで、空腹の絶頂で、夕飯はパン。大根は明日に延期。
その前に泥だらけだ。シャワーが先だ。いや、空腹だ。パンが先だ。いやシャワーを先にしてそれからゆっくりしよう。ダメだ、お腹が空き過ぎている。
うおっ、いつはくさんに1日伸ばしてもらった期限は今日じゃないか。どうするんだ、私は。やっぱシャワー浴びて、ぱぱっと食べてそれから・・・。

・・・って言いながら、手だけ洗ってネットしている私。

何か、ぱべてきます。
posted by Heshbonit at 20:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

大根発見っ!

[今日の天気:晴れ]

いきなりタイトルどおりです。

大根っ大根っ

近くの町のスーパーで見つけました。
「ウソ、これ大根じゃんっ」と思わず言ってしまった。
全長35cm、直径は7cmくらいで、ひょろひょろ〜って感じですけれど、どう見ても大根。どこからどう見ても大根。そう、あなたは大根。
5本ほどあったけれど、1本を除いてみんな柔らかくなりすぎていて、こりゃちょっと・・・ってな感じ。じゃ、この少しはマシなのをいただきましょうか。

値段は・・・、書いてない。ってかコレ、なんていうんでしょ。
いいや、たとえいくらでも、買いよ、買い。

レジにて、キャッシャーのオバサンは、大根を後回しにしてPOSレジに通していきます。そして最後にオバサンが困った顔で私に言った。
「それで最後のこれは、なに?」
「うーん、ヘブ語じゃ分からない」
オバサン、隣りのレジのキャッシャー仲間に聞くも分からん。

仕方なく、オバサンは青果部門に電話し、荷出しのオッサンを呼びました。

「ツァヌン・ラバン(白カブ)」

え、カブか? 違うよね、私買ったの、大根だよね。
レシートには、『白カブ320g=約2シェケル(6シェケル/1kg)』

つまりこのひょろひょろが1本50円。なんだ、安心した。
家路に向かう車中で「どうやって食べよう・・・」とウキウキしつつ、一抹の不安。
もしかして、ただ単に細長〜い普通のカブかもしんない。

家に帰って、早速洗って切って一口。
やっぱ大根。これは大根。決定欽ドン。あなたは大根。カブじゃない。

「やっぱ、まずは大根おろし♪」

・・・と思ったら、

おろし金がございません・・・。

そう。しょうが用の細かいのと、チーズ用(パン粉を作る時に使っている)の目が粗いおろし金しかなく、大根をおろせるものはないのです。
それに、ただでさえヒョロヒョロだし、既にスが入っていて、生食にはちょっと厳しい気もしますが、そんなことを言ってはおられません。大根ですよ大根。立派な大根様でございます。
というわけで、刺身のツマみたいに細く千切りにしまして、かつお節と醤油でいただきました。

うまい・・・。マジでうまい・・・。


これまであらゆる嘘っぱち野菜に騙されてきましたが(栗のアロマ付き白いサツマイモ、とか)、今回は本当に本当に大根でした。

一体どこで作っているんだろう。

イスラエルでも、テルアビブに住んでいる人だったら、大根なんて当たり前に簡単に手に入るでしょうけれど、この田舎地域では、大根が手に入るのなんて最初で最後な気がします。
ちなみに、ウィキ・ヘブ語版によると、正式名称は、「ツァヌン・シニ(中国のカブ)」もしくは、「ツァヌン・ダイコン」だそうだ。
大根だってグループはラディッシュですからね。


スが入っていないところはサラダにして、あとは味噌汁にして、キンピラにも出来ますね・・・。楽しいなぁ。大根大根。


クラブマーケット、潰れてくれてありがとう。



よかったね、遊んでもらって

なんか、少し遊んでくれたらしい。(しかし、呼び捨てだよ)。
posted by Heshbonit at 20:00| 日本⇔イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

キムチを作ろう

本格派に近いキムチが出来ました。
おそらく即席で出来る中では一番簡単明瞭ではないかと思われます。

材料は以下の通り。
だしの素以外、すべてイスラエルで揃います

左上から、はちみつ、豆チ醤(なくてもよい)、鷹の爪、唐辛子粉。
左下では、生姜、にんにく、だしの素、そして、アンチョビ

そう。アンチョビです、アンチョビ。
ネットで検索していたら、「イカの塩辛」「ナムプラー」などと書いてありました。ナムプラーはアジア食材店で手に入るだろうけれど、イカの塩辛は(そのまま食べたいくらい)、アッコーに新鮮な生イカでも売っているかな?とかいろいろ考えていまして。

それが、「本場では『いわしの塩辛』を使う」という記事に遭遇。
「だったらアンチョビでも出来るのでは?」ということに気付く。


さて。
1)白菜を1枚ずつ剥いで軽く塩を振って重石をし、一晩ほど水出しする。
アンチョビの塩分が強いので、振り過ぎないように。
2)漬け込みキムチペーストを作ります。分量は適当。
アンチョビは硬いので、すりつぶすくらいに徹底的に刻みます。
生姜はすりおろし、にんにくはマッシャーで潰すか、すりおろす。
豆チ醤は入れなくても美味しく出来ます。
3)葉1枚ずつにペーストを塗っては重ね塗っては重ねます。
葉と軸が交互になるように重ねると平らにキレイに漬けられます。
ペーストが足りなくなりそうなら、完全になくならないうちに、ペースト材料を混ぜて追加してください。

・・・そのまま漬けること3日。

自家製キムチ アンチョビ使用

マジで旨いっ! もうどうしましょってくらい旨いっ!

こちらにまとめました。 Cpicon アンチョビでキムチ@海外

ひらめき キムチ食べたい! でも白菜がない!
そんな時には、コールラビで代用が出来ます。
1)コールラビを薄く切り(拍子切りでもいちょう切りでも)、軽く塩で揉んで30分ほど置いてから、水で塩を洗い流して、キッチンペーパーで水気を切る。
2)上で紹介した漬け込みペーストを用意する。
3)コールラビと漬け込みペーストを混ぜる。
※味がしみやすいので、1日置けば完成します。お試しください。
※角切りにすればカクテキ風になります。
    
💡 関連記事:
 ・紅しょうがを作ろう 
 ・れんこんじゃないもので酢れんこんを作ろう
   
posted by Heshbonit at 19:00| 食べよう食べよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

牛泥棒vsカウボーイ

[今日の天気:曇り/晴れ]

出勤。
朝から現金出納が激しく、ついでに観光部門からドルまでやってきて、なかなか大忙しです。ドルって全部一緒に見えません? 慣れていないのももちろんだけれど。
イ国紙幣は、20シェケル=黄緑、50シェケル=紫、100シェケル=黄土、200シェケル=赤、とベースの色が決まっているから、大きさは全部同じなんだけれど、ぱっと見ただけですぐに分かるんですよ。
そんなこと言ったら、日本の紙幣も見にくいんだけど。


さて。
イスラエル南部で、牛舎のカウボーイ(カウマンのほうがいいか…ってな年齢ですが)が、牛泥棒に威嚇のために発砲した所、殺してしまったと言うニュース。とりあえず小さい国ですから、こういうことが起きてもニュースになって全土に流れます。
そりゃ、殺人は罪ですが(殺すつもりはなかったらしい)、牛を育てているものにしたら、牛泥棒って簡単に許せるものではありません。
今回の牛泥棒は、番犬の犬に毒を食べさせて(この時点で私は怒っている)、牛舎の鍵を壊して入り込んだっていうんだから、そりゃ完全な泥棒ですよ。

本当に大変なんですよ。農業でやっていくのって。
私の村でも養牛部門がありますが(食用専門)、近年は狂牛病なんていう恐ろしいウィルスも流行ったりしているし、とにかく牛を育てるのって設備投資もすごいし、毎月の費用だってバカにならないんです。
それだけに育ってきた頃に来て盗まれちゃったら、溜まったもんじゃない。

こんな風に盗んだりします。

♪ドナドナドーナドーナ、子牛を乗せて、ドナドナドーナドーナ、スバルは揺れる

分かります? 牛の足をくくって、乗用車にボンっと乗っけちゃうの。トラックだと目立つし検問にかかりやすいけれど、乗用車はそうでもないから。

牛泥棒ももちろんだけれど、鶏泥棒だってすごい。
生き物だけじゃなく、高価な水道のバルブやろ過装置を外して盗まれるってこともあるらしいし、送水管を何十メートルも盗まれたりもします(作業員かと思って誰も気にしないらしい)。

警察だって範囲が広すぎるから、管理するって言ったって限界があるし。
そうすると、自衛するしかないってことになる。
うちの村も、夜通し、牛舎警備の車がグルグル回ってます。そのガソリン代っていったらすごいです。警備の人は銃携帯です。

日本にいた時は、コメリカの銃コントロールに関して一般的な意見を持っていたけれど、こういう国に来てこういう土地にいると、キレイ事じゃないってことを身を持って感じる。
もちろん、使わないに越したことはない。持たないに越したことはない。
でもそうも言っていられない現実なのです。
posted by Heshbonit at 20:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

やることは満載。だがしかし・・・

[今日の天気:曇り]

ゴロゴロしていたら朝9時を回っていた。
今日はいろいろとやらなくちゃいけないことがあるんだ、と思いつつ、PCに向かって遊びまくる。

メールを開いたら1通♪(広告メール以外、私にメールなんて来ない)
うわー、誰だろう?

「締め切り前です」

・・・がく〜(落胆した顔)
やらなくちゃいけないことがさらに1件増えた。

日本でお世話になった方に手紙を書かなくちゃいけない。
もう1つの職場の年末データをまとめなくちゃいけない。
もう1つの職場の12月分請求書を書かなくちゃいけない。
そして締め切り前・・・。

どれが終わるんだろう。・・・って言いながら遊ぶ昼下がり。

そしてとりあえず、もう1つの職場関係の仕事を終了させた。
そしてとりあえず、お世話になっている方への手紙も強制終了。
締め切り前・・・? 下準備すらしてなかった。
スミマセン。なんとかします。


さて。
不二家が大変はことになりましたね。
私もその昔、不二家ではありませんが、同じくらい有名なチェーン店のケーキ工場で3年間、バイトしたことがありました。
有名チェーンのワリには小ぢんまりした工場で、アットホームで楽しかった記憶しかない。今でもときどき、その工場でバイトしている夢を見るほど。

どこも大変ですよね。洋菓子の世界はどんどんブランド化して、今じゃ個人のケーキ店なんてやっていくのが大変でしょ。
今年帰国した時、市内ではちと有名なケーキ店が閉店していました。
聞いたら倒産ではなく、「街の人の流れが変わってしまった。赤字になる前に閉店しよう」という英断だったとか。そういう時代なんだなぁ・・・と。
駅周辺がどんどん開発されて、駅ビルの中に有名ブランドの洋菓子チェーン店が入ったら、市内で有名なケーキ店なんて誰も行かなくなっちゃいますからね。

以前、バイト時代の話を書きましたが、本当にケーキ屋にとってクリスマスってすごい状態なんです。それだけに、クリスマスを乗り切ってから不正問題を公にしたという気持ち、分かる気もします。


不二家っていったら、私にとってはケーキよりも、スーパーで買えるお菓子のほうが身近でした。ルックチョコレートとかパラソルチョコレートとか。ハートチョコもそうですよね。レモンスカッシュっていうのもありました。黒地に水玉の缶だった気がする。・・・なんか懐かしい。
あと、高校の近くに不二家レストランがあって、学期末になると友達と行ってパフェを食べるという習慣もありました。

♪魔女がパラソル乗ってきた〜パッパッパラソルチョコレート

魔女っていったらホウキだろう・・・。
posted by Heshbonit at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

ウィスコンシンvs外国人労働者

[今日の天気:曇り]

金曜・半日出勤。
コレと言ったことも出来ず、気が付いたら退社時間。いつもそんなもんです。


さて。たまにはマジメな話でも。

昨日の新聞に、『ウィスコンシンか外国人労働者か』なんていう話題がありました。

イスラエルが農業部門における外国人労働者の受け入れ枠を3千人増やすことが決まりました。
以前も書きましたが、イスラエルの農業は外国人労働者で支えられています。
現在、在イの外国人労働者数は推定20万人強。とはいえその半分が不法就労で、今回の労働者枠というのはもちろん合法で来る方達の枠です。
イスラエルが外国人労働者を受け入れ始めたのは1993年。
東欧諸国・南米・アフリカ諸国からの出稼ぎを受け入れたりもしましたが、東欧諸国のEU合併などによりほとんど来なくなり、今やアジア諸国がメイン。
手作業の農業を支えるのはタイ人が主です(新聞記事によると、どうやらC国の農業枠も増やすらしいけれど、どうでしょう・・・)。

さて、ウィスコンシンというのは、こちらです。イスラエルでの制度がアメリカの制度を参考にしたため、イスラエルではこの名前で通っています。
『失業者がなんとかして働けるように支援し、国の負担を減らそうっていうウィスコンシン制度がある一方で、外国人労働者を増やそうとは矛盾しているじゃないか?』というのが、この新聞記事のタイトル。

でも現実では、昔からイスラエル人は手作業の農業なんてやりませんからね(1993年っていうのは、P政府っていうのが誕生した年。つまりそれ以前は・・・)。
まぁ、他人事のように書いている私だって、「じゃ、今日からHeshbonitは農園に行って働いて」って言われたら絶対に断ります。


外国人労働者ならば、法定最低賃金に残業割増・休日手当など加味して、各種保険・住宅補助・その他手当・一切合切を負担しても、イスラエル人を雇うより安い。
国としたら、外国人労働者には所得税控除がないから、同じ仕事でイスラエル人を雇うよりも国としては税収にはなります(在住権所有者は所得控除が適用される)。
それに、手作業が大切な農業品目には、イスラエルの輸出アイテムもかなり含まれていますから、滞らせるわけにはいかない。ウィスコンシンなんていうキレイゴトを言っている場合ではないのです。


何よりも、値段じゃないんです。
仕事のクオリティなんですよ。

イスラエル人にどれだけ高給料を出しても、タイからの労働者よりも良い仕事、出来ないです。考え方が違いすぎるから、それを要求する方が無理でしょう。
言葉が分からないながらも、タイ人たちは非常によく働く。身振り手振りでも結構通じますからね。


先日、内務省に在住権の更新に行った時も、やはり外国人労働者が多かった(イスラエル人ならば、内務省の地方支局に行かなくても、郵送や市役所の分室で用が足りるため、内務省に直接来る数が少ない)。
大半が女性で、恐らく介護の仕事をしているようですが(もちろん雇用主であるイスラエル人が同伴)、今後は農業だけじゃなく、介護の外国人枠ももちろん広げるでしょう。


じゃあ何ゆえにイスラエル人に仕事がないか?というのは、1つには勉強しないから、と言える気がします。

勉強する人はする。とにかくする。大学を出て働きながらさらに別の修士課程を取ろうとする人もいるにはいます。
でも、しない人は本当にしません。高校を出て兵役を終了して海外にバックパッカー旅行に行って、帰ってきていきなり仕事を探す。そして「仕事がない」と言う。
そりゃ、机に座ってPCに向かってやれるような仕事は無理だろう・・・。
一言で言えば、『身の程を知れ』ということなんですが。

政府がもっと資格取得に積極的アピールをする必要性があるとも思いますね。
BAやMAもいいけれど、それがあるからって何が出来るわけじゃない。逆にそれがジャマしてなかなか仕事が見つからなかったりするようです。
日本でも就職氷河期に、大学生が在学しながらいろいろ資格を取って、就職に備えるようになりましたよね、あれと同じです。


私も勉強しなきゃ。社労士コースはどうなったんだろう・・・。1月から開始って言ってたけれど、来週あたりからいきなり始まる気がしないでもない・・・。
posted by Heshbonit at 20:00| イ国のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。